目次へ戻る

【保存版】いくつ知ってる?フェラーリの現行車種まとめ!

【保存版】いくつ知ってる?フェラーリの現行車種まとめ!

2019年3月現在、日本にて新車で購入できる、フェラーリの現行モデル一覧をまとめています。フェラーリが気になっている方必見です!


フェラーリの現行車種一覧

812スーパーファスト

812スーパーファスト

812スーパーファスト

 
【フェラーリ 812スーパーファスト】 スペック表
エンジン種類V型12気筒DOHC
最高出力(kW(PS)/rpm)588kW(800PS) /8500rpm
最大トルク(N・m/rpm)718N·m (73.2kgf·m) /7200rpm
駆動方式FR
トランスミッション7速DCT

フェラーリの812スーパーファスト。

F12ベルリネッタの大幅改良モデルです。

車名の由来は、800馬力の12気筒=812と、由緒あるクラシック・フェラーリの名称を組み合わせたもの。スーパーファストは、文字どおり“凄く速い”を意味しています。

フェラーリ史上最強のFRロードカーの名前として、まさしくこれ以上ない組み合わせと言えます。

排気量を6.3リットルから6.5リットルに拡大したV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンを、フロントミッドシップに搭載。最大出力800ps/8500rpm、最大トルク73.2kgm/7000rpmを引き出します。

0‐100km/h加速は2.9秒、最高速は340km/h以上と、世界屈指の性能を誇ります。

GTC4ルッソ

GTC4ルッソ

GTC4ルッソ

GTC4ルッソは『FF』(フェラーリ・フォー)の大幅改良モデルです。

FFに対して、内外装を一新。排気量6262ccの直噴V型12気筒ガソリン自然吸気エンジンは、再チューン。

最大出力は660psから690psへ30ps向上。最大トルクも69.6kgmから71.1kgmへ、1.5kgm高められています。

0-100km/h加速3.4秒、最高速335km/hの性能を誇ります。

GTC4ルッソは2017年に「最も美しいスーパーカー・オブ・ザ・イヤー」にも選ばれています。

 
【フェラーリ GTC4ルッソ】 スペック表
エンジン種類V型12気筒DOHC
最高出力(kW(PS)/rpm)507kW(690PS) /8000rpm
最大トルク(N・m/rpm)697N·m (71.1kgf·m) /5750rpm
駆動方式4WD
トランスミッション7速DCT

488GTB(⇒後継車 F8トリブート)・488スパイダー

488GTB

488GTB

フェラーリ『488 GTB』は、『458イタリア』の後継車にあたるフェラーリV8エンジンシリーズの最新モデルです。

新開発の3902ccV型8気筒ガソリンエンジンは、ターボにより加給。最高出力は492kW、最大トルクは760Nmを発揮し、0‐100km/h加速3秒、0‐200km/h加速8.3秒を叩き出します。

後継車は、ジュネーブモーターショー2019で公開されたF8トリブート。

フェラーリ F8トリブート

フェラーリは2月28日、スイスで3月5日に開幕するジュネーブモーターショー2019において、フェラーリ『F8トリブート』(Ferrari F8 Tributo)を初公開すると発表した。

F8トリブートは、『488GTB』の後継モデルだ。フェラーリ伝統の2シーターベルリネッタであり、F8トリブートのネーミングには、オリジナルモデルの妥協なきエンジンレイアウトと、パワーへのオマージュが込められている。

0~100km/h加速2.9秒、最高速340km/h

488 スパイダー

488 スパイダー

 
【フェラーリ 488スパイダー】 スペック表
エンジン種類水冷90度V型8気筒(DOHC) + ツインターボ
最高出力(kW(PS)/rpm)492kW(670PS) /8000rpm
最大トルク(N・m/rpm)760 /3000rpm
駆動方式後輪駆動
トランスミッション7速DCT

488ピスタ・488ピスタスパイダー

488ピスタ

488ピスタ

488ピスタ

488ピスタは、488シリーズの高性能版=スペシャルシリーズ、という位置づけ。

サーキット走行に重きをおいて開発されたがゆえ、徹底的な軽量化と、488GTE(耐久シリーズ用)や同チャレンジはもちろん、F1マシンからもヒントを得た、エアロダイナミクスやシャシーダイナミクス、パワートレーン技術を採りいれました。

