目次へ戻る

日産のエルグランド|中古車を価格帯から見付けるポイント

日産のエルグランド|中古車を価格帯から見付けるポイント

1997年に登場して以来、家族乗りの定番として人気のエルグランド。ビッグマイナーチェンジで一時期はLクラスミニバンではトップクラスまで上り詰めました。中古車の価格というのは正直なもので、人気のあるグレードはそれなりの価格で出回っています。今回は、エルグランドの中古車をグレード別、年式別にみていきましょう。


エルグランドの中古車相場とグレード

これまでに2回のフルモデルチェンジをおこなっている日産のエルグランドですが、現在新車で売り出されている3代目後期型もアルファードなどのミニバンと並び、人気車種となっています。

しかし、中古車市場でもモデルとグレードが複雑に分かれていることから、モデルの選択に悩んでいる方もいらっしゃることでしょう。

それでは、自分に合ったエルグランドを手に入れたい方に現在の平均価格、平均走行距離、平均年式を紹介し、「価格が一番安いグレード」「エルグランドライダーハイパフォーマンススペック」「エルグランドVIP」に分けて、ご紹介しましょう。

エルグランド中古車全体の平均相場は以下のようになっています。
・平均価格:1,516,000円
・平均走行距離:67179.9㎞
・平均年式:平成21年(2009年)
2019年4月20日現在

エルグランドの価格が一番安いグレードは?

エルグランドの中で一番安いグレードは、250XGです。この250XGでしたら、最低限のオプションで購入するなら、新車でメーカー希望小売価格3,318,840円です(2019/4月20日現在)。中古車の価格帯ですと、87万円~245万円となっており、2年落ちの3万キロ走行の中古車ですと、およそ170万円となっています。

リセールバリューもハイウェイスターSクラスに次いで、値下がり率も低く、エルグランドの中でも、値下がりしにくいグレードとなっています。

しかし、一つ上のハイウェイスターSに比べると、装備が標準で付いてないこともあります。例えば、ヘッドランプですが、ハイウェイスターSがLEDヘッドランプとシグネチャーLEDポジションランプを採用しているのですが、250XGのヘッドランプはキセノンヘッドランプです。

他にも、XG250では16インチアルミホイールが装備されていますが、ハイウェイスターSでは18インチアルミホイールで切削加工が施された艶やかな表面となっています。

このため、足元もやや劣る見た目となってしまいます。

◎燃費、性能、詳細スペック
・エンジン型式:QR25DE
・最高出力:170ps(125kw)/5600rpm
・最大トルク:25.0kg・m(245N・m)/3900rpm
・種類:直列4気筒DOHC
・総排気量:2488cc
・内径×行程:89.0mm×100.0mm
・圧縮比:9.6
・過給機:なし
・燃料供給装置:ニッサンEGI(ECCS)電子制御燃料噴射装置
・燃料タンク容量:73リットル
・使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

◎足回り系
・ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
・サスペンション形式(前):独立懸架ストラット式
・サスペンション形式(後):独立懸架マルチリンク式
・ブレーキ形式(前):ベンチレーテッドディスク
・ブレーキ形式(後):ベンチレーテッドディスク
・タイヤサイズ(前):215/65R16 98S
・タイヤサイズ(後):215/65R16 98S
・最小回転半径:5.4m

◎駆動系
・駆動方式:FF
・トランスミッション:CVT
・LSD:標準

エルグランドの特別仕様! ライダーハイパフォーマンススペック

エルグランドの特別仕様車的な位置づけにあるカスタムモデル「ライダー」シリーズ。
2007年に登場したライダーハイパフォーマンススペックをご紹介しましょう。

ハイパフォーマンススペックは、徹底的に走りにこだわったエルグランドで、専用エンジンが採用されていることに強いこだわりを感じます。

なんといっても300馬力を実現したモンスターエンジンは、乗るものを圧倒させるほどのパワーを持ち合わせています。重量のある車体でも走りを追求したい方にはお勧めのモデルとなっています。

