目次へ戻る

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


クラウンアスリートハイブリッドとは?

トヨタクラウンはトヨタ自動車の、そして日本の自動車業界の代表格とも言える車です。長い歴史の中で進化を重ね、日本の高級車の代名詞にもなっています。

1955年に日本発の高級車として登場したトヨタクラウンは、”いつかはクラウン”というキャッチコピーに象徴される様に、いつの時代も庶民の憧れでした。

しかし、時代とともにユーザー層は高齢化し、いつしかトヨタクラウンは中高年層しか乗らない車になっていたのも事実です。

この事態を深刻なものとして受け止めたトヨタ自動車は、クラウンに新たなモデルを設定します。それが、クラウンアスリートです。

若者を取り込もうと、スポーティーな走りを約束する280馬力/38.5㎏トルクの2.5リットルターボエンジンを搭載。ディスチャージヘッドランプを装備するなど、クランロイヤルとは違う味付けがなされています。

ユーザー層の若返りを目指して造られたクラウンアスリートですが、現在ではクラウンロイヤル以上に売れています。

正にクラウンシリーズの顔であり、トヨタ自動車の顔となっているのです。そしてそのクラウンアスリートのハイブリッドモデルがクラウンアスリートハイブリッドです。

クラウンアスリートハイブリッドの歴史

クラウンシリーズに、ハイブリッドモデルが登場したのは、比較的最近なので、2019年現在その歴史はまだ11年程しかありません。

初代クラウンハイブリッドは、ZEROクラウンの次の世代のクラウンとして登場した13代目クラウンをベースにして、2008年5月に発売されました。

とは言え搭載されるハイブリッドシステムは、レクサスGS450hで使われていた物なので、性能は折り紙付きで、まさに満を持してクラウンに搭載されたという印象を受けました。

伝統を重んじる保守的なイメージの強いクラウンですが、ハイブリッドシステム搭載のクラウンはセールスも好調で、市場にすんなりと受け入れられた感があります。2代目トヨタクラウンハイブリッドは、14代目クラウンをベースに2012年12月に登場しました。

スポーティーさが売りのクラウンアスリートですが、ハイブリッドモデルは、ガソリンエンジンのみ搭載のモデルを上回る人気で、セールス面でも主力となりました。

なお、外観上の特徴としては、フロントバンパーに大きく切り込んだイナズマ型のフロントグリルが印象的な2012年登場の二代目クラウンアスリートハイブリッド。

後ろから見ると、リアバンパーの下にマフラー開口部が隠れています。一見、排気の出ない電気自動車にも見えます。クラウンのシンボルである王冠マークが青いのも特徴の一つです。

ハイブリッドモデルは、ロイヤルシリーズとアスリートシリーズの両方にラインナップされています。JC08モードでの燃費は23.2km/Lと、先代から大幅に向上しましています。

クラウンアスリートハイブリッドのスペック情報

クラウンアスリートハイブリッドの基本スペックは下記の通りです。


ボディタイプ セダン
乗員定員5名
駆動方式
FR
ボディサイズ全長 4895mm, 全幅 1800mm, 全高 1460mm
タイヤサイズ(前)215/60R16 95H
(後)215/60R16 95H
エンジンタイプ
2AR-FSE 直列4気筒DOHC+モーター
排気量
2493cc
最高出力178ps(131kW)/6000rpm
最大トルク22.5kg・m(221N・m)/4200~4800rpm
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
JC08モード燃費
23.2km/リットル
車両重量1630kg

新車価格

クラウンアスリートハイブリッドは、2012年から2018年まで製造されました。現在、新車での販売は既に終了しています。

中古車価格

クラウンアスリートハイブリッドの中古車価格帯は148万円~460万円です。

カーセンサー調べ(2019年7月現在)

クラウンアスリートハイブリッドの維持費はどのくらい?

環境にもお財布にも優しいイメージのハイブリッド車ですが、クラウンアスリートハイブリッドの場合はどうなのでしょう。計算してみました。

・自動車税:(2000cc~2500cc) 45,000円
・自動車重量税:(1640~1680kg)16,400円
・車検代金:(1年あたり)    22,500円
・印紙代:(1年あたり)      900円
・自賠責保険:(1年あたり)  13,040円

合計97,840円

※この他にガソリン代・タイヤ・オイル・バッテリーなどの交換が最低限必要になります。
※年齢・等級によって料金が多き菊代わる為、任意保険料は含めていません。別途掛かります。
※なお、重量税は初年度登録から13年を超えると重くなりますのでご注意ください。
※車検代金はショップによって異なります。ここでは仮に45,000円として計算しています。

