目次へ戻る

ルノーのMPV(ワゴン)!アイコニックな魅力のカングー!詳細情報

ルノーのMPV(ワゴン)!アイコニックな魅力のカングー!詳細情報

フランス・ルノーの3・5ドアMPV(またはワゴン)、カングーを知っていますか?日本では2002年より発売されています。現行モデルは2009年にフルモデルチェンジを行い日本発売された2代目にあたります。アイコニックな魅力あふれるカングーに迫ります。


ルノーのMPV(ワゴン)!アイコニックな魅力のカングー!詳細情報

カングーってどんな車?

フランス・ルノーの3ドアMPV(またはワゴン)、カングーを知っていますか?

日本では2002年より発売されています。現行モデルは2009年にフルモデルチェンジを行い日本発売された2代目にあたります。アイコニックな魅力あふれるカングーに迫ります。

ルノー・ジャポンにおける、販売の大きな柱のひとつであるカングー、母国フランスでは商用車として活躍していますが、日本では家族でのキャンプから近所のお使い、さらにはワンメイクでのイベントとしては最大級のカングージャンボリーも開催されるなど幅広い楽しみ方ができる車として親しまれています。

ルノー カングー日本での成功の秘訣とは?

----:本国では商用車として開発されたカングーですが、日本では乗用ユースとして使われています。オーナーはキャンプに出掛けたり、あるいは自分たちの手で内外装に手を加えたりなど、様々な楽しみ方で乗っています。このように日本で人気のあるカングーですが、本国から見て、どのように感じますか。

ルノーLCV(小型商用車)プログラムダイレクターのフィリップ・カイエット氏(以下敬称略):正直にいって年間17万台販売している中の2000台なので‥‥(笑)。

この日本市場の成功はダイバーシティの影響が大きいと思います。トランスミッションは2つ持っていますし、多彩なカラーもあります。日本からは様々なものが要求されますので、我々としてはこれを受け止めて、どのようにして効率的に工場で作っていくか、あるいはサプライヤーに作ってもらうかが一番難しいところですね。

我々の目からは、日本は台数がもっと伸びることを予測しています。そのために小さなボリュームであっても開発をしていかなければいけないので、そのバランスが難しいところです。

ルノーのMPV(ワゴン) エクステリア画像

ルノーのMPV(ワゴン) インテリア画像

ルノーのMPV(ワゴン) スペック

 
【ルノー カングー ZENEDC】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,280×1,830×1,810mm(ホイールベース:2,700mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,450kg
エンジン種類ターボチャージャー付筒内直接噴射 直列4気筒DOHC16バルブ
最高出力 kW(ps)/rpm(EEC)84kW(115ps*1)/4,500rpm
最大トルク N・m(kgm)/rpm(EEC)190N・m(19.4kgm*1)/1,750rpm
タンク容量 56L
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション電6速EDC(エフィシエント デュアル クラッチ)
※1参考値です

ルノーのMPV(ワゴン) 試乗記・評価・感想

乗り出してすぐに、あれっ?となった。まるでインシュレーターでも奢ったのかと思うほど静かである。それに猫足は以前からだが、その乗り心地にも間違いなく進化した跡があった。フットワークは相変わらずで、非力なエンジンをMTで極限まで使い倒しても、クルマの方はニヤッと笑っている印象である。

乗り込むとフロントウィンドーは遠いし、屋根は遠いし、まあそれ以前に乗っていたクルマにもよるものなのかもしれないが、カングーユーザーにとってはこの空間は当たり前の広さなのだろう。とにかくどこもかしこも遠い。僕の場合、カングーに乗る直前は、ルノー『トゥインゴ』だったから余計そう感じたのかもしれないが、乗り出して既に3日経っているのに依然としてだだっ広い空間と感じてしまう。

スペック表ではEDC(デュアルクラッチ)に対し車重が20kgだけ軽いが、乗り較べると、EDC以上にステアリングが軽快で、乗り心地も(タイヤは同じだが)よりスポーティな味つけに感じた。クラッチとシフトも操作感は適度な軽さをもちつつリズミカルな運転を可能にするセッティング。これならクルマ好きなお父サンの“実用車兼スポーティカー”になるのではないか。フカッ!と座り心地のいい後席など実用、機能の基本は全車共通だから、もちろん家族会議にも通しやすいはず。

