トップへ戻る

日産 新型シルビア最新情報!スペック・価格・デザインはどうなる!?

日産 新型シルビア最新情報!スペック・価格・デザインはどうなる!?

2017年9月、日産のスペシャリティカーとして一時代を築いた「シルビア」が復活し、東京モーターショー2017にて発表される?という報道がなされました。こちらの記事では、復活が噂されている日産 新型シルビアのデザイン、スペックや価格、発売時期等について予想しまとめています。また歴代シルビアに関する情報もお届けします。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


日産シルビアが復活!東京モーターショー2017で発表か?

日産シルビアとは、1965年に初代シルビア(CSP311型)が登場(東京モーターショーには「ダットサン クーペ1500」として出品)して以来、2002年に7代目S15シルビアの生産終了まで、実に37年もの長い間、若者を中心に大ヒットを記録し数多のファンを獲得してきた車です。

特に、5代目S13シルビアは30万台以上の販売台数を記録し、歴代シルビアの中で最も販売台数が多いモデルとなっています。

また、S13~S15シルビアは、現在も中古車市場で高い人気を保っている車種。

既に、新車購入は不可能で、中古車で良い車両に巡り会えるかどうか、往年の名車とも言えるシルビアですが、ここにきてフルモデルチェンジし、新型として復活する可能性があるとの情報。

そして、復活の発表時期として最も有力視されているのが、2017年10月の東京モーターショーなのです。

復活する新型シルビアはS16?

「名車」の復活は日産シルビアに限った話ではありません。昨今、各自動車メーカーの「名車」の復活・フルモデルチェンジ・リニューアルリリースが相次ぎ、それらは軒並み成功を納めています。また、それにより、自動車市場のスポーツカー熱も再燃してきていると言えるのではないでしょうか。

日産 新型シルビア 予想CG

CSP311→S10→S110→S12→S13→S14→S15とフルモデルチェンジを重ね、長い歴史を持つシルビアの系譜や市場認知度というメリットから考えると、新型シルビアは「S16シルビア」となる可能性が高いと言えます。

しかし「S16」という型式と「シルビア」という車名のどちらかのみを継承という可能性も否定できません。日産の他の車種を例に考察してみます。

日産GT-Rの場合

まずは、日産のスポーツモデルフラグシップとも言える「スカイラインGT-R」。元々は「スカイライン」の中の最上位グレードである「GT-R」でしたが、フルモデルチェンジを機に、型式はR35とR34スカイラインから継承。

最大の特徴であるアテーサ(ATTESA E-TS)や、ツインターボなどのメカニズムも継承しているものの、肝心の「スカイライン」という車名を捨て、「GT-R」として復活しています。

日産のスーパーカー!GT-Rのスペック 価格 燃費 まとめ

https://matome.response.jp/articles/771

日産が誇る、スーパースポーツ、GT-R。ファンも多いこの車。みなさんはどれだけ知っていますか?本記事ではGT-Rのスペック、燃費、価格他気になる情報をまとめています。

トヨタ 86の場合

他社の例も参考とすると、トヨタ自動車「トヨタ・86」の場合、AE86型カローラレビン、同スプリンタートレノから、車名を捨てフルモデルチェンジ、「トヨタ・86」として復活しました。

2020年に新型登場!?トヨタのスポーツカー、86(ハチロク)情報

https://matome.response.jp/articles/750

2020年に新型が登場すると言われている話題の86(ハチロク)。86はトヨタが誇る、スポーツカーです。トヨタとスバル、共同で製作されたスポーツカーで、スバルBRZは兄弟車となります。本記事では86についてまとめています。

以上のことから、8代目新シルビアは「S16シルビア」としてフルモデルチェンジする可能性が最も高いと言えますが、型式のネーミングルールが変更になる可能性も十分に含んでいると言えるでしょう。

今回、日産シルビアが復活するとなった場合、新型としてシルビアという名前を引き継ぐのか否か、またCSP311型からS10、S110、S12~S15と続いてきた型式はS16シルビアへと繋がるのか。日産ファン、シルビアファンならずとも気になるところです。

日産 新型シルビアのデザインはどうなる?

