目次へ戻る

【2019年版】120万円出せば購入できる!!!オススメの新車まとめ

【2019年版】120万円出せば購入できる!!!オススメの新車まとめ

できるだけ安くで、でも良い新車を買いたい!絶対妥協はイヤ!という人に読んでいただきたい第2弾。本記事では120万円出せば購入できるオススメの新車をまとめています。


【2019年版】120万円前後で購入できるオススメの新車まとめ

安くで、新車を買いたい!第2弾。

本記事では120万円前後で購入できる新車をまとめています。

ダイハツ ムーヴ

ダイハツの軽トールワゴン、ムーヴは1995年に初代モデルが発売され、現行モデルの6代目は2014年12月に発売されています。

ムーヴは軽自動車の中でも人気の車種であり、2018年上半期軽自動車販売台数ランキングでも上位に位置しています。
軽自動車といえど、安定感のある走り、また上質なインテリアも魅力の車です。

エントリーモデルのLは1,112,400円で、1つグレードが上がったXは1,209,600円です。

120万円以下で購入を検討するなら、オススメはL“SA Ⅲ”。安全機能のスマートアシストがついて1,177,200円(2WD)です。

【】内は前年順位、()内は前年比。
1位【1位】:ホンダ N-BOX 12万7548台(20.1%増・2年連続増)
2位【5位】:スズキ スペーシア 7万9718台(38.0%増・2年連続増)
3位【4位】:ダイハツ ムーヴ 7万4109台(2.7%増・2年連続増)
4位【2位】:ダイハツ タント 7万1809台(10.9%減・2年連続減)
5位【3位】:日産 デイズ 7万1778台(6.4%減・2年ぶり減)

ムーヴで走り出すと路面からのショックをサスペンションが優しく吸収していることがわかる。じつに当たり前のことのようだが、軽自動車は比較的車重が軽く、ホイールベースも短いためフラットな乗り心地を実現するのは意外に難しい。

ムーヴは前回のマイナーチェンジでボディやサスペンションを大幅改良して乗り心地が向上していたが、さらにサスペンションがよく動くように感じた。荒れた路面を走っても上体が揺られるような感覚がないためリラックスして走ることができ、コンパクトカーを運転しているような落ち着き感がある。

ホンダ N-WGN

ホンダの新世代軽自動車「Nシリーズ」第4弾として2013年の11月にデビューしたトールワゴン『N-WGN(Nワゴン)』。

ホンダは「気持ちよく走る軽」をつくりたいという思いから、高性能DOHCエンジンを搭載し、トップのパワーでスムーズな加速が可能になっています。

日常でよく使う50km/hまでの加速に、とりわけコダワリがあり、トップ&ゴーの多い街中などでも、軽のイメージを超えるようなスムーズさで、快適に走れますよ。

N-WGN CというエントリーモデルのFF車が1,090,000円で、4WDが1,220,000円になります。

また、120万円を少しオーバーしてしまうものの、快適装備や便利装備を備えたホンダオススメのN-WGN G・Lパッケージは、1,222,000円です。

新しい“足”がつくる乗り味は、市街地を中心に、できるだけ種々の状況で走ってみたが、しなやかな乗り心地と安定性が印象的。ベーシック仕様にはスタビライザーが付いていないが、この仕様が示す乗り心地の柔らかさは、むしろこのワゴンには合っているとも思う。

スズキ ハスラー

アウトドアに適したプラスチック製のシートバックを持ち、濡れたものや汚れたものを室内に持ち込んでも対応できる。

遊び心満載で、オフロードにも対応できる走行性能を持ち、親しみやすいデザイン。ハスラーはそんなクロスオーバーSUVです。

人気も高く、仕様によっては一年近く納車待ちだったというから驚きですね。

そんな人気のハスラーですが、エントリーモデルのAであれば120万円以下で購入可能です!

Aの2WD(5MT/CVT)は1,100,520円です。また、120万円を少しオーバーしてもOKという方であれば4WDの1,221,480円もありますよ。

ハスラーをドライブした印象だが、総論から言えばいろいろな意味でワクワク感をかきたてられる、実にナイスなクルマであった。ワクワク感の最大の源泉は、何と言ってもスタイリングだろう。ボンネットやフロントフェンダーは同社の本格オフロード軽自動車『ジムニー』と重なるインゴッド感あふれる造形。少し後ろ下がりに見えるルーフ2トーンのサイドビューはトヨタの『FJクルーザー』、リアビューはクライスラーの『ジープチェロキー』など、いろいろな部分にデジャヴを覚えるデザインファクターが盛り込まれているが、それを嫌らしいものに感じさせないよう、実にチャーミングにまとめている。

スズキ ワゴンR

2017年の2月にフルモデルチェンジして登場したスズキの新型ワゴンR。

軽ワゴンならではの使い勝手の良さが売りです。

気になる価格ですが、エントリーモデルのFAの2WDは1078920円からで、4WDはCVTが1,202,040円、5MTが1,199,880円です。

また、かなり120万円をオーバーしてしまいますが、HYBRID FXグレードの2WDはJC08モード燃費、33.4km/L(2WD)という低燃費です。お値段は1,273,320円です。

全体のトーンはプレーン、シンプルであり、剛性感のある箱っぽさが小気味よく好ましい。まさしく初代の“スマートな道具感”が現代に蘇った感がある。

最後に

いかがでしたか。

車って高いから……と決めつけるのはもったいない!120万円で、本記事で取り上げた車が購入可能です!

