目次へ戻る

乗り物に関連する、少し変わった会社名 3選!

乗り物に関連する、少し変わった会社名 3選!

世の中には「どういう由来でその名前を!?」と思ってしまうような、少し変わった名前の企業があるのをご存知でしょうか?この記事ではそんな少し変わった名前の乗り物に関連する企業をいくつかご紹介したいと思います!あなたの知っている会社名はありますか?


乗りもの業界の少し変わった会社名

世の中には、少し変わった社名を持つ企業、会社が存在しています。名前からはどのような企業なのか、少し想像できないこともしばしばあります。今回の記事では、そんな少し変わった名前を持つ「乗り物に関連する企業」を、業務内容と合わせ簡単にご紹介していきたいと思います。

函館どつく株式会社

「函館をどつくの!?」なんていう印象を持つこの会社は函館をどつくためにお仕事をしているわけではありません。東北より以北において最大の造船メーカーなのです。そして実際の読み方は「函館どつく」ではなく、「函館どっく」というように「つ」は小さな「っ」に変換して読みます。

※画像はイメージです。

初見だと少しびっくりしてしまうような会社名ですが、2016年で創業120年を迎えた老舗の造船メーカーです。日本国内で唯一となる乾ドック(主に船を造る時や修理するときに用いられる設備のこと)を多目的に使用していると言った一面もあります。

函館と室蘭に造船所を持ち、函館の経済を支えてきた函館どつくは函館市民の中では有名なのではないでしょうか?函館どつく。知らない人からすれば驚いてしまうような名前かもしれませんが、非常に歴史のある会社であることが伺えますね!

函館どつく株式会社の公式サイトはコチラ!

函館どつく株式会社

http://www.hakodate-dock.co.jp/jp/

函館どつく株式会社(Hakodate Dock)のホームページです。函館どつく(函館ドック)の会社説明の他,進水式,リクルート・求人・採用情報などを掲載しております。

株式会社 自転車創業

「株式会社 自転車創業」。社名を聞けば自転車に関連する会社だろうということは想像可能ではあるものの「資金面で大丈夫なのか・・・?」という懸念を抱いてしまうような会社名。

しかし、この会社が打ち出しているサービスはなかなか興味深いです。その名も「ペダレスト」というサービスです。

震災以降、災害対策の一環として、また健康志向の影響等を受け、自転車通勤するよう人々が近年増加しています。その中で問題視されているのが、駐輪場の不足です。過去、エル・ネット社が「駐輪場利用に関するアンケート」を行った中でも、駐輪場を利用しない最も多い理由は「近くに駐輪場がないから」というものだったそうです。

「目的地から1分以内に必ず駐輪場がある街づくり」を目的として、遊休スペースを利用し駐輪場を増やしていくことで、駐輪場不足という社会的問題に取り組んでいこうとしているのが、株式会社 自転車創業が行う「ペダレスト」です。

従来の駐輪場システムと大きく異なり、インターネットで管理することで大きく費用を抑えています。また高級ロードバイクユーザーからの声に応え、安全面や快適性に優れたシャワーそしてロッカー付きの駐輪場も西新宿に開設されています。

会社名は少し変わっていますが、行っているサービスの内容を見ると、とても面白く社会貢献度の高いサービスを運営しています。自転車通勤を行っている方や、近隣に駐輪場が少なく困っているという方は、一度利用されてみては如何でしょうか?

自転車創業のサービス「ペダレスト」公式サイトはコチラ!

- PEDALRest( ペダレスト )

https://pedalrest.jp/

自転車撤去、さようなら。ペダレストは自転車の駐輪場を提供しています。遊休スペースを貸し手、自転車通勤者を借り手としたマッチングを行い、駐輪場問題を解決するサービス。

もっこり竹の子観光株式会社

世の中には様々な観光バスの会社名が存在していますが、こちらの会社名は一度聞いたら絶対に忘れないインパクトを誇る会社名となっています。その名は、「もっこり竹の子観光株式会社」です。筆者も初めて聞いたときは、聞き間違い(見間違い?)かと思い、2度見してしまいました。

※画像はイメージです。

こちらの「もっこり竹の子観光株式会社」は東京都葛飾区にて、貸切バス・観光バスの運営をしている会社です。

この会社はちょっと変わった名前の会社としてとても有名な会社で、様々なメディアが取り上げています。この社名のおかげ(?)で、一般的な観光会社やバス会社と比べると、知名度は高い会社だといえるのではないでしょうか。

貸切バスのことなら、少人数から団体まで幅広いニーズに対応してくれるようなので、会社や学校などの団体行事にて貸し切りバスをご利用の際は、検討してみは如何でしょうか?

社名の件で盛り上がること間違いなし(?)と思います。

もっこり竹の子観光株式会社の公式サイトはコチラ!

たけのこ観光バス

http://mokkori-takenoko.co.jp/

|もっこり竹の子観光株式会社

最後に

今回は少し変わった乗り物に関連する企業の社名に焦点を当てご紹介いたしました。

ちなみに変わった会社名を調べている中で1番気になったのは「株式会社ギュギュギュギュギュイーン」という企業名。調べる限り、現在は存在してないようでしたがモータースポーツ愛好者向けサイトの運営などをしていた企業で、「変わった会社名」では度々登場する企業で、取り上げられた当時はネットでもかなりの話題を呼んでいたようです。

変わった会社名。あなたの身近にもありますか?

関連するキーワード


ホビー・エンタメ

関連する投稿


【祝!50周年】人生ゲームが出前一丁やB'z、auとコラボ!

【祝!50周年】人生ゲームが出前一丁やB'z、auとコラボ!

自動車に乗るボードゲームといえば皆さんは何を思い浮かべますか?そう「人生ゲーム」ですね。国民的人気ボードゲームである「人生ゲーム」は、2018年に50周年を迎えるそうです。こちらの記事では、50周年を記念した様々なコラボレーション人生ゲームを紹介しています。


ホンダセンシング搭載車が某店舗に入店できないと話題に!

ホンダセンシング搭載車が某店舗に入店できないと話題に!

N-BOX等のホンダ車に搭載されているホンダの安全運転支援システム「ホンダセンシング(Honda SENSING)」。その機能の1つである「標識認識機能」。進入禁止などの標識を認識し、ディスプレイに表示、通知してくれる機能ですが、とあるものを標識と認識しTwitterで話題を呼びました。


【アンケート】観覧車。1人で乗るのはアリ?ナシ?

【アンケート】観覧車。1人で乗るのはアリ?ナシ?

読者の皆様が「遊園地 × 車」から連想される乗り物は何ですか?ゴーカート?それともジェットコースターでしょうか?こちらの記事はニュースカフェで過去に行われた、観覧車に1人で乗るのはアリかナシか?というアンケート結果と、1人観覧車にオススメの情報を掲載しています。


【サービス終了】貴方は知ってた?車を擬人化した「車なごコレクション」

【サービス終了】貴方は知ってた?車を擬人化した「車なごコレクション」

擬人化ブームの昨今。「艦隊これくしょん」「刀剣乱舞」「Axis powers ヘタリア 」「けものフレンズ」などさまざまな擬人化があります。しかし!実は車の擬人化ゲームがあったこと、ご存知でしたか?残念ながら終了してしまった本作。改めて振り返ってみたいと思います。


いかつい…!怖い!!運転中に近寄りたくない車種ランキング!

いかつい…!怖い!!運転中に近寄りたくない車種ランキング!

見た目がいかつい、若しくは怖い(乗ってるであろう人が)という理由から運転中に近寄りたくない車をランキング型式にてご紹介。他、少数派意見もまとめて掲載しています。


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。