トップへ戻る

ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

ホンダの大人気軽ハイトワゴン、N-WGN(エヌワゴン)N-WGNカスタム、がフルモデルチェンジして発売されます。発売日8月9日。価格はN-WGNが127万4400円から163万1880円、N-WGNカスタムが151万2000円から179万3880円。本記事ではN-WGN新型の最新情報をまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【8月9日発売】ホンダの軽ハイトワゴン N-WGN新型

《画像:ホンダ》ホンダ N-WGNカスタム L・ターボ ホンダセンシング

《画像:ホンダ》ホンダ N-WGNカスタム L・ターボ ホンダセンシング

ホンダのN-WGN、N-WGNカスタムがフルモデルチェンジして登場します。
本記事では、N-WGN新型、N-WGNカスタム新型がどう変わったのか?について、まとめています。

ホンダの軽ハイトワゴン N-WGN新型 より親しみやすい車に

《画像:ホンダ》「親しみやすい」表情のフロントフェイス

《画像:ホンダ》「親しみやすい」表情のフロントフェイス

新型N-WGNは、Nシリーズの提案する「Nのある豊かな生活」という想いのもとに、生活に一番大切なものを見極め、その本質的価値を徹底的に磨き上げるというクルマづくりの考え方に基づいて改良がなされました。

安全性能と使い勝手を追求し、ひとりひとりの毎日の暮らしになじみ、誰もが心地よく使え、親しみやすさを感じるクルマを目指しています。

ホンダの軽ハイトワゴン N-WGN新型 どう変わる?変更点一覧

ホンダのN-WGN新型、N-WGNカスタム新型はどのように改良されたのでしょう。

変更点をまとめてみました。

最大のポイント!大空間の荷室がさらに進化

N-WGNといえば、なんといっても大空間の荷室がポイントですよね。

N-WGN新型になって荷室も進化を遂げました。

《画像:ホンダ》荷室使用イメージ ビッグラゲッジモード

《画像:ホンダ》荷室使用イメージ ビッグラゲッジモード

重い荷物も載せやすいよう低床化し、備え付けのボードを使うことで上下2段の積み分けを可能に。

ボードを残したままリアシートを倒せば、上段の荷室に奥行が生まれるほか、ボードをリアシートの背面に収納すれば、高さのある荷物も積み込めるなど、シーンに合わせてアレンジ可能になります。

また、助手席前に設けた小物を置けるトレーのほか、足元のセンターロアーボックス、後席の下のトレーなど、収納スペースを確保しています。

《画像:ホンダ》荷室使用イメージ 2段ラックモード

《画像:ホンダ》荷室使用イメージ 2段ラックモード

運転席から手が届く!USBジャック

《画像:ホンダ》充電用USBジャック 使用イメージ

《画像:ホンダ》充電用USBジャック 使用イメージ

運転席から手が届く位置にUSBジャックを配置するほか、前席シート背面のポケットなど、毎日の運転における使い勝手の良さがさらに進化しています。

安全運転支援システム「ホンダセンシング」を標準装備

新型N-WGNは、安全運転支援システム「ホンダセンシング」を標準装備とし、衝突軽減ブレーキ<CMBS>は、軽乗用車として初めて横断中の自転車に対応。また、街灯のない夜間の歩行者検知も進化させました。

さらに、渋滞追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)、先行車発進のお知らせ、標識認識、路外逸脱抑制、LKAS(車線維持支援システム)、後方誤発進抑制、誤発進抑制、歩行者事故低減ステアリング、オートハイビーム、合計10の先進機能で安全運転をサポートしています。

ホンダの軽では初!パーキングセンサーシステム標準装備

《画像:ホンダ》元気に走り出しそうなたたずまい

《画像:ホンダ》元気に走り出しそうなたたずまい

また、パーキングセンサーシステムをホンダの軽自動車で初めて標準装備されます。

リアバンパーに搭載した4つの超音波センサーでクルマ後方の障害物の接近を検知し、アラーム音とメーターディスプレー表示でドライバーに知らせてくれます。

さらにはペダルから足を離してしまっても、停車状態を保持可能なオートブレーキホールド機能や、アクセルを踏むだけで自動解除できる電子制御パーキングブレーキなど、駐停車機能も充実させています。

どんな体格のドライバーでも最適な運転姿勢を!