気になる一台があった方はぜひ、一度お店に足を運んでみてくださいね。

もっともっと安く買いたいんだ!という方はこちら

関連する投稿


幻の国産車!?スズキのセダン・キザシってどんな車?

幻の国産車!?スズキのセダン・キザシってどんな車?

スズキが2009年に発売したセダン『キザシ』。この『キザシ』という言葉には、物事の始まりの予兆という意味と、芽が出るという二つの意味合いがあります。今回の記事では、志高く誕生したものの短命に終わった『スズキ キザシ』についてまとめています。


スズキ マイティボーイ|一代限りの幻の名車のすべて

スズキ マイティボーイ|一代限りの幻の名車のすべて

「マー坊」の愛称で親しまれたスタイリッシュピックアップ、「マイティボーイ」の魅力から中古価格やスペック、カスタムなどについてご紹介していきます。


スズキ エスクードの評価や燃費、中古価格一覧|マイナーチェンジ情報も

スズキ エスクードの評価や燃費、中古価格一覧|マイナーチェンジ情報も

スズキ セーフティ サポート搭載の人気車種、「エスクード」の歴代モデルの特徴や評価・中古価格や燃費などをまとめてみました。エスクードに乗り換えをお考えの方は是非ご参考にしてください。


ホンダクロスロード!歴代モデルとその褪せない魅力とは

ホンダクロスロード!歴代モデルとその褪せない魅力とは

ホンダのSUVのモデルの中でもひっそりと消滅していってしまったシリーズに入るクロスロード。しかし二代目に至っては時代が追い付いてきたかのように人気を維持しています。この記事ではその特徴と魅力をご紹介していきます。


今も人気の「ホンダ CR-Z」の特徴や歴史、中古価格や燃費まで総まとめ

今も人気の「ホンダ CR-Z」の特徴や歴史、中古価格や燃費まで総まとめ

乗るのが嬉しい!「ホンダ CR-Z」の特徴や歴史、そして気になる燃費や中古価格などをまとめてみました。「ホンダ CR-Z」に乗り換えをお考えの方は、ぜひ参考にしてください。


最新の投稿


海外からも人気の三菱 パジェロイオ|スペック、燃費評価、リフトアップ法も紹介

海外からも人気の三菱 パジェロイオ|スペック、燃費評価、リフトアップ法も紹介

地球上のあらゆる大地を舞台に戦いをみせてきた三菱パジェロのサイズ感をミドルクラスに制作されたパジェロイオ。ダカールラリーでも優勝経験を果たし、その雄姿も相まって1990年代、RVブームに乗り販売台数を大きく伸ばしました。今回は、パジェロイオが愛された理由をまとめご紹介します。


幻の国産車!?スズキのセダン・キザシってどんな車?

幻の国産車!?スズキのセダン・キザシってどんな車?

スズキが2009年に発売したセダン『キザシ』。この『キザシ』という言葉には、物事の始まりの予兆という意味と、芽が出るという二つの意味合いがあります。今回の記事では、志高く誕生したものの短命に終わった『スズキ キザシ』についてまとめています。


【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

高圧洗浄機は洗車に使ったり外壁を洗浄したり、あらゆる場所の洗浄に便利なので、購入を考えている人もいるでしょう。そこで今回は、ケルヒャーなどの有名なメーカーを含め、家庭用と業務用のおすすめの高圧洗浄機を紹介します。気になる動作音を抑える静音タイプも紹介しています。


今更聞けない!?ハイブリッドの種類とマイルドハイブリッドについて

今更聞けない!?ハイブリッドの種類とマイルドハイブリッドについて

ハイブリッドと一言で言っても実はいくつか種類があります。今回わかりやすく解説しながら、最も取り扱いが簡単なマイルドハイブリッドの仕組みについて迫りたいと思います。来る電気自動車の時代に向けて勉強してみましょう。


【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

行政処分である免許取り消しの制度の仕組みは、交通違反として最も重い処分です。点数による処分がどのように行われているのかしりたいところでしょう。免許取り消しの理由は、また、違反による点数によって講習を受ける必要性があります。取り消しの期間から最終的に再取得までの流れを改めて見ていきましょう。