目次へ戻る

【全地域デザイン一覧】地方版図柄入りナンバー導入!どんなデザイン?

【全地域デザイン一覧】地方版図柄入りナンバー導入!どんなデザイン?

ラグビーワールドカップ、東京オリンピックの応援を目的にした特別仕様の図柄入りナンバープレートが軽自動車でも白ナンバーにできるとして話題を呼んでますが、各地方のナンバープレートも図柄入りで発行できるようになり、41地域での導入が決定し、41地域全ての最終デザイン案が決定となりました。全地域のデザインを掲載しています。


そもそも「図柄入りナンバープレート」とは…?

まず、そもそも図柄入りナンバーって何?というところから簡単に説明をしていきます。

ラグビーワールドカップ特別仕様 図柄入りナンバープレート

図柄入りナンバープレートとは、2017年4月1日より導入された自動車のナンバープレートで、ナンバープレートの背景にイラストなどの図柄を入れたデザインのナンバープレートです。

原動機付自転車などのナンバーとしては、以前から図柄やイラストなどがデザインされたナンバープレートが発行されていましたが、自動車用ナンバーとしては初の試みとなっています。

東京オリンピック特別仕様 図柄入りナンバープレート

先だって発行されたのは上記の2019年に日本にて開催される「ラグビーワールドカップ」の応援を目的としたラグビーナンバーと、2020年の「東京オリンピック」の応援を目的としたオリンピックナンバーで、寄付金有の場合はカラーデザイン、寄付金なしの場合は、白地のナンバーとなっています。

話題を呼んでいる1つの理由としては、上記の画像をみて頂いたとおり軽自動車(自家用のみで、事業用の軽は除く)の黄色ナンバーも白ナンバーに変更できるとして、軽自動車ユーザーをメインに人気を博しています。

5月22日更新 地方版図柄入りナンバー 軽自動車は「黄色い枠」

しかし、本記事で紹介する地方版図柄入りナンバープレートでは、軽自動車のナンバープレートに黄色い枠がつくことが決定しました。

今回の図柄入りナンバーは、地方それぞれのデザインがメインとなるため影響は無いかもしれませんが、オリンピックナンバー、ラグビーナンバーは黄色の枠が無く軽自動車ユーザーに人気を博したことを考えると、軽自動車ユーザーの取得率に影響が出ないか不安が残ります。

41地域で導入開始!「地方版図柄入りナンバープレート」

そして2017年5月から9月30日までの期間、各地域の地元の風景等をデザインとした図柄入りナンバープレートを全国116箇所の地域表示から対象に希望を募り、41の地域から応募があり導入が決定しました。

東京オリンピック2020、ラグビーワールドカップの図柄入りナンバーの実績を踏まえ、「走る広告塔」として、地域の魅力を発信していくことを目的とした取り組みになるようです。

ナンバープレート表示の各地域は、1000円以上からとなる寄付金をそれぞれの地域の交通改善や観光振興などで活用ができるとしています。

地方版図柄入りナンバープレート 交付開始は2018年10月~を予定!

今後の流れとしては2017年12月までに各地域の観光名所や、代名詞ともなる風景の図柄デザインを国土交通省に申請、提案。

それを受け国土交通省が2018年10月の交付開始を目指す。といった流れとなるようです。

ご当地図柄入りナンバーは、2018年3月まで各自治体より応募受付中!

今回、116地域から募集し41の地域から応募があった地方版の図柄入りナンバーですが、116の地域に該当しない地域の「ご当地ナンバー」の申請と今回の「地方版図柄入りナンバープレート」の申請を同時に受け付ける「ご当地図柄入りナンバープレート」を2018年3月まで受け付けています。

こちらのご当地版は2020年度の交付を予定しているようです。

各地域の地方版図柄入りナンバープレート どんなデザイン!?

何より気になるのは決定した41の地域の図柄入りナンバーが、どんなデザインなのか?そこに尽きると思います。

2018年2月現在、全ての地域のデザインが決定しました。

【※注意※】既に「最終デザイン案決定」としているものであっても視認性確保のためや、色合いの調整等でデザインが一部変わる可能性があります。また、画像右下のサイトロゴは、各地方のデザインに関係していませんのでご了承下さい。

【東北】岩手・盛岡・平泉、仙台(宮城)、山形・庄内の地方版図柄入りナンバーのデザイン

まずは北から、東北地方での地方版図柄入りナンバーのデザイン案をご紹介します。

東北から応募があった地域は6ヶ所で、岩手、盛岡、平泉、仙台、山形、庄内となります。

岩手の地方版図柄入りナンバープレートのデザイン(最終案決定)

盛岡の地方版図柄入りナンバープレートのデザイン(最終案決定)

11月15日までの期間、岩手県ホームページ、若しくはFAX・郵送で各デザインを決定するための県民投票を行ない岩手、盛岡のナンバープレートデザインは上記のデザイン案で決定となりました。