《画像:ホンダ》自分に合うよう調整できるドライビングポジション

《画像:ホンダ》運転席

運転席周りも進化しています。

さまざまな体格のドライバーが最適な運転姿勢を確保できるよう、運転席ハイトアジャスターに加え、ホンダ軽自動車で初めてとなるテレスコピック&チルトステアリング機構を標準装備しました。

ドアの開口部とフロアとの段差を少なくしたことで足運びがしやすくなり、運転席のシート座面高は、乗降時の腰の上下運動を最小限とする位置とし、乗降性を高めています。

価格はN-WGNが約127万円、N-WGNカスタムが151万円から

《画像:ホンダ》ホンダ N-WGNカスタム L ホンダセンシング

《画像:ホンダ》ホンダ N-WGNカスタム L ホンダセンシング

ボディカラーはN-WGNが全13色、N-WGNカスタムは全11色を用意。ともに2トーン4色を含みます。

価格はN-WGNが127万4400円から163万1880円、N-WGNカスタムが151万2000円から179万3880円です。

発売日は2019年8月9日!

8月9日より販売を開始予定です。

ホンダ N-WGN新型・N-WGNカスタム新型 スペック

ホンダ N-WGN新型

《画像:ホンダ》ホンダ N-WGN L ホンダセンシング

《画像:ホンダ》ホンダ N-WGN L ホンダセンシング

 
N-WGN新型 Gホンダセンシング
駆動方式FF(4WDもあり)
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,675mm
車両重量850㎏
最大乗車定員4名
燃費JC08モード29.0km/L WLTCモード23.2km/L
総排気量0.658L
最高出力(kW[PS]/rpm)43[58]/7,300
最大トルク(N・m(kgf・m)rpm)65[6.6]/4,800

ホンダ N-WGNカスタム新型

《画像:ホンダ》ホンダ N-WGNカスタム L・ターボ ホンダセンシング

《画像:ホンダ》ホンダ N-WGNカスタム L・ターボ ホンダセンシング

 
N-WGNカスタム新型 Gホンダセンシング
駆動方式FF(4WDもあり)
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,705mm
車両重量850㎏
最大乗車定員4名
燃費JC08モード29.0km/L WLTCモード23.2km/L
総排気量0.658L
最高出力(kW[PS]/rpm)43[58]/7,300
最大トルク(N・m(kgf・m)rpm)65[6.6]/4,800

最後に

まさにこれはヒットの予感!
そんなN-WGN新型、N-WGNカスタム新型の情報をまとめました。

気になる方はぜひ、公式サイトをチェックしてみてくださいね。

ホンダの人気シリーズ!Nシリーズ記事リンクはこちら

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

日本の道路は狭いため軽自動車がとても人気です。しかし、軽自動車の魅力は小さくて小回りがきくだけではありません。今回は、国内で軽自動車が人気の理由と燃費性能や維持費についても解説していきます。


【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

ホンダが発売するスーパーカーのNSXは、初代の生産が終了してから新型のNSXが待望されており、2017年に新型が発売されました。世界中でその魅力に惹かれる人が多いモデルですが、どのようなスペックなのでしょうか?


ホンダ ライフ|Nシリーズ登場前の、ホンダの人気軽自動車!

ホンダ ライフ|Nシリーズ登場前の、ホンダの人気軽自動車!

現在、軽自動車で人気抜群のN-BOXやN-WGNを販売するホンダが、「Nシリーズ」前に生産していたのが、ホンダ ライフです。すでに、新車販売は終えていますが、中古車市場には豊富。そこで、歴代のライフと、おすすめポイントをまとめました。


ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-Vは、とくに北米・欧州でその実力を評価され、2019年の世界販売台数では、第4位になりました。5代目となった現行モデルでは、7人乗りが新たに登場しています。今回は、CR-Vの歴史と、現行モデルの実力をまとめています。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。