目次へ戻る

【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

ホンダの大人気軽ハイトワゴン、N-WGN(エヌワゴン)N-WGNカスタム、がフルモデルチェンジして発売されます。発売日8月9日。価格はN-WGNが127万4400円から163万1880円、N-WGNカスタムが151万2000円から179万3880円。本記事ではN-WGN新型の最新情報をまとめています。


【8月9日発売】ホンダの軽ハイトワゴン N-WGN新型

《画像:ホンダ》ホンダ N-WGNカスタム L・ターボ ホンダセンシング

《画像:ホンダ》ホンダ N-WGNカスタム L・ターボ ホンダセンシング

ホンダのN-WGN、N-WGNカスタムがフルモデルチェンジして登場します。
本記事では、N-WGN新型、N-WGNカスタム新型がどう変わったのか?について、まとめています。

ホンダの軽ハイトワゴン N-WGN新型 より親しみやすい車に

《画像:ホンダ》「親しみやすい」表情のフロントフェイス

《画像:ホンダ》「親しみやすい」表情のフロントフェイス

新型N-WGNは、Nシリーズの提案する「Nのある豊かな生活」という想いのもとに、生活に一番大切なものを見極め、その本質的価値を徹底的に磨き上げるというクルマづくりの考え方に基づいて改良がなされました。

安全性能と使い勝手を追求し、ひとりひとりの毎日の暮らしになじみ、誰もが心地よく使え、親しみやすさを感じるクルマを目指しています。

ホンダの軽ハイトワゴン N-WGN新型 どう変わる?変更点一覧

ホンダのN-WGN新型、N-WGNカスタム新型はどのように改良されたのでしょう。

変更点をまとめてみました。

最大のポイント!大空間の荷室がさらに進化

N-WGNといえば、なんといっても大空間の荷室がポイントですよね。

N-WGN新型になって荷室も進化を遂げました。

《画像:ホンダ》荷室使用イメージ ビッグラゲッジモード

《画像:ホンダ》荷室使用イメージ ビッグラゲッジモード

重い荷物も載せやすいよう低床化し、備え付けのボードを使うことで上下2段の積み分けを可能に。

ボードを残したままリアシートを倒せば、上段の荷室に奥行が生まれるほか、ボードをリアシートの背面に収納すれば、高さのある荷物も積み込めるなど、シーンに合わせてアレンジ可能になります。

また、助手席前に設けた小物を置けるトレーのほか、足元のセンターロアーボックス、後席の下のトレーなど、収納スペースを確保しています。

《画像:ホンダ》荷室使用イメージ 2段ラックモード

《画像:ホンダ》荷室使用イメージ 2段ラックモード

運転席から手が届く!USBジャック

《画像:ホンダ》充電用USBジャック 使用イメージ

《画像:ホンダ》充電用USBジャック 使用イメージ

運転席から手が届く位置にUSBジャックを配置するほか、前席シート背面のポケットなど、毎日の運転における使い勝手の良さがさらに進化しています。

安全運転支援システム「ホンダセンシング」を標準装備

新型N-WGNは、安全運転支援システム「ホンダセンシング」を標準装備とし、衝突軽減ブレーキ<CMBS>は、軽乗用車として初めて横断中の自転車に対応。また、街灯のない夜間の歩行者検知も進化させました。

さらに、渋滞追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)、先行車発進のお知らせ、標識認識、路外逸脱抑制、LKAS(車線維持支援システム)、後方誤発進抑制、誤発進抑制、歩行者事故低減ステアリング、オートハイビーム、合計10の先進機能で安全運転をサポートしています。

ホンダの軽では初!パーキングセンサーシステム標準装備

《画像:ホンダ》元気に走り出しそうなたたずまい

《画像:ホンダ》元気に走り出しそうなたたずまい

また、パーキングセンサーシステムをホンダの軽自動車で初めて標準装備されます。

リアバンパーに搭載した4つの超音波センサーでクルマ後方の障害物の接近を検知し、アラーム音とメーターディスプレー表示でドライバーに知らせてくれます。

さらにはペダルから足を離してしまっても、停車状態を保持可能なオートブレーキホールド機能や、アクセルを踏むだけで自動解除できる電子制御パーキングブレーキなど、駐停車機能も充実させています。

どんな体格のドライバーでも最適な運転姿勢を!

《画像:ホンダ》自分に合うよう調整できるドライビングポジション

《画像:ホンダ》運転席

運転席周りも進化しています。

さまざまな体格のドライバーが最適な運転姿勢を確保できるよう、運転席ハイトアジャスターに加え、ホンダ軽自動車で初めてとなるテレスコピック&チルトステアリング機構を標準装備しました。

ドアの開口部とフロアとの段差を少なくしたことで足運びがしやすくなり、運転席のシート座面高は、乗降時の腰の上下運動を最小限とする位置とし、乗降性を高めています。

価格はN-WGNが約127万円、N-WGNカスタムが151万円から

《画像:ホンダ》ホンダ N-WGNカスタム L ホンダセンシング

《画像:ホンダ》ホンダ N-WGNカスタム L ホンダセンシング

ボディカラーはN-WGNが全13色、N-WGNカスタムは全11色を用意。ともに2トーン4色を含みます。

価格はN-WGNが127万4400円から163万1880円、N-WGNカスタムが151万2000円から179万3880円です。

発売日は2019年8月9日!

