目次へ戻る

ランボルギーニ・ムルシエラゴとはどんな車?歴史やスペックを大解剖!

ランボルギーニ・ムルシエラゴとはどんな車?歴史やスペックを大解剖!

スーパーカーと言えば、カウンタックというほど名車となっているランボルギーニの出世作。名車カウンタックの最終形とも言えるのが、この「ムルシエラゴ」です。アウディ傘下に入って最初に発売された車種でもあり、ディアブロの後継車となるフラッグシップカー。ムルシエラゴの特徴やスペックを、モデルの歴史と共に紹介します。


ランボルギーニ・ムルシエラゴとは?

ムルシエラゴは、2001年から発売されており、アウディの傘下に入って初めて発売された新車種となります。親会社となるアウディ社の影響がそれほど無いモデルとも言われており、カウンタック時代のランボルギーニの雰囲気を味わえる最終モデルとされています。

ランボルギーニの中で、最上級モデルとして発売されていたので、先代にあたるのは全てスーパーカーになります。旧世代と新世代の間に位置しているとも言えるモデルになりますが、高い熟成度を誇る車種です。

ムルシエラゴの概要

ムルシエラゴという名前は、19世紀に実在した伝統的な闘牛の名前に由来しています。1879年10月にスペインの闘牛場で有名な闘牛家、ラファエル・モリーナと戦った闘牛の「ムルシエラゴ」から取られています。24の剣を刺されたにもかかわらず、生き延びたほどの牛で、伝説とされる雄牛だったと言われています。

ボディは、各断面を持つ鋼管によって組まれており、外部からの応力をシャシーによって負担する構造です。シャシーはスチール製となっていますが、フロアパネルや一部の部品にカーボンファイバーが使用されています。

最先端素材を随所に用いることで、全長がディアブロよりも100mm延長されているのですが、車両重量はほとんど変わらない1650kgとなってます。大きな出力を出すエンジンを持ちながらも、剛性を保ちながら軽量さを維持しているのが特徴的です。

さらに駆動方式の点でも、それまでのディアブロとは変化があります。ディアブロには後輪駆動と四輪駆動のモデルが用意されていたのですが、ムルシエラゴは四輪駆動のみの設定となっています。

ディアブロの場合には、四輪駆動でも姿勢を崩した時に効果を発揮するタイプの制御方式でしたが、ムルシエラゴの場合にはビスカス式のセンターデフを持つタイプの四輪駆動です。それで通常の走行時にも、積極的に前輪に駆動が伝わるという点でも、違いがあるモデルとなっています。

ムルシエラゴの歴史

ムルシエラゴが販売される前のモデルから、ランボルギーニの歴史を見ていきましょう。

1966年から1973年まで発売されていたミウラは、ランボルギーニの車で初めてV型12気筒エンジンが搭載されたモデルです。100km/hに到達する時間は、たったの7秒で、最高時速は250km/hにもなるなど、当時の車で最も早いスーパーカーでした。

その後1974年から1990年までは有名な「カウンタック」が製造されました。また25周年記念モデルが、1988年から1989年まで販売されています。販売年数が16年という期間がありましたので、ランボルギーニ史上生産台数が多いモデルでもあり、年数が経過した現在でも評価が高いモデルです。

ランボルギーニ ディアブロ

ランボルギーニ ディアブロ

1990年から発売されていたのは、ディアブロです。2001年までの発売期間となっており、4WDの行動方式も採用され始めたモデルでもあります。

2001年からはムルシエラゴが発売されるようになりましたが、2006年までのモデルは標準モデルとされており、排気量は6.2Lで最高出力は580馬力というものです。ミッドシップ構造となっており、エンジンの前方にギアボックスがあり、後方にリアディファレンシャルがある配置です。

可変機能を持っているリアスポイラーは、130km/hまでは全閉となっており、その速度以上で半開、220km/hを超えると全開になり、効果的な空力を発揮します。4WDの方式を採用したことや、空力を考慮したモデルということもあり、ディアブロよりも駆動力が向上します。

2006年からはムルシエラゴLP640と車名を変更し、最高出力が640馬力となっています。この馬力の数が車名にも使われているのです。カウンタックの時のように、LPと数字で始まる車名が再度登場します。

ムルシエラゴ ロードスター

ジュネーブモーターショー2004 で出展された「ムルシエラゴ・ロードスター」

2004年には、オープンモデルのムルシエラゴ・ロードスターが販売されます。基本的にオープンの状態で走行することを念頭にされているこのモデルは、ねじれ剛性を向上させるために再設計されているのが特徴。

