目次へ戻る

【今さら聞けない】3ナンバーと5ナンバー車の違いとは?基準・税金など

【今さら聞けない】3ナンバーと5ナンバー車の違いとは?基準・税金など

乗用車のナンバーの違いは色々ありますが、結局何が違うの?と疑問に思ったことはありませんか?例えば、『あの車は5ナンバーだから税金が安い』や『あの車は3ナンバーだから維持費が高い』などなど・・。今さら聞けない「3ナンバー」と「5ナンバー」の違いについて分かりやすくご紹介したいと思います。


「3ナンバー」と「5ナンバー」って?ナンバープレートのどこを指してる?

ナンバープレートの1行目には品川など登録名義人の本拠地を示す地名が記載されています。

この本拠地のすぐ右となりの数字が“3”なら『3ナンバー』で“5”なら『5ナンバー』の車となります。

「3ナンバー」と「5ナンバー」の違い 車の大きさと総排気量とで変わる!

3ナンバーと5ナンバーの違いは、ボディサイズや排気量になります。

「5ナンバー車」の基準

5ナンバー車は小型乗用車に分類されていて下記の基準を満たしている乗用車を指します。
排気量:2000cc以下
全長:4700mm以下
全幅:1700mm以下
全高:2000mm以下
車種を例にすると、トヨタのヴォクシーやホンダフィット、日産のステップワゴンなどです。

「3ナンバー車」の基準

3ナンバー車は普通乗用車に分類されていて、5ナンバーの項目を一項目でも上回ると3ナンバーの乗用車となります。

排気量:2001cc以上
全長:4701mm以上
全幅:1701mm以上
全高:2001mm以上

車種は、トヨタのアルファードやプリウス、クラウンなどがあげられます。

3ナンバーと5ナンバー車の維持費は違う?

『5ナンバーよりも3ナンバーの方が、排気量が多いから維持費が掛かる』と思われがちですが、実は、3ナンバーも5ナンバーも諸経費からくる明確な違いはありません。

例えば、同じ車種でナンバーが変わるだけであれば維持費は同じになります。

大きく自動車税といっても内訳は4つあり、排気量や車体の大きさによって金額が異なります。

自動車税:排気量500cc刻みで税額が変わる
自動車重量税:車両重量0.5t刻みで税額が変わる
自動車取得税:軽自動車or普通乗用車で税率が変わる
自賠責保険:軽自動車or普通乗用車で税率が変わる

 
総務省 地方税法より抜粋 自動車税
排気量税額
1,000cc以下29,500円
1,001cc~1,500cc以下34,500円
1,501cc~2,000cc以下39,500円
2,001cc~2,500cc以下45,000円
2,501cc~3,000cc以下51,000円
3,001cc~3,500cc以下58,000円
3,501cc~4,000cc以下66,500円
4,001cc~4,500cc以下76,500円
4,501cc~6,000cc以下88,000円
6,001cc~111,000円

3ナンバーの場合は排気量が2000cc以上なので一般的に自動車税が45,000円になると思われますが、実はそうでもありません。

3ナンバーと5ナンバーの違いは“車体サイズ”も関係しています。

そのため、排気量が2000cc以下でも、車体サイズがエアロなどが付いていて1701mm以上になった場合は、3ナンバーになります。

ですが、排気量は2000cc以下なので、税金は5ナンバーと同じ39,500円です。

また、重量税はその名の通り車の重さによって変わるため、車が重いほど重量税が高くなります。

 
国土交通省 自動車重量税・税率早見表より抜粋
車両重量エコカー減税対象車新車登録より12年以内新車登録より13年経過新車登録より18年経過
軽自動車5,000円6,600円7,800円8,800円
0.5t以下5,000円8,200円11,400円12,600円
~1t10,000円16,400円22,800円25,200円
~1.5t15,000円24,600円34,200円37,800円
~2t20,000円32,800円45,600円50,400円
~2.5t25,000円41,000円57,000円63,000円
~3t30,000円49,200円68,400円75,600円

重量税もナンバーによって変わるわけではなく、同じ重さであれば3ナンバーも5ナンバーも一緒になります。

多くの車は5ナンバーよりも3ナンバーの方が大きい車が多いので、3ナンバーの方が、重量税が高くなる傾向があります。

したがって、ナンバー違いでは重量税に代わりはないですが、3ナンバーの方が、重量税が高くなることが多いということになります。

このように、ナンバーと税金は必ずしも比例するわけではありません。
自動車税が決まるのは“排気量”と“重量”なので5ナンバーが必ず税金が安い!というのは厳密には間違いということになります。

