トップへ戻る

トヨタ ランドクルーザープラド|ランクルとの違いは?価格や燃費も紹介!

トヨタ ランドクルーザープラド|ランクルとの違いは?価格や燃費も紹介!

トヨタを代表するクロカンとして人気のランドクルーザーの派生モデルであるランドクルーザープラドについて紹介します。基本モデルであるランドクルーザーとの比較や、より日常の足としても使いやすい車に仕上がっている点などを紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタ ランドクルーザープラドとは

≪写真提供:response≫トヨタ ランドクルーザープラド

多くの自動車のカテゴリーの中で、近年高い人気を集めているのがSUVです。このトレンドは日本のみでなく世界中に広がっており、世界中の自動車メーカーが多くのSUVの開発、販売を行っています。

しかし、今日ではSUVという言葉はかなり広義に使用されるようになっており、オフロードなどでのレジャーに対応できるのかといった点ではなく、車高が高めのハッチバックスタイルのモデル全般がSUVと呼ばれるようになっています。

その一方で、スタイルのみでなく本当に悪路を走破できる性能を持った本格派モデルを求めるという方も少なくありません。オンロードでの走行性能が少々犠牲になったとしてもどんな道も走破できるオフロード車にロマン感じるという方も少なくないでしょう。

そんなユーザーの間で高い支持を集めているのがトヨタのランドクルーザーシリーズです。中でも、ランドクルーザープラドはワイルドなスタイルと高い走行性能を持ちながら、比較的運転しやすいことで人気です。

ここではまずランドクルーザープラドがどんな車なのかをご紹介すると共に、本家ランドクルーザーとの違いなどについてもチェックしていきましょう。

日本屈指の高い走破性能を誇る名車

トヨタでは古くから悪路走行性能の高い自動車の開発を行ってきました。その歴史は戦時中まで遡り、当時の帝国陸軍から求められて悪路走破性の高い四輪駆動車の開発が開始されています。こうして、トヨタのはじめての四駆車が完成したものの、量産準備に入った段階で終戦となり、一旦は幻に消えてしまいます。

そして戦後の時代になってトヨタは初めての悪路走行に特化した四輪駆動車としてトヨタBJというモデルを発売します。しかし、ジープという名称は他社の商標であることが発覚して名前が変更されることになります。こうして誕生したのがランドクルーザーです。それは1954年のことでした。トヨタにはクラウンやカローラなど、長い歴史を持つモデルがいくつもありますが、ランドクルーザーもそのひとつです。

もともと、ランドクルーザーにはいくつものモデルがあり、現在のランドクルーザープラドにあたるダウンサイジングしたモデルも存在しました。しかし、ランドクルーザープラドという名称がつけられたのは1990年のことです。

その前年である1989年にランドクルーザーは80系と呼ばれるモデルが登場しており、それ以前のモデルよりもボディが大型化されています。これは当時のバブル景気の影響などもあり大きくゴージャスなモデルの人気が高まっていたという当時の需要も影響しています。

しかし一方であまりにもボディが大きくなったことによって日本の道路事情では大きすぎるという声も聞かれるようになりました。そこで、大型化する以前のサイズのモデルとしてプラドを正式に投入する形になったのです。

その後バブルが崩壊するとともに、特に日本市場ではよりコンパクトな車が求められるようになりました。そんな時代の流れとともに、ランドクルーザープラドは本家ランドクルーザーを超える人気モデルへと成長を遂げました。

近年のSUVの多くは乗用車から派生したものです。そのため、オンロード走行の性能は高いものの、本格的なオフロード走行には対応できないものも少なくありません。その一方で、ランドクルーザープラドのベースは悪路走行を前提として本格クロスカントリー車です。

