トップへ戻る

ミニバンとは?魅力やおすすめ5車種をご紹介!

ミニバンとは?魅力やおすすめ5車種をご紹介!

乗用車として人気のミニバンは、使いやすいことからも多くのドライバーに愛されています。そこで今回は、そんなミニバンについて解説します。ミニバンの魅力や、おすすめのミニバン5種をご紹介。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ミニバンとは?

日産 エルグランド

日産 エルグランド

ミニバンは一般的に1ボックスタイプの3列シートの車を指していますが、2ボックスタイプのミニバンも数多く販売されています。

実はミニバンには明確な規格や定義がありません。ではなぜ、ミニバンというのでしょうか。ここでは、ミニバンの由来や他の車との違いをご紹介します。

ミニバンの意味は?

ミニバンの意味を解説する前に、まず「バン」の意味をご紹介します。

ミニバンの「バン」は、荷物運搬に用いられるバンのことで、元々は屋根付きの荷馬車のことを指す言葉である「キャラバン」が短くなってできた言葉とされています。アメリカでフルサイズと呼ばれるバンの小型版として「ミニバン」という呼び名が誕生し、現代に至ります。

「ミニバンにも大きな車があるのでは?」と思うかもしれませんが、昔のアメリカ基準では小さかったことから由来しています。昔のアメリカのワンボックスカーやトレーラーは、全長5m以上、幅2m以上の巨大な車種(フルサイズ)が主流でした。

その後、フルサイズよりも一回りコンパクトなワンボックスカーが登場し、ミニバンと呼ばれるようになり大ヒット。全世界に普及したということです。

ミニバンと他の車種の違いは?

ここでは、他の車種とミニバンの違いを解説していきます。

ワンボックスとの違い

トヨタ ハイエース バン スーパーGL

ワンボックスは、四角い形の箱型のワゴン車かバンを指す言葉です。主な車種としては、ハイエースなどが挙げられます。

ハイエースといえばボンネットの中にエンジンルームは存在せず、エンジンはフロントシートの下に配置されています。このように前方にエンジンルームがなく、車が一つの箱で動いているように見える車種をワンボックスカーといいます。

ミニバンは現在、ワンボックスとひとくくりにされることが多いのですが、実際にはエンジンルームがボンネットの中にある2BOXタイプの車種が一般的です。

つまりミニバンとワンボックスカーの違いとしては、ワンボックスはエンジンが車体の下にあるのに対し、ミニバンはトランクルームにエンジンが収納されているということになります。

SUVとの違い

《写真提供:response》マツダ CX-5 XD

SUVは「Sport Utility Vehicle(スポーツ用多目的車)」の略で、オフロードの走行性と快適性を両立させた車種です。

SUVモデルの多くは2列シートの5人乗りで、少人数のドライブやアウトドアに向いています。一方でミニバンの主流は3列シートで沢山の荷物と人数を載せることができるため、ファミリー層に人気となっています。

ミニバンとSUVの違いとしては、ミニバンが多くの人を乗せたり荷物を載せることに特化しているのに対し、SUVは走行性を重視した車だということになります。

ミニバンの特徴

トヨタ ヴォクシー

トヨタ ヴォクシー

ここからはより具体的に、ミニバンの特徴をご紹介します。

乗り心地

ミニバンは車内空間が広く沢山の荷物を載せられるため、快適なドライブを楽しむことができます。また視界が広く車体も高いので運転しやすく、シートのアレンジ方法が多彩です。

各々に合わせた使い方ができることは、大きな特長といえるでしょう。このようにミニバンは、乗り心地という点では非常に使いやすい車種です。

燃費

ミニバンの燃費は、他の車種と比較するとあまり良いとはいえません。広々とした車内空間を実現できるように、車体が重くなっているためです。さらに車高が高いため、走行時に空気抵抗が大きくなってしまうことも原因とされています。

これに加えてミニバンのメリットである「沢山の荷物を載せられる」という点も、全体の重量を増すことにつながり、燃費に影響を及ぼします。

急加速や急発進をせずにメンテナンスをこまめにすることで、燃費の向上は見込めます。しかしそれでもミニバンは、他の車種と比べると燃費という点では優れていないことを覚えておきましょう。

サイズ

ミニバンにおいては、さまざまな大きさの車種が販売されています。小さくて小回りの利くコンパクトなものから、大人数で乗るのに適した巨大なものまで多種多様に販売されています。

ミニバンを選ぶ際は、自分の生活環境に合わせたサイズの車種を選ぶようにしましょう。

ミニバンのクラス

《写真提供:response》トヨタ ヴォクシー 特別仕様車 ZS“煌II"(ブラック)

