トップへ戻る

ホンダ オデッセイの評価は?全高低めミニバンの口コミを調査

ホンダ オデッセイの評価は?全高低めミニバンの口コミを調査

ホンダのオデッセイは、1994年から発売されており、セダンのような感覚で運転できるのが魅力です。広い室内が魅力のミニバンというジャンルのなかでは、乗り心地を重視しながらも利便性も高めているのが特徴です。この記事では、オデッセイの魅力から口コミなどの評価を詳しくご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


オデッセイとは?

《写真提供:response》オデッセイ

1994年に初代モデルが発売されてから、現行の5代目にいたるまでホンダを代表するモデルでした。初代が発売されると、同時期に発売されたモデルと共に低ルーフミニバンの人気に火をつけるモデルとなりました。

ミニバンにはスライドドアというイメージがありましたが、初代から4代目までは通常のヒンジドアを採用したり、3代目以降は低全高のスタイルからセダン並みの安定した走行性能を持ち合わせているのが特徴です。

5代目からはハイブリッドモデルが登場したり、スライドドアを採用して大型化しました。超低床プラットフォームとレイアウトの工夫により室内の広さと低重心を両立しています。

オデッセイの魅力

《写真提供:response》オデッセイ

オデッセイがどのような車なのかを理解するためにも、オデッセイの魅力を見ていきましょう。

快適性の高い2列目シート

ホンダにはエリシオンという高級ミニバンがラインナップしていましたが、2013年に国内での販売が終了してオデッセイと統合した形になります。エリシオンの穴を埋めるために、内装の高級感があるのが特徴です。

一部グレードには、2列目プレミアムクレードルシートが採用されており、背もたれを倒したときに座面が持ち上がります。オットマンも内蔵されており、背もたれの角度に合わせて調整できるので快適な姿勢を保たせてくれます。

またロングスライド機能があるので、自分の好みの位置に調整しやすいです。快適性の高い2列目シートが装備されているので、長距離ドライブも苦痛になりません。

優れた安全性能

安全性能にも優れており、ホンダの予防安全技術であるHonda SENSINGが搭載されています。ミリ波レーダーと単眼カメラで前走車や対向車、さらに歩行者を検知して衝突回避を支援します。

前方と後方の誤発進抑制機能があるので、不注意による事故を予防。さらに路外逸脱抑制機能があるので、車線を検知してはみ出しそうなときに車線内にとどまるように支援してくれます。その他にも複数の機能が装備されており、ドライバーがより安全に運転できるようにサポートします。

衝突安全性は、独自の衝突安全技術である「G-CON」を進化させ、「コンパティビリティー対応ボディー」と「歩行者傷害軽減ボディー」も採用。ホンダ独自のエアバッグシステムやサイドエアバッグとカーテンエアバッグが標準装備されるなど、万が一の際に乗員を保護してくれます。

地上高の低さがもたらす安定性

重心が低いほど安定性が高くなるので、オデッセイは超低床プラットフォームを採用してミニバンでもセダンのような安定性のある走りを実現しました。ミニバンの室内空間の広さと走りのよさを両立しているのが特徴です。

全高を抑えても室内空間が犠牲にならないように、床下の部品を極限までスリム化させ、居住空間をそのままにして低重心化。低床なことは乗り降りや荷物の積み下ろしのしやすさにもつながっています。

低燃費のハイブリッドモデル

2モーターのハイブリッドシステムであるe:HEVを搭載して、モータ-の優れた加速性能と燃費性能のバランスのよさも魅力です。

モーター走行が中心となっているハイブリッドシステムは、街中でのモーターのみで走行するEVモード、強い加速時のエンジンの力で発電した電気を供給するハイブリットモード、さらに高速クルーズ時にエンジンと車輪が直結するエンジンモードから、最適な走行モードを選択します。

EVスイッチが装備されており、オンにしたときにはモーターのみで走行。住宅街でエンジン音を抑えたいときに便利に利用できる機能です。

力強く走れる走行性能の良さ

ガソリンエンジンモデルは、低速域からトルクが発生して力強く走行できる2.4Lエンジンが搭載されています。129kW(175PS)、225N・m(23.0kgf・m)のパワーで、スムーズに走行できます。

高速域まで力強く加速するエンジンだけでなく、フロントにはストラット式、リアにはトーションビーム式を採用したしなやかな足周りで、乗り心地のよさを実現しました。

オデッセイのデメリットは?

《写真提供:response》オデッセイ

魅力的な要素がたくさんあるオデッセイですが、考慮しておきたいデメリットも存在します。代表的なものを取り上げてみましょう。

機械式駐車場に入らなくなった

4代目オデッセイまでは車高が低くなっており、安定した走行性能の他に機械式駐車場にも入れられることがメリットとなっていました。

しかし現行モデルはFFモデルで1,695mm、4WDモデルなら1,725mmあるので、機械式駐車場に入らないケースが多くなります。低重心による走りの良さ以外でも、都内などの駐車場の選択肢の広さも魅力の1つとなっていたので、大型化したことはデメリットにもなります。

3列目シートのスペース

3列目シートは座面が低くなっているので、大人が座ったときの角度が膝を曲げたようになり、窮屈と感じるかもしれません。

短距離の移動では問題ないものの、長距離ドライブは苦痛に感じる可能性があります。女性や子どもであれば十分なスペースといえるでしょう。

オデッセイの口コミ・評価は?

