目次へ戻る

トヨタのミニバン 新型ヴォクシー┃スペックや特徴、走行性能や燃費など

トヨタのミニバン 新型ヴォクシー┃スペックや特徴、走行性能や燃費など

トヨタのミニバン「ヴォクシー」。販売されて19年経過する中で、根強い人気を獲得することができたヴォクシーは、男女問わず評判のいい車です。「ファミリカー」や「カスタムカー」としてユーザーによって全く違う雰囲気を出すことができ、今後も注目され続けそうです。今回の記事では、新型ヴォクシーの歴史や特徴、中古車価格などについて紹介します。(※2019年8月現在の情報です)

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ミニバンブームの火付け役と言われたトヨタ「ヴォクシー」とは

トヨタ ヴォクシーハイブリッドV

トヨタ ヴォクシーハイブリッドV

トヨタ自動車が販売しているミニバン型乗用車ヴォクシー(VOXY)は、トヨタの人気車種です。
ヴォクシーには姉妹車があり、ノアとエスクアィアという車種です。

2004年にマイナーチェンジで、5人乗りグレードが導入され2007年にはフルモデルチェンジが行われ、従来の5ナンバー車と追加でスポーティなモデル「Z/ZS」が登場し3ナンバーが新たに登場しました。

2014年に登場した3代目モデルが、現在のモデルになりフルモデルチェンジによりハイブリッド仕様とガソリン仕様の2つから選択できるようになりました。

2017年にはミニバン新車販売台数第1位になり大きな話題になりました。

2018年に衝突回避支援パッケージの名称が「Toyota Safety Sense」に変更され2019年には、一部の安全装備が追加されています。

また、一度無くなった5人乗り仕様が再度復活しています。

新型ヴォクシーは、20代から30代の若年齢から高い支持がある

日本国内で人気のある車は断トツ「ミニバン」です。ミニバンの中でもトヨタヴォクシーが、販売当初から今まで他のメーカーに負けず人気を独占している状態です。
人気な理由は、「5ナンバー、3ナンバー」、「使い勝手の良さ」、「優れた走行性能」などがあげられます。

新型ヴォクシーは、ハイブリッド仕様が追加され従来より燃費性能が向上され、他のミニバンと比較すれば車体価格が安くて年間の維持費や税金なども抑えることができます。
ファミリカーで支持されているトヨタのヴォクシーは、カスタムカーとしても人気があります。

新型ヴォクシーの特別仕様車「煌II」は人気モデル

トヨタ ヴォクシー ZS 煌Ⅱ

トヨタ ヴォクシー ZS 煌Ⅱ

乗車定員    5人乗り/7人乗り/8人乗り
駆動方式    2WD(前輪駆動方式)/4WD(4駆動方式)
排気量     1.797cc/1.986cc
寸法     全長4,710-4,695mm×全幅1,735-1,695mm×全高1,825-1,870mm
室内     室内長2.930mm×室内幅1,540mm×室内高1,400mm
JC08モード  14.8km/L~23.8km/L
新車価格 2,886,840円~3,380,400円
※2019年4月 TOYOTA VOXYカタログより参照

ヴォクシーの特別仕様車「煌Ⅱ」は、専用エアロパーツや2列目の左右のドアにワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドアなど使い勝手が配慮されています。エクステリアのデザインに、室内の快適性が充実しているなどの魅力が沢山あります。

新型ヴォクシー スペック一覧

乗車定員    7人乗り/8人乗り
ナンバー    3ナンバー/5ナンバー
駆動方式    2WD(前輪駆動方式)/4WD(4駆動方式)
排気量     1.797cc/1.986cc
寸法     全長4,710-4,695mm×全幅1,735-1,695mm×全高1,825-1,870mm
室内     室内長2.930mm×室内幅1,540mm×室内高1,400mm
JC08モード  15.0km/L~23.8km/L
新車価格 2,509,920円~3,286,440円
※2019年4月 TOYOTA VOXYカタログより参照

