目次へ戻る

ホンダの軽 N-WGNシリーズに特別仕様車が登場!7月6日より発売

ホンダの軽 N-WGNシリーズに特別仕様車が登場!7月6日より発売

ホンダの人気シリーズ、「N」シリーズ。そのうちの1つである、N-WGNに特別仕様車が登場します。発売は7月6日から。いったいどんな仕様になっているのかまとめました。


ホンダの軽 N-WGNシリーズに特別仕様車が登場

ホンダは、軽自動車『N-WGN』の「G」グレードに特別仕様車「SS(スズカスペシャル)パッケージII」を、『N-WGNカスタム』に「SSパッケージII」「ターボSSパッケージII」「SSブラックスタイルパッケージ」「ターボSSブラックスタイルパッケージ」「SS 2トーンカラースタイルパッケージII」「ターボSS2トーンカラースタイルパッケージII」を設定し、7月6日より発売しました。

ホンダ N-WGN すべての特別仕様車に

すべての特別仕様車には、シティーブレーキアクティブシステム、前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム(前席/後席対応)、後席シートベルト締め忘れ警告灯、グラブレール(運転席)をセットにした「あんしんパッケージ」と「運転席&助手席シートヒーター」を適用しました。

それでいて、買い得感のある価格設定になっています。

N-WGN G SSパッケージII

ホンダ N-WGN G 特別仕様車 SS パッケージII(モーニングミストブルー・メタリック)

ホンダ N-WGN G 特別仕様車 SS パッケージII インテリア(ブラウン×ベージュ内装)

N-WGN G SSパッケージIIはこのほかに、ホワイトまたはブラックのインパネガーニッシュでインテリアの質感を向上。

クロームメッキエアコンアウトレットリング、HIDヘッドライト(オートレベリング/オートライトコントロール機構付)を装備し、専用色としてモーニングミストブルーメタリックを採用しています。

価格はFFが126万1000円、4WDが139万1000円です。

N-WGNカスタム SSパッケージII

ホンダ N-WGNカスタム 特別仕様車 SS パッケージII(サンセットオレンジII)

ホンダ N-WGNカスタム 特別仕様車 SS ブラックスタイルパッケージ 常時点灯3眼メーター(バイオレット照明)

N-WGNカスタム SSパッケージIIは、本革巻セレクトレバーや常時点灯3眼メーター(ホワイト照明)、ホワイトイルミネーション、ドリンクホルダーを備えています。

また、同SSブラックスタイルパッケージは、ブラック塗装のフロントグリルやアウタードアハンドル、リアライセンスガーニッシュなどによる、黒を基調とした外観が特徴です。

さらにベルリナブラック塗装の14インチアルミホイールやプライムスムース&ジャージコンビシート、本革巻のステアリング/セレクトレバーなども設定。

価格は両モデルともにFFが151万5000円、4WDが164万59000円です。

N-WGNカスタム ターボSSパッケージII/ターボSSブラックスタイルパッケージ

ホンダ N-WGNカスタム 特別仕様車 ターボ SS パッケージII(プレミアムベルベットパープル・パール)

ホンダ N-WGNカスタム 特別仕様車 ターボ SS ブラックスタイルパッケージ インテリア

N-WGNカスタム ターボSSパッケージII/ターボSSブラックスタイルパッケージは、SSパッケージII/ブラックスタイルパッケージの装備に加え、本革巻ステアリングホイール(パンチング&スムースレザー、ホワイトステッチ)、サイドシルガーニッシュ(アルミ調フィルム加飾付)、15インチアルミホイール(ベルリナブラック塗装+切削+クリア塗装)を備えています。

価格は両モデルとも、FFが159万9000円、4WDが172万9000円です。

N-WGNカスタム SS/ターボSS 2トーンカラースタイルパッケージII

ホンダ N-WGNカスタム 特別仕様車 SS 2トーンカラースタイルパッケージII (ルナシルバー・メタリック)

N-WGNカスタム SS/ターボSS 2トーンカラースタイルパッケージIIは、ルーフとスポイラー、ドアミラーをブラックとした2トーンカラースタイルに、ダーククロームメッキ&ブラック塗装フロントグリルを採用しました。

また、インテリアでは、プライムスムース&ジャージコンビシートや本革巻ステアリング、常時点灯3眼メーター、レッドイルミネーションなどを備えています。

N-WGNカスタム SS 2トーンカラースタイルパッケージIIの価格はFFが157万5000円、4WDが170万5000円。N-WGNカスタム ターボSS 2トーンカラースタイルパッケージIIの価格はFFが165万9000円、4WDが178万9000円。

関連するキーワード


ホンダ 車種情報 N-WGN

関連する投稿


純正ドライブレコーダーもあおり運転対策で後方監視の時代!ホンダがリア専用ドラレコ発売!

