トップへ戻る

スズキ 新型スペ―シアギア12月20日より発売中!詳細情報まとめ

スズキ 新型スペ―シアギア12月20日より発売中!詳細情報まとめ

スズキは、SUVデザインの軽ハイトワゴン、スペーシアギアを12月20日より発売しました。「広い室内空間とアクティブスタイルを融合したSUVな軽ハイトワゴン」をコンセプトとした、スペーシアの新モデル、それがスペーシアギアです。軽ハイトワゴン×SUVといういいとこどりなスペーシアギアの最新情報を追いました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スズキ 新型スペ―シアギア12月20日より発売中!詳細情報まとめ

スズキは、SUVデザインの軽ハイトワゴン、スペーシアギアを12月20日より発売しました。

「広い室内空間とアクティブスタイルを融合したSUVな軽ハイトワゴン」をコンセプトとした、スペーシアの新モデル、それがスペーシアギアです。

軽ハイトワゴン×SUVといういいとこどりなスペーシアギアの最新情報を追いました。

スズキ 新型スペーシアギアとは

【参考】スズキ スペーシア

【参考】スズキ スペーシアカスタム

新型スペーシアギアは、「広い室内空間とアクティブスタイルを融合したSUVな軽ハイトワゴン」をコンセプトとした、スペーシアの新モデルです。

ベーシックデザインの「スペーシア」、圧倒的な迫力と存在感の「スペーシアカスタム」に加えて、軽ハイトワゴンをもっとアクティブに使いたいと考えるユーザーに、SUVデザインの新スタイルの提案をするのがこのスペーシアギア。

スズキ 新型スペーシアギア スペック

 
【スズキ スペーシア 2WD】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395×1,475×1,800mm(ホイールベース:2,460mm)
最大乗車定員4名
車両重量890kg
燃費JC08モード:25.6km/L
エンジン種類水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボ
最高出力(kW(PS)/rpm)47kW(64PS) /6,000rpm
最大トルク(N・m/rpm)98N·m (10.0kgf·m) /3,000rpm
タンク容量 27L
駆動方式2WD
トランスミッションCVT

スズキ 新型スペーシアギア パワートレイン

パワートレインは、発進時にモーターのみで走行できるマイルドハイブリッドを全車搭載。

室内の空気を効率よく循環させるスリムサーキュレーターや、後席両側ワンアクションパワースライドドアなど快適装備を充実を図りました。

さらにアウトドアでも水濡れや汚れを気にせず使える、防汚タイプのラゲッジフロアやシートバック背面、撥水加工を施した専用ファブリックシートを採用。

後席右側のパーソナルテーブルや、メッシュタイプの助手席シートバックポケットなどを採用し、アクティブライフに役立つ使い勝手の良さを高めています。

スズキ 新型スペーシアギア エクステリア

エクステリアは、丸型LEDヘッドランプを採用したほか、フロントグリルやフロント・リヤバンパー、サイドドアガーニッシュ、ルーフ色などをガンメタリックで統一。

積載に便利なルーフレールを標準装備することで、SUVらしいタフでアクティブなデザインとしています。

車体色は、新設定のガンメタリック2トーンルーフ5色、モノトーン3色の全8色を設定しました。

スズキ 新型スペーシアギア インテリア

インテリアはブラックを基調に、メーターやシートステッチなどにオレンジのアクセントカラーを施し、ツールボックスをモチーフにしたインパネアッパーボックスを採用しました。

タフでアクティブな中にも遊び心が感じられる空間を演出しています。

スズキ 新型スペーシアギア 価格

価格は161万4600円から181万3320円です。

最後に

本記事では、新型スペーシアギアの最新情報をお届けいたしました。

どんな車になっているのか、なんとなく想像がつきましたでしょうか?実際の走り心地や乗り心地はどうなのか、試してみたいものですね!

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

とどまるところを知らないSUVブームの中でも、特に人気が高く各メーカーがしのぎを削っているのはコンパクトSUVクラス。コンパクトSUVだけで3車種も用意するトヨタのラインナップの中でも、登場が最も新しく人気を牽引しているのが「ヤリスクロス」です。国産車だけでなく輸入車とも比較されるような完成度の高さが話題のヤリスクロス、登場から1年が経つ今も「買い」なのか調査しました。


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。


スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトは種類が多く、人気の高い車種です。現在販売しているグレードの種類は豊富にあるのでどれを選べばいいかわからない方も多いでしょう。この記事では、スズキ スイフトのグレードの種類とおすすめグレードを比較しながらご紹介していきます。


スズキ スイフトRS、RStってどんな車?走行性能やコスパについて紹介!

スズキ スイフトRS、RStってどんな車?走行性能やコスパについて紹介!

スズキ スイフトRS、RStは人気の高い車です。コスパがよく、走行性能を重視している人であっても満足できる性能を有しています。この記事では、スズキ スイフトRS、RStの基本情報や走行性能、コスパについて詳しくご紹介します。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。