ミニバンにはクラスというものがあります。クラスは一般的に車の大きさをあらわすもので、車体が大きくなると価格も高くなる傾向にあります。

LLクラス

LLクラスは最も大きいクラスです。長さ約5mに迫り、高さ1.8mを超える、巨大なボディサイズが特徴。車体が大きいので車内空間が広々としており、3列目の乗り心地もバッチリです。

その分車体は重くなっており、大排気量エンジンが搭載されています。加速や高速走行もスムーズでエンジン音も静かという、優れたクラスといえます。ミニバンのなかでも特に高級なクラスで、新車の価格は一番下のグレードでも300万円以上します。

代表的な車種としては、日産のエルグランドやトヨタのアルファードなどです。

Lクラス

Lクラスは全長4.7mから4.8m、幅が1.7m以上のクラスです。幅と長さはLLクラスとほぼ同じですが、高さが1.8m以下のミニバンがLクラスとして分類されています。

車高が低くなるため車内の空間はLLクラスよりも狭くなっていますが、その分走行性能はよく運転しやすいのが特徴です。

トヨタのエスティマや、ホンダのオデッセイなどがLクラスのミニバンです。

Mクラス

全長が4.6から4.7m、全幅が1.7m前後で、高さ1.8m以上のミニバンがMクラスです。LLクラスほどではないですが車内空間は広々としており、後部座席でも快適に座れるのが特徴。

車体が大きすぎないため運転がしやすく、ファミリーカーとしても人気の高いクラスです。

トヨタのヴォクシーや日産のセレナ、ホンダのステップワゴンなどがMクラスに入ります。

Sクラス

Sクラスのミニバンは全長4.6m、高さ1.6メートルほどで、Mクラスよりも少し小さくなっています。

車高は低く、排気量は抑えめです。Mクラスよりも車内空間が狭く、車高も低くなっています。そのため、安定した走行性能と運転のしやすさが特徴です。

代表的な車種は、トヨタのプリウスαやホンダのジェイドなどです。

SSクラス

全長4.2m程度でコンパクトカーと同じような大きさのサイズなのが、SSクラスのミニバンです。車内空間を効率的に設計することで、3列目のシートを確保しています。

ボディが小さめで回転半径も小さく、小回りが利いて運転しやすいのが特徴。住宅街や街中で乗り回すのにぴったりなミニバンです。

ホンダのフリードや、トヨタのシエンタなどが代表的な車種です。

おすすめのミニバン5選

ここでは、おすすめのミニバンを5つご紹介します。どれも有名な車種なので、ぜひミニバン購入の参考にしてくださいね。

日産 セレナ

日産 セレナ

日産 セレナ

日産 セレナは、Mクラスのミニバンです。2016年に旧型から新型のセレナに改良されました。

同一車線自動運転機能のプロパイロットが選択でき、渋滞中のアクセルやブレーキ、ステアリングを自動で制御してくれるので、長時間運転していても疲れないのが特徴です。

ダッシュボードや車体全体の見た目にもこだわっており、シャープでありながら車内空間を広々と見せるデザインになっています。

ホンダ フリード

ホンダ フリード

ホンダ フリード

2016年にフルモデルチェンジしたフリード。視界が良く、両端部分が拡大されたフロントウィンドウを搭載しているため、非常に運転がしやすい車種といえます。

コンパクトなタイプですが計算された車内空間で、1列目から3列目まで大人でも通り抜けられるほどです。また、車体が低く乗り降りしやすいのもメリット。

周りの車や歩行者との衝突を回避する衝突軽減ブレーキや、歩行者事故低減ステアリングなど、事故回避機能を搭載しています。さらに、ドライバーの負担を軽減してくれる機能もあるなど使いやすい車種です。

トヨタ シエンタ

トヨタ シエンタ

トヨタ シエンタ

トヨタのミニバンのなかで、最もコンパクトな車種のシエンタ。新車販売台数ランキングでは常に上位を守っています。

非常に使いやすいサイズ感とアレンジできる車内空間、トップレベルの低燃費という点から、特にファミリー層から絶大な人気を博しています。コンパクトなボディでありながら、最大7人まで乗車可能。回転半径が小さく、街中の走行にぴったりです。

カタログ燃費でも、WLTCモードでハイブリッド車が22.8km/L、ガソリン車でも最高17.0km/Lとなっており、ミニバンのなかでは抜群の燃費性能です。まさに、普段使いにぴったりのミニバンといえるでしょう。

