目次へ戻る

年式で見る愛車の売り時!賢く売ろう!

年式で見る愛車の売り時!賢く売ろう!

愛車も長く乗っていると、気になる新型車が出てきて購入を迷うこともあります。いざ乗り換えるために、今の愛車を売って新車のために資金の足しにしようとしても「思っていたより全然安くなってしまう」なんてことも・・・。こちらの記事では愛車の売り時についてを紹介しています。


新しい車の方が高く売れる?

まず大前提として、やはり新しい車(年式が新しい)のほうが比較的高値になる傾向にあります。車種やキズ・事故等の履歴にもよりますが、一般的に考えれば10前の車と、2年前の車では売る・買う際に価格に大きな差が出ます。

また、車を査定する側は「自分(売り手)では大好きな色や見た目(車種)だから買った」というのを全く加味しません。たとえ、査定のポイントが「車種・年式・色」が三大原則だとしても、自分の好みではなく、その時売れているものを考えて査定するのです。

一昔の「車がステータス」「いつかはクラウン」という時代に比べれば、現在はより効率的に効果的な車選びをしている方が多い印象を受けます。その中でも乗った時に楽しくなるような車を、環境、そして予算に合わせ購入していきます。

車選びも時代によって変わる!

バブル期前後の時代では車を持っていることがステータスであり、女子からモテると言われていました。どんなボロ車でも、車のない人よりも持っている人の方がモテることもありました。フロなしアパートに住みながらポルシェに乗っているというように、経済環境はどうであれ食費を切り詰め借金をしてまで高級車を購入するということもあったとか。

有名でかっこいい車にさえ乗っていれば良しとされていたのです。そのため、車選び(購入)も多少無理をしてでも、より良い有名でかっこいい車を求める傾向にありました。

それに比べ現代は住んでる環境や家族構成、使用頻度や燃費効率など様々のデータを換算して自分にベストマッチする車を選ぶ。という時代に変わったと言えるのではないでしょうか?

昔と比べればインターネット等の普及もあり、情報量が大幅に違うという背景も1つの要因かと思います。しかし、しっかりと自分の置かれている状況に見合ったものを買うという傾向なのを強く感じます。

バブル期前後と現代の車選びの違いからもわかるように、時代によって車選びに至るまでも全く異なっているのです。

売る時を考える“しっかり派”が増えている!?

現代の車選びでは、しっかりと自分にあったものを考えて選んでいることが多いですが、同様に売る時のことを考え、購入の際の車選びをすることも増えています。要するに、売るときを見越して「高く売れそうな車を買う」という選択肢が増えているのです。

「購入する車が、何年後にいくらになっているか?」を予想し、見立てることで「高く売れそうな車」を特定して買う。このサイクルが確立できれば、お金を無駄にすることなく購買活動が行えます。

ではその「高く売れそうな車」はどうやって探す・選ぶのでしょうか?未来のことなど誰にもわかりませんし、予想が外れてしまうなんてことも多々です。その中で1つの指標となるのが、「何年ごとに車を買い替えるか?」ということです。

平均値にはなりますが、買い換えスパンは7-9年と言われています。実際に買取業者に聞いてみると、年式が9~10年以上前の車は、あまり高い査定額はつかないようです。

現在の愛車を9~10年乗って、査定が10万円程度を良しとするか、早めに乗り換えを検討し5-7年で査定を高く引き出すか。この2つはどちらが損か得かで選べないと思います。しかし、一度検討して計画を簡単に立てて見るのもにざっと計画しておくことも効率的・効果的な買い替えにつながるのではないでしょうか。

現在、自分の車にはどれほどの価値があるのか?

現在の自分の車の価値を知ることで高く売ることができるのならば、買い換えた方が良い場合もあるかもしれません。複数の査定会社に一括で依頼ができるサービスがあるのをご存知ですか?

「ナビクル」はそんなサービスを提供しており、CMでもおなじみのエイチームライフスタイルが運営しています。

今の価値を知っておくことは将来の買い替えにも有意義ですし、もし意外な金額が出たなら買い替えの時期ということなのかもしれません。実際の査定額もみてから考えてみるのも良いと思います。

実際の査定額を調べてみよう!

最後に

いかがでしたでしょうか?

「売り時=買い換え時」なんてことはよくあるのです。車とよい距離感でお付き合いができると、良いサイクルで新車と愛車のサイクルが回っていくかもしれませんね。

中古車を賢く売る方法はコチラ!