中古車の価格帯ですと、453万円~242万円となっており、5年落ちの1.2万キロ走行の中古車ですと、およそ392万円となっています。

◎燃費、性能、詳細スペック
・エンジン型式:QR35DE
・最高出力:280ps(206kw)/6400rpm
・最大トルク:35.1kg・m(344N・m)/4400rpm
・種類:直列6気筒DOHC
・総排気量:3498cc
・内径×行程:95.5mm×84.1mm
・圧縮比:10.3
・過給機:なし
・燃料供給装置:ニッサンEGI(ECCS)電子制御燃料噴射装置
・燃料タンク容量:73リットル
・使用燃料:無鉛プレミアムガソリン

◎足回り系
・ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
・サスペンション形式(前):独立懸架ストラット式
・サスペンション形式(後):独立懸架マルチリンク式
・ブレーキ形式(前):ベンチレーテッドディスク
・ブレーキ形式(後):ベンチレーテッドディスク
・タイヤサイズ(前):225/55R18 98V
・タイヤサイズ(後):225/55R18 98V
・最小回転半径:5.7m

◎駆動系
・駆動方式:FF
・トランスミッション:CVT
・LSD:標準

エルグランドVIP

エルグランドの価格は350ハイウェイスタープレミアムアーバンクロムの5,650,560円がベーシックでは高値となるのですが、さらに上をいくのがオーテックの手掛ける「VIPパワーシートパッケージ」です。新車価格7,873,200円となり、その乗り心地はドライバーだけではなく、後部座席だからこそのゴージャス感もあります。

外観の違いは専用ステップ程度ですが、VIPだけに設定された特別塗装色や追加仕様もあります。VIP仕様は以下のようになります。

・4人乗り仕様
・フロアカーペット
・読書灯
・後席用100V電源
・ハンガーフック
・アシストストラップ
・キャビネット
・本革シート(ホワイト・ギャザー付き専用色)ブラック・ギャザー付きも選択可
・助手席ドア・オートスライドドア連動ステップ
・VIPエンブレム
・コンフォートタイヤ(ブリヂストン REGNO)
・ツインサンルーフ

そのようなVIPの中古車価格帯はどのようになっているのでしょうか。中古車の価格帯ですと、461万円~230万円となっており、5年落ちの8万キロ走行の中古車ですと、およそ403万円となっています。このようにみると、新車価格は高いのですが、リセールバリューからすると値下がり率が高いように思えます。

◎燃費、性能、詳細スペック
・エンジン型式:VQ35DE
・最高出力:280ps(206kw)/6400rpm
・最大トルク:35.1kg・m(344N・m)/4400rpm
・種類:V型6気筒DOHC
・総排気量:3498cc
・内径×行程:95.5mm×84.1mm
・圧縮比:10.3
・過給機:なし
・燃料供給装置:ニッサンEGI(ECCS)電子制御燃料噴射装置
・燃料タンク容量:73リットル
・使用燃料:無鉛プレミアムガソリン

◎足回り系
・ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
・サスペンション形式(前):独立懸架ストラット式
・サスペンション形式(後):独立懸架マルチリンク式
・ブレーキ形式(前):ベンチレーテッドディスク
・ブレーキ形式(後):ベンチレーテッドディスク
・タイヤサイズ(前):225/55R18 98V
・タイヤサイズ(後):225/55R18 98V
・最小回転半径:5.7m

◎駆動系
・駆動方式:FF
・トランスミッション:CVT(無段変速車)
・LSD:標準

エルグランドE51の情報と中古車を買う時の注意点

エルグランドE51の前期型R51は、2002年5月から2004年8月まで販売されていました。特徴としては、フェンダーに装着されたウィンカー、リアウィンカーがクリアレンズである点などがあげられます。

2004年8月から2007年10月まで販売されていたのが中期型です。前期型からの主な変更点としてはドアミラーウィンカー、一体型になったヘッドライトとグリル、ブレーキランプ点灯箇所の違いなどがあげられます。

