目次へ戻る

ランボルギーニ ミウラの魅力とは。歴代モデルと新車・中古価格も紹介

ランボルギーニ ミウラの魅力とは。歴代モデルと新車・中古価格も紹介

スーパーカーの代名詞とも言われている「ランボルギーニ ミウラ」。そもそもの歴史や魅力と歴代モデルの紹介、また現在の価格についてもご紹介していきたいと思います。


ランボルギーニ ミウラとは

ランボルギーニミウラは、イタリアのランボルギーニが開発及び製造をした2シーターミッドシータースポーツカーになります。この「ミウラ」という名前の由来は、伝説の闘牛牧場ミウラの名にちなんで命名されています。

ランボルギーニの車には、ミウラの他にムルシエラゴやアヴェンタドールなどがありますが、それらの車の個性的な名前の由来は「牛」から来ています。

ランボルギーニミウラは、スペインの闘牛飼育家「ドン・アントニオ・ミウラ」にちなんだものとなっていることが分かります。

ランボルギーニミウラは1966年から販売されていました。

乗車人数は2人で駆動方式はMRとなっています。MRとは、ミッドシップエンジン・リアドライブ方式の意味であり、車体中心にエンジンを配置して後輪を駆動します。スーパーカーやレーシングカーがこのMRを採用していて、メリットは、走行中に旋回に入りやすく、旋回が止めやすくなり、機敏に且つ速く走ることができることです。

更に、FR(後輪駆動)では必須のプロペラシャフトがMRでは必要無いなどの構造の単純化により、重量の軽減にも成功しています。

ランボルギーニミウラの初代モデルは「P400」と呼ばれていて、この400は排気量4L(実際は3,929cc)から来ています。そして、1年後には「P400S」が販売され、350馬力あった初代モデル「P400」に比べて20馬力高くなった370馬力のモデルとなりました。その後、3年後には385馬力まで上がったモデル「P400SV」が登場することになります。

ランボルギーニ ミウラの歴代モデル

ランボルギーニミウラの歴代モデルは、主に「P400」、「P400S」、「P400SV」となりますが、この3つのモデル以外にもいくつか特殊なモデルが存在しているのです。

例えば、「Zn 75」というカスタムモデルがあります。このモデルは、タルガトップ風コンバージョンモデルであり、ランボルギーニでたった一台だけ生産されたことになっています。

また、「P400」が登場する前の年の1965年には、シャシーとエンジンのみの試作品モデル「TP400」が展示されていました。

ランボルギーニTP400

1965年11月にトリノで開催された、トリノ・オートショーにシャシーとエンジンのみの試作モデルとした展示されました。当時、FRレイアウトが普通であり、ミッドシップエンジンは珍しいものとなっていました。しかし、後にこのモデルからP400が誕生することになり、多くの富豪達を釘付けにすることになります。

ランボルギーニ ミウラP400

「P400」というモデルは350馬力のエンジンで、最高速度290km/hまで引っ張ることに成功しています。ランボルギーニは当時、風洞実験ができるほどではありませんでしたが、ニュージーランド出身の開発テストドライバーにより、これに貢献する結果となりました。そして、全長は4360mmで全幅が1760mm、全高は1055mmとなっています。車両重量は980kgで排気量は3929ccとなっています。エンジン形式は60度V型の12気筒DOHCで、5速MTの最高速度は293km/hとなっています。

ランボルギーニ ミウラP400S

「P400S」は、370馬力で等速ジョイントとベンチレーテッド・ディスク・ブレーキが装備されるようになります。

この等速ジョイントとは、入力側と出力側の速度を維持した状態で、角度を自由に変化して回転力を伝達できる継手になります。この等速ジョイントが量産されたことにより前輪駆動の車が増えることになりました。

しかし、このP400Sの馬力は実際に370馬力あったのかは曖昧であったとのことで、結果的にエンジン強化による騒音と熱に悩まされることになってしまいます。P400Sのスペックは、全長が4390mmで全幅が1780mm、全高が1100mmとなっています。車両重量は1,180kgで排気量はP400と同様に3929ccとなっています。

