トップへ戻る

ホンダ オデッセイの内装はどんなもの?マイナーチェンジでの変更点は?

ホンダ オデッセイの内装はどんなもの?マイナーチェンジでの変更点は?

ホンダの人気ミニバンのオデッセイは、低全高でも広い空間を確保しており、5代目からはスライドドアを採用するなど使い勝手も向上させているモデルです。2020年11月にはマイナーチェンジが実施され、快適性が高まっています。刷新されたオデッセイの内装はどのようなものでしょうか?装備や荷室をご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


室内空間が拡大した5代目モデル

《写真提供:response》オデッセイ 内装

2013年に登場した5代目モデルは、歴代初となるスライドドアを採用しています。4代目モデルまではヒンジドアを採用して、他のモデルとは異なり抑えられた全高と低重心が特徴的でした。

5代目からは先代までの立体駐車場に対応したサイズではなくなり、リアスライドドアを採用するなどこれまでのイメージとは異なるモデルへと変化しました。

超低床プラットフォームは変わらないですが、フロア下の燃料タンクがより薄型になったり排気システムのレイアウトの工夫によってさらに低床化を進めています。全高が140mmから150mm上がっていますが、セカンドシートのステップ位置での高さが300mmとなっています。

低床プラットフォームが改善されたことで、全高を高めても走行性能の高さを維持しているのです。スポーティな走りと乗り心地のよさが両立されているのが特徴です。

マイナーチェンジでの変更点は?

《写真提供:response》オデッセイ 内装

2020年11月にマイナーチェンジが行われており、インテリアも一新されています。インパネがシンプルなデザインと変更されており、リラックスできる空間になるように考慮されているのが特徴です。上質さが感じられる加飾もされています。

メーターには2眼メーターが採用されており、左側には7インチのTFTになりました。必要な情報をすぐに確認できるようになったり、見やすい位置に配置されているデザインとなりました。

質感の高いインテリア

《写真提供:response》ホンダ オデッセイ

内装はメーターやインパネだけでなく、シートの表皮が変更されて質感が向上しています。水平基調のデザインとなっており、木目調のパネルや本革巻のステアリングホイールが採用されています。

ABSOLUTE・EXとe:HEV ABSOLUTE・EXにはオプションで本革シートとインテリアが装備可能です。一部の部分には合成皮革が採用されていますが、質の高いシートが乗員を快適に包み込んでくれます。

ゆとりの2列目プレミアムクレードルシートは7人乗りモデルに設定されています。背もたれを倒したときに座面前部が持ち上がるだけでなく、背もたれの中折れ機構やオットマンが内蔵され、快適な姿勢をキープできるようにしてくれる装備です。

グレード別インテリアの違い

《写真提供:response》オデッセイ インテリア

グレード別のインテリアの違いを見ていきましょう。

ABSOLUTE

ABSOLUTEはベースグレードとなるモデルです。Honda SENSINGなど必要な安全装備は搭載されていますが、EXに装備されているものの搭載されていないものがあります。

フロント・フルオートエアコンディショナー+リア・マニュアルクーラーが装備。シートはプライムスムーズとファブリックが組み合わされたものになります。柔らかな質感を持つ素材ですが、手入れがしやすいだけでなく質感も高くなります。またFABTECTがタイプ別設定されており、油汚れや飲み物をこぼしたときでもすぐに拭き取れる素材が使われているのです。

運転席は8ウェイパワーシートが装備されます。また3列目床下格納シートなどが標準装備です。

ABSOLUTE・EX

上級グレードのEXには、運転席&助手席シートヒーターが標準装備となります。またトリプル・ゾーンコントロール・フルオートエアコンディショナーが装備され、1列目左右席とリア席の3つのゾーンで好みの温度設定ができます。