そのため、このモデルは日本屈指の走行性能を誇るモデルとして世界的に知られるようになっています。

名車ランドクルーザーをさらに乗りやすく

本家ランドクルーザーは非常に高い走行性能を誇り、世界的にも人気のモデルとなっています。数々の日本車の中でももっとも世界的な知名度を持つ車のひとつです。

このようにランドクルーザーは世界的な名車ではありますが、デメリットも少なくありません。特に日本においてはあまりにも大きすぎるサイズから敬遠されてしまいがちです。

その点、ランドクルーザープラドはサイズが抑えられているので、日本の道路事情でも比較的乗りやすくなっています。つまり、ランドクルーザーの基本的な設計やデザインをそのままにより乗りやすくしたモデルとも言えます。

ランドクルーザーとランドクルーザープラドの違い

ランドクルーザーとランドクルーザープラドの違いとして最初に挙げられるのはサイズです。現行ランドクルーザーのサイズは全長4,950mm、全幅1,980mm、全高は1,870mmとかなり大型になっています。この大きさもランドクルーザーの魅力のひとつとなっています。

それに対して、ランドクルーザープラドは全長4,825mm、全幅1,885mm、全高は1,850mmに抑えられています。全体的にひとまわり小さくなっており、取り回しやすさが大幅に向上しています。特に全長の違いは数字以上に大きく感じられ、かなり小回りが利く印象です。

パワートレインはランドクルーザーが4.6L V型8気筒エンジンなのに対して、ランドクルーザープラドはガソリン車が2.7L、ディーゼル車が2.8Lの直列4気筒エンジンを搭載しています。「排気量が小さい分、プラドは非力なのではないか?」と思う方もいるかもしれませんが、両者では重量差が数百kgほどもあります。この重量差から、少ない排気量でも十分な走行性能を発揮できます。

詳しい価格については後ほど詳しくご紹介しますが、ランドクルーザーとランドクルーザープラドの価格には100万円近くもの差があります。この点も購入を検討する際の大きなポイントとなるでしょう。

ランドクルーザー、ランドクルーザープラド比較表


ランドクルーザー
ランドクルーザープラド
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,950×1,980×1,870
4,825×1,885×1,850
エンジン種類4.6L V型8気筒
ガソリン車:2.7L 直列4気筒
ディーゼル車:2.8L 直列4気筒

※情報は2021年5月 トヨタ公式サイトより

ランドクルーザープラドはSUV?クロカン?

ランドクルーザープラドはよく本格SUVと表現されることがあります。現在ではSUVの定義も曖昧になっていますが、もともとはラダーフレーム構造のシャーシなどを持つ悪路走行性能の高いモデルのことを指していました。

しかし、近年では一般乗用車がベースのクロスオーバーSUVなども登場し、人気を集めていますので、多くの車がSUVにカテゴライズされるようになっています。

そこで、高い悪路走行性能を追求したモデルのことを区別するために本格SUV、またはクロスカントリー車と呼ぶケースも増えています。

ランドクルーザープラドは高い悪路走破性能を持つランドクルーザーをベースとしていることもあり、本格SUVでありクロスカントリー車であるとも言えます。

ランドクルーザープラドの魅力

≪写真提供:response≫トヨタ ランドクルーザープラド

ランドクルーザープラドにはさまざまな魅力があります。

そこで、ここからはこのモデルの魅力をさらに掘り下げていきましょう。

オンロードもオフロードも快適に

本格的なオフロード走行も楽しめるモデルながら、オンロードも快適に走行できるという点も魅力のひとつです。サイズが抑えられていることもあって、市街地などでも快適な走行が可能です。

また、近年のランドクルーザープラドは高級志向のモデルとしての一面も持っており、車内の快適装備も充実しています。

街乗りもしやすい走行性能

オフロード走行がメインのモデルは低速のトルク重視のバランス調整が行われており、加速性能や高速性能、操作へのレスポンスなどが鈍く感じられてしまうケースもあります。

しかし、ランドクルーザープラドは街乗り需要が高いことも考慮して設計されているので、市街地や高速道路などの走行も快適です。

広々とした車内空間と快適性

本家ランドクルーザーと比較すると、サイズは抑えられていますが近年のSUVとしてはやや大きめのサイズとなっているので車内空間も十分に確保されています。ラゲッジスペースも広いので多くの荷物を積んでのアウトドアなども快適に楽しめるでしょう。

ランドクルーザープラドの価格、燃費は?