排気量や重量が変わらないのであれば、3ナンバーも5ナンバーも税金は変わらないのです。

例えば、ミニバンとして人気があるヴォクシーでは、ヴォクシー煌(ZS)というというグレードだけ3ナンバー仕様になっています。

3ナンバーの理由は、全幅が1730mmで5ナンバーの規格から30mmオーバーしているからです。
ただし、排気量は2000cc以下なので自動車税は5ナンバーのヴォクシーと全く一緒になります。

ちなみに、昭和のころは排気量が2000ccでボディが大きいだけの3ナンバー車でも、自動車税が5ナンバーの倍額でした。

それが、平成元年に自動車税が排気量に応じて金額が変わるように法改正されて以降は、3ナンバーに対する敷居も低くなったといえます。

まとめ

3ナンバーと5ナンバーは車種が一緒でナンバーが変わるだけなら維持費・自動車税は同じということは頭に入れておきましょう。

自動車税が高くなるのは「排気量」と「車の重さ」になります。
排気量が2000ccを超えなければ、3ナンバーでも5ナンバーでも自動車税は変わりません。

ヴォクシーやセレナなど同じ車種でも3ナンバーと5ナンバーの違いはエアロパーツなどのサイズが違うということ。

車を購入する際は、この点を頭に入れて愛車を選ぶのも良いかもしれませんね!

関連するキーワード


ナンバープレート 豆知識

関連する投稿


【今さら聞けない】クリープ現象とは。速度はどのくらい?AT車だけ?

【今さら聞けない】クリープ現象とは。速度はどのくらい?AT車だけ?

運転免許証をもっている方なら必ず自動車教習所で習っている「クリープ現象」本記事では、クリープ現象について名前は知っているけれども、どういった仕組みで何のために起きているのか?などの疑問に詳しくご紹介したいと思います。


高知 須崎市のご当地ナンバープレート(原付)にしんじょう君が登場!

高知 須崎市のご当地ナンバープレート(原付)にしんじょう君が登場!

2018年10月1日、高知県須崎市の原付用ナンバープレートに同市のマスコットキャラクター「しんじょう君」がデザインされたナンバープレートが交付開始となりました。当記事にて詳細の情報をお届けいたします。


【話題】軽自動車の白ナンバー取得方法 一覧!料金・手続方法・デメリットは?

【話題】軽自動車の白ナンバー取得方法 一覧!料金・手続方法・デメリットは?

2017年4月1日、道路運送車両法施行規則等が一部改正され、図柄入りナンバーが導入されました。軽自動車も白ナンバーにできるということで話題になっているラグビーワールドカップ、東京オリンピックの図柄入りナンバー、地方版図柄入りナンバーについての概要から手続き方法や、料金、またメリット・デメリットに関してを紹介しています。


軽自動車の分類番号にナンバーにローマ字が採用か

軽自動車の分類番号にナンバーにローマ字が採用か

国土交通省は、今年8月上旬頃に軽自動車のナンバープレートの分類番号にローマ字を導入する予定です。本記事では今回の導入の背景についてご紹介します。


地方版図柄入りナンバー 勝手に選んだベスト10デザインを発表!

地方版図柄入りナンバー 勝手に選んだベスト10デザインを発表!

国土交通省が全国41地域に導入する地方版図柄入りナンバープレートのデザインを公表しました。各地域の魅力溢れる個性的なデザインのご当地ナンバーが目白押しとなっています。そんな41地域のデザインについて筆者個人の独断と偏見によりベスト10を選出してみました。


最新の投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

マツダが『MX-6』の名前を商標登録していたことが判明しました。これは、日本の特許庁の公式サイトから明らかになったものです。このMX-6とは、過去にマツダが発売していたクーぺ。これはいったい…?


トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

6月26日より発売されている、12年ぶりにハッチバックスタイルを復活させた、トヨタの新型車『カローラスポーツ』。本記事ではカローラスポーツの詳細情報をまとめています。価格・試乗記・スペックほか


【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

ロサンゼルスモーターショー2018にて、最後のビートルとなる、ザ・ビートル ファイナルエディションが公開されました。長年にわたり、多くの人に愛されてきたビートル。最新情報をまとめています。


【オートカラーアウォード2018】今年の受賞はホンダのN-VAN

【オートカラーアウォード2018】今年の受賞はホンダのN-VAN

日本流行色協会(JAFCA)が毎年、最も魅力的な車両のカラーデザインを選ぶ「オートカラーアウォード」。 2018年はホンダ『N-VAN』のカラーリングがグランプリに輝きました。またトヨタ『JPN TAXI』には特別賞が授与されています。