新型シルビアのデザイン面をエクステリア、インテリア双方の面で予想してみます。

日産 新型シルビア エクステリア予想

前提として、シルビアのアイデンティティである2ドアクーペ、FRパッケージという情報を踏まえて考察します。

まず、フロントマスクには、現在の日産が推している「Vモーショングリル」デザインが採用されるであろうことは予想に難くない。日産は以前より「ブランドメッセージがどの車からも伝わるように」とフロントマスクにVモーショングリルの採用を進めています。

ジュネーブモーターショー2017 インフィニティ Q60 プロジェクト・ブラックS

また、ヘッドライト部分は過去の教訓から、「たれ目」よりは「つり目」が選択される可能性が高いと考えます。

Vモーショングリルデザイン + つり目ヘッドライトにより、2017年初頭に発表された「インフィニティQ60(新型スカイラインクーペQ60)」のようなシャープなフロントマスクになりそうと予想。フロントバンパーには左右にエアインテークダクトが空けられるかもしれません。

リアフェンダーからリアライトまわりに関しては、S15シルビアで好評だった大き目のブレーキランプ、ボリュームのあるリアフェンダーにエッジを効かせた落とし込みプレスで立体感を出してくるということも大いに考えられます。

リアガラスは当然のように開放的な全面グラスルーフが採用されるでしょう。

デトロイトモーターショー2017 Vモーションコンセプト

デトロイトモーターショーにて日産が発表した「Vモーション2.0コンセプト」が、かなり新型シルビアのデザインコンセプトと近いのでは?という予想をしています。

また、「Vモーション2.0コンセプト」はCピラーが特徴的なことから、フェアレディZのようなハッチバックになるのかどうかが注目されるところといえるでしょう。

日産 新型シルビア インテリア予想

「Vモーション2.0コンセプト」を前提に考えると、まず居住空間が広く取られる可能性は高く、いわゆるロングホイールベース。

新型シルビアは2ドアクーペながらロングホイールベースで、前部席は当然ゆったりとした空間が確保され、尚且つ後部座席にも快適とまではいかなくとも、それなりの広さは確保されそうと予想。

但し、前後空間はゆとりを持てても頭上は全体的な流線型デザインにより少々窮屈になるのではないかと考えます。

新型シルビアのスペックは?VC-Tエンジン?e-POWER搭載は?

新型シルビアの搭載エンジン、メカニズムについて考察してみます。現在、新型シルビアに搭載されるエンジンとして最も旬で、可能性が高いのは何と言っても「VC-T」です。

ちょうど1年程前に日産(インフィニティ)が公開した直4ターボエンジンです。

歴代シルビアも同様に直4ターボエンジンを採用していたことを考えると、これ程までにマッチするエンジンは無いと言えるでしょう。

VC-Tエンジンについては下記リンクにて詳しく説明しています

日産の直4ターボエンジン「VC-T」とは?詳しく解説!

https://matome.response.jp/articles/907

2016年9月に開催されたパリモーターショーで世界初公開された日産(インフィニティ)の直立4気筒ターボエンジン「VC-T」。こちらの記事ではVC-Tエンジンがどのような仕組みか、どういった特徴なのか?詳しく解説しています。

新型シルビアはこのVC-Tエンジンにより燃費と高出力を両立する車となる可能性が非常に高いといえるでしょう。

以前インフィニティが公開した資料によると、SUVモデルに搭載するVC-Tエンジンは、最高出力200kW(268HP/272PS)、最高トルク390Nmを発生する2,000cc直4ターボエンジンとのことでした。

よって、新型シルビアもこの数値に近い性能を持つことになるといえます。ホンダ・シビック type-Rや三菱ランサーエボリューションXが、同じ4気筒で300馬力を超えている状況から考えると、VC-Tに改良を加え、タービンやセッティングの変更により300馬力を狙ってくる可能性も高そうです。

耐久性や中古車となった場合に掛かるランニングコストなど、まだまだ不透明な面も多いが、かなり素性の良いエンジンと言えそうです。

e-POWER搭載の可能性は?

