目次へ戻る

ベンツ限定車がオンラインで買えるメルセデスベンツオンラインストアとは?

ベンツ限定車がオンラインで買えるメルセデスベンツオンラインストアとは?

メルセデスベンツ日本は、オンラインで車が購入できる「メルセデス・ベンツオンラインストア」を昨年10月に開始しました。高額なクルマの買い方としてネットで購入というのは躊躇してしまう方も多いとおもいます。そこで今回はメルセデスベンツオンラインストアでの買い方や、ラインナップ、疑問点などをまとめて掲載しています。


はじめに

メルセデスベンツ日本は、オンラインで車が購入できる「メルセデス・ベンツオンラインストア」を2017年10月に開始しています。

今回オンラインストア限定で4月2日より「Cクラス」セダンの左ハンドル仕様「C200エクスクルーシブ・ベージュリミテッド」特別仕様車の注文受付を開始しました。

高額なクルマの買い方としてネットで購入というのには抵抗があるという方も多いのではないでしょうか。そこで、本記事ではメルセデスベンツオンラインストアでの買い方や、ラインナップ、疑問点などをまとめて掲載しています。

スマホでベンツを「ポチる」…MBJがオンライン車両販売をスタート | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/10/26/301628.html

メルセデス・ベンツ日本は、オンラインで車両が購入できる「メルセデス・ベンツ オンラインストア」を開始した。

ラインナップは?

2018年4月2日より注文受付を開始した「C200エクスクルーシブ・ベージュリミテッド」をはじめとして左ハンドル車やMTモデル、限定デザインなど以下の6台がメルセデスベンツオンラインストア限定で販売中です。

■Mercedes-Benz C 200 Exclusive Beige Limited

エレガンスとスポーティを兼ね備えたレアな左ハンドルモデル

ボディカラー:ダイヤモンドホワイト
限定5台

メルセデス・ベンツのホワイトボディは人気色ですね。

車両本体価格
\6,820,000(税込み)

■Mercedes-Benz C 200 Exclusive Beige Limited

エレガンスとスポーティを兼ね備えたレアな左ハンドルモデル。

ボディカラー:セレナイトグレー
限定5台

大人なグレーのベンツもスタイリッシュでいいですね。
車両本体価格
\6,820,000(税込み)

■Mercedes-Benz C 200 Sports designo Limited

感性に響くこのうえない贅沢 特別装備の希少なdesigno仕様。

ボディカラー:ブリリアントブルー
車両本体価格
\7,250,000(税込み)

外装色はダイヤモンドホワイト、ブリリアントブルー、ヒヤシンスレッドの各1台で、全国限定3台でしたが、残りはブルー1台となっています。

メルセデス C200スポーツ デジーノリミテッド、オンラインストアで3台限定発売 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2018/01/22/305071.html

メルセデス・ベンツ日本は、『Cクラス(セダン)』に特別仕様車「C200スポーツ デジーノリミテッド」を設定し、同社オンラインストア限定で1月22日より注文受付を開始した。

■Mercedes-Benz SLC 200 Sports MT Limited

オンラインストア限定で復活した6速マニュアルモデル。

ボディカラー:オブシディアンブラック
残り1台
車両本体価格
\5,990,000(税込み)

メルセデス・ベンツの日本導入モデルにマニュアルトランスミッションが搭載されるのは、1992年まで販売されていた「190Eアンファング」、2013年発表の「SLK 200 BlueEFFICIENCY MT」以来の貴重なMTモデルです。

個人的には一押しモデルです。

■smart smart forfour turbo crosstown limited

オンラインストア限定のcrosstownデザイン
ボディカラー:グラファイト×ブラック
車両本体価格
\3,002,000(税込み)

ガンメタなボディカラーがすごくいいですね。

購入の流れは?

契約まで6ステップ、納車までは3ステップで購入が完結します。

契約まで6ステップ

1.車両選択

希望の車両を選択

2.ファイナンスプラン選択

希望のローンを選択

3.見積確認

支払総額や月額を確認

4.ローン審査

ローン利用の審査を申請

5.申込金決済

クレジットカードで決済

申込金として頭金全額ではなく、20万円をクレジットカードにて決済するそうです。

6契約締結
売買/ローン契約を締結

車両の選択から契約締結までは最短20分程度で完了とのことです。

納車までの3ステップ

1.車庫申請/車両登録

車庫証明の申請とナンバープレートを取得

オンラインストアで販売する車両は、車両、装備、メンテナンス保証などと同様に車庫申請や車両の登録もセットとなり、自分自信での車庫申請や登録はできないそうです。


2.車両輸送

販売店へ車両をお届け

3.納車

車両の受け取り

気になる納車までの期間は車両売買契約およびローン契約完了後、3週間程度で納車となります。

よくある質問:注意点や気になる点について

展示車や試乗車は?

オンラインストア限定モデルのため、試乗車の用意ありません。

仕様が近い各モデルをメルセデス・ベンツディーラーで確認したり試乗してみるしかありません。
内装はまだしも、MTモデルは買ってみないとわかりませんね。

・C 200 Exclusive Beige Limited → C 200 AVANTGARDE※Exclusive仕様ではない
・C 200 Sports designo Limited → C 200 AVANTGARDE (AMGライン装着車)※designo仕様ではない
・SLC 200 Sports MT Limited → SLC 200 Sports (AT)※オートマチックトランスミッション搭載モデル
・smart forfour turbo crosstown limited → smart forfour turbo※クロスタウン仕様ではない

アフターサービスは?

