目次へ戻る

ルノー キャプチャー 新型 PHV初設定!蓄電容量は?

ルノー キャプチャー 新型 PHV初設定!蓄電容量は?

ルノーは7月3日、新型『キャプチャー』(Renault CAPTUR)を欧州で発表しました。 今回、PHVが初設定となります。ルノーのキャプチャー新型の最新情報をまとめています。


ルノー キャプチャー 新型 PHV初設定!蓄電容量は?

ルノー キャプチャー 新型

ルノー キャプチャー 新型

ルノーは7月3日、新型『キャプチャー』(Renault CAPTUR)を欧州で発表しました。
今回、PHVが初設定となります。ルノーのキャプチャー新型の最新情報をまとめています。

ルノーのキャプチャーはコンパクトクロスオーバー車

キャプチャーとは、ルノーのコンパクトクロスオーバー車です。

初代キャプチャーは2013年3月、スイスで開催されたジュネーブモーターショー2013で初公開されました。

ボディサイズは、全長が4120mm。欧州仕様に用意される1.6リットル直列4気筒ディーゼル「dCi」ユニットは、CO2排出量96g/kmと、優れた環境性能を実現しています。

ルノーのキャプチャー

ルノーのキャプチャー

今回、キャプチャーが初代のデビューから6年が経過し、モデルチェンジを行います。初代は累計120万台を販売し、欧州小型SUVセグメントのベストセラー車に。新型は、2世代目モデルになります。

ルノー日産三菱の「CMF-B」プラットフォームを採用

新型キャプチャーは、ルノー日産三菱アライアンスが開発した新しい「CMF-B」プラットフォームを、新型『クリオ』(日本名:『ルーテシア』に相当)に続いて採用します。

ルノーの最新のデザイン言語も導入。

ボディサイズは、初代に対して110mm長くなりました。

より高い位置に置かれたウエストラインが、SUVらしさを強調しています。

また、フロントとリアには、スキッドプレートを装着。ホイールアーチエクステンションも装備されます。

PHVのEVモードは最大45km

ルノーキャプチャー新型のインテリア画像

ルノーキャプチャー新型のインテリア画像

また、キャプチャーの新型には、ルノーグループが新開発したプラグインハイブリッド(PHV)技術、「E-TECH」を設定します。

E-TECHは、ルノーのエンジニアリングによって開発され、特許を取得しており、ルノー日産三菱アライアンスで、構造部品を共用しました。

システムは、新世代の1.6リットル直列4気筒ガソリンエンジンに2つの電気モーター、マルチモードギアボックス、蓄電容量9.8kWhのバッテリーを組み合わせています。

ルノーキャプチャー新型 PHV 優れた燃費

ルノーのE-TECHは、クラス最高レベルのレスポンス、優れた燃費、減速時の素早いバッテリー充電などにより、最大限の効率を追求します。

発進時は、モーターで始動。ブレーキペダルを操作せず、アクセルペダルだけで加減速できる強力な回生ブレーキを採用します。EVモードでは、最大45kmのゼロエミッション走行が可能。

EVモードの最高速は135km/hとしました。このE-TECH搭載車は2020年、欧州で発売される予定です。

関連する投稿


ルノー クロスオーバーSUV キャプチャー┃スペックや燃費、限定車の紹介等一覧

ルノー クロスオーバーSUV キャプチャー┃スペックや燃費、限定車の紹介等一覧

「キャプチャー」という言葉の原義は、捕まえる、捕らえる、分捕るだそうです。こんな、含みのある言葉を車名に付けるなんて「やっぱりフランスの人はエスプリが効いているなぁ」と感心している方もいるかもしれませんね。今回はそんなルノー キャプチャーの魅力を紹介していきます。


ルノーのMPVカングー フルモデルチェンジ!次期型はEV・PHEVも!?

ルノーのMPVカングー フルモデルチェンジ!次期型はEV・PHEVも!?

ルノーのMPV、カングーが13年ぶりにフルモデルチェンジします。 本記事では、カングー新型の最新情報と最新画像をまとめています。


日本で買えるフランス車メーカー 一覧|代表車種と合わせて紹介!

日本で買えるフランス車メーカー 一覧|代表車種と合わせて紹介!

こちらの記事では、日本国内で購入が可能なフランス車のメーカーをそれぞれのメーカー毎の代表車種と合わせて特徴などを合わせて紹介しています。シトロエンやルノー車などのデザインが気になっているという方は是非チェックしてみてください。


【ジュネーブモーターショー2019】ルノークリオ新型にR.S.ライン登場!

【ジュネーブモーターショー2019】ルノークリオ新型にR.S.ライン登場!

ルノーはジュネーブモーターショー2019において、新型『クリオ』(Renault Clio。日本名:『ルーテシア』に相当)にスポーティーな「R.S.(ルノースポール)ライン」を設定すると発表しています。


フランスの人気車「ルーテシア」とはどんな車?2019年に新型も

フランスの人気車「ルーテシア」とはどんな車?2019年に新型も

ルノーの人気コンパクトカーであるルーテシアは、本国であるフランスでも多数売れているモデルです。ヨーロッパで売れに売れているルーテシアですが、日本ではそれほど一般的ではないとも言えるかもしれません。フランスだけでなく、ヨーロッパで人気のルーテシアとはどのような車でしょうか?新型モデルの情報もありますので、今後注目のモデルの概要を解説していきましょう。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。