燃費を考えると、e-POWERを搭載するのかどうかも気になるが、現時点でその可能性は低そうだと考えています。

まず大前提としてバッテリーが必要となるe-POWERを搭載する場合、そのバッテリーをどこに搭載するか、スペース的な問題が残ります。また、現在の日産車でe-POWERを搭載しているモデルは「ノートe-POWER」のみであり、搭載が予定されているとされる車両も「ジューク」や「セレナ」といったファミリーユース向けの車種となっているのも可能性が低いといえる要素。

また、バッテリーを搭載することができたとしても、それによる重量増は避けられず、スポーツカーとしてリリースする場合の足枷になりかねません。

更に、電気自動車の問題の一つであるバッテリー交換の必要性など、後々のランニングコスト増となりうる要因によるイメージダウンは、出来る限り避けたいはず。

また、シルビアを購入する層が燃費を気にするかどうかを考えると、優先度は下がると思われる。よって、現時点ではe-POWERを搭載する可能性は極めて低いと予測。

スペックはどうなる?

前述の事項を踏まえ、これまでの歴代シルビアのスペックやコンセプトを含みスペックを予想してみます。

S16新型シルビア予想スペック

・2.0リットル直4 VC-Tターボエンジン
・出力:220kW(295hp/300ps)
・トルク:410Nm(41.8kgf/m)
・駆動方式:FR
・ボディ/乗員:2ドア/4人乗り(2人+2人)、3ナンバー
・全長/全幅/ホイールベース:4,650mm / 1,780mm / 2,700mm
・燃費:14.5km/L:JC08燃費モード
・足廻り:ビスカス式LSD、前輪ディスクブレーキ
・タイヤサイズ:17インチ 225/55程度

以上が新型シルビアの予想スペック。それぞれある程度の理由があり、全くの想像という分けでもありません。

まず、エンジンは現状のVC-Tを改良し、スポーツカーのイメージを前面に出すために300psのラインを狙ってくると予測。トルクも併せて向上し、40kg台が見えてくると思われます。

駆動方式は歴代のシルビア同様FRレイアウトを維持し、フェアレディZなどと同様のビスカス式LSDが採用されそう。

乗員はライバルとなるであろうトヨタ・86(スバル・BRZ)や日産フェアレディZらがそうであるように、2名+2名の4名になると考えられます。

日産の現行フェアレディZ

気になるボディサイズだが、全長はフェアレディZより大きく、最終型のS15シルビアよりも若干延長されると予想しました。ホイールベースはライバルらよりも一回り延長され、フェアレディZクラスのロングホイールベースクーペが予想されます。

衝突安全基準などの兼ね合いからもワイド化は避けられず、これもライバル車種と同様に3ナンバー化となりそうだ。フェアレディZよりもシャープだが、トヨタ・86(スバル・BRZ)よりもワイドという辺りが妥当ではないでしょうか。

大型化したボディサイズに合わせて17インチ(グレードにより18インチもありえるかもしれない)と大型ディスクブレーキを採用すると考えられます。

復活の日産 新型シルビア、価格、発売時期は?

新型シルビアが復活するとなった場合の価格・発売時期はいくらで、いつになるのでしょうか。

同じ日産で上位車種に当たるフェアレディZ(Z33)が復活した時のことを参考にすると、1999年コンセプトモデルが発表、2002年7月に発売が開始されています。

フェアレディZの場合は、Z33のコンセプトモデル(240Zコンセプト)発表後にZ32が生産終了となっており、シルビアと若干状況が違ってますが、約3年の時差があります。

新型シルビアの場合、既に生産終了から15年が経過しており、また、搭載エンジンやシャーシの候補も豊富なこと、新車市場のスポーツカー熱が冷める前に発売したいであろうことから推測すると、コンセプトモデル発表から20ヶ月以内といったところが妥当ではないでしょうか。

もし第45回東京モーターショー2017(2017年10月27日~)で発表された場合、2019年春までに発売されるのではないかと予想。

新型シルビア、価格はどうなる?

関連する投稿


発売直前!日産アリアの最新スペック大調査!価格や航続距離はどうだ

発売直前!日産アリアの最新スペック大調査!価格や航続距離はどうだ

2020年に発表されたSUVタイプの電気自動車「日産 アリア」が、いよいよ発売開始目前となっています。新生日産を象徴する存在でありつつ、そろそろ古さを感じるリーフに代わる最新の電気自動車として日産の威信をかけて登場するアリア。発売に向けて航続距離や価格など、詳細情報がどんどん明らかになっているアリアの、気になる最新情報をまとめて紹介します。