販売店で購入した場合と同様に、希望のメルセデス・ベンツ正規販売店でアフターサービスを受けることができるので安心です。

オプションの追加や変更はできるか?

オンラインストアでは、オプションの追加や変更は不可。
ボディコーティングやアクセサリを追加したい場合は、契約締結後、納車希望販売店に要相談となります。

現在の愛車の車両の下取りは?

オンラインストアでは、車両の下取りは受け付けていません。
買取店や最寄りのディーラーで売却する流れとなります。

最後に

高額なクルマをネットで購入・完結させるという試みはなかなかチャレンジングな試みだと思います。

メルセデス・ベンツのブランド力だからこそというのもありますが、将来的に誰しもがネットで自動車を買う時代がやってくるかもしれないですね。

メルセデス・ベンツはいち早くディーゼルモデルを日本に導入させて普及させたりと先進的な取り組みを試みる姿勢は素敵だとおもいます。

ネットでしか購入できない限定モデルなら確かにネットで購入するしかないですし、今後も特別限定車をネットで販売すれば利用するユーザーも増えていくのでは感じます。

筆者としては実車を見ないで購入にはやはり躊躇がありますが、同じようなベース車をディーラーの展示車で見たり、試乗したりすれば大体の仕様はわかるので最後はポチッとネットで購入ってもアリかもしれませんね。

一方で、クルマを買う際の醍醐味の1つとも言えるディーラーでの値引き交渉などのやりとりが味わえないという点は寂しく感じます。
値引き交渉や駆け引きが煩わしいという方は、こういったネットでの購入の方が楽でいいのかもしれませんね。

今後他社メーカーにもオンライン販売が広がっていくのか注目していきたいと思います。

メルセデス・ベンツ オンラインストアはこちらから

関連する投稿


最強SUV メルセデス・ベンツ GL │GL・GLSなどのラインナップ

最強SUV メルセデス・ベンツ GL │GL・GLSなどのラインナップ

ベンツのSUVのカテゴリーにラインナップされ、全長堂々の5.1mオ ーバーの3列シートで定員は7名乗りのGL。ベンツのSUVクラスの中でも最上級のモデルとなっています。今回はそのラインナップをご紹介します。


メルセデスベンツ SLの歴史と歴代モデル|中古価格から評価に至るまで総まとめ

メルセデスベンツ SLの歴史と歴代モデル|中古価格から評価に至るまで総まとめ

歴史あるメルセデスベンツのSLクラスの歴代モデルや気になる燃費、そして中古価格などをまとめてみました。買い替えを検討されている方は是非ご覧ください。


メルセデスベンツVクラス 新車・中古車価格 スペック 燃費 評価まとめ

メルセデスベンツVクラス 新車・中古車価格 スペック 燃費 評価まとめ

メルセデスベンツのワンボックスタイプのミニバン。それがVクラスです。 ミニバンの購入を検討している人は、Vクラスはどうでしょうか。本記事ではメルセデスベンツVクラスの 新車・中古車価格 スペック 燃費 評価についてまとめています。


メルセデスベンツ Gクラス(ゲレンデヴァーゲン)|新型の性能から現在の中古価格まで紹介

メルセデスベンツ Gクラス(ゲレンデヴァーゲン)|新型の性能から現在の中古価格まで紹介

メルセデス・ベンツで展開しているクロカン(SUV) 「ベンツ Gクラス」。 1979年に登場して以降、2018年に初のフルモデルチェンジを行いました。 この記事では「Gクラス」と新しいモデルに関して性能や中古価格などご紹介しています。


これがキャンピングカー?新型キャンピングカーが豪華すぎる!

これがキャンピングカー?新型キャンピングカーが豪華すぎる!

キャンピングカー大手の「レジャー・トラベルバン社」は、メルセデスベンツ『スプリンター』をベースとしたキャンピングカー、『2020 Unity Rear Lounge Concept』(ユニティ・リアラウンジ・コンセプト)を世界初公開しました。このキャンピングカー、何がすごいって色んな意味で豪華すぎるんです。


最新の投稿


アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディのコンパクトSUV『Q3』の派生モデルとして設定が予定されているクーペSUVの開発車両が、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始しました。名称はQ4になる確率が高い?最新情報をまとめています。


映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画マッドマックスで有名になったインターセプターのベースとなる車が、【フォード ファルコンXB GTクーペ 1973(V8インターセプター)】です。40代後半から70代のカーマニアを熱狂させた車を紹介し、レプリカと中古車やミニカーのプラモデルにまで、映画の世界観と共にインターセプターを紹介しましょう。


マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

期待の一台がついに国内発売されます。その名もアクセラという名称を改めた、マツダ3です。マツダ3という名称は国外で使用されていましたが、今回のフルモデルチェンジで日本でも世界統一名となるマツダ3に名称が変更されました。価格は約218万円(ハッチバック)、約247万円(セダン)です。本日5月24日よりガソリン1.5Lとディーゼルモデルが発売されます。


【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

みなさんは、【復活】あの名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開あの名門ブランド、デトマソをご存知でしょうか。デトマソは1959年に設立したイタリアの名門ブランドです。2004年に惜しまれながらも解散してしまいました。そのため、7月に新型車を発表するという情報はとても喜ばしいものなのではないでしょうか。本記事では改めてデトマソについて見ていきましょう。


【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

トヨタ自動車の中国部門は5月21日、新型『レビン』(Toyota Levin)を発売しました。このレビンは、カローラセダンの兄弟車にあたります。