新型ヴォクシー 維持費や燃費は

日本国内でのトヨタ自動車の登録者は50%以上を達成している状況です。圧倒的なシェアで、コンパクト・ミニバン・SUV ・クーペ・セダンの沢山ある車種の中でもミニバンの販売が大きな割合を占めています。

高級車の「アルファード」に「ヴェルファイア」や、ボディサイズがコンパクトなラグジュアリータイプ「エスクァイア」 、そして「ノア」「ヴォクシー」とミニバンでも多くのラインナップがあります。

5種類のモデルから選ぶ事ができる中で、「ヴォクシー」がどのモデルより選ばれ続けています。
年間の維持費は、安くすることができて燃費は10.0km/L以下を下回ることなく、工夫一つで向上することもできます。

新型ヴォクシー 一年間の維持費は

新型ヴォクシー 年間の維持費一覧
排気量 2,000cc
・自動車税  39,500円
・重量税   10,000円
・自賠責   39,120円(3年)
・任意保険  5,000~1,3000円(年齢/条件で異なる)
・車検代金  50,000円
・ガソリン代 96,000円
・オイル交換や消耗品  15,000円
(2019年8月現在の情報を参照)

新型ヴォクシーの年間の維持費は、ミニバンの中でも安く抑えることができます。
しかし、オイル交換やタイヤ代金に一時的なメンテナンス費用が必要になると多めに準備する必要があります。
新車時は、メンテナンスや交換が必要な消耗品が無いのでお金はかかりませんが年数が経てば経つほど維持費はかかります。

新型ヴォクシー 燃費

新型ヴォクシーの実燃費は、郊外でカタログ値の16km/Lは季節によって左右されますが近い燃費を求めることが可能になっています。 

アイドリングストップ機能を上手に使い、燃費向上を試している。初代ヴォクシーの実燃費は、5.6km/Lとかなり燃費が悪い状況でしたが今回の新型ヴォクシーは期待ができます。

新型ヴォクシーの、実際の燃費は10km/L以上は求めることが可能と言われています。他のミニバンと比べても5ナンバーサイズのヴォクシーは燃費がいいのは一目瞭然のようです。

トヨタ 新型ヴォクシーの中古車価格と新車価格

[新型ヴォクシー] 
型式 DAA-ZWR80W-BPXSB(BPXSP)/DBA-ZRR85W-BPXSP
新車価格    2,509,920円~3,286,440円
新車価格    2,886,840円~3,380,400円(煌Ⅱ)
中古車価格   約900,000円~4,300,000円

※特別仕様車も含む 
※自動車情報サイトResponse中古車情報より(2019年8月現在)

型式 DBA-ZRR80W-VLJBXSB(GR)
新車価格    3,246,480円/3,314,520円
中古車価格   約2,000,000円~3,200,000円
※自動車情報サイトResponse中古車情報より(2019年8月現在)

日本国内でのミニバン販売数NO.1のトヨタヴォクシーの中古車台数は多いです。台数が多いので車の状態も差が出ているので購入する前に、現車を確認することをおすすめします。

まとめ

海岸沿いに停車するトヨタ ヴォクシーハイブリッドZS

トヨタ ヴォクシーハイブリッドZS

新型ヴォクシーは、安全装備に走行性能や十分な室内空間が確保されています。長距離運転でもドライバーが疲れにくいように工夫され、運転が苦手な人でも問題なく運転にチャレンジすることができるなど魅力が沢山ある車です。ネッツ店のみの販売のみに限られますが、販売店に行けば必ず展示車や試乗車が置いてあるので一度見に行ってみてはいかがでしょう。

関連する投稿


トヨタのTjクルーザーとは?発売日・価格・特徴・最新情報

トヨタのTjクルーザーとは?発売日・価格・特徴・最新情報

トヨタの新たなSUVと言われているTj(ティージェイ)クルーザー。Tjクルーザー、特に注目したい点がスライドドア付きSUVという点。今回はこのTjクルーザーというトヨタの新たなコンセプトカーがどういう車なのか?そもそも発売はあるのか?価格・発売日・スペック他気になる最新情報をまとめて紹介します。