クラウンアスリートハイブリッド 0-100km/h加速

クラウンアスリートハイブリッドに搭載されるエンジンは、先代のV型6気筒、3リットルエンジンから、直列4気筒、2.5Lリットルエンジンへ変更されています。

これは世界的な小排気量化(ダウンサイジング)の流れを受けての事ですが、その走りは決して侮れません。いや、むしろ十分「速い」と言えます。なにせ発進から100km/hまでの加速が6秒代なのですから。

クラウンアスリートハイブリッドのカスタム

クラウンアスリートハイブリッドのカスタムは、やはり高級車だけあって、ローダウン&エアロパーツのVIPカースタイルが多い様です。

社外品のエアロパーツも多数発売されています。また、20インチ、21インチ径のホイールへ換装している個体も多く見られます。

いずれにしても、下品な感じにならず、高級感を上手く生かして個性を出しているユーザーが多い様です。

まとめ

クラウンアスリートの系譜が2018年で費えてしまっている為、クラウンアスリートハイブリッドは一代限りで終わってしまいましたが、中古車市場にはまだまだ多くの上質なクラウンアスリートハイブリッドが流通しています。

いつの日か、クラウンアスリート&クラウンアスリートハイブリッドが復活する日まで、これらの個体を大切に乗って行きたいですね。

関連するキーワード


トヨタ 車種情報 クラウン

関連する投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【8月更新】


【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

自動車業界の中で1、2を争う人気のミニバンですが、今では使い勝手の良いファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、一般社団法人日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表している月別統計データをもとに、2019年上半期(1月から6月)のミニバン販売台数トップ9を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか、ランキング形式でお送りします。【8月15日更新】


トヨタ マークX モデル別 中古車価格まとめ

トヨタ マークX モデル別 中古車価格まとめ

トヨタのマークXといえば、高級セダンの人気が落ちた時代であっても、多くの人に愛されてきた人気のある車といってもいいでしょう。新車でマークXを購入することが難しい方でも、マークXの所有を検討できるように初代~2代目までのモデルをまとめたので、一緒に見ていきましょう。


【2019年復活】トヨタ 新型RAV4 デザインや価格、仕様はどうなる!?

【2019年復活】トヨタ 新型RAV4 デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタの世界戦略車の一つ、クロスオーバーSUVのRAV4が2019年4月に日本復活すると公式サイトより発表がありました。新型RAV4の予想されるデザインや、スペック、価格などについて掲載しています。【8月14日更新】


トヨタ RAV4(ラヴフォー)新型 評価・価格・中古車価格・燃費ほか最新情報

トヨタ RAV4(ラヴフォー)新型 評価・価格・中古車価格・燃費ほか最新情報

2019年4月10日より発売されたトヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。本記事ではトヨタのRAV4新型に関する最新情報をまとめてご紹介します。日本での発売日はいつ?デザインはどうなる?価格はいくらくらい?エンジンは?RAV4新型の情報を渇望している貴方にこの記事を贈ります!【8月14日更新】


最新の投稿


100万円以下で購入できる!スバルの中古車 5選

100万円以下で購入できる!スバルの中古車 5選

スバルは国内だけではなく、海外でも人気があります。今回はスバルの歴史とともに100万円以下で購入できるスバルの中古車情報についてみていきましょう。


30万円以下で購入できる!ダイハツ軽自動車の中古車 5選

30万円以下で購入できる!ダイハツ軽自動車の中古車 5選

ダイハツといえば軽自動車、という想像がつくと思います。そして実はダイハツはトヨタの傘下という状況があります。今回はそのことについてと、中古車情報についてを紹介します。


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【8月更新】


【2019年度版】女性に人気!おすすめのカワイイ軽自動車10選!

【2019年度版】女性に人気!おすすめのカワイイ軽自動車10選!

今や女性に大人気の軽自動車。見た目がかわいい車種から、燃費性能が高く使い勝手も良い子育てに頑張るママさんに人気の車種など様々あります。やはりどうせ乗るならウキウキするような車がいいですよね??そんな女性に人気の軽自動車を10台Pick UPしましたので、軽自動車の購入をお考えの方は是非参考にしてみてください!


【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

自動車業界の中で1、2を争う人気のミニバンですが、今では使い勝手の良いファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、一般社団法人日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表している月別統計データをもとに、2019年上半期(1月から6月)のミニバン販売台数トップ9を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか、ランキング形式でお送りします。【8月15日更新】