ホンダ オデッセイ

《写真提供:response》ホンダ オデッセイ

オデッセイはLクラスのミニバンで車内空間が非常に広く、大きな荷物や大勢でのお出かけの際に非常に便利です。

3列目のシートは床下に収納できます。さらに2列目を後ろまでスライドできるため、乗車する人数に合わせて車内空間をアレンジ可能です。

また重心が低いので乗り心地が良いだけでなく、ハンドリングも軽やか。大きめのボディですが、小回りもスムーズなこともメリットといえます。

トヨタ アルファード

トヨタ アルファード

トヨタ アルファード

アルファードは、LLクラスのミニバンです。高級感、車内の快適さ、高い走行性を兼ね揃えており、非常に人気となっています。

広々とした車内は極めて居住性が高く、高級ミニバンらしく上質な仕上がり。さらに、床下には多くの荷物を収納可能な床下収納があります。

安全機能も充実しており、周囲の障害物を検知する機能やブザーによって衝突の危険性を知らせる機能を搭載しています。他にもブレーキアシストや車線逸脱防止機能も備わっているなど、まさに至れり尽くせりのミニバンといえるでしょう。

まとめ

ホンダ ステップワゴン

ホンダ ステップワゴン

ミニバンは現在、非常に人気の車種となっています。特にファミリー層に人気が高く、家族で出かける際などによく使われています。

ミニバンといっても、多くの人や荷物を載せられる大きなものから小回りの利くコンパクトなものまで幅広く販売されています。なかには、狭い道にもぴったりなサイズの車もあるのです。

ミニバンは非常に多くの車種が販売されておりそれぞれ特徴が大きく異なりますので、自分にぴったりのミニバンを選んでくださいね。

関連する投稿


乗り換え時にハッピー!リセールバリューの高い車、その特徴と選び方

乗り換え時にハッピー!リセールバリューの高い車、その特徴と選び方

車は人生の中でも大きな買い物のひとつであり、お得にやりくりしたいものですよね。また、燃費性能や安全装備は日々進化するので、1台を長く乗り続けるよりも、車検を機会にサクッと新型車に乗り換えたい!とお思いの方も多いのでは。そんな夢を助けてくれるのが、下取り価格が高い=「リセールバリューの高い」車です。この記事では、どんな車がリセールバリューが高いのか、徹底解説していきます。


トヨタ シエンタ|グレードから最新情報までを徹底解説!

トヨタ シエンタ|グレードから最新情報までを徹底解説!

魅力的な設計で実用性が高く、ファミリー層から一人乗りまで、幅広いドライバーに人気のシエンタ。今回は、シエンタの特徴や機能、グレードの解説から、最新情報をご紹介します。


なぜ、トヨタ アルファードは売れるのか?その秘密に迫る!

なぜ、トヨタ アルファードは売れるのか?その秘密に迫る!

アルファード! 豪華でカッコよくて、いつかは乗ってみたいクルマですよね。 大ヒットしているアルファード、なぜそんなに売れるのかを探ってみました!


車中泊が人気の理由は?快適に使えるおすすめ車種とその理由!

車中泊が人気の理由は?快適に使えるおすすめ車種とその理由!

車中泊に興味がある方なら、次の車選ぶをするときに使いやすい車にしたい思うもの。人に接することも少なく、費用も抑えながら旅ができるので、人気が高まっている車中泊ですが、できる限り快適に行いたいところですよね。そこでこの記事は、車中泊が人気の理由とおすすめの理由をご紹介します。


【今こそ買いたい】自慢したくなるミニバン3選!アルヴェルに負けるな

【今こそ買いたい】自慢したくなるミニバン3選!アルヴェルに負けるな

ご家族揃ってゆとりのドライブが可能、荷物もしっかり積めてアウトドアにもぴったりなミニバンは、ファミリーカーとして定番の選択肢の一つですね。小さなサイズから大きなサイズまでたくさんの種類があるミニバンだけに、選びかたに迷ってしまうという方もいらっしゃるのでは。そこで、数あるミニバンの中でも、オーナーとして誇りの持てる、自慢したくなってしまう車を3台ご紹介します。


最新の投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェと言えばカレラと言うほど名前のインパクトは強いですが、カレラは車種名ではなくポルシェの作る車のグレード名です。カレラにはいくつかのモデルが存在しています。今回は、このポルシェ・カレラの各モデルの違いや特徴についてご説明していきましょう。


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

積雪を紹介するニュース映像などでよく見かける、道路上でスタックしてまった車。これは雪国だけの問題ではなく、近年では普段雪が降らない地域であってもドカ雪が降ってしまうような異常気象も多発しており、車がスタックしてしまう原因や対処法について温暖な地域の方でも知っておきたいところです。起こってほしくはないですが、落ち着いて対処するためにも、この記事で予習しておきましょう。