トップへ戻る

ワゴン車のGT-Rステージア!気になる中古車価格も!

ワゴン車のGT-Rステージア!気になる中古車価格も!

1996年デビューのステージアには発売当初には、パワートレインにスカイラインGT-Rのエンジンを搭載したモデルも存在した高性能モデルもありました。まさにスポーツワゴンの最高峰として位置付けられたモデルであったことを振りかえって見てみましう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


日産ステージアとは?

2代目ステージア 2.5リットルターボエンジン搭載

2代目ステージア 2.5リットルターボエンジン搭載

1996年デビューのステージアはワゴンとしての評価もさることながら、走りの良さで評価の高かったモデルになります。初代のステージアにはスカイラインGT-Rのエンジンを搭載したモデルもありました。

走りと快適性を兼ね備えたスポーツワゴンと呼ぶにふさわしい車、それが日産ステージアになります。

ステージアの歴史

《写真提供:response》original【日産『ステージア』】2代目

ステージアは7代目スカイラインのモデルにあった、スカイラインワゴンの後継車に位置づけられ、当時のスカイラインやローレルと共通したプラットフォームで製造されたモデルでもあります。

初代モデルは1996年に製造され二代目は2001年に販売されています。初代モデルは当時国内では珍しかった大型ワゴンとして製造され、全長4,800mmを超え幅は1,755mmで全高1,515mmの3ナンバーの車でした。

当時ワゴンとしては珍しく専用ボディを与えられた車になります。そのシルエットは国産車というよりも欧州車の雰囲気をまとっていました。内装にもこだわりスカイラインを超え、セドリックなみの高級車にも迫る豪華さを誇っていました。

この初代モデルには、「オーテックジャパン」によりチューニングされたモデル・260RSが存在しました。このモデルに関しては後述致します。

ステージアのグレード

日産『ステージア』2代目

日産『ステージア』2代目

初代モデルには、「RS FOUR」「25G」「20G」などで販売が始まり、「25tX FOUR」「25RS」「20X」などが追加され、これらのグレードからステージアはスタートしました。

さらに1997年には、今でも人気と価格が落ちないR33スカイラインGT-Rのパワートレインを搭載した「260RS」も登場しています。その後マイナーチェンジを繰り返しながらグレードや特別車、限定車など幾通りか変化していきます。

ステージアの中古価格

おおむね年代相応の価格となっていますが、初代モデルは中古車情報自体が少なく、中古車市場では販売台数が年々少なくなっている傾向にあります。

ステージアの中古価格(ガソリン車、初代)

20G
FR:一般的な相場は20万円台~
20X
2WD:30万円台~70万円台
25G
FR:情報がありませんでした。
25G FOUR
4WD:情報がありませんでした。
25X FOUR
4WD:40万円台~
RS FOUR
4WD:20万円台~80万円台
RS FOUR V
4WD:90万円台~

※表示価格は車両本体価格で情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2021年5月現在)

response中古車はこちら

ステージアの評判

発売当時から人気が高かく、荷室が広くて釣りやスノーボードなどの荷物が積み込みやすく、高速での走行は安定しており長距離のドライブでも疲れにくいなど、走行性能が高く高評価を得ています。

燃費に関してはやや不満の声があがっていまが、その不満は走行性能の良さでカバーできていると言えるでしょう。

特別なステージア・ステージア260RS

《写真提供:response》ステージア オーテックバージョン260RS / オーテックジャパン

特別なステージアとして登場したオーテックバージョン260RSとは、スカイラインの育ての親と言っても過言ではない、櫻井眞一郎氏により1986年に創立された会社「オーテックジャパン」で開発された車になります。

オーテックジャパンは、日産では開発しづらいコンプリートカーやレーシングカーの開発に力を注いでおり、オーテックジャパンが手掛けたモデルはすべて、強い個性を持った車となっています。