盛り込まれたサーキット由来のテクノロジーは、質量ともに歴代スペシャルシリーズ最高、なんだとか。

ピスタ。イタリア語でサーキットの意だ。フェラーリがそんな名称を、たとえごく限られたカスタマー向けだったにせよ、外連味なくロードカーに付けたとしたならば、その意味するところは明らかだろう。乗る人すべてにサーキットでの一流パフォーマンスを。それが開発のメインコンセプトに他ならない。

488 ピスタ スパイダー

488 ピスタ スパイダー

488ピスタスパイダーは、フェラーリ『488スパイダー』の軽量高性能モデル。

ミッドシップに搭載されるのは、488スパイダー用がベースの3902ccV型8気筒ガソリンツインターボエンジン。

新設計のチタニウム製コンロッドをはじめ、カーボンファイバー製インテークプレナム採用などのチューニングが図られました。この結果、最大出力は720hp/8000rpm、最大トルクは78.5kgm/3000rpmを獲得。488スパイダー(最大出力670hp、最大トルク77.5kgm)に対して、パワーは50hp、トルクは1kgm強化されています。

 
【フェラーリ 488ピスタ・488ピスタスパイダー】 スペック表
エンジン種類V8ツインターボ
最高出力(kW(PS)/rpm)530kW(720PS) /8000rpm
最大トルク(N・m/rpm)770N・m/3000rpm
駆動方式MR
トランスミッション7速DCT

GTC4ルッソT

GTC4ルッソT

GTC4ルッソT

GTC4ルッソは、V型12気筒エンジンの『GTC4ルッソ』シリーズの追加モデルで、V型8気筒エンジンを搭載しています。

GTC4ルッソTのコンセプトについて、フェラーリ極東・中東エリア統括CEOのディーター・クネヒテル氏は、「週末のロングドライブだけではなく、日常のドライブにも適したスポーツ性と多用途性を備えたクルマだ」と話します。

そのユーザー層は、「30歳から40歳の若年層だ」とクネヒテル氏は語ります。

これらユーザーは、「これまでとは違うエレガントなクルマを求めているものの、四輪駆動は必要としておらず、毎日の通勤はもちろん、スポーツを楽しみにビーチへ行ったり、子供の学校への送迎、またパートナーと夕刻にドライブを楽しんだりするために乗りたいと思っている」と述べます。

つまり、「様々な使用条件に応える多彩な機能性が重要となり、これに応えるV8ターボエンジンは大きな魅力となるだろう」とのこと。

 
【フェラーリ GTC4ルッソT】 スペック表
エンジン種類V型8気筒DOHCツインターボ
最高出力(kW(PS)/rpm)449kW(610PS) /7500rpm
最大トルク(N・m/rpm)760N・m/3000-5250rpm
駆動方式FR
トランスミッション7速DCT

ポルトフィーノ

ポルトフィーノ

ポルトフィーノ

ポルトフィーノは、『カリフォルニアT』の後継モデルとして開発されました。

フェラーリ初の電動リトラクタブルハードトップ装備のオープンカー、カリフォルニアTの特徴を受け継ぎながら、電動リトラクタブルハードトップは完全新設計。

低速走行中でも、わずか14 秒で開閉可能になりました。

また、カリフォルニアTで21点の部品構成だったAピラーは、ポルトフィーノでは2点のコンポーネントで仕上げるなどして、車両全体では、カリフォルニアT比で80kgもの軽量化を果たしています。

 
【フェラーリ ポルトフィーノ】 スペック表
エンジン種類V型8気筒DOHCツインターボ
最高出力(kW(PS)/rpm)600PS/7500rpm
最大トルク(N・m/rpm)760N・m/3000-5250rpm
駆動方式FR
トランスミッション7速DCT

モンツァSP1・SP2

モンツァSP1

モンツァSP1

モンツァ SP2

モンツァ SP2

マラネロ本社のデザイン センターにて発表された、新シリーズIcona(イコーナ)のファーストモデル。それが「モンツァ SP1」「モンツァSP2」です。

新型モンツァ SP1はシングルシーターのロードカー。

そして新型モンツァ SP2は2シーターモデルになっています。

モンツァSP1 とSP2は合わせて限定500台の販売で、コレクターズアイテムとしてフェラーリが認める優良フェラーリオーナーにしか購入権利が与えられないんだとか。

モンツァSP1は、ステアリングホイールを握るドライバーに、独特のエクスペリエンスをもたらす妥協のないシングルシートロードカーとして設計。ウインドスクリーンもルーフも装備しない独特の車体構造のために、エアロダイナミクスは、既存のフェラーリとは異なるアプローチで開発。特許を取得した「バーチャルウインドシールド」によって、ドライバーは高速走行時にもドライビングに集中できるという。

