トップへ戻る

ジープ グランドチェロキー┃中古価格から評価・口コミ、スペック等 一覧

ジープ グランドチェロキー┃中古価格から評価・口コミ、スペック等 一覧

4WDブランドの代名詞とも言えるジープの最上位SUVであるジープ グランドチェロキーの燃費や性能に関してご紹介していきます。 これから車の購入を検討している方は是非参考にしてください。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ジープ グランドチェロキーについて

ジープ グランドチェロキー

ジープ グランドチェロキー

日本におけるジープのSUVは4モデルあり、ラインナップでも特に小柄なボディを持つSUVの「レネゲート」、チェロキーからデザインを洗練させ、シャープな印象に仕上げた街乗りサイズの「コンパス」、個性的なフロントグリルを持つ、ジープのフラッグシップモデルとも呼べる「チェロキー」、「グランド」と名がついている通り、チェロキーをひと回りサイズアップしたモデルの「グランドチェロキー」の4種です。

※情報は2020年3月現在のものです

その中でも1993年に発売が開始されたのがグランドチェロキーですが、Jeepでは初めてとなるオンロード性能が謳われたモデルです。今でも日本で走行している車両もあり人気のあるモデルとなっています。

グランドチェロキーはグレードの取り扱いが幅広く、Laredo・Limited・Summit・SRT8・TRACKHAWKなどがあり、それぞれ内装デザインも様々です。

ジープ グランドチェロキーの燃費、基本スペック一覧

グランドチェロキーの中でもSRT8モデルは最上級クラスに位置します。

SRT8は、車のパフォーマンス向上を目的としてクライスラー社が立ち上げた「ストリート・アンド・レーシング・テクノロジー」プロジェクトの中心となるフラッグシップモデルとなっている車です。

エンジンは、V型8気筒6.4Lが搭載されており、最高出力は468ps、最大トルクは63.6kgmと驚異的なパワフルさを誇ります。

【SRT8詳細】
大きさ(全長×全幅×全高):4,850×1,985×1,800mm
重量:2,380kg
燃費(JC08モード):5.5km/L
ホイールベース:2,915mm
エンジン:V型8気筒OHV
最高出力:468ps
最大トルク:63.6kgm
※情報は2019年5月現在のものです

ジープ グランドチェロキーのインテリアとエクステリア

新型ジープ・グランドチェロキーのベースモデルとなるLaredoの内装はファブリックシート、Limitedはレザーシート、SRT8とTRACKHAWKにはそれぞれのロゴが入った専用レザーシートが設定されています。
ちなみに、Summitはプレミアムナチューラプラスレザーシートが標準装備となっているのですが、メーカーオプションによってラグーナレザーパッケージを装備することも可能です。背もたれ部分には「SUMMIT」のロゴ入りとなっています。

快適性に優れたラグーナレザーパッケージは、白をベースとした品のあるデザインです。シートだけではなく、ドアパネル・センターコンソールにもレザーを贅沢に使用しているので、非常にラグジュアリーなインテリア設計となっています。加えて、ナチュラルな本木目のインパネとなっているので、より上質な内装空間を演出しています。
運転席と助手席にはシートヒーターやベンチレーションが完備されており、後部座席にもヒーターが用意されています。運転席と助手席で異なる温度に設定できるデュアルゾーン温度調整機能付きのオートエアコンも搭載されている形となっています。

ジープ グランドチェロキーVSトヨタ ランドクルーザープラド性能や内装比較

トヨタ ランドクルーザープラド

トヨタ ランドクルーザープラド

ジープ グランドチェロキー

ジープ グランドチェロキー

室内の広さ

ジープ グランドチェロキー

ジープ グランドチェロキー

トヨタ ランドクルーザープラド TZ-G

トヨタ ランドクルーザープラド TZ-G

グランドチェロキー
 室内長/室内幅/室内高:1,800mm×1,525mm×1,200mm。
ランドクルーザープラド
 室内長/室内幅/室内高:1,825mm×1,565mm×1,240mm。

室内の広さに関してはランドクルーザープラドに若干軍配があります。ただグランドチェロキーも十分な大きさを確保しているので、不便な思いをすることはほとんどありません。

運転席の居住性

ジープ グランドチェロキー

ジープ グランドチェロキー

トヨタ ランドクルーザープラド TZ-G

トヨタ ランドクルーザープラド TZ-G

ラグジュアリーSUVと称しているグランドチェロキーは、高級車の必須装備とも言えるパワーシートを搭載しています。一方のランドクルーザープラドではTXではオプション、手動調整が標準装備となっています。
もしも、シートの微調整が苦手な方の場合はパワーシートがおすすめです。