ベースグレードの価格よりも300万円ほど高く設定されていました。LP640が誕生してからは、ムルシエラゴLP460ロードスターも誕生しました。

ランボルギーニ ムルシエラゴの特別バージョン

ムルシエラゴの特別バージョンについても、解説していきましょう。いくつかのタイミングで、ムルシエラゴの特別バージョンが発売されています。

40周年記念モデル

名前の通りですが、ランボルギーニが創業40周年という事を記念して作られた、ムルシエラゴのスペシャルモデルになります。世界では50台の限定車で、日本では5台限定となっています。外装は3層パール色となっており、カーボンファイバーが使われていることや、新デザインのエキゾーストシステムとキャリパーが特徴です。

レヴェントン

ムルシエラゴよりも、さらに戦闘的なデザインとなっているレヴェントンは、ステルス戦闘機のF-22をモチーフとしています。世界限定で20台が販売され、日本では1台のみ輸入されています。

ムルシエラゴLP670-4 スーパーヴェローチェ

ムルシエラゴ LP670-4 スーパーヴェローチェ

ムルシエラゴLP670-4 スーパーヴェローチェ

エンジンをさらにチューニングしたモデルで、出力が名前の通り670馬力に引き上げられていることが特徴です。

ムルシエラゴの外装・エクステリアは?

ムルシエラゴの外装は、スポーツカーという雰囲気を醸し出しているもの。地面に張り付くようなデザインは、いかにも大きなエンジンを積んでいるかのような、プロポーションが魅力的。

ウィンドウ部分や、ヘッドライト、さらにはエアの取り入れ口など開口部分が迫力を醸しだしています。ムルシエラゴは、非常に洗練されたデザインになっているので、アクの強さはそれほど強くなくなっています。

エクステリアは、LP670になるとチューニングされているので、ダイナミックになっています。フロントフェンダーには大きなエアインテークが設けられており、効率的にブレーキを冷やすことができるのがポイント。

スーパーヴェローチェであれば、大型のリアスポイラーをオプションで追加することができ、さらに存在感を出すことができます。

形状が優れているだけでなく、フロントフェンダーやリアのサイドパネル、さらにはリアスポイラーやシートなど、数多くの部品にカーボンファイバーが使用されており、軽量化に役立っています。

その軽量化の結果として、スーパーヴェローチェの場合には、ベースグレードのLP640よりもさらに100kgも軽い1565kgに仕上がっています。ランボルギーニのこだわりは、素材選びにも表れており、モデル全体で徹底的に軽量化されているのが良く分かります。

スポーツカーの象徴であるガルウイング

ランボルギーニのスーパーカーであることの象徴であるガルウイング。正確に言うと、ガルウイングというのはドドアが上に開くタイプのものです。鳥の翼は広がっているように、大きく開いた形がガルウイングと呼ばれています。

しかし、一般的にはドアが上に開いているとガルウイングと表現されることが多いですが、ランボルギーニのように、斜め上に開くタイプのドアは、シザードアと呼ばれています。

ドアを開いた時に、はさみのように広がっている形状から、シザードアと呼ばれています。ランボルギーニの有名モデルに採用されているので、ガルウイングというのはシザーウイングの形状と誤解することが多い形です。

ムルシエラゴのエンジンスペック

6.2LV型12気筒エンジンを作動させると、大迫力のサウンドが響きます。他のエンジンでは、非常に低回転と呼ぶことができる、アイドリングの時でも、迫力の高いエンジンを響かせます。

アクセルを踏むと、その分しっかりと加速するので、さすがスーパーカーと呼べるほどの加速を見せます。猛牛がマークになっているだけに、そのポテンシャルの高さには驚かされます。

静かでスムーズという言葉が似合わないほどに、力強くそしてスポーツカーらしくドライブできるのがムルシエラゴなのです。通常の道では、その力を発揮できないと感じるほど、ムルシエラゴのエンジンパワーは溢れています。

極上の走りを見せるスーパーカー

ランボルギーニ ムルシエラゴは2001年に発売されてから9年後の2010年に生産4,000台を達成、その後、同年11月に生産終了となり、総生産台数は4,099台でした。