関連するキーワード


買取 買い方・売り方

関連する投稿


【マイカーローン】車はローンで購入すべき?ローン毎の特徴や金利を解説&比較

【マイカーローン】車はローンで購入すべき?ローン毎の特徴や金利を解説&比較

車が欲しいと思った時、マイカーローンで購入する人は多いですよね。しかしながらローンは価格に金利を上乗せした状態で支払うため損ではないかという意見も。ローンを利用してでも購入すべき時はある?そもそもローンを利用すると、どれくらい余分に支払わなければいけないの?今回は気になるカーローンの特徴と注意事項についても解説します。


【初心者向け】中古車査定のキホン!車の買取・お得に売却する方法は

【初心者向け】中古車査定のキホン!車の買取・お得に売却する方法は

違う車が欲しい、自分の車を売却して別の車が欲しいな。そんなことを思った時、まず初めに考えるのが中古車査定ではないでしょうか。しかし、何からすればいいのかわからない。そもそもどこに行くの?そんな悩みをお持ちの方!本記事では初心者向けに中古車査定のキホンから、車の買取や下取り、より高く、お得に買い取ってもらえる方法をご紹介いたします。【2019年9月26日更新】


車買取の査定相場を調べる方法&高く買い取ってもらう方法を解説

車買取の査定相場を調べる方法&高く買い取ってもらう方法を解説

愛車を売る時は、出来るだけ高く買い取って欲しいと思う人は多いです。買い取りの際に気になるのが、愛車の相場です。愛車の相場や車の仕様によって高く売ることができる時期などを、把握することで満足した売却を行う事ができます。今回は、車買取の査定相場を調べる方法や、高く買い取ってもらうにはどうしたらいいのか分かりやすくまとめて紹介していきます。


画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」!iOS/Android対応!

画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」!iOS/Android対応!

DMMが2018年の6月5日に車査定アプリ、「DMM AUTO」をiOS版にて、7月20日にAndoroid版をスタートしました。本記事ではたった3枚の写真と質問項目に答えるだけで、すぐにマイカーの査定が完了する「DMM AUTO」についてご紹介します。


【解説】北洋銀行のマイカーローン┃金利や審査の最短日数、申し込み方法等まとめ

【解説】北洋銀行のマイカーローン┃金利や審査の最短日数、申し込み方法等まとめ

みなさんはマイカーローンという仕組みを知っていますか?マイカーローンとは、自動車を買うときのお金を貸してもらえる仕組みのことです。マイカーローンを利用できる金融機関などはいくつかありますが、今回は北洋銀行のマイカーローンについてみていきます。(2019年9月現在)


最新の投稿


関東在住者向け!山梨のオススメドライブスポット〜日帰り旅行地まとめ〜

関東在住者向け!山梨のオススメドライブスポット〜日帰り旅行地まとめ〜

今回は関東から日帰りで行ける山梨県の温泉をまとめていきます。 山梨県の自然と美味しいものを堪能しながら温泉でゆっくりしてリフレッシュできる一日を過ごしてみてください。


随時更新【東京モーターショー2019】出展車一覧・開催概要など最新情報

随時更新【東京モーターショー2019】出展車一覧・開催概要など最新情報

東京モーターショー2019が10月24日より東京ビッグサイトにて開催されます。本記事では、トヨタやホンダといった出展車予想情報に始まり、新型車・アクセス情報・駐車場・開催日程・チケット価格などについてまとめています。ほぼ毎日更新していきます!


都道府県別道の駅まとめ┃山梨県

都道府県別道の駅まとめ┃山梨県

山梨県は富士山の麓で、自然に溢れており、毎年数多くの観光客が訪れます。車移動であれば必ず通るであろう中央道周辺は、四季折々の顔を見せるので、運転者も同乗者も楽しめるとあって人気です。今回はそんな山梨県を訪れる際に是非立ち寄って欲しい道の駅をご紹介します。


【全41地域デザイン掲載】地方版図柄入りナンバーの全デザインと申込み方法!

【全41地域デザイン掲載】地方版図柄入りナンバーの全デザインと申込み方法!

地方版図柄入りナンバープレートの全41地域の最終デザイン案が決定し、2018年10月1日から交付が開始されます。本記事では全41地域の最終デザインと、その申込み方法をご紹介します。【2019年10月更新】


トヨタの小型ピックアップ!ハイラックス 中古車価格まとめ

トヨタの小型ピックアップ!ハイラックス 中古車価格まとめ

トヨタのハイラックスは、トヨタの小型ピックアップトラックです。その歴史は長く、1968年から発売されています。日本、世界で人気の高いハイラックス。本記事ではハイラックスが気になっている方のために中古車情報をお届けいたします。(※情報は2019年8月現在のものです)