目次へ戻る

燃費だって悪くない?!おすすめSUV厳選5選

燃費だって悪くない?!おすすめSUV厳選5選

今回は燃費が気になる貴方におすすめのSUVの紹介です。筆者が必要と感じたチェックポイントを基準に、国産・輸入車の現行SUVラインアップから5車種をピックアップしました。SUVの購入を検討している方におすすめの内容です。燃費の良いSUVはいったいどのクルマ?


目次

【燃費の良いSUV】紹介にあたってチェックしたポイント

燃費性能

燃費性能は車の性能を語る上で欠かすことのできない要素の1つです。特に日常生活で発生する燃料費が少なければ良いに越したことはありませんから、車にかかる費用を少しでも抑えたい場合には要チェック項目となります。タンク容量も関係しますが、燃費性能が優れていれば給油回数削減にも繋がるので良いです。

使用燃料

使用燃料によって燃料費は大きく変化します。ガソリン車とハイオク車であれば、燃料費の安いガソリン車を選ぶことで車にかかる費用を抑えることが可能です。最近ではハイブリッド車や電気自動車も増えてきましたので、燃料にかかるコストを考えることもコスト削減の1つの方法と言えるでしょう。

車両価格

レクサスLX

レクサスLX

SUVと言ってもメーカーや車種の立ち位置によって様々です。国産メーカーなら200万円代のモデルや500万円、高級メーカーなら1,000万円以上の価格となっている車種もあるほど(例えばレクサスLX)。

エンジン・足回り

車の走行性能に大きく影響するエンジンと足回りのスペックはSUVにおいて大切な要素であり、さらに言えば車選び全般の要重要基本事項と言えるでしょう。スペックといえば最高出力やトルクですが、エンジン形式ごとの特性にこだわることも大切です。足回りの形式を知ることでその車の方向性を推測することもできます。

デザイン

デザインも大切です。車は数百万円単位のものであり、次々と買い替える人もたくさんいるわけではありませんから、飽きのこない・気に入ったデザインとなっている車を選ぶことは最重要事項と言うことができます。少し変わった車やおしゃれな車に乗りたいとなると、国産車だけでなく輸入車に目を向けることにもなるということです。

おすすめのSUVその1:スズキ ハスラー

スズキ ハスラー

スズキ ハスラー

スズキの軽SUV

おすすめ1台目はスズキ ハスラーです。軽自動車を語らせたら右に出るものはいないと言っても過言ではないスズキから販売されているSUVタイプの軽自動車になります。

価格も求めやすく、燃費性能も良い

最安値のグレードとなっているAグレードなら1,100,520円、最高値となっているJターボ 4WD CVTグレードなら1,748,520円です。安い小型乗用車よりも高いグレードがある一方で、110万円台のグレードもあるなど、価格帯の広い車種と言えるでしょう。

注目すべきは燃費性能です。JC08モード測定で、32km/Lの燃費性能を誇るグレードが用意されています(ハイブリッドシステム搭載車)。燃費性能が低いグレードでも24.2km/Lです。カタログ上の数値としては、軽自動車・普通車問わずに高い性能を備えていると言えるでしょう。

ポップなデザインも印象的

ハスラーのポップなデザインも印象的です。遊び心溢れるデザインで、カラーバリエーションも豊富、男女関係なく受け入れやすく、アウトドアのような各種アクティビティでも馴染んでくれることでしょう。

NAエンジン車とターボエンジン車を用意

エンジンはNA(Natural Aspiration、自然吸気)エンジンとターボエンジンの2つが用意されています。

どちらもエンジンもR06A型で、NAエンジンのスペックは最高出力38kW(52PS)/6,500rpmに最大トルク63N・m(6.4kgf)/4,000rpm、ターボエンジンのスペックは最高出力47kW(64PS)/6,000rpmに最大トルク95N・m(9.7kgf)/3,000rpmです。当然ですがターボ車のほうがスペックは高いです。

おすすめSUVその2:ホンダ ヴェゼル

ホンダのヴェゼル2020年モデル

ホンダのヴェゼル2020年モデル

ホンダの人気SUV

おすすめSUV2台目はホンダ ヴェゼルです。ホンダのSUVラインアップはヴェゼルを含んで2車種のみとなっていて、その中でも手の届きやすい価格帯となっているのがヴェゼルになります。

全グレードが200万円台の価格帯となっている

ヴェゼルをおすすめする理由の1つが比較的手の届きやすい価格帯となっている点です。ベースグレードに該当するG・ホンダセンシンググレードおん車両価格が2,075,000円で最安値、ツーリング・ホンダセンシング FFグレードが2,903,040円で最高値となっていて、価格帯は広いとしても絶対的な価格帯は購入を踏み切りやすい部類に含まれていると言えるでしょう。

デザインはスタイリッシュで高評価

筆者の主観ですが、ヴェゼルのデザインはスタイリッシュでお洒落です。SUVのデザインとクーペのデザインを融合させているようで、それゆえに少し印象の違うSUVとなっているのでしょう。

エンジンは2種類

ハイブリッド車とガソリン車が用意されていることもあってエンジンは2種類用意されています。ハイブリッド車に搭載されるLEB型エンジンとガソリン車に搭載されるL15