トップへ戻る

ルノーのMPV(ワゴン)!アイコニックな魅力のカングー!詳細情報

ルノーのMPV(ワゴン)!アイコニックな魅力のカングー!詳細情報

フランス・ルノーの3・5ドアMPV(またはワゴン)、カングーを知っていますか?日本では2002年より発売されています。現行モデルは2009年にフルモデルチェンジを行い日本発売された2代目にあたります。アイコニックな魅力あふれるカングーに迫ります。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ルノーのMPV(ワゴン)!アイコニックな魅力のカングー!詳細情報

カングーってどんな車?

フランス・ルノーの3ドアMPV(またはワゴン)、カングーを知っていますか?

日本では2002年より発売されています。現行モデルは2009年にフルモデルチェンジを行い日本発売された2代目にあたります。アイコニックな魅力あふれるカングーに迫ります。

ルノー・ジャポンにおける、販売の大きな柱のひとつであるカングー、母国フランスでは商用車として活躍していますが、日本では家族でのキャンプから近所のお使い、さらにはワンメイクでのイベントとしては最大級のカングージャンボリーも開催されるなど幅広い楽しみ方ができる車として親しまれています。

ルノー カングー日本での成功の秘訣とは?

----:本国では商用車として開発されたカングーですが、日本では乗用ユースとして使われています。オーナーはキャンプに出掛けたり、あるいは自分たちの手で内外装に手を加えたりなど、様々な楽しみ方で乗っています。このように日本で人気のあるカングーですが、本国から見て、どのように感じますか。

ルノーLCV(小型商用車)プログラムダイレクターのフィリップ・カイエット氏(以下敬称略):正直にいって年間17万台販売している中の2000台なので‥‥(笑)。

この日本市場の成功はダイバーシティの影響が大きいと思います。トランスミッションは2つ持っていますし、多彩なカラーもあります。日本からは様々なものが要求されますので、我々としてはこれを受け止めて、どのようにして効率的に工場で作っていくか、あるいはサプライヤーに作ってもらうかが一番難しいところですね。

我々の目からは、日本は台数がもっと伸びることを予測しています。そのために小さなボリュームであっても開発をしていかなければいけないので、そのバランスが難しいところです。

ルノーのMPV(ワゴン) エクステリア画像

ルノーのMPV(ワゴン) インテリア画像

ルノーのMPV(ワゴン) スペック

 
【ルノー カングー ZENEDC】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,280×1,830×1,810mm(ホイールベース:2,700mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,450kg
エンジン種類ターボチャージャー付筒内直接噴射 直列4気筒DOHC16バルブ
最高出力 kW(ps)/rpm(EEC)84kW(115ps*1)/4,500rpm
最大トルク N・m(kgm)/rpm(EEC)190N・m(19.4kgm*1)/1,750rpm
タンク容量 56L
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション電6速EDC(エフィシエント デュアル クラッチ)
※1参考値です

ルノーのMPV(ワゴン) 試乗記・評価・感想

乗り出してすぐに、あれっ?となった。まるでインシュレーターでも奢ったのかと思うほど静かである。それに猫足は以前からだが、その乗り心地にも間違いなく進化した跡があった。フットワークは相変わらずで、非力なエンジンをMTで極限まで使い倒しても、クルマの方はニヤッと笑っている印象である。

乗り込むとフロントウィンドーは遠いし、屋根は遠いし、まあそれ以前に乗っていたクルマにもよるものなのかもしれないが、カングーユーザーにとってはこの空間は当たり前の広さなのだろう。とにかくどこもかしこも遠い。僕の場合、カングーに乗る直前は、ルノー『トゥインゴ』だったから余計そう感じたのかもしれないが、乗り出して既に3日経っているのに依然としてだだっ広い空間と感じてしまう。

スペック表ではEDC(デュアルクラッチ)に対し車重が20kgだけ軽いが、乗り較べると、EDC以上にステアリングが軽快で、乗り心地も(タイヤは同じだが)よりスポーティな味つけに感じた。クラッチとシフトも操作感は適度な軽さをもちつつリズミカルな運転を可能にするセッティング。これならクルマ好きなお父サンの“実用車兼スポーティカー”になるのではないか。フカッ!と座り心地のいい後席など実用、機能の基本は全車共通だから、もちろん家族会議にも通しやすいはず。

ルノーのMPV(ワゴン) 価格

■ZEN EDC 2,599,000円
■ZEN 6MT 2,499,000円

カングーは2グレード設定され、価格は249万9000円・259万9000円です。

最後に

本記事ではルノーのカングーについてまとめました。

ルノーの車をもっと知りたいという方は、下記記事も合わせてご覧ください。

関連する投稿


ワゴン車のGT-Rステージア!気になる中古車価格も!

ワゴン車のGT-Rステージア!気になる中古車価格も!

1996年デビューのステージアには発売当初には、パワートレインにスカイラインGT-Rのエンジンを搭載したモデルも存在した高性能モデルもありました。まさにスポーツワゴンの最高峰として位置付けられたモデルであったことを振りかえって見てみましう。


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


マツダ6|マツダのフラッグシップに相応しい品格が魅力!中古車情報も

マツダ6|マツダのフラッグシップに相応しい品格が魅力!中古車情報も

マツダのフラッグシップシリーズとしてセダンやワゴンなどを展開しているマツダ6。今回はマツダ6の特徴や魅力などについてご紹介します。またセダンモデル、ワゴンモデルそれぞれの特徴や、旧モデルにあたるアテンザに関しても併せて紹介します。価格や中古車市場価格などについても触れるのでぜひ参考にしてみてください。


マツダ・アテンザ改めMAZDA6、セダンとワゴン、どっちがいいの?

マツダ・アテンザ改めMAZDA6、セダンとワゴン、どっちがいいの?

今は車名がマツダ6に変わった、マツダ・アテンザ。国産車では、今や貴重なセダン&ステーションワゴンを揃えるこのクルマ、ボディタイプはどちらを選ぶべきなのでしょうか。一緒に考えて見ましょう!


走りのスゴいクルマ 5選!異次元のドライビンクフィールを感じよう!

走りのスゴいクルマ 5選!異次元のドライビンクフィールを感じよう!

今どきのクルマはどれも良く出来ていて、もはや大きな欠点のあるクルマなんてありません。一方で、クルマの平均的なレベルが上がるにしたがって、クルマに乗って感動したり、感心したりする事も少なくなって来たような気がします。でも、世界には一度ハンドルを握ると、「おおっ!スゴいっ!」と感じるドライビングフィールのクルマが、まだまだ沢山あります。 クルマはやっぱりドキドキ・ワクワクするもの。そんなクルマたちをご紹介いたしましょう!


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。