オデッセイ(2016年)

オデッセイ(2016年)

オデッセイの口コミや試乗した人の評判を見てみましょう。

ホイールベースの長いクルマで、しかも巨大な空間を支えなくてはならないモデルでは、不可避的にホイールベースの真ん中に乗る2列目に微振動が入り易い。オデッセイも例外ではないが、このクルマは非常に良く抑え込まれたクルマだと思った。そして3列目も極端な入力が入らない限りは、変な言い方だがシートの快適性も含め、まともだと感じられた。

ホイールベースが長く、振動が入りやすいモデルでも、路面からの振動が抑えられているので快適という声がありました。改良される前のモデルの試乗記ですが、オデッセイの快適さが強調されています。ミニバンでも走行時の快適性を重視する方におすすめできますね。

走りだしは静かに滑らかにEV走行。そこからアクセルを踏み込めば強力なモータートルクのアシストもあり、実に滑らかでトルキーかつシームレスな加速を開始する。中間加速でのアクセル操作に対するレスポンスも文句なし。まるで右足とモーター& エンジンが直結しているかのようだ。

ハイブリッドモデルの場合には、発進時のトルクの良さも評価されています。アクセルのレスポンスも良く、モーターによる滑らかな走りを楽しめるでしょう。

床下に配置されたリチウムイオンバッテリー&制御用ECUで構成されるIPUによる一層の低重心、およびハイブリッドシステム全体で約80kgの重量増から、低中速粋ではガソリン車のアブソルートとは別物のゴツゴツ感などまるで感じさせないストローク感あるしっかりしなやか乗り心地を示してくれるのだ!感覚的には高級サルーン並みの乗り味である。

ハイブリッドモデルの走りの良さも評価されています。高級サルーン並みの乗り心地と感じている方もおられるので、ミニバンで快適に走行できる車を探している方におすすめです。

オデッセイのグレード・価格

《写真提供:response》オデッセイ

オデッセイのグレードは、大きく分けると2種類になっており分かりやすいです。

ABSOLUTEとe:HEV ABSOLUTEに分類されており、ABSOLUTEはガソリン車、e:HEV ABSOLUTEは2モーター式のハイブリッド搭載車となります。

ガソリン車とハイブリッド車に搭載されるエンジンは異なります。

またガソリン車とハイブリッド車に上位グレードとなるEXが用意されています。EXには助手席4ウェイパワーシートや18インチアルミホイール、トリプルゾーンコントロール・フルオートエアコンディショナーなどが標準装備されるのが特徴です。

ABSOLUTE

FF/7人乗り 3,257,273円

FF/8人乗り 3,177,273円

4WD/8人乗り 3,377,273円

ABSOLUTE・EX

FF/7人乗り 3,468,182円

4WD/8人乗り 3,572,182円

e:HEV ABSOLUTE

FF/7人乗り 3,896,364円

FF/8人乗り 3,816,364円

e:HEV ABSOLUTE・EX

FF/7人乗り 4,163,637円

※価格は税抜き価格です。

【ホンダ オデッセイ ABSOLUTE FF 7名乗り】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,855mm×1,820mm×1,695mm
ホイールベース2,900mm
最大乗車定員7名
車両重量1,820kg
燃費WLTCモード:12.8km/L
エンジン種類水冷直列4気筒横置
最高出力129kW(175PS)/6,200rpm
最大トルク225N・m(23.0kgf・m)/4,000rpm
駆動方式FF
トランスミッション無段変速オートマチック(トルクコンバーター付)
(2020年12月現在 ホンダ公式サイトより)

オデッセイの中古価格まとめ

長年にわたって販売されているモデルなので、中古車で古いモデルであれば安く購入することも可能です。また新しいモデルは450万円を超える車体もあります。

古いモデルであれば費用の負担は抑えられますが、購入後のメンテンナンスや故障が懸念されます。一方で新しい中古車は、値段は高くなりますが、数年にわたって安心して乗れるでしょう。

オデッセイは、自分の予算に合わせて選択しやすいモデルともいえますね。

【中古車平均価格】

初代モデル:34.9万円
2代目モデル:30万円
3代目モデル:29.9万円
4代目モデル:56.1万円
5代目モデル:226.3万円

※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2021年4月現在)

まとめ

オデッセイの特徴や口コミ、さらに評判をご紹介してきました。ミニバンの中では、低重心でセダンのような走行性能のよさを見せてくれるオデッセイは、走りを重視する方におすすめです。高級感があるだけでなく、走りのミニバンを愛車候補にしてみるのはいかがでしょうか?

こちらの記事もおすすめ!

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

背が低く、低床・低重心なミニバンの代表格だったトヨタ ウィッシュ。生産・販売が終了して、まもなく4年が経ちますが、いま中古車市場ではお手頃価格です。そこで、改めてトヨタ ウィッシュの魅力と、どうして「買い」といえるのかをまとめました。


トヨタ ヴェルファイア|クールな情熱を持つミニバンを徹底解説!

トヨタ ヴェルファイア|クールな情熱を持つミニバンを徹底解説!

 アルファードが人気沸騰で過去最高の販売台数を記録する中、急速に販売台数をおとした姉妹車のヴェルファイア。ついには特別仕様車一機種のみの設定となってしまいました。しかし、これまでの人気をけん引してきたヴェルファイアが魅力をなくしたわけではありません。そこで、改めてヴェルファイアの魅力をご紹介したいとおもいます。


ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

国内でもファミリー層に人気なミニバンですが、家族が乗れるほど大きいのに何故ミニが付くのでしょうか。よく聞くバンとの違いはあるのか気になる方も多いと思います。そこで今回はミニバンの大きさに関してから人気車種まで徹底解説します。


【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

ホンダが発売するスーパーカーのNSXは、初代の生産が終了してから新型のNSXが待望されており、2017年に新型が発売されました。世界中でその魅力に惹かれる人が多いモデルですが、どのようなスペックなのでしょうか?


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。