2007年10月から2010年8月まで販売されていたのが後期型です。主な変更点はメーターの配色、2段グリルなどの採用です。

そのようなE51の中古車を購入しようと検討されている方に、注意したいポイントがあります。それは、異音やハンドルのブレが発生するということです。その原因はハブベアリングでE51系エルグランドでは、ハブベアリングに水やホコリなどが入り込みやすいという点です。

ハブベアリングの交換には、片側で5万円ほどの修理費用が出てしまいますので、E51を購入する際には、試乗をしてみることをお勧めします。

エルグランドE52の情報と中古車を買う時の注意点

2010年8月から2014年1月まで販売されていたのが前期型です。350ハイウェイスタープレミアム、350/250ハイウェイスター、250XG、ライダーの4つのグレードが登場することになります。

2014年1月にマイナーチェンジが発表され、E51型エルグランドは後期型へと変貌をとげます。主な変更点は、フロントグリルの大型化、シグネチャーLEDポジションランプとヘッドライト、新デザインのクリアテールランプの採用などがあげられます。

そのようなL52の中古車を購入しようと検討されている方に、注意したいポイントがあります。それは、ブレーキフルードの漏れです。H26年10月~H29年2月の期間に生産されたE52は、ブレーキペダルの先にあるブレーキマスターシリンダーのピストン部分のシール形状が不適切なことから、シールがめくれてしまってブレーキ液が漏れる可能性があるのです。

その結果として、ブレーキの効きが悪くなって制動距離が伸びる危険性がありリコールの対象となっています。

改善措置としては、マスターシリンダーを対策品に交換する必要があるので、購入を検討されている方は、そのような情報をヒヤリングして改善措置を受けたか確認することが必要です。

北海道(寒冷地)では4WD(四駆)で活躍

エルグランドが搭載する4WDシステムの「ALL MODE4×4」は、アクセルを踏むのと同時に、各種センサーの情報から、4WDコンピューターが走行状態を瞬時に判断します。それにより、雪道や凍結路面において、前輪が滑り出す瞬間に先回りして後輪へ適切なトルクを伝達。

滑りやすい路面でも滑らかなコーナリングラインが可能となることで、雪道でも走行の安定性を実現し、安全な運転にも効果が期待できるのです。

また、悪路にも強いこともあり、大きなボディの重量級ミニバンだからこそ、4WDが必要なのです。

エルグランドを中古車地域別に調査

ここからは、エルグランドの中古車情報になります。日産のクオリティショップとして、登録されている中古車販売店の価格を、インターネットで検索されている上位地域別に調査して、年式の新しい順で1位にある車両を紹介していきます。 (2019年4月現在)

北海道編

・エルグランド3500CC 350ハイウェイスタープレミアム
・年式:2017年
・走行距離:7,183㎞
・排気量:3500㏄
・販売価格:408.0万円
・エンジン種別:ガソリン
・駆動方式:4WD
・ミッション:CVT
・乗車定員:7名

大阪編

・エルグランド3500CC 350ハイウェイスタージェットブラックアーバンクロム
・年式:2018年
・走行距離:1.1万㎞
・排気量:3500㏄
・販売価格:414.0万円
・エンジン種別:ガソリン
・駆動方式:F/F
・ミッション:CVT
・乗車定員:7名

福岡編

・エルグランド2500CC 250ハイウェイスターS アーバンクロム
・年式:2018年
・走行距離:2,426万㎞
・排気量:2500㏄
・販売価格:359.0万円
・エンジン種別:ガソリン
・駆動方式:F/F
・ミッション:CVT
・乗車定員:7名

神奈川編

・エルグランド3500CC HS-ジェットブラックアーバンクロム
・年式:2018年
・走行距離:504㎞
・排気量:3500㏄
・販売価格:388.0万円
・エンジン種別:ガソリン
・駆動方式:F/F
・ミッション:CVT
・乗車定員:7名

熊本編

・エルグランド2500CC 250ハイウェイスターアンシャンテステップタイプ
・年式:2014年
・走行距離:7.5㎞
・排気量:2500㏄
・販売価格:209.0万円
・エンジン種別:ガソリン
・駆動方式:F/F
・ミッション:CVT
・乗車定員:7名