岩手は、宮沢賢治の銀河鉄道の夜をモチーフとしたデザイン。盛岡は岩手山をモチーフとしてデザインされた図柄が選ばれました。

上記のデザインが視認性確保の理由などにより不可となってしまった場合は、県民投票結果の次点の作品を繰り上げ再提案するとしているようです。

平泉の地方版図柄入りナンバープレートのデザイン(最終案決定)

作品コンセプト:世界文化遺産「平泉」を

同じく岩手県の平泉は、合計53点の応募作品の中から上記のデザインが最優秀作品として決定しました。

作品のコンセプトは、世界文化遺産「平泉」を。
2011年に世界遺産に登録された平泉の「中尊寺(金色堂)」をイメージした模様で、円は平和を意味したデザインとなっているようです。

今後の予定としては、国土交通省に上記のデザインを提案後、2018年夏頃に国がデザインを決定、同年秋頃に交付開始となるようです。
※冒頭にも記載していますが、視認性確保や色の調整等でデザインは一部変更となる可能性があります。

仙台の地方版図柄入りナンバープレートのデザイン(最終案決定)

仙台 地方版図柄入りナンバー C案「豪華絢爛!仙台七夕まつり」

宮城県の仙台から8141件のデザイン投票の結果、3086票を獲得したC案の「豪華絢爛!仙台七夕まつり」が最終デザインに決定しました。

デザイン案を争ったのは3作品で、全て「伊達政宗」をモチーフにデザインされた図柄デザインとなっていました。

8141件のデザイン投票の男女比、年代比なども公表されていて40代女性からの投票が1090表で全体の13.4%、30代女性からが861表の10.6%と、比較的年齢層が若く、且つ女性からの支持や、人気が高いことが伺える結果となりました。

山形の地方版図柄入りナンバープレートのデザイン(最終案決定)

庄内の地方版図柄入りナンバープレートのデザイン(最終案決定)

山形、庄内地方の図柄入りナンバーもデザイン案が決定しました。

山形はさくらんぼをモチーフに、庄内は稲穂と鳥海山をモチーフにしたデザインとなっています。

山形5作品、庄内5作品からの投票で決定したものにデザイン修正を加えたものが上記となるようです。

【関東】土浦・つくば(茨城)、越谷(埼玉)、成田・柏(千葉)、世田谷・杉並(東京)、前橋(群馬)、富士山(山梨)の地方版図柄入りナンバーのデザイン

続いては関東地方。

関東からは、土浦、つくば、前橋、越谷、成田、柏、世田谷、杉並、富士山と9箇所の地域から応募がありました。

決定したデザインは下記となります。

土浦の地方版図柄入りナンバープレートのデザイン(最終案決定)

茨城県、土浦の図柄入りナンバーデザイン案も最終案が決定しています。

デザインのテーマは「風・空・彩」となっていて、土浦ナンバーが対象となる地域11市町村(土浦市、牛久市、龍ヶ崎市、石岡市、取手市、稲敷市、かすみがうら市、美浦村、阿見町、河内町、利根町)をイメージして、花火の花弁の数と帆引き船の帆の数を11枚としたデザインになります。

つくばの地方版図柄入りナンバープレートのデザイン(最終案決定)

茨城県、つくばからは3つのデザイン案からWebサイトにて11月15日までアンケート投票の結果、上記のデザインにて最終決定となりました。

筑波山の山頂から太陽が昇る「ダイヤモンド筑波」を鮮やかなグラデーションで表現した作品となっています。

越谷の地方版図柄入りナンバープレートのデザイン(最終案決定)

出典:越谷市

越谷のナンバープレートも上記で最終案が決定しました。

越谷の哀キャラ、ガーヤちゃんがあしらわれたシンプルなデザインとなっています。

前橋の地方版図柄入りナンバープレートのデザイン(最終案決定)

群馬県、前橋の図柄入りナンバーのデザインも、全112作品の応募の中から上記のデザインが選出され決定しました。作品タイトルは「前橋から見る赤城」。

現在のところ交付手数料は未定となっています。

成田の地方版図柄入りナンバープレート(最終案決定)

千葉県・成田市のデザインは上記で決定しました。

空に描かれた飛行機の七色の軌道は成田国際空港周辺の7つの市町が表現されているそうです。

柏の地方版図柄入りナンバープレートのデザイン(最終案決定)

画像提供:柏市

千葉県、柏ナンバーのデザインは上記で最終決定されました。

柏ナンバーが柏市と我孫子市の両市にまたがることから、手賀大橋と花火がデザインされています。

世田谷の地方版図柄入りナンバープレートのデザイン(最終案決定)

東京都、世田谷ではデザイン原案が上記のデザインで決定しています。

選定された図柄デザインのタイトルは「多摩川とサギソウ」。世田谷区を流れる多摩川と、同区の区の花に指定されているサギソウをモチーフにデザインされた図柄となっています。

