目次へ戻る

自動車税をクレジットカードで払ってポイントをお得に貯めよう!

自動車税をクレジットカードで払ってポイントをお得に貯めよう!

みなさん自動車税をクレジットカードで支払いができるのはご存知でしたか?決して安いとは言えない自動車税。どの道払うならクレジットカードカードで払ってポイントをためたほうがお得です。クレジットカードカードで支払いに対応している自治体と対応していない自治体がありますので、本記事ではクレジットカード対応の自治体の紹介とクレジットカード払いに対応していない自治体でクレジットカードで支払う裏ワザを紹介します。本記事にご覧になられている方々は自動車税の支払いを目的とされている方だと思いますので「自動車税とは何か」という説明については割愛します。


自動車税をクレジットカードで支払う方法

通常、クレジットカードで自動車税の支払いといえばインターネットからの支払いの事を指しますが、今回はクレジットカードを使ってコンビニエンスストアから自動車税を支払う方法を紹介します。

それぞれメリットやデメリット、注意が必要な点がありますので、しっかり確認しましょう。

最後にカーライフに最適なETCカードを無料で持つことができる、おすすめのクレジットカードも紹介します。

排気量別の自動車税額一覧

総務省のホームページより排気量別の自動車税額の一覧を引用しました。
ご自身の納税額がいくらぐらいになるのか確認してみましょう。

 
総務省 地方税法より抜粋 自動車税
排気量税額
1,000cc以下29,500円
1,001cc~1,500cc以下34,500円
1,501cc~2,000cc以下39,500円
2,001cc~2,500cc以下45,000円
2,501cc~3,000cc以下51,000円
3,001cc~3,500cc以下58,000円
3,501cc~4,000cc以下66,500円
4,001cc~4,500cc以下76,500円
4,501cc~6,000cc以下88,000円
6,001cc~111,000円

排気量が1,000cc以下でも29,500円と高額ですね。
どのみち支払うなら、しっかりクレジットカード支払いにしてポイントをためたいですね。
ではクレジットカードでインターネットとコンビニエンスストアで支払うを行う方法を紹介していきます。

インターネットを使っで支払う方法

自動車税をインターネットからクレジットカードで支払いを行うのに必要な書類や支払い方法を、ご紹介します。

冒頭でも触れましたが、通常コンビニエンスストアや金融機関などでは自動車税をクレジットカードで支払いを行うことができませんので注意が必要です。裏ワザとしてコンビニエンスストアでクレジットカードを使って支払いを行う方法は後ほどご紹介します。

支払い方法

1.必要書類の準備

まずは下記の二点を準備しましょう。

・自動車税の納税通知書
・クレジットカード

2.各自治体のサイトにアクセスして支払い実行

各自治体のサイトへのアクセスはインターネットで「○○市 インターネット 自動車税」などのキーワドで検索するとアクセス可能です。

自治体によっては検索結果にヒットしない場合もありますので、その場合はクレディセゾンさんの下記のサイトが全国の地図のイラストから都道府県別にアクセスできますので、こちらのサイトからアクセスするほうが確実で便利だと思います。

また、多くの自治体が「Yahoo!公金支払」を通じて支払いが可能となっていますが、Yahoo! JAPAN IDを取得しなくても支払いは可能です。
※表記は2018年になっていますが、リンク先は有効なようです。2019年に更新されたら改めてご案内します。

対象エリアをサイトで確認

注意点

手数料がかかる

インターネットを使った自動車税の支払いには各自治体で定めれた手数料がかかります。
ほとんどの自治体が300円(税別)に設定していることが多いです。クレジットカードのポイントを貯める事を目的としているのに手数料の方が高かったら本末転倒ですね。

手数料を払わずにクレジットカードのポイントを貯めるには後ほど紹介するコンビニエンスストア払いを選択しましょう。

証明書がすぐに受け取れない

自動車税をインターネットからクレジットカードで払うと、納税証明書をすぐに発行してもらうことが出来ません。自治体によっては、納税証明書を送付しない自治体もありますので、事前にしっかりチェックする必要があります。

インターネットからクレジットカードで自動車税を払った場合は、支払いが完了しないと納税証明書を発行することができません。そのため、自動車税を納付した直後に車検を受ける場合は、納税証明書をすぐにもらうことができないため、車検を受けることができないという可能性が出てきます。