まとめ

今回は、エルグランドの中古車情報をまとめてみました。トヨタのミニバン・アルファードやヴェルファイアに比べると、少々、背が低く控えめに感じてしまうところもありますが、落ち着きのあるミニバンLクラスとして、室内空間の快適性は十分楽しめる車でしょう。

エルグランドの中古車を選ぶなら、種類が多いことから、装備・内装・走行機能をなど、ご自身のカーライフには一番何が重要かと、優先順位を付けると選びやすいかもしれません。

関連する投稿


日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

7月16日に新型スカイラインが発表されました。今回はこのビッグマイナーチェンジがなされた新型スカイラインについて、エンジンスペックやその他の各種スペック、グレードラインアップならびに価格、そして話題を担っている先進安全技術について紹介します。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


【7月16日発表】日産 スカイライン 新型 最新情報 発売日 価格

【7月16日発表】日産 スカイライン 新型 最新情報 発売日 価格

7月16日、日本国内でも発表された日産『スカイライン』改良新型は、プロパイロット2.0を搭載した3.5リットルV6ハイブリッドエンジン(VQ35HR)そして、3.0リットルV6ツインターボエンジン(VR30DDTT)を搭載した2モデルがベースとなるということで注目を集めています。価格、発売日など最新情報をまとめています。


日産のクロスオーバーSUVジューク新型 発売は9月3日

日産のクロスオーバーSUVジューク新型 発売は9月3日

日産のクロスオーバーSUV、ジューク新型が9月3日にデビューすることが決まりました。まだ全容は公開されてはいませんが、ジューク新型のヘッドライト画像が2枚公開されています。本記事ではジューク新型の最新情報についてご紹介いたします。


2019夏!軽トールワゴン買うならどれ? デイズ VS ムーヴ VS ワゴンR そして新型N-WGN

2019夏!軽トールワゴン買うならどれ? デイズ VS ムーヴ VS ワゴンR そして新型N-WGN

軽自動車のジャンルでは、現在ではN-BOXを始めとするより背が高くてスライドドアを装備するハイトワゴンがブームとなっています。しかし、日産が新型デイズを発表したこと、またホンダがこの夏に発売する新型N-WGNの情報を公開したことで、今、にわかにトールワゴンに注目が集まっています。そこで、今回は新型デイズを中心に、日産、ダイハツ、スズキの軽トールワゴンの「良いとこ」をご紹介します。新型N-WGNの情報もありますよ!


最新の投稿


【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

ホンダの大人気軽ハイトワゴン、N-WGN(エヌワゴン)N-WGNカスタム、がフルモデルチェンジして発売されます。発売日8月9日。価格はN-WGNが127万4400円から163万1880円、N-WGNカスタムが151万2000円から179万3880円。本記事ではN-WGN新型の最新情報をまとめています。


日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

7月16日に新型スカイラインが発表されました。今回はこのビッグマイナーチェンジがなされた新型スカイラインについて、エンジンスペックやその他の各種スペック、グレードラインアップならびに価格、そして話題を担っている先進安全技術について紹介します。


マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダのデミオ改良新型が9月に登場します。デミオは名前を世界統一名に変更し、デミオ改め「マツダ2」となります。新車価格は154万4400円から。気になる最新情報をまとめています。


スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキの「イグニス」はクロスオーバーSUV型のコンパクトカーです。本記事では性能スペックや中古価格や評判、燃費についてまとめていきます。SUV車の購入を検討している方は是非参考にしてください。


デ・トマソ パンテーラ 概要や歴史・各モデル|燃費・中古価格・評価

デ・トマソ パンテーラ 概要や歴史・各モデル|燃費・中古価格・評価

スポーツカーで有名な「デ・トマソ パンテーラ」の歴史や各モデルの特徴や紹介、そして燃費や中古価格、評価などをまとめてみました。憧れのクルマに関心のある方は是非ご覧ください。