ムルシエラゴの走りは、後継車種アヴェンタドールに引き継がれます。

今現在、日本の中古車市場でもランボルギーニ ムルシエラゴは40~50台程販売されており、2000万円程~で販売されている車種が多く目に付きます。

気になる方は是非、中古車情報もチェックしてみてください。

ランボルギーニ ムルシエラゴ 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/LG/S001/

ランボルギーニ ムルシエラゴの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

ランボルギーニについての情報はこちらもチェック

関連するキーワード


ランボルギーニ 車種情報

関連する投稿


【フランクフルトモーターショー2019】ランボルギーニのHV シアン初公開

【フランクフルトモーターショー2019】ランボルギーニのHV シアン初公開

9月10日からドイツのフランクフルトで開催されているフランクフルトモーターショー。同ショーにてランボルギーニ初となるHVカー、シアンが初公開されました。いったいどんなスペックを誇るのか?最新の画像を含めてまとめています。


 ランボルギーニ ウラカン モデル別の価格、燃費を一覧で紹介|改良新型も

ランボルギーニ ウラカン モデル別の価格、燃費を一覧で紹介|改良新型も

ランボルギーニ ウラカンはガヤルドの後継車として2014年3月にジュネーブモーターショーにて正式発表され、日本ではその年の7月に発売されました。日本における販売価格や燃費や内装、各種仕様など気になるところをお伝えします。


【怖いものなし】ランボルギーニ ウルスのコピー車発売!価格は?

【怖いものなし】ランボルギーニ ウルスのコピー車発売!価格は?

中国の自動車メーカー「Hansu Auto」が、ランボルギーニのクロスオーバーSUV『ウルス』そっくりのSUVを発売し話題となっています。過去にもポルシェのマカンやアウディのQ5などなど、さまざまなそっくり車がでてきましたが、果たして今回は…。


ランボルギーニ ウラカン 価格・中古価格・性能・気になる評価は?

ランボルギーニ ウラカン 価格・中古価格・性能・気になる評価は?

ランボルギーニのウラカン。ウラカンはランボルギーニの中でもヒット作と言われるガヤルドの後継車として登場しました。2シーターのV10ミッドシップカーです。クーペ、スパイダーがあり、クーペには高性能グレードとしてペルフォマンテが設定されています。本記事では、そんなウラカンの 価格・燃費・性能・気になる評価についてもまとめています。


ランボルギーニ ガヤルドってどんな車?中古価格・性能・評判・名前の意味は

ランボルギーニ ガヤルドってどんな車?中古価格・性能・評判・名前の意味は

ランボルギーニのガヤルドとは、2003年-2013年までランボルギーニが製造していたスポーツカーです。ランボルギーニの歴史の中でも最もヒットした車種と言っても過言ではないガヤルド。本記事では、そんなガヤルドの中古価格・性能・評判・名前の意味などについてまとめています。


最新の投稿


都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

埼玉県は北関東への中継地点としての役割を担っています。最近は住みたい街ランキングで上位に入ったり、映画などでも一躍人気を博していますが、観光地への移動時の休憩地点として利用者も多く、その分道の駅も数多くあります。今回は、そんな埼玉県のおすすめスポットをご紹介します。


【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

千葉、東京、埼玉、茨城のみならず、神奈川県(一部地域を除く)までのエリアをカバーする千葉銀行では、新車・中古車・下取り車のローン残債、借換えもご相談にのります。エリア内の方で、車の購入をお考えの方は、千葉銀行のマイカーローンがどのようなものなのか気になるところでしょう。この記事では金利や審査、申込み方法等を解説します。


トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

1990年から発売されているトヨタのミニバン「エスティマ」の歴代モデルの燃費や中古価格などをまとめてみました。「エスティマ」に乗り換えをお考えの方は、是非参考にしてください。(※情報は2019年4月現在のもの)


全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

USトヨタが北米市場で販売しているフルサイズピックアップトラック『トヨタ タンドラ』(以降、タンドラ)の魅力に迫ります。(※情報は2019年4月現在のもの)


トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのノアは、ヴォクシーやエスクァイアと並んでトヨタの主力ミニバンです。しかしながら、その細かな違いが分からずに、選択肢に悩んでいる人も多いと思います。そもそも同クラスの車種を選ぶ基準は難しいところですよね。ノアの魅力は、「家族が楽しめる車」に仕上がっている点だと言えます。よりファミリーカーとしての資質が強いのが特徴です。今回は、ノアの魅力とともに、ヴォクシーやエスクァイアとの違いについても細かく解説していきます。(※情報は2019年4月現在のもの)