目次へ戻る

スバルの人気SUV!新型XV 価格・評価・ボディサイズ・燃費完全網羅

スバルの人気SUV!新型XV 価格・評価・ボディサイズ・燃費完全網羅

スバルの大人気クロスオーバーSUV、XV。2017年にフルモデルチェンジされ新型XVが販売されています。新型XVは全車にアイサイトが標準装備されていることも魅力の一つですね。今回はそんな新型XVの価格・評価・ボディサイズ・燃費他についてまとめています。


スバルの大人気クロスオーバーSUV XV

スバルのXV概要

スバルは、様々なSUVを販売しています。

レガシーアウトバック。フォレスター。エクシーガクロスオーバー7など。

その中で新しく2017年5月にフルモデルチェンジされて販売されたのがスバルの新型XVです。このXVは、スバルの販売しているSUVの中で一番ボディサイズの小さい車種となっています。

安全性の充実!アイサイトが全グレードに標準装備!

また、今回のフルモデルチェンジによって、XVの全グレードにアイサイトVer3が標準装備され、さらに進化しています。

このXVという名前ですが、Xは、Crossover(=X-over)。Vは Vehicleを意味しているとのことです。

知っておきたい!各社の自動ブレーキシステムまとめ

https://matome.response.jp/articles/13

6割以上の人が搭載したいと考えている「自動ブレーキ」について、国内メーカー各社のテクノロジーをご紹介します

新型XVのおかげでスバルは売上・販売台数が過去最高を記録(2017年第1四半期決算)

スバルが2017年4~6月期(第1四半期)の連結決算を発表しました。

それによると、売上高は8548億円(前年同期比+11.1%)、営業利益は1193億円(+17.5%)、経常利益は1193億円(+0.4%)、四半期純利益は823億円(+4.4%)だったとのことです。

これに一役買っているのが、新型XV。この過去最高の数字は、新型XVや、新型のインプレッサが順調だったことによるもの、だそうです。

スバル車の全世界販売台数は、前年同期比10.7%増の27万1000台。国内販売では、軽自動車が前年を超えたことに加え、登録車では新型『インプレッサ』や『XV』などが順調だったことから、同29.9%増の4万台となった。海外販売では、北米を中心に新型インプレッサや『フォレスター』が好調に推移し、同7.9%増の23万1000台となった。全世界販売台数、海外販売台数、北米販売台数はいずれも第1四半期として、過去最高となった。

スバル 新型XV 基本情報・スペック・燃費

 
スバル 新型XV 基本情報
全長×全幅×全高(mm)4465×1800×1550
室内長×室内幅×室内高(mm)2085×1520×1200
ホイールベース(mm)2670
車両重量(kg)1440
燃料消費率(km/ℓ)(JC08モード燃費)16.0
エンジン2.0ℓ DOHC 16バルブ デュアルAVCS 直噴
最高出力[ネット][kW(PS)/rpm]113(154)/6000
最大トルク[ネット][N・m(kgf・m)/rpm]196(20.0)/4000
※2.0i-S EyeSight参照

新型XV、ハイブリッドモデルは設定されていないが

今回のフルモデルチェンジで、新型XVのハイブリッドモデルは発表されませんでした。

一方で、先代の2代目XVにはハイブリッドモデルが設定されていましたので、今後ハイブリッドモデルが追加されることも十分に考えられます。

スバルの新型XV 気になる評価はどう?

気になるのが、やはり新型XVの評価ですよね。
5月に発売されて、はや半年ほどたちますが、試乗した評価はどうなのでしょうか。

新型XVのオススメポイント

実用性が高い!使い勝手の良いクルマ

実用性はもちろん問題なく、後席は座面の高さをとり自然な姿勢で快適に着座できるし、ラゲッジスペーススペースも、使い勝手がよさそうな十分なスペースが確保されている。

アイサイトがついて、300万円ならコスパよし

お借りしたのは「2.0i-Sアイサイト」。消費税込みで267万8400円。これに付け加えるとしたら、ナビゲーションと5万4000円のアドンバンスドセイフティーパッケージくらいなもの。まあ、本革シートが欲しいとか、シャークフィンアンテナも欲しいとか、物欲旺盛な人はメーカーオプション7という、全部込みパッケージをチョイスすれば21万6000円ですべて手に入る。だからナビを含め、全部込みでも車両本体価格は300万円を少し超える程度。これでアイサイトやシンメトリカルAWDなどはすべてついて来るのだから、個人的にはバーゲンプライスだと思う。

2.0のインテリアは高級感が

2.0iのインテリアは、アクセントとして加えられるオレンジ色のステッチが、従来はシフトレバー根元やシート、それにステアリングなどだったものが、今回はさらにダッシュボードにも加えられて、全体として少し高級感を増した作りとなっている。なお、このステッチは1.6リットル版には入らない。