 
【フェラーリ モンツァSP1・SP2】 スペック表
エンジン種類V型12気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)603(810PS)/8500rpm
最大トルク(N・m/rpm)710N・m(73.3kgf·m)/70000rpm

関連するキーワード


フェラーリ

関連する投稿


【488GTBの後継モデル】フェラーリ F8トリブート最新情報

【488GTBの後継モデル】フェラーリ F8トリブート最新情報

フェラーリの488GTBの後継車・F8トリブート。このF8トリブートがジュネーブモーターショー2019にて公開されました。F8トリブートのネーミングには、オリジナルモデルの妥協なきエンジンレイアウトと、パワーへのオマージュが込められています。


フェラーリの名車!ディーノ復活か?ディーノ最新情報まとめ

フェラーリの名車!ディーノ復活か?ディーノ最新情報まとめ

フェラーリの名車ともいわれるディーノが50年ぶりに復活する?というニュースが飛び込んできました。ディーノ新型になるのでは?と見られる車両はV6で2019年内に発表されるのではと言われています。最新情報はもちろん、改めてフェラーリのディーノについて見ていきましょう。


【ジュネーブモーターショー2019】488GTBの後継車!F8トリブート初公開

【ジュネーブモーターショー2019】488GTBの後継車!F8トリブート初公開

フェラーリは、スイスで3月5日に開幕するジュネーブモーターショー2019において、フェラーリ『F8トリブート』(Ferrari F8 Tributo)を初公開すると発表しました。F8トリブートは488GTBの後継モデルにあたります。いったいどんな性能なのでしょうか。


フェラーリ初のSUV プロサングエ最新情報!デザイン大予想

フェラーリ初のSUV プロサングエ最新情報!デザイン大予想

フェラーリが現在開発を進めていると噂される、同ブランド初のクロスオーバーSUV、『Purosangue』(プロサングエ)のテスト車両が目撃されています。それに伴って、兄弟サイトのSpyder7では予想CGを入手しました。本記事では発売が待たれるプロサングエの最新情報をお届けいたします。


700万円で買えるフェラーリって?!ハッチバック発売はある!?

700万円で買えるフェラーリって?!ハッチバック発売はある!?

フェラーリと言えば、何千万円~億とする、憧れのスーパーカーですね。そんなフェラーリが700万円で買える!?という噂を聞きつけました。フェラーリといえば中古市場でも値下がりすることはほとんどなく、むしろ新車より高くなったりもする車ですが、いったいどういうことなのでしょうか。


最新の投稿


トヨタのミニバン イプサム|燃費やスペック・サイズ、中古価格までを一覧で紹介

トヨタのミニバン イプサム|燃費やスペック・サイズ、中古価格までを一覧で紹介

トヨタの人気ミニバン「イプサム」の歴代モデルの性能や燃費・中古価格などをまとめていきます。「イプサム」に乗り換えを検討されている方は是非参考にしてください。


【気になっている人必見】トヨタのRAV4新型 試乗記まとめ

【気になっている人必見】トヨタのRAV4新型 試乗記まとめ

熱い視線が注がれているトヨタの新型RAV4。買うかどうか迷っている…。家族になんと説明しようか…。いや、でもなあ…。なんて頭を抱えてお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな悩めるあなたに、本記事ではRAV4新型の試乗記をまとめました。生のRAV4新型の試乗記を読んで、検討の材料にしてみてくださいね!


熊本を訪れたらぜひ立ち寄りたい道の駅10選

熊本を訪れたらぜひ立ち寄りたい道の駅10選

熊本県には道の駅が多数存在しており、地元の名物が買えたり人気のフードが食べられたりするところがあります。 そんな熊本ので人気のある道の駅を10選集めてみました。


【最新鋭の商用トラック】日野 プロフィア|価格・特徴を紹介

【最新鋭の商用トラック】日野 プロフィア|価格・特徴を紹介

約13年ぶりにモデルチェンジした日野の大型トラック「プロフィア」の最新装備や、価格から特徴とその魅力などについてご紹介していきます。


マクラーレン新型スーパーカーGTが登場!カシミア素材がオプションで追加!?

マクラーレン新型スーパーカーGTが登場!カシミア素材がオプションで追加!?

マクラーレンオートモーティブは5月15日、新型スーパーカーのマクラーレン『GT』(McLaren GT)を発表しました。4.0リットルV8ツインターボ搭載。0-100km/h加速3.2秒、最高速326km/hとのこと。気になる最新情報をまとめました。