杉並の地方図柄入りナンバープレートのデザイン(最終案決定)

出典:杉並区

東京都、杉並区も上記のデザイン(タイトル:「杉並続くみどりいっぱいのまち」)を最終案で決定しました。

杉並の「地名の由来である杉並木と人がにぎわい明るいまち」をイメージしてデザインされ、杉並区のキャラクター「なみすけ」と「ナミー」が配置されています。

関連する投稿


軽自動車の分類番号にナンバーにローマ字が採用か

軽自動車の分類番号にナンバーにローマ字が採用か

国土交通省は、今年8月上旬頃に軽自動車のナンバープレートの分類番号にローマ字を導入する予定です。本記事では今回の導入の背景についてご紹介します。


【2018年最新】安全性が証明されたチャイルドシート・ベビーシート4選

【2018年最新】安全性が証明されたチャイルドシート・ベビーシート4選

お子さんの安全に関わるチャイルドシートやベビーシートは、安全なものを選びたいですよね。本記事では独立行政法人が発表した2017年度(2017年4月~2018年3月)版の「チャイルドシート安全性能評価試験」をもとに、安全性が証明された4つのチャイルドシートをご紹介します。


地方版図柄入りナンバー 勝手に選んだベスト10デザインを発表!

地方版図柄入りナンバー 勝手に選んだベスト10デザインを発表!

国土交通省が全国41地域に導入する地方版図柄入りナンバープレートのデザインを公表しました。各地域の魅力溢れる個性的なデザインのご当地ナンバーが目白押しとなっています。そんな41地域のデザインについて筆者個人の独断と偏見によりベスト10を選出してみました。


自作「ホワイトレター」でタイヤをおしゃれにカスタム【画像あり】

自作「ホワイトレター」でタイヤをおしゃれにカスタム【画像あり】

タイヤのロゴが白く着色された「ホワイトレタータイヤ」をご存知でしょうか。既製品もありますが、自分で簡単に仕上げることもできるので、お手軽カスタムとしてジワジワと注目を集めています。今回は自分でペイントする際にオススメのペンマーカーと、ホワイトレタータイヤにカスタムした車の画像集をお届けします。


 メルセデス・ベンツのスピーカー交換。音質改善方法&おすすめブランド

メルセデス・ベンツのスピーカー交換。音質改善方法&おすすめブランド

「メルセデス・ベンツ」オーナーに向けて、純正オーディオの特徴分析、そしてそれを踏まえての音質改善方法を紹介していきます。もっともおすすめな音質改善方法であるスピーカー交換については、その注意点や価格帯ごとのおすすめスピーカーまでを詳しく紹介していきます。


最新の投稿


【欧州7月発売】三菱パジェロスポーツ新型!

【欧州7月発売】三菱パジェロスポーツ新型!

三菱自動車は6月19日、欧州で新型『ショーグンスポーツ』(グローバル名:新型『パジェロスポーツ』)を発表しました。7月に販売を開始する予定です。海外専売車種のパジェロスポーツ新型、最新情報をまとめています。


発売!メルセデスベンツのSクラスクーペ/カブリオレ 新型!1508万円から

発売!メルセデスベンツのSクラスクーペ/カブリオレ 新型!1508万円から

メルセデス・ベンツ日本は、新型『Sクラスクーペ』および『Sクラスカブリオレ』を発表、6月20日より販売を開始しました。新型メルセデスベンツSクラス、いったいどのような姿に変身したのでしょうか。


フィアット500Xがビッグマイチェン!!発表は2018年内か?

フィアット500Xがビッグマイチェン!!発表は2018年内か?

フィアット500Xをのコンパクト・クロスオーバーSUV『500X』改良新型プロトタイプを激写しました。MINI『クロスオーバー』に対抗すべく、フロントマスクを刷新する模様です。


スバル 新型フォレスター発売は7月19日より!HVモデル初登場!MT&ターボはある?

スバル 新型フォレスター発売は7月19日より!HVモデル初登場!MT&ターボはある?

スバルラインアップの中でも人気の高いSUV・フォレスターがフルモデルチェンジを経て2018年夏~秋ごろ発売されます。本記事ではフォレスター新型の最新情報をお届けいたします。スペック・ボディサイズ・変更点・ハイブリッド仕様・MT、ターボ設定の有無・新車価格予想・発売日他。


20日発表!ボルボの新型S60 ワールドプレミア!最新情報

20日発表!ボルボの新型S60 ワールドプレミア!最新情報

ボルボカーズは6月14日、新型ボルボ『S60』を6月20日、ワールドプレミアすると発表しました。ライブストリーミングも予定しているとのこと。S60は3代目モデル。いったいどんな進化を遂げているのでしょうか。新しいS60に注目が集まっています。