目次へ戻る

プジョーのサルーン!508新型 スペック 気になる価格は?

プジョーのサルーン!508新型 スペック 気になる価格は?

みなさんは、プジョーの508を知っていますか?508は、8年ぶりにモデルチェンジを行い、2018年の11月19日より発売されています。よりシャープに、より最先端をめざした508新型。本記事ではプジョー508新型についてご紹介します。


プジョーのサルーン!508 スペック 試乗評価 気になる価格は?

みなさんは、プジョーの508を知っていますか?508は、8年ぶりにモデルチェンジを行い、2018年の11月19日より発売されています。

よりシャープに、より最先端をめざした508新型。本記事ではプジョー508新型についてご紹介します。

プジョーのフラッグシップサルーン 508とは

508とは、フランスのプジョーが販売している自動車です。

初代モデルは2011年に発売されました。
ボディタイプはステーションワゴンとセダンがラインナップされています。

日本に導入されるユニットはセダン、ステーションワゴンともガソリン1.6L+6ATのみになっていて、それぞれにベースグレードの「アリュール」とキセノンヘッドランプや本皮革シート等を採用した上級グレード「グリフ」が用意され、ステーションワゴンの全車にパノラミックガラスルーフが標準装備となっていました。

プジョー 508 新型 特徴は大胆な4ドアクーペボディ

2世代目となる新型508の特徴は、やはり4ドアクーペデザインです。

低く滑らかなルーフラインを備えたエモーショナルな4ドアクーペに生まれ変わっています。

新型の全長は4750mmで、現行型の4830mmよりも80mm短くなりました。フロントマスクには、プジョーの最新デザイン言語を導入しています。

プジョー 508 新型 プラットホームは

プラットホームは、PSAグループの「EMP2」をベースに開発。

先代との比較で、平均70kgの軽量化を実現しました。

欧州仕様には、ガソリンとディーゼルを設定。ガソリンは1.6リットル直列4気筒ターボで、最大出力は180hpと225hpの2種類。トランスミッションには、8速ATの「EAT8」が設定されます。

プジョー 508 新型 スペック

 
【プジョー 508 Allure】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,750×1,847×1,404mm(ホイールベース:2,793mm)
エンジン種類直列4気筒DOHCターボチャージャー
最高出力(kW/rpm) 133(180PS)/ 5500
最大トルク(N・m/rpm)250/1650
トランスミッション8速オートマチック
※数値は欧州参考値です

プジョー 508 新型 エクステリア画像

プジョー 508 新型 インテリア画像

プジョー 508 新型 価格

■508 Allure 417万円から
■508 GT Line 459万円から
■508 GT BlueHDi 492万円から

気になる!508新型 ステーションワゴンはどうなるの?

そして、気になるのが、508のステーションワゴンはいつ発売なの?ということではないでしょうか。

508新型ステップワゴンは、パリモーターショー2018において、ワールドプレミアされています。

欧州では2019年1月に販売を開始しており、2019年後半に世界市場に投入される予定とのことです。

新型508SWのボディサイズは、全長が4780mm。先代508SWよりは50mm短いが、新型508に対しては30mm長い。荷室容量は530リットル。「マジックフラット」機能によって、後席を簡単に倒すことが可能。荷室容量は最大で1780リットルに拡大する。

最後に

本記事では、プジョーの508新型についてご紹介しました。

プジョーは他にも様々な車種を展開しています。

他の車種も知りたいという方は、下記記事も合わせてご覧ください。

関連するキーワード


プジョー 508 サルーン

関連する投稿


プジョーのSUV 3008最新情報 価格・スペック・燃費・新型情報ほか

プジョーのSUV 3008最新情報 価格・スペック・燃費・新型情報ほか

プジョーのSUV、3008。プジョーが発売しているSUVの中で、5008よりも小さく、2008よりも大きな中間に位置するSUVです。2009年以降、現在に至るまで発売されています。本記事では改めて、プジョー3008について見ていきたいと思います。


プジョーの7人乗りSUV 5008 最新情報 スペック 試乗記 燃費ほか

プジョーの7人乗りSUV 5008 最新情報 スペック 試乗記 燃費ほか

プジョーの5008は、プジョーのSUVラインナップの中で一番大きなサイズのSUVです。7人乗り3列シートを備えており、ボディサイズは全長4640×全幅1840(1860mm:GT)×全高1650mm。そんなプジョーの5008についてまとめています。


プジョーのハッチバック!208 スペック 試乗評価 気になる価格は?

プジョーのハッチバック!208 スペック 試乗評価 気になる価格は?

みなさんは、プジョーの208を知っていますか?208は、3ドア・または5ドアのハッチバックです。207の後継車で、プジョーラインナップの中で一番コンパクトサイズの車になります。手頃でキュートな208の魅力を改めて見ていきましょう。スペック 試乗評価 気になる価格についてもまとめています。


【2019年最新版】日本で今買える!プジョー現行モデル一覧

【2019年最新版】日本で今買える!プジョー現行モデル一覧

フランスのプジョー。みなさんは聞いたことがありますか?プジョーはSUVからハッチバックまであらゆる車種を扱っています。あまり知らないという人のために、今現在日本で購入できるプジョーの現行モデルをまとめてみました。


プジョーのコンパクトSUV 2008最新情報 価格・スペック・燃費・新型情報ほか

プジョーのコンパクトSUV 2008最新情報 価格・スペック・燃費・新型情報ほか

プジョーのコンパクトSUV、2008。プジョーが発売しているSUVの中で、一番小さなサイズのSUVです。2013年以降、現在に至るまで発売されています。本記事では改めて、プジョー2008について見ていきたいと思います。


最新の投稿


クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

世の中には、インジェクション攻撃、インジェクション成形、インジェクションステーキなど、インジェクションと名の付くものはたくさんありますが、ここで取り上げるインジェクションとはフューエルインジェクション(Fuel Injection System)。ガソリンエンジンの燃料噴射装置です。その仕組みと役割、歴史について説明しています。


【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

2月15日、ついに三菱のオールラウンドミニバン・デリカD:5が発売されました。新型デリカD:5は、フロントデザインコンセプトのダイナミックシールドを取り入れ、装いも新たに生まれ変わりました。いったいどのような姿に進化したのか?最新情報をお届けします。


車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

ターボ車に取り付けるターボタイマー。ターボ車に長く乗ってある人であれば役割や必要性について理解していると思いますが、これから初めてターボ車に乗る方やNA車(非ターボ車)に乗っている方にとっては、どのような役割なのかご存知でない方も多いもではないでしょうか?今回はターボタイマーの必要性から取り付け方や費用、使い方について紹介していきます。


ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレー初のSUV、それが『ベンテイガ』です。ベンテイガは2016年から発売されています。2000万円以上もする高級SUVのため、なかなか見る機会は少ないかもしれないこの一台。本記事ではベンテイガについてまとめています。


トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ自動車の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは2月13日に、新型『カローラ』(Toyota Corolla)シリーズの詳細を発表しました。日本で発売されたハッチバック(日本名:『カローラスポーツ』)だけでなく、ワゴン、4ドアセダンと、3種類のボディタイプが欧州では設定されるとのことです。