また助手席4ウェイパワーシートや2列目LEDアンビエントランプが標準装備。運転席大型アームレストもあります。

e:HEV ABSOLUTE

基本的にはABSOLUTEに準じたグレードです。ハイブリッドモデルなので、電子制御パーキングブレーキやオートブレーキホールド機能、さらに車両接近通報装置などがあります。

e:HEV ABSOLUTE・EX

ABSOLUTE・EXに準じたグレードですが、100VのAC電源が標準装備されます。また他のグレードには装備されないセンターコンソールボックスが標準装備。

オデッセイの機能

《写真提供:response》オデッセイ ジェスチャーコントロール・パワースライドドア

オデッセイには、便利な機能も装備されています。

たとえば、ジャスチャーコントロール・パワースライドドアは、LEDが点灯してジャスチャー操作のガイドをしながら、静電技術で操作を感知します。キーを所持しているならLEDが点灯するので、光に手をかざしてドアを自動で開けます。

手をドアに触れないようにしたり、離れないようにしなければいけませんが、簡単にドアを開閉ができる機能です。

開閉の途中で開閉を止めるには、LEDの光にタッチします。好きな幅でドアの開閉を止めることができ、その後再度開閉をスタートさせられる機能です。

オデッセイの荷室

《写真提供:response》オデッセイ 荷室

オデッセイの荷室は開口が広くなっており、開口部最大幅は1,160mm、開口部高さ1,030mm、開口部地上高は535mmとなっています。

3列目シートを立てたままでも荷室の容量がありますし、大きな荷物を積載したいときには3列目シートを収納して大きなスペースを作りだすことも可能です。

便利な機能として、足元の操作で開閉ができるハンズフリーアクセスパワーテールゲートがあります。キーを携帯している状態で、リアバンパーの下に足先を出し入れするだけでテールゲートを開閉できる機能です。

荷物を持っている状態で、ドアの開閉がスムーズにできるので利便性が高い装備です。

まとめ

オデッセイの内装をご紹介してきました。ホンダの低床設計を活かした走りの良さが光るミニバンのオデッセイは、上質さを感じさせてくれる内装となっており、移動時間も快適に過ごせます。

2020年のマイナーチェンジでは、フロントフェイスが変更されているだけでなく、便利な機能が追加されているのが特徴です。高級感があるオデッセイは、走りの良さを重視したい方におすすめのモデルです。

こちらの記事もおすすめ!

関連する投稿


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。


国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

日本の入り組んだ道でも運転しやすく、人気の高いコンパクトカー。最近では、燃費性能の高い車種もたくさん販売されていて、メーカーがこぞって力を入れる車種となっています。今回はそんなコンパクトカーについて魅力を解説していきます。


マツダ CX-8の室内空間とインテリア、そして荷室はどうなの?

マツダ CX-8の室内空間とインテリア、そして荷室はどうなの?

2017年12月に発売されたマツダのCX-8は、3列シートのSUVということで注目を集めています。そこで、マツダの看板車種になったCX-8の特長である3列シートを備えたインテリアと荷室の特徴を、グレードごとにご紹介します。


【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

ホンダが発売するスーパーカーのNSXは、初代の生産が終了してから新型のNSXが待望されており、2017年に新型が発売されました。世界中でその魅力に惹かれる人が多いモデルですが、どのようなスペックなのでしょうか?


ホンダ ライフ|Nシリーズ登場前の、ホンダの人気軽自動車!

ホンダ ライフ|Nシリーズ登場前の、ホンダの人気軽自動車!

現在、軽自動車で人気抜群のN-BOXやN-WGNを販売するホンダが、「Nシリーズ」前に生産していたのが、ホンダ ライフです。すでに、新車販売は終えていますが、中古車市場には豊富。そこで、歴代のライフと、おすすめポイントをまとめました。


最新の投稿


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローン(マイカーローン、オートローン)は、自動車を購入するのに、とても便利な方法ですが、いくつかの種類とメリットとデメリットが存在しています。今回は、自動車ローンの基本と、そのメリットとデメリットをまとめました。


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。


ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

車を運転するのは晴れの日だけではなく、むしろ雨や雪といった天候の悪い時こそ車は大活躍しますよね。視界が悪くなりがちな悪天候時にきちんと前や後ろを見て運転するためにも、ワイパーの状態を適切に管理しておくのは、安全運転の要で非常に大事なことです。この記事ではワイパーの交換目安や交換方法をご紹介していきます。簡単なのに効果が絶大なワイパー交換にぜひチャレンジしてみてください。