エンジン形式も60度V型の12気筒DOHCであり、5速MT仕様となっています。最高速度は280km/Lで、P400と比べて少し速度が遅くなっています。

ランボルギーニミウラ P400SV

「P400SV」は385馬力となります。SVとはミウラの完成形のモデルであり、現在における市場での取引価格もそれを示していることが分かります。リアサスペンションが強化され、リアタイヤは9インチホイールとなっています。 そして、ピレリのチントゥラートのタイヤを履き、リアフェンダーもワイドになりました。P400シリーズはどのモデルも形が似ているため見分けがつきにくいです。P400SVのスペックは全長が4390mmで全幅が1780mm、全高が1100mmとなっています。 車両重量は1305kgで排気量は3929ccです。エンジン形式は60度V型の12気筒DOHCで、5速MT仕様となっています。最高速度は285km/hです。P400とP400Sとの主な違いは、重量と最高速度にあることが分かります。

ランボルギーニ ミウラP400 SVJ スパイダー

P400SVJスパイダーは、1981年のジュネーブショーにランボルギーニが出品したオープン仕様のモデルです。実際には、イエローカラーのミウラSをベースにスパイダーとして加装したモデルになります。そもそもこのP400SVJは、「イオタ」という特殊なモデルの評判を耳にした顧客が、ミウラをイオタに改造したいとのことで誕生したモデルになります。イオタは、1969年にランボルギーニが一台だけ製造した実験車両「J」になります。そして、ミウラのレーシングバージョンがこのイオタになりました。

ランボルギーニ ミウラSVR

このモデルは、ランボルギーニミウラの中で最も有名な世界に一台のみのレアカーです。そして、この希少性の高いモデルが1976年に日本人のオーナーに渡ることになりました。この事実により、日本でイオタの名で大旋風を巻き起こすこととなり、大人気漫画シリーズ『サーキットの狼』にも取り上げられるようになりました。 また、このモデルは黒いインテリアが特徴です。 そして、通常のミウラと比べて大幅な車重の低減や、空力性能を向上させる固定式ヘッドライトやフロントのスプリッターなどを装備しています。ランボルギーニのイオタの人気の高さからレプリカが作られましたが、それでも信じられないくらいの高値でそのレプリカが取引されています。

ランボルギーニの魅力って?

ランボルギーニの魅力は何と言っても希少性の高さと格好良さにあります。そして、ランボルギーニにはミウラ以外にも魅力的な車種がいくつか存在しているからです。

例えば、「ランボルギーニ カウンタック」というモデルは400馬力を超え、最高速度300km/hを出したモデルと言われています。

ランボルギーニはどの車種も魅力的ですが、見分けがつきにくいようにも思われがちです。

しかし実際に見比べてみると、ランボルギーニのミウラは、ムルシエラゴやガヤルドと比べるとは違いがはっきりと分かります。特にヘッドライトの部分が特徴的です。 また、2018年にはランボルギーニのSUV「ウルス」が販売されています。

ランボルギーニ ミウラ 現在の中古車価格は?

ランボルギーニの価格は2000万円を超えるモデルが殆どです。

4WD仕様の「ガヤルド」は、中古車価格で約800万円〜2000万円で販売されています。ガヤルドはランボルギーニで一番生産数の多い車種となっています。ランボルギーニはどのモデルも高すぎて購入できないように思われがちですが、中古車であれば数百万円で購入できそうなモデルが存在することも事実です。

ガヤルド以外の車種でも走行距離が40000km以上のモデルであれば1000万円未満で購入できるモデルも存在します。ランボルギーニにはまだまだ魅力的な車種が存在します。

2014年に販売が開始された「ランボルギーニ・ウラカン」はガヤルドどの後継車種にあたり、中古車価格は2300万円〜3880万円となっています。年式は古くても5000万円以上するモデルも沢山存在します。

ランボルギーニ 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/LG/

ランボルギーニの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

まとめ

ランボルギーニの車には様々な歴史があり、高級車の代名詞として世界の人々から一目置かれています。

どの車種も魅力的ですが、スペックやグレードなどを詳しく知ることでランボルギーニについて更に興味が湧くことになるでしょう。また、ランボルギーニは映画にもよく登場してきます。

映画「トランスポーター2」では「ムルシエラゴのロードスター」が登場しているので、是非視聴する機会がありましたら意識して見てみてください。そしてその魅力にもっとはまっていきましょう。