メリット・デメリット

メリット

・24時間時間を選ばず支払いが可能
・コンビニや金融機関が近くにない場合、場所を選ばず自宅などから支払いが可能
・クレジットカードのポイントが貯まる

デメリット

・支払いをするのに手数料がかかる
・納税証明書がすぐにもらえない

コンビニエンスストアで間接的にクレジットカードを使って支払う方法

通常はコンビニエンスストアで自動車税を支払う場合は現金払いのみとされていて、クレジットカードで支払うことはできません。

今回は裏ワザとして電子マネーの「nanaco」にクレジットカードカードから入金して「nanaco」で支払いを行う方法を紹介します。この場合クレジットカードのポイントは「nanaco」に入金(チャージ)する際に貯まることになります。

支払い方法

1.準備するもの


・自動車税の納税通知書
・クレジットカード
・nanacoカード

2.コンビニエンスストアでの支払の流れ

nanacoを使って自動車税を支払うことができるのはセブンイレブンに限ります。
支払い方法は下記の流れで行います。

<支払いの流れ>
1.nanacoにクレジットカードからチャージ
2.nanacoを使ってセブンイレブンで支払い


注意点

nanacoカードを手に入れるには手数料が300円かかります。加盟店のキャンペーンを使って無料でnanacoカードを入手するか、無料で利用できるnanacoモバイルを使いましょう。
また、自動車税の納税通知書を持っていくのを忘れてしますと支払いが出来ませんのでその点にも注意が必要です。

メリット・デメリット

メリット

・手数料をかけずにポイントを貯めることができる

デメリット

・支払場所がセブンイレブンに限定されている
・nanacoにチャージするのでひと手間かかる

インターネットでのクレジットカード支払い対応の自治体と手数料一覧

自分の住んでいる自治体ががクレジットカード払いに対応しているのか、手数料がいくらかかるのか確認してみましょう。 都道府県別での手数料をまとめてみましたので参考にしてみてください。

北海道・東北

都道府県手数料
北海道300円(税別)
青森県300円(税別)
岩手県300円(税別)
宮城県300円(税別)
山形県300円(税別)
福島県300円(税別)

関東

都道府県手数料
茨城県300円(税別)
栃木県300円(税別)
群馬県納付金額が5,000円までは38円、以降は 5,000円ごとに78円、117円、157円、196円の手数料(税込)
埼玉県300円(税別)
千葉県300円(税別)
東京都10,000円まで73円、以降10,000円ごとに73円加算(税別)
神奈川県300円(税別)

信越・北陸

都道府県手数料
新潟県300円(税別)
富山県300円(税別)
福井県300円(税別)
長野県300円(税別)

東海

都道府県手数料
岐阜県300円(税別)
静岡県300円(税別)
愛知県10,000円ごとに73円(税別)
福井県300円(税別)

近畿

都道府県手数料
三重県400円(税別)
大阪府300円(税別)
奈良県300円(税別)
和歌山県300円(税別)
兵庫県300円(税別)

中国

都道府県手数料
鳥取県300円(税別)
島根県300円(税別)
岡山県300円(税別)
広島県300円(税別)
山口県300円(税別)

四国

都道府県手数料
香川県300円(税別)
愛媛県300円(税別)

九州・沖縄

都道府県手数料
福岡県300円(税別)
佐賀県300円(税別)
大分県300円(税別)
長崎県300円(税別)
熊本県納付金額が5,000円までは29円、以降は 5,000円ごとに70円、110円、151円、191円の手数料(税込)
宮崎県300円(税別)
鹿児島県300円(税別)
沖縄県沖縄県

未対応の自治体一覧

2018年時点では下記の自治体はインターネットからのクレジットカード払いが未対応です。

<未対応自治体一覧>
秋田県、山梨県、滋賀県、京都府、徳島県、高知県

自動車税支払い時期

自動車税の支払い時期はほとんどの自治体が5月1日~5月31日です。月末の30日、31日が土日祝の場合支払いをすることが出来ませんので注意が必要です。

2019年は5月1日(水曜日)~5月31日(金曜日)ですので、ギリギリ5月31日まで支払いが可能です。

払い忘れや、払い遅れが無いよに注意しましょう。余裕をもって早めに支払いをすることをおすすめします。

最適なおすすめのクレジットカード

セゾンカードインターナショナルカードがおすすめです。

おすすめの理由

・年会費無料
・ETCカードが無料で持つことができる
・ポイントに有効期限がない(永久不滅ポイント)
・「永久不滅ポイント」を「nanaco」に交換できる
・カードを利用するだけで「永久不滅ポイント」と「nanaco」の両方貯められる