ステージアオーテックバージョン260RSは、GT-Rの名こそ表に出てはいませんでしたが、その走りはまさにGT-Rそのものといって言っていいでしょう。

その採用されたメカニズムは、スカイラインGT-R33と同じRB26DETT型直列6気筒DOHCツインターボを搭載し、ミッションも5速MTのみと徹底した物でした。

ステージア260RSの動力性能

2568cc・RB26DETT型エンジンは、最高出力・280PS/37.5kgmといった高出力とAWD(All Wheel Drive)システムにより安定した直進走行性能、悪路や凍結路なども安定して走行が出来るものとして人気を博しました。

また、車の速さを証明する指標となる、パワーウェイトレシオは6,14(1720kg/280PS)と高い数値を叩き出していました。これはスポーツタイプのセダンなどではなくワゴンとしては異例の数値だと言えます。

まさに、エンジン・足回りはスカイラインGT-Rそのものといっても良いような仕上がり具合となっています。最高速などはGT-Rに及ぶものではありませんが、血脈はGT-Rのものといえるでしょう。

「ワゴンの形をしたスポーツカー」と呼ぶにふさわしいカタログデーターを持っており、実際の走行ではR33のワゴン版と呼んでもおかしくない性能を誇っていました。

高速性も良く悪路の走行も苦にしないワゴン、それがステージア260RSとなります。販売期間が短期間に終わった260RSは、今もなお人気の車種となります。

ステージア260RSのエクステリア

エクステリアも一目で260RSとわかるデザインとなっています。大きく開いたフロントバンパーやRS専用のフロントグリル・ルーフスポイラーなど、主張がはっきりしたデザインは全て専用デザインとなっています。

ステージア260RSのインテリア

ワゴンのボディを与えられたステージアは、5人乗り・5ドアのスタイルで収納スペースも十分に広い荷室を持っていました。

この荷室は、リアシートを倒せば楽々とはいかないまでも、車中泊出来る広さを有しています。またスキーやサーフボードを積むことも可能でした。

メーターにはデンソーの3連メーターを配置するなど、走りを意識したインパネとなっています。

ステージア260RSの中古価格

260RSは特別な車といえるだけあり、価格はしばらく変わらないどころか、今後値上がりも考えられる車となっています。

ステージア260RSの中古価格(ガソリン車)

2.6 オーテックバージョン 260RS
4WD:220万円台~280万円台

※表示価格は車両本体価格で情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2021年5月現在)

response中古車はこちら

ステージア260RSの評判

現在の車と比較すれば、勿論ステージア260RSを上回る性能の車は、数多く存在しますが、セダンでない車ワゴンでこのステージアの性能を上回る車は、それほど多くはありません。その評判の高さは販売終了から十数年たった今でも、価格の高さで証明されています。

260RSはその販売年数の短さと価格の設定等により、現在中古車市場ではあまり見かけない車となっています。260RSの販売台数は前期型が約986台、後期型で748台、総数で1734台といわれています。

そういった背景から、中古車市場に出てくる車はごく限られています。多くても年間5台や数台しか出回わらない車として、その人気は衰えるところを知りません。

まとめ

《写真提供:response》reproducible【写真蔵】日産インテリアバージョン…ステージア2代目

ステージアは1996年から2007年まで製造された車でした。その人気は高く評判も良い車でしたが、初代・二代目で製造を終了しています。

セダンで速い車は多くありますが、ワゴンでスポーツタイプの速さを求めた初代ステージア260RSは、幻のワゴンと言っていいのではないでしょうか。

こちらの記事もおすすめ!

関連するキーワード


日産 車種情報 GT-R ワゴン

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産のGT-Rは名車と名高い一台です。最新のGT-Rはスカイラインの名前が外れ日産GT-Rとなり、よりサーキットを意識した車へと進化し続けています。今回はこの日産 GT-Rについて見ていきましょう。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


日産 フィガロ|生産終了の理由は?中古車に乗ることは可能?

日産 フィガロ|生産終了の理由は?中古車に乗ることは可能?

1991年から一年間限定で発売された「フィガロ」ですが、人気は高く反響も大きかった車で惜しまれつつ1年限りの販売となった車「フィガロ」について見てみましょう。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。