8月9日より販売を開始予定です。

ホンダ N-WGN新型・N-WGNカスタム新型 スペック

ホンダ N-WGN新型

《画像:ホンダ》ホンダ N-WGN L ホンダセンシング

《画像:ホンダ》ホンダ N-WGN L ホンダセンシング

 
N-WGN新型 Gホンダセンシング
駆動方式FF(4WDもあり)
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,675mm
車両重量850㎏
最大乗車定員4名
燃費JC08モード29.0km/L WLTCモード23.2km/L
総排気量0.658L
最高出力(kW[PS]/rpm)43[58]/7,300
最大トルク(N・m(kgf・m)rpm)65[6.6]/4,800

ホンダ N-WGNカスタム新型

《画像:ホンダ》ホンダ N-WGNカスタム L・ターボ ホンダセンシング

《画像:ホンダ》ホンダ N-WGNカスタム L・ターボ ホンダセンシング

 
N-WGNカスタム新型 Gホンダセンシング
駆動方式FF(4WDもあり)
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,705mm
車両重量850㎏
最大乗車定員4名
燃費JC08モード29.0km/L WLTCモード23.2km/L
総排気量0.658L
最高出力(kW[PS]/rpm)43[58]/7,300
最大トルク(N・m(kgf・m)rpm)65[6.6]/4,800

最後に

まさにこれはヒットの予感!
そんなN-WGN新型、N-WGNカスタム新型の情報をまとめました。

気になる方はぜひ、公式サイトをチェックしてみてくださいね。

ホンダの人気シリーズ!Nシリーズ記事リンクはこちら

関連する投稿


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


30万円以下で購入できる!中古のホンダ軽自動車5選

30万円以下で購入できる!中古のホンダ軽自動車5選

ホンダ車の軽自動車は、小回りが利き使い勝手が良く、燃費性能が高い軽自動車でありながら、デザイン性が良いのが人気の理由といえますね。今回は、ホンダの軽自動車の中でも30万円以下で購入できる車を5選紹介します。


ホンダの軽スポーツ!S660 スペック・グレード別価格・評価・口コミは?

ホンダの軽スポーツ!S660 スペック・グレード別価格・評価・口コミは?

今回の記事ではホンダの軽スポーツカーであるS660(エスロクロクマル)を取り上げます。車種の概要から各種スペック、グレード・価格、ユーザーからの評価など、ホンダのS660に詳しくなるための情報が満載です。軽自動車でスポーティーな運転を楽しみたい方の心を満足させてくれる車、ホンダのS660についてまとめています。


【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

10月24日より開催される東京モーターショー2019。10月24日から11月4日までの12日間、東京ビッグサイトにて開催されます。本記事ではどこよりも早く、どこよりもわかりやすいをモットーに東京モーターショー2019の最新情報をまとめています。新型車・出展車・ワールドプレミア情報・アクセス情報・駐車場情報・開催日程情報・チケット情報、前回の東京モーターショー2017の振り返りも。毎日更新中です。【8月21日更新】


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい、という方のために今回は2019年8月現在購入できる国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたにおすすめです。※ほとんどの車種を網羅していますが、一部商用車などは省いています。


最新の投稿


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

「フォルクスワーゲン・ゴルフVII」とは、ゴルフの7代目にあたります。ゴルフの歴史からマイチェンのゴルフ7.5の特徴、性能や燃費、中古車価格などをまとめてみました。ゴルフⅦに乗ってみたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。


200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

ジャガーは錦織圭がアンバサダーを務めている輸入車です。ジャガーはイギリスの高級車メーカーであり、現在はランドローバーと同様にインドのタタ・モーターズ傘下となっています。自動車メーカーの中で、歴史が古いメーカーの1つでもあります。今回は、ジャガーの歴史や中古車についてまとめています。


200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

今も変わらず「ミニ」は大人気の車です。これからミニの購入を考えて気になっている方も多くいる事でしょう。今回は、車の購入がはじめてという方でも分かりやすくミニ選びができるよう、ミニとはどのような車なのか解説し、200万円以下で買えるミニの中古車を4選紹介します。


【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

日本国内で発売されていない国産メーカーの車種の中には、非常に魅力的なモデルは多数存在します。その中でもマツダの北米専用車種である「CX-9」は大変興味深い車種といえます。このネーミングだけでも、3列シートSUVとして話題を集めた「CX-8」より大型のクロスオーバーSUVであることが想像できます。では、なぜ北米専用車種なのか?そして日本国内に導入される可能性はあるのか?そもそもどんな車種なのかを解説します。