関連するキーワード


ランボルギーニ 車種情報

関連する投稿


【フランクフルトモーターショー2019】ランボルギーニのHV シアン初公開

【フランクフルトモーターショー2019】ランボルギーニのHV シアン初公開

9月10日からドイツのフランクフルトで開催されているフランクフルトモーターショー。同ショーにてランボルギーニ初となるHVカー、シアンが初公開されました。いったいどんなスペックを誇るのか?最新の画像を含めてまとめています。


 ランボルギーニ ウラカン モデル別の価格、燃費を一覧で紹介|改良新型も

ランボルギーニ ウラカン モデル別の価格、燃費を一覧で紹介|改良新型も

ランボルギーニ ウラカンはガヤルドの後継車として2014年3月にジュネーブモーターショーにて正式発表され、日本ではその年の7月に発売されました。日本における販売価格や燃費や内装、各種仕様など気になるところをお伝えします。


【怖いものなし】ランボルギーニ ウルスのコピー車発売!価格は?

【怖いものなし】ランボルギーニ ウルスのコピー車発売!価格は?

中国の自動車メーカー「Hansu Auto」が、ランボルギーニのクロスオーバーSUV『ウルス』そっくりのSUVを発売し話題となっています。過去にもポルシェのマカンやアウディのQ5などなど、さまざまなそっくり車がでてきましたが、果たして今回は…。


ランボルギーニ ウラカン 価格・中古価格・性能・気になる評価は?

ランボルギーニ ウラカン 価格・中古価格・性能・気になる評価は?

ランボルギーニのウラカン。ウラカンはランボルギーニの中でもヒット作と言われるガヤルドの後継車として登場しました。2シーターのV10ミッドシップカーです。クーペ、スパイダーがあり、クーペには高性能グレードとしてペルフォマンテが設定されています。本記事では、そんなウラカンの 価格・燃費・性能・気になる評価についてもまとめています。


ランボルギーニ ガヤルドってどんな車?中古価格・性能・評判・名前の意味は

ランボルギーニ ガヤルドってどんな車?中古価格・性能・評判・名前の意味は

ランボルギーニのガヤルドとは、2003年-2013年までランボルギーニが製造していたスポーツカーです。ランボルギーニの歴史の中でも最もヒットした車種と言っても過言ではないガヤルド。本記事では、そんなガヤルドの中古価格・性能・評判・名前の意味などについてまとめています。


最新の投稿


都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

埼玉県は北関東への中継地点としての役割を担っています。最近は住みたい街ランキングで上位に入ったり、映画などでも一躍人気を博していますが、観光地への移動時の休憩地点として利用者も多く、その分道の駅も数多くあります。今回は、そんな埼玉県のおすすめスポットをご紹介します。


【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

千葉、東京、埼玉、茨城のみならず、神奈川県(一部地域を除く)までのエリアをカバーする千葉銀行では、新車・中古車・下取り車のローン残債、借換えもご相談にのります。エリア内の方で、車の購入をお考えの方は、千葉銀行のマイカーローンがどのようなものなのか気になるところでしょう。この記事では金利や審査、申込み方法等を解説します。


トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

1990年から発売されているトヨタのミニバン「エスティマ」の歴代モデルの燃費や中古価格などをまとめてみました。「エスティマ」に乗り換えをお考えの方は、是非参考にしてください。(※情報は2019年4月現在のもの)


全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

USトヨタが北米市場で販売しているフルサイズピックアップトラック『トヨタ タンドラ』(以降、タンドラ)の魅力に迫ります。(※情報は2019年4月現在のもの)


トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのノアは、ヴォクシーやエスクァイアと並んでトヨタの主力ミニバンです。しかしながら、その細かな違いが分からずに、選択肢に悩んでいる人も多いと思います。そもそも同クラスの車種を選ぶ基準は難しいところですよね。ノアの魅力は、「家族が楽しめる車」に仕上がっている点だと言えます。よりファミリーカーとしての資質が強いのが特徴です。今回は、ノアの魅力とともに、ヴォクシーやエスクァイアとの違いについても細かく解説していきます。(※情報は2019年4月現在のもの)