目次へ戻る

スズキ 新型スペ―シアギア12月20日より発売中!詳細情報まとめ

スズキ 新型スペ―シアギア12月20日より発売中!詳細情報まとめ

スズキは、SUVデザインの軽ハイトワゴン、スペーシアギアを12月20日より発売しました。「広い室内空間とアクティブスタイルを融合したSUVな軽ハイトワゴン」をコンセプトとした、スペーシアの新モデル、それがスペーシアギアです。軽ハイトワゴン×SUVといういいとこどりなスペーシアギアの最新情報を追いました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スズキ 新型スペ―シアギア12月20日より発売中!詳細情報まとめ

スズキは、SUVデザインの軽ハイトワゴン、スペーシアギアを12月20日より発売しました。

「広い室内空間とアクティブスタイルを融合したSUVな軽ハイトワゴン」をコンセプトとした、スペーシアの新モデル、それがスペーシアギアです。

軽ハイトワゴン×SUVといういいとこどりなスペーシアギアの最新情報を追いました。

スズキ 新型スペーシアギアとは

【参考】スズキ スペーシア

【参考】スズキ スペーシアカスタム

新型スペーシアギアは、「広い室内空間とアクティブスタイルを融合したSUVな軽ハイトワゴン」をコンセプトとした、スペーシアの新モデルです。

ベーシックデザインの「スペーシア」、圧倒的な迫力と存在感の「スペーシアカスタム」に加えて、軽ハイトワゴンをもっとアクティブに使いたいと考えるユーザーに、SUVデザインの新スタイルの提案をするのがこのスペーシアギア。

スズキ 新型スペーシアギア スペック

 
【スズキ スペーシア 2WD】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395×1,475×1,800mm(ホイールベース:2,460mm)
最大乗車定員4名
車両重量890kg
燃費JC08モード:25.6km/L
エンジン種類水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボ
最高出力(kW(PS)/rpm)47kW(64PS) /6,000rpm
最大トルク(N・m/rpm)98N·m (10.0kgf·m) /3,000rpm
タンク容量 27L
駆動方式2WD
トランスミッションCVT

スズキ 新型スペーシアギア パワートレイン

パワートレインは、発進時にモーターのみで走行できるマイルドハイブリッドを全車搭載。

室内の空気を効率よく循環させるスリムサーキュレーターや、後席両側ワンアクションパワースライドドアなど快適装備を充実を図りました。

さらにアウトドアでも水濡れや汚れを気にせず使える、防汚タイプのラゲッジフロアやシートバック背面、撥水加工を施した専用ファブリックシートを採用。

後席右側のパーソナルテーブルや、メッシュタイプの助手席シートバックポケットなどを採用し、アクティブライフに役立つ使い勝手の良さを高めています。

スズキ 新型スペーシアギア エクステリア

エクステリアは、丸型LEDヘッドランプを採用したほか、フロントグリルやフロント・リヤバンパー、サイドドアガーニッシュ、ルーフ色などをガンメタリックで統一。

積載に便利なルーフレールを標準装備することで、SUVらしいタフでアクティブなデザインとしています。

車体色は、新設定のガンメタリック2トーンルーフ5色、モノトーン3色の全8色を設定しました。

スズキ 新型スペーシアギア インテリア

インテリアはブラックを基調に、メーターやシートステッチなどにオレンジのアクセントカラーを施し、ツールボックスをモチーフにしたインパネアッパーボックスを採用しました。

タフでアクティブな中にも遊び心が感じられる空間を演出しています。

スズキ 新型スペーシアギア 価格

価格は161万4600円から181万3320円です。

最後に

本記事では、新型スペーシアギアの最新情報をお届けいたしました。

どんな車になっているのか、なんとなく想像がつきましたでしょうか?実際の走り心地や乗り心地はどうなのか、試してみたいものですね!

関連する投稿


今人気のおすすめSUV!選ぶならどのSUV?

今人気のおすすめSUV!選ぶならどのSUV?

大人気のSUV。しかしSUVと一言で言っても、クロスオーバーSUVを始めとしたコンパクトSUVから、サイズの大きい3列シート・7人乗りのSUVまで様々です。当記事では国産・外車の7人乗りSUV・コンパクトSUV、また燃費の観点でオススメのSUV等人気車種を紹介、比較しています。SUVが気になる方はぜひ本記事をご覧ください!


スズキ ジムニーシエラなら軽より幸せ?! 維持費含めて徹底検証

スズキ ジムニーシエラなら軽より幸せ?! 維持費含めて徹底検証

発売直後から継続的に大人気となっているジムニー。しかし、現行型を含む歴代ジムニーには、ボディはそのままにオーバーフェンダーで拡幅され、より大型のエンジンを搭載した普通車仕様が存在してきました。軽自動車で安いのがジムニーの売りじゃないの?!とお思いかもしれませんが、ジムニーが普通車サイズになると、いいこともたくさんあるのです。


スズキ ジムニー、カブりたくないならこのカスタムだ!最新カスタム例

スズキ ジムニー、カブりたくないならこのカスタムだ!最新カスタム例

大人気のジムニー、「つるし」の状態でも四駆らしいアクティブなデザインで十分に個性的なのですが、できれば他人のジムニーとは違う、自分だけのジムニーに仕上げてみたくはありませんか。また、現在でも1年以上かかるとされる納車待ち期間に、どんなカスタムをしようかなと想像を膨らませるのも楽しそうです。ジムニーの最新カスタムトレンドをまとめてみました。


ラダーフレームとは?ラダーフレームの強さの秘密から採用車種紹介

ラダーフレームとは?ラダーフレームの強さの秘密から採用車種紹介

「ラダーフレーム」とは、その名の通りはしご型のフレームのことです。国内外のSUV車に、広く採用されています。軽度の衝撃にはびくともせず安心して運転できます。ラダーフレームが変形してしまった場合の修理料金や修理方法など詳しく紹介していきます。


【日産の軽自動車】歴代モデルから最新情報まで!

【日産の軽自動車】歴代モデルから最新情報まで!

スズキやダイハツといった有名どころほどの長い歴史ではないものの、日産の軽は独自の魅力を備えて人気です。他メーカーが開発した車を提供してもらうだけだった時代から自社で開発に着手するようになった現在までの歴史を、現行車種のおさらいも合わせてまとめてみました。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。