ルノーのMPV(ワゴン) 価格

■ZEN EDC 2,599,000円
■ZEN 6MT 2,499,000円

カングーは2グレード設定され、価格は249万9000円・259万9000円です。

最後に

本記事ではルノーのカングーについてまとめました。

ルノーの車をもっと知りたいという方は、下記記事も合わせてご覧ください。

関連する投稿


ルノーの小型MPV カングー|中古価格・燃費・評価一覧 最新情報も

ルノーの小型MPV カングー|中古価格・燃費・評価一覧 最新情報も

フランスの自動車メーカーといえばルノーを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。ルノーが手がける車の中でも「カングー」は日本でもファンが多く、高い積載性能とおしゃれな外観が人気を呼んできた車です。今回はカングーの歴代モデルの性能や評価、中古価格などをまとめてみました。


ルノー キャプチャー 新型 PHV初設定!蓄電容量は?

ルノー キャプチャー 新型 PHV初設定!蓄電容量は?

ルノーは7月3日、新型『キャプチャー』(Renault CAPTUR)を欧州で発表しました。 今回、PHVが初設定となります。ルノーのキャプチャー新型の最新情報をまとめています。


ルノー クロスオーバーSUV キャプチャー┃スペックや燃費、限定車の紹介等一覧

ルノー クロスオーバーSUV キャプチャー┃スペックや燃費、限定車の紹介等一覧

「キャプチャー」という言葉の原義は、捕まえる、捕らえる、分捕るだそうです。こんな、含みのある言葉を車名に付けるなんて「やっぱりフランスの人はエスプリが効いているなぁ」と感心している方もいるかもしれませんね。今回はそんなルノー キャプチャーの魅力を紹介していきます。


ルノーのMPVカングー フルモデルチェンジ!次期型はEV・PHEVも!?

ルノーのMPVカングー フルモデルチェンジ!次期型はEV・PHEVも!?

ルノーのMPV、カングーが13年ぶりにフルモデルチェンジします。 本記事では、カングー新型の最新情報と最新画像をまとめています。


2019年7月発売!ダイハツ新型タント 人気の軽トールワゴンタント新型の最新情報

2019年7月発売!ダイハツ新型タント 人気の軽トールワゴンタント新型の最新情報

「タント」はダイハツの大人気軽トールワゴンです。そんなタントがフルモデルチェンジして2019年7月ごろ登場します。発売は?価格は?新旧で何が変わるの?他タント新型の最新情報をまとめています。また、新型タントの最新画像も多数掲載!購入検討している方、予約検討している方はぜひ本記事をどうぞ!【6月17日更新】


最新の投稿


200万円以下で購入できる!ランドローバーの中古車 4選

200万円以下で購入できる!ランドローバーの中古車 4選

ランドローバーとは、英国の自動車メーカー・ブランドで、現在はインドのタタ・モーターズの傘下になっています。ランドローバーは高級車で、新車ではなかなか手が出しづらいと思われる方も多いかもしれませんが、中古車であれば200万円以下で購入することが出来るモデルもあります。本記事ではランドローバーの中古車を4選紹介します。


岡山県北部地区の道の駅一覧|粟倉温泉をたずねて

岡山県北部地区の道の駅一覧|粟倉温泉をたずねて

岡山県も残すは中国山脈側を残すのみとなりました。前回は瀬戸内海側(南部)を紹介してまいりましたが、今回は北部側の道の駅を紹介しましょう。


トヨタ プリウスPHV モデル別中古車価格まとめ

トヨタ プリウスPHV モデル別中古車価格まとめ

トヨタのプリウスPHVをモデル別にご紹介します。中古車の価格と合わせて見ていきます。


ヨガやダンスも出来る「道の駅 いちかわ」の見どころを解説!

ヨガやダンスも出来る「道の駅 いちかわ」の見どころを解説!

都心にほど近い千葉県の道の駅である「道の駅 いちかわ」。 スタイリッシュな建物の中には、ショップ、レストラン、カフェだけでなく、ラウンジ、カルチャースペース、スタジオ等の様々な施設がそろっています。今回は、そんな道の駅 いちかわの見どころを紹介していきます。


デコトラ制作の老舗 アートフレンド|歴史やその特徴に迫ります!

デコトラ制作の老舗 アートフレンド|歴史やその特徴に迫ります!

アートトラック、カスタム、デコトラの制作を手掛けて20年以上の歴史を誇るアートフレンド。事業全体では自動車産業以外にも幅広く活躍する企業へと発展したアートフレンドグループの概要をご紹介します。