【新車情報】2022年発売が予想される新型車を大調査!各社期待の星が勢揃い

【新車情報】2022年発売が予想される新型車を大調査!各社期待の星が勢揃い

自動車の電動化がいよいよさらに進められていくであろう2022年ですが、国内に存在する各メーカーだけでなく、輸入車メーカーからも重要な新型車が多数登場する見込みとなっており、ぜひ注目しておきたいところですね。この記事では、2022年に登場が見込まれている新型車をまるっとご紹介していきますので、ぜひご参考にしてみてください。愛車候補のあの車も、モデルチェンジ直前かもしれませんよ。


【2022年】新車で買える!現行MT車(マニュアル車)メーカー別全まとめ

【2022年】新車で買える!現行MT車(マニュアル車)メーカー別全まとめ

車との一体感をより感じやすい運転感覚が熱烈な支持を受けるMT車ですが、もはやスポーツカーでもラインナップ数がどんどん減っているのが現状。この記事では、こだわりのMT車が選べる現行車種をメーカー別にご紹介していきますので、どんな車種でまだMT車が選べるのかをぜひチェックしてみてください。スポーツカーから軽自動車までバラエティ豊富な車種が登場しますので、お気に入りの一台がきっと見つかるはずです。


80スープラの人気爆発の理由は?魅力やスペック、スープラの歴史まで

80スープラの人気爆発の理由は?魅力やスペック、スープラの歴史まで

トヨタだけでなく、日本を代表するスポーツカーブランドの一つ、「スープラ」。現在でも5代目となるGRスープラが販売されていますが、すでに販売終了から20年近くが経過している4代目モデル「A80型」の人気が近年爆発的に上昇しており、中古車価格も高騰中です。なぜ販売終了済モデルがここまで人気になっているのか、その理由を探ってみました。


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


最新の投稿


新型ランクル300の価格は?グレード、ボディサイズ、最新の納期まで徹底解説

新型ランクル300の価格は?グレード、ボディサイズ、最新の納期まで徹底解説

トヨタのランドクルーザー300が欲しくても、何から情報収集したらいいのか迷っている人も多いでしょう。ここでは、新車と中古車の価格の相場やオプション価格、人気があるカラーやグレード、スペック、納期について詳しく解説します。トヨタのランドクルーザー、通称ランクルについて見ていきましょう。


光岡バディ(Buddy)の価格、ベース車、内装、納期まで徹底解説!

光岡バディ(Buddy)の価格、ベース車、内装、納期まで徹底解説!

20代からシニアまで幅広い世代から支持されている光岡バディは、車好きがあこがれる車種のひとつです。光岡バディがなぜ人気なのか特徴について知りたい人も多いのではないでしょうか。ここでは、光岡バディのスペックや新車と中古車の価格、ベース車、内装、納期について解説します。


マセラティ新型コンパクトSUV!グレカーレのグレードと価格、スペック、内装、納期を徹底解説

マセラティ新型コンパクトSUV!グレカーレのグレードと価格、スペック、内装、納期を徹底解説

2020年9月に発表され続報が待たれていた「レヴァンテ」に続くマセラティ第2のSUV「グレカーレ」についてまとめました。そのスペック、価格、内装、納期などを徹底解説します。


【2022年】おしゃれなルーフキャリアおすすめ10選!種類と選び方まで徹底解説!

【2022年】おしゃれなルーフキャリアおすすめ10選!種類と選び方まで徹底解説!

アウトドアやマリンスポーツが好きな人にとって、ルーフキャリアは便利アイテムのひとつです。いざ買おうと思っても種類が多く、どれを選んだらいいのか迷っている人のために、ここではルーフキャリアの種類と選び方、そして、人気のメーカーとおすすめのルーフキャリアを10選紹介します。


タイヤ交換はどこが安い?交換時期や値段、意外と簡単な交換の方法までを解説!

タイヤ交換はどこが安い?交換時期や値段、意外と簡単な交換の方法までを解説!

購入した車は、ずっと同じ状態で乗り続けられるわけではありません。とくにタイヤは地面と接地するパーツのため、主に走行することによって劣化していきます。安全に走るために、タイヤ交換は必要なものですが、タイヤ4本の交換となると費用もかさみます。そこで今回は、タイヤ交換で少しでも費用を抑えるために知っておきたいポイントや自分で交換する方法など、タイヤ交換について知っておきたい情報をまとめてお伝えします。