純正ドライブレコーダーもあおり運転対策で後方監視の時代!ホンダがリア専用ドラレコ発売!

ホンダの純正用品を開発するホンダアクセスからリア専用ドライブレコーダーが発売されました。新型「CR-V」の発売に合わせて発表した「ドライブレコーダー(リア用)」ですがホンダ車19機種に適用を拡大し、全国のホンダカーズで販売を開始したそうです。詳しく紹介します。


【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば日本の2018年発売が予測される新車情報を一気に先取りです!


【8月31日発売】新型CR-V!ホンダのミッドサイズSUVが2018年8月に日本復活!ハイブリッド導入

【8月31日発売】新型CR-V!ホンダのミッドサイズSUVが2018年8月に日本復活!ハイブリッド導入

2018年に、ホンダのミッドサイズSUV・CR-Vが復活すると噂されています。2016年に日本では販売終了となったCR-Vですが、昨今のSUV人気・市場拡大を受けてホンダのCR-Vも再始動スタートです!!また、今回のCR-Vには、日産のe-powerに似た性能を持つハイブリッドモデルも搭載されるとか!?


復活!ホンダのCR-V新型 初のハイブリッド採用 7人乗り仕様も登場

復活!ホンダのCR-V新型 初のハイブリッド採用 7人乗り仕様も登場

ホンダのCR-V新型が2018年8月31日より発売されました。CR-Vの復活は実に2年ぶりのこととなります。初のハイブリッドモデルを登場したほか、7人乗り設定など、詳細が気になるCR-V新型。本記事ではそんなCR-V新型の最新情報をお届けいたします。


【最新情報】ホンダのスーパーカーNSX一部改良!実車を公開

【最新情報】ホンダのスーパーカーNSX一部改良!実車を公開

ホンダの海外向け高級車ブランド、アキュラは8月24~26日、米国で開催中の「The Quail, Motor sports Gathering 2018」において、改良新型『NSX』(Acura NSX)の実車を初公開しています。


最新の投稿


【スクープ!】ランボルギーニがアウディからポルシェ傘下に!

【スクープ!】ランボルギーニがアウディからポルシェ傘下に!

アウディ傘下となっているランボルギーニ。2019年1月から、ポルシェ傘下へ入ることが確定したと、米Automobile Magazineが報じています。


【パリモーターショー2018】BMW X5新型と M5コンペティション発表!

【パリモーターショー2018】BMW X5新型と M5コンペティション発表!

BMWグループは、フランスで10月に開催されるパリモーターショー2018(Paris Motor Show)の出展内容を発表しています。それによれば新型『X5』(BMW X5)と『M5コンペティション』(BMW M5 Competition)がワールドプレミアされるとのことです。


【パリモーターショー2018】トヨタ ヤリス(ヴィッツ)2019年モデル初公開

【パリモーターショー2018】トヨタ ヤリス(ヴィッツ)2019年モデル初公開

トヨタヨーロッパは、ヤリス(日本名:ヴィッツ)の2019年モデルをパリモーターショー2018にて初公開することを発表しています。


日産のスーパーカー!GT-Rのスペック 価格 燃費 まとめ

日産のスーパーカー!GT-Rのスペック 価格 燃費 まとめ

日産が誇る、スーパースポーツ、GT-R。ファンも多いこの車。あのプロテニスプレーヤーの大坂なおみ選手も日産車の中ではGT-Rがお好きなんだとか。そんなGT-R、みなさんはどれだけ知っていますか?本記事ではGT-Rのスペック、燃費、価格他気になる情報をまとめています。


フェラーリが経営計画発表!ハイブリッド車とSUV「Purosangue」を導入か

フェラーリが経営計画発表!ハイブリッド車とSUV「Purosangue」を導入か

フェラーリは9月18日に投資家向けに開いた説明会「Capital Markets Day」において2022年までにハイブリッド車をラインナップの6割に導入すること、SUV「Purosangue」を導入する予定であることを示唆しました。本記事ではこの度発表されたフェラーリの経営計画についてご紹介します。