「年会費無料」+「ETCカード無料」

セゾンカードインターナショナルは年会費無料です。もちろん2年目以降もずーと年会費は無料です。

自動車税を収めようとしている皆さんは、もちろん車を所有していることだと思います。
カーライフの必需品であるETCカードですが、セゾンカードインターナショナルを申し込むと無料でETCカードを発行することが可能です。

他社のクレジットカードだと発行費用が1,000円程度かかることが多く。無料でETCカードを持てることも見逃せないポイントです。

⇒次ページ ETCカードの利用で「nanaco」が貯まる??

関連するキーワード


維持費 保険・税金

関連する投稿


ディーゼル車のメリット・デメリット。維持費は安い?おすすめ車種は?

ディーゼル車のメリット・デメリット。維持費は安い?おすすめ車種は?

ガソリン車やHV車に負けることのない人気と魅力が多くあるディーゼル車。本記事では、ディーゼル車のメリット・デメリットや、維持費についての情報をまとめています。更に、今おすすめのディーゼル車も合わせて掲載しています。


車検切れ、保険切れで運転した際の罰則、罰金、交通違反点数まとめ

車検切れ、保険切れで運転した際の罰則、罰金、交通違反点数まとめ

車検切れや、自賠責保険が切れた状態で公道を走行するとどのような罰則、罰金、行政処分があるのでしょうか?本記事では無車検走行、無保険走行の交通違反点数、罰則と罰金、行政処分の内容についてご紹介します。


2017年4月から9年ぶりの値下げ!自賠責保険について

2017年4月から9年ぶりの値下げ!自賠責保険について

2017年4月1日から自賠責保険が値下がりになります。こちらの記事ではそもそも自賠責保険とはなんなのかや、値下がりに至った背景、自賠責保険と任意保険の違い、などをまとめています。


【期間延長!】エコカー減税を有効活用してお得に車を買おう!

【期間延長!】エコカー減税を有効活用してお得に車を買おう!

2017年3月までとされていたエコカー減税が期間延長の報道がありました。この記事ではいまさら聞きにくいエコカー減税とは何か、いつまでか、実際にどの程度の金額が減税になるのかをわかりやすくまとめています。


維持費・税金どちらがお得?軽自動車VSコンパクトカー徹底比較

維持費・税金どちらがお得?軽自動車VSコンパクトカー徹底比較

移動手段として便利なクルマですが、所有するだけでも、税金、ガソリン代や駐車場代などの「維持費」が多くかかります。こちらのまとめでは、クルマの維持費についてと節約術をまとめました。


最新の投稿


クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

世の中には、インジェクション攻撃、インジェクション成形、インジェクションステーキなど、インジェクションと名の付くものはたくさんありますが、ここで取り上げるインジェクションとはフューエルインジェクション(Fuel Injection System)。ガソリンエンジンの燃料噴射装置です。その仕組みと役割、歴史について説明しています。


【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

2月15日、ついに三菱のオールラウンドミニバン・デリカD:5が発売されました。新型デリカD:5は、フロントデザインコンセプトのダイナミックシールドを取り入れ、装いも新たに生まれ変わりました。いったいどのような姿に進化したのか?最新情報をお届けします。


車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

ターボ車に取り付けるターボタイマー。ターボ車に長く乗ってある人であれば役割や必要性について理解していると思いますが、これから初めてターボ車に乗る方やNA車(非ターボ車)に乗っている方にとっては、どのような役割なのかご存知でない方も多いもではないでしょうか?今回はターボタイマーの必要性から取り付け方や費用、使い方について紹介していきます。


ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレー初のSUV、それが『ベンテイガ』です。ベンテイガは2016年から発売されています。2000万円以上もする高級SUVのため、なかなか見る機会は少ないかもしれないこの一台。本記事ではベンテイガについてまとめています。


トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ自動車の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは2月13日に、新型『カローラ』(Toyota Corolla)シリーズの詳細を発表しました。日本で発売されたハッチバック(日本名:『カローラスポーツ』)だけでなく、ワゴン、4ドアセダンと、3種類のボディタイプが欧州では設定されるとのことです。