≪写真提供:response≫トヨタ ランドクルーザープラド

ランドクルーザープラドの購入を検討する際に気になるのはやはり価格などのコストの面です。

そこで、ここではランドクルーザープラドの新車価格や中古車市場価格、そして燃費などのコストについてご紹介します。

グレード別の新車価格

ランドクルーザープラドにはガソリンモデルとクリーンディーゼルモデルが用意されています。まず、ガソリンモデルのベースグレードとなるTX5人乗りは3,291,818円(税抜)となっています。ガソリンモデルの上位モデルにあたるのが「TX “Lパッケージ” 7人乗り」が3,907,273円(税抜)です。

続いて、ディーゼルモデルのベースグレードの「TXクリーンディーゼル 5人乗り」は3,895,455円(税抜)で上位グレードの「TZ-G」は5,027,273円(税抜)です。

各グレードともにクリーンディーゼルモデルの方が高くなっていますが燃費性能などにも差があるので、その点も考慮して検討しましょう。

※情報は公式サイトより(2021年5月時点)

ガソリン

TX 2.7L (5人乗り)
3,291,819円
TX 2.7L (7人乗り)
3,435,455円
TX“Lパッケージ” 2.7L (5人乗り)
3,763,637円
TX“Lパッケージ” 2.7L (7人乗り)
3,907,273円


ディーゼル

TX 2.8L (5人乗り)
3,895,455円
TX 2.8L (7人乗り)
40,390,910円
TX“Lパッケージ” 2.8L (5人乗り)
4,372,728円
TX“Lパッケージ” 2.8L (7人乗り)
4,516,364円
TZ-G
5,027,273円


特別仕様車

TX “Lパッケージ・Black Edition”2.7L ガソリン (5人乗り)
3,873,637円
TX “Lパッケージ・Black Edition”2.7L ガソリン (7人乗り)
4,017,273円
TX “Lパッケージ・Black Edition” 2.8L クリーンディーゼル (5人乗り)
4,482,728円
TX “Lパッケージ・Black Edition” 2.8L クリーンディーゼル (7人乗り)
4,626,364円

※情報は2021年5月 トヨタ公式サイトより
※価格はすべて税抜き価格です

ランドクルーザープラドの中古車市場価格

ランドクルーザープラドは歴史の長いモデルということもあって、中古車市場にも多くの台数が出回っています。しかし、非常にタフな車のため数十万キロ走行した車体がまだ走っているケースも多く、古いモデルでも価格は高めです。

20年落ちの90年代の車体でも100万円近いものもあります。現行モデルもやはり人気が高く、安いものでも200万円以上のものが中心です。

ランドクルーザープラドの燃費

ランドクルーザープラドの燃費はクリーンディーゼルモデルとガソリンモデルでかなりの差があります。ガソリンモデルはWLTCモード燃費が8.3km/Lとなっており、クリーンディーゼルモデルは11.2km/Lです。

近年のクロスオーバーSUVなどと比較するとやや物足りない数値に感じられるかもしれませんが、本格的な悪路走行が可能な本格SUVとして考えると、特にクリーンディーゼルモデルは優秀と言えます。

※情報は公式サイトより(2021年5月時点)

まとめ

≪写真提供:response≫トヨタ ランドクルーザープラド

ランドクルーザープラドは世界的な名車として高い人気を誇るランドクルーザーの高い性能や魅力的なデザインはそのままにダウンサイジングして乗りやすくなったモデルです。

サイズは小さくても走行性能は非常に高く、街乗りなどにも対応できるため、日常の足としても使用できる本格SUVの購入を検討している方にとっては魅力的な選択肢と言えます。

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

2020年2月発売のヤリスを皮切りに、GRヤリス、ヤリスクロスと、「ヤリスファミリー」が広がっています。3台それぞれが各セグメントで確固たる人気を獲得していることもあって、2021年に入ってからも登録者国内販売台数の首位を堅持し続けている「ヤリスファミリー」の魅力は一体どこなのか、ライバルと比べてどうなのか、詳しく探っていきましょう。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。