【最新情報】トヨタ 新型ヤリスクロス|内装・スペック・口コミ

【最新情報】トヨタ 新型ヤリスクロス|内装・スペック・口コミ

トヨタは2020年4月23日にオンライン上にて「ヤリスクロス」を初公開しました。そして7月中旬より先行予約が開始されるとの情報も。 新型コンパクトSUV市場はまたまた混戦の予感さえしています。「ヤリスクロス」とはどのようなクルマなのでしょうか。コンパクトSUV「ヤリスクロス」を徹底調査してお届けしていきます。


トヨタ コンパクトSUVカローラクロスをタイで初公開!日本発売はある?

トヨタ コンパクトSUVカローラクロスをタイで初公開!日本発売はある?

トヨタのカローラシリーズはその時代のニーズにマッチしながら常に進化を遂げてきました。そんな中、トヨタは世界的なSUVブームに合わせて、カローラシリーズにコンパクトSUV「カローラクロス」を設定しタイで初公開しました。カローラクロスは日本で発売はされるのか?気になる情報をまとめてお伝えします。


トヨタ MIRAI(ミライ)初フルモデルチェンジ 発売は2020年秋?最新情報

トヨタ MIRAI(ミライ)初フルモデルチェンジ 発売は2020年秋?最新情報

トヨタの燃料電池車、MIRAI(ミライ)が今秋にフルモデルチェンジを控えていると言われています。MIRAI(ミライ)にとっては初のフルモデルチェンジということで、航続距離のアップや、価格などが気になりますね。本記事ではそんなトヨタのMIRAI(ミライ)最新情報についてまとめています。


今、中古車が熱い!トヨタのおすすめ中古車5選

今、中古車が熱い!トヨタのおすすめ中古車5選

2019年度の新車販売台数累計を見ても、上位の多くを占めるトヨタ車は、中古車市場においても高い人気を誇ります。その中でも特に人気の高いおすすめしたい車種の中古車を(前モデルも含めて)ご紹介します。


最新の投稿


トヨタのTjクルーザーとは?発売日・価格・特徴・最新情報

トヨタのTjクルーザーとは?発売日・価格・特徴・最新情報

トヨタの新たなSUVと言われているTj(ティージェイ)クルーザー。Tjクルーザー、特に注目したい点がスライドドア付きSUVという点。今回はこのTjクルーザーというトヨタの新たなコンセプトカーがどういう車なのか?そもそも発売はあるのか?価格・発売日・スペック他気になる最新情報をまとめて紹介します。


【2020年お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

【2020年お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

2020年のお盆休み期間中の高速道路の渋滞予測から、最も渋滞が予測されるピーク日をまとめています。今年は新型コロナウィルスの影響で、例年にも増してどうなるかわからない状況です。そんなお盆休みの渋滞予測に関する情報を随時更新していきます。


【被害多発】リレーアタックとは?対策法を紹介!

【被害多発】リレーアタックとは?対策法を紹介!

最近、被害の増えている自動車盗難の新たな手口、「リレーアタック」。従来の自動車盗難とは違い、現場に痕跡が残りにくいのも特徴の1つです。今回は、リレーアタックの手口と、対策についても詳しくお伝えします。


オービスの仕組みを知ろう!速度や罰金なども詳しく解説

オービスの仕組みを知ろう!速度や罰金なども詳しく解説

高速道路などにある「オービス」というものをご存知でしょうか?ついつい気が緩んでしまい速度が上がってしまって、ピカッと光られてしまった。そんなことがないように、今回はこのオービスのシステムについて詳しく解説します。


【2020年最新】日産のSUV一覧!新型情報もご紹介

【2020年最新】日産のSUV一覧!新型情報もご紹介

日産にはコンパクトSUVから本格的SUV までラインナップされています。人気があるSUVですが、「日産のSUVにはどんな特徴があるのか」と迷う方もいるかもしれません。e-POWERやプロパイロットなど魅力的な機能を備えた日産のSUVをまとめてご紹介します!