新型XVのマイナスポイント

内装に心躍らない!?インプレッサと同じ新型XVの内装

他方で内装は、基本的に『インプレッサ』と共用。デザインも質感も上等なのでもはや注文は通りにくいだろうが、オレンジのステッチなどに留まらず、乗り込んだ瞬間にもっと『XV』ならではの差別化された世界観を実感したい…とも思った。たとえば『ミニ』はハッチバック/クロスオーバー/クラブマンではインパネを違えているように。手間のかかる話であろうことは承知の上での話だが…。

パフォーマンスは欠ける?MTなし

2リットルエンジンは直噴ではあるがNA。出力とトルクはそれぞれ、154ps、196Nmとなる。この点について正直に報告すれば、パフォーマンス的にはもう少し欲しい。特にトルクが…である。これは何もエンジンだけのせいではないと思う。果たしていつまで使い続けるのかは知らないが、XVは今のところリニアトロニックというCVTしかトランスミッションの設定がない。勿論マニュアルの用意もない。

スバル 新型XV 価格 エントリーモデルは213万円から

 
スバル 新型XV グレード別価格
1.6i EyeSight2,138,400円
1.6i-L EyeSight2,246,400円
2.0i-L EyeSight2,484,000円
2.0i-S EyeSight2,678,400円

新車価格は、約210万円~270万円ほどのお値段です。

アイサイトが標準装備され、エントリーモデルが約213万円~で購入できるのであればコスパはいいと考えられます。

内装が殺風景すぎる、と思われる方は、2.0i-L EyeSight、2.0i-S EyeSightモデルであれば、オレンジステッチが標準装備でつきますので、ぐっとおしゃれになりますよ。

スバル 新型XV 気になる中古価格は?

気になる、新型XVの中古価格ですが、2017年の5月に発売されたということもあって、新車とほぼ値段は変わりません。

230万円~300万円が相場のようです。

最後に

2017年5月に発売された新型XVについて今回は見ていきましたがいかがでしたか。

車選びの際に参考にしていただければ幸いです!

他のスバル車が気になる方はこちら

スバル インプレッサ改良新型発表!アイサイトがより進化!発売日は?

https://matome.response.jp/articles/857

スバル、インプレッサ改良新型が発表されました。インプレッサと言えば、スバルの中でも特に人気車種ということもあって期待が高まります。 価格は?アイサイトはどうなるの?発売日はいつ?等、本記事ではスバル インプレッサ改良新型についてまとめています。

スバル レガシィ アウトバック/B4 改良新型発表!アイサイト強化!

https://matome.response.jp/articles/855

スバルは、スバルのSUV、「レガシィ アウトバック」「レガシィ B4」の改良新型を発売することを発表しました。本記事では、レガシィ アウトバック、レガシィB4の基本情報・スペック・価格についてまとめています。

関連するキーワード


スバル 車種情報 SUV XV

関連する投稿


三菱新型SUV!エクリプスクロス最新情報 発売日・性能・価格ほか

三菱新型SUV!エクリプスクロス最新情報 発売日・性能・価格ほか

東京モーターショー2017にて、日本仕様車が初公開された、三菱の新型SUVであるエクリプスクロス。実は、三菱の「エクリプス」をSUVとして復活させた車だということ知っていましたか。今回は三菱の新型SUV・エクリプスクロスの、性能・価格・発売日などを見ていきます。


スバル インプレッサ2018年モデル初公開!スターリンク搭載!

スバル インプレッサ2018年モデル初公開!スターリンク搭載!

スバルの米国法人、スバルオブアメリカは、米国で開催中のロサンゼルスモーターショー2017において、『インプレッサ』2018年モデルを初公開しました。いったいどういった点が変更・改良されているのか?インプレッサ2018年モデルの最新情報をお届けします!!


【本日12月14日発売】マツダの新型SUV CX-8 価格・スペック・最新情報!

【本日12月14日発売】マツダの新型SUV CX-8 価格・スペック・最新情報!

2017年9月14日、マツダから7人乗りの新型SUV、CX-8が正式に発表されました。9月14日から予約開始となり、発売は12月14日。もう間もなくです!!本記事では気になるCX-8についての価格、燃費、スペックなどについての情報をまとめています。


ボルボ 最小クロスオーバーSUV 新型XC40!発売は2018年か 価格・スペック他

ボルボ 最小クロスオーバーSUV 新型XC40!発売は2018年か 価格・スペック他

ボルボの最小クロスオーバーSUVとされる、XC40の情報が続々と上がってきています。日本カー・オブ・ザ・イヤーにも輝いたXC60は、XC40の兄貴分にあたります。今後大注目間違いなしのXC40について最新情報をお届けいたします!


【2017年決定版】3列/7人乗りSUV 国産車&外車 全19車種を一覧比較!

【2017年決定版】3列/7人乗りSUV 国産車&外車 全19車種を一覧比較!

ファミリーカーとして人気を博しているミニバンに待ったをかけるのが、多人数も乗れるSUV。最近では3列シート・7人乗りSUVが続々市場に導入されています。本記事では、現在日本で購入可能な、現役の国産車から外車まで、ありとあらゆるメーカーの「3列シート/7人乗り SUV」についてまとめてご紹介します。


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。