快適装備

グランドチェロキー、ランドクルーザープラドのどちらも現在では主流となっているツーゾーンのオートエアコンが装備されています。このエアコンの特長は、運転席と助手席が独立して温度を設定できるという点にあります。同じ空間にいながらにして自分に合わせて温度を変更できるのはとても便利な機能です。

また、インパネの配置ですが、両モデルともにセンターディスプレイの下にエアコン操作ボタンが設置されています。ディスプレイはナビ機能だけでなく、様々な設定を行うことができ、その恩恵でインパネ周辺はボタンが密集せず比較的シンプルなデザインです。

上記のようにどちらもラグジュアリーな空間を演出しつつ、満足のいく装備となっていますので嗜好に沿った車を選ぶとよいでしょう。

ジープ グランドチェロキーの評価・口コミ

好みはあるでしょうが、個人的には「とにかくカッコいい!」と思える現行唯一の車でした。エクステリアもインテリアも日本車には無い何とも言えない味わいがあります。収納場所が少ないことが日本車よりも劣る点でしょうが、それ以外は大満足!アメ車よりも欧州車に近い乗り味です。今後トラブルは無いとは言えないけど、大切に可愛がっていきます!

ジープ グランドチェロキーの新車価格・中古価格

グランドチェロキーの新車価格は524万円(Laredo)〜1356万円(TRACKHAWK)となっています。

中古での購入となった場合には、5年落ち以内なら200万円〜400万円程度での販売で、10年落ちまで見れば150万円程度からでも購入が検討出来ます。

※情報は2020年3月更新

限定仕様の充実装備「Sモデル」も発売

2019年1月12日から120台限定で『グランドチェロキー』の限定車「Sモデル」を発売しました。
モデル名にある「S」は、グランドチェロキーシリーズの上級モデルである「Summit(サミット)」と、高性能モデル「SRT8」の頭文字に由来しています。特徴的な両モデルのデザイン要素を採り入れるだけではなく、充実した装備を兼ね備えた限定モデルとなっています。

2020年3月現在は発売されていません。

フロントフェイスには、サミットの特徴である3分割タイプのロアグリルや、アクセント付きのフォグライトベゼルを備えたボディ同色フロントバンパーを採用しています。

20インチアルミホイールや、ナッパレザーとスエードを組み合わせた上質なシート、レザー仕立てのインストルメントパネルおよびレザードアパネル、レザーセンターアームレスト、ブラックウッドを用いたインテリアアクセントなど、プレミアムな雰囲気を演出しています。

ボディカラーは「ダイアモンドブラッククリスタルP/C」、「ブライトホワイトC/C」、通常はSRT8専用色となる「ヴェルヴェットmレッドP/C」の3色を設定。

充実した装備でありながら、価格はリミテッドに対して10万円高の620万円に抑えての展開となっています。

まとめ

常に時代の先端を駆け抜けてきている「グランドチェロキー」。

そのと存在感と走破性から人気の車となっています。
一度、乗ってみたらその特別感に一生魅了されてしまうかもしれない素敵な車でしょう。

関連するキーワード


ジープ 車種情報 SUV

関連する投稿


【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

マセラティという自動車ブランドをご存じでしょうか?イタリアの高級スポーツカーメーカーです。このマセラティが、SUVを発売し、大きな人気を得ています。今回は、マセラティの歴史と、そこから生まれたSUVレヴァンテについて解説します。


【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

SUVの人気は、とどまることを知らない状況。その需要を反映してか、発表される多くの新型車が、SUVタイプのクルマになっています。では、どうしてそれほどSUVは人気を博しているのでしょうか?今回は、SUVの歴史と、おすすめのSUVを紹介しています。


ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

欧州でのSUVブームから、日本でも大型のSUVが人気となり街中でも見かけるようになりました。少し大きすぎるという方にはコンパクトSUVがおすすめです。今回紹介するスズキ クロスビーはちょうどいいサイズのコンパクトSUVで、その魅力を他のメーカーと比較しながらご紹介します。


普段使いからレジャーまで幅広く楽しめるマツダ CX-30を徹底解剖!

普段使いからレジャーまで幅広く楽しめるマツダ CX-30を徹底解剖!

ミドルサイズのSUVとして高い人気を誇る、マツダのCX-30の特徴や魅力などを紹介します。特に、このモデルの目玉であるスタイルの良さやスカイアクティブエンジンなどを中心に解説します。さらに、価格や同じくマツダの人気SUVのCX-8との比較なども行います。


【新型車情報】新型エクリプスクロスが大人気! 走りとカッコ良さを解説!

【新型車情報】新型エクリプスクロスが大人気! 走りとカッコ良さを解説!

2020年12月に大幅改良を発表し、同日より発売された三菱のコンパクトSUV「新型エクリプスクロス」が大人気で、評価も非常に高くなっています。今回はそんな新型エクリプスクロスの人気の理由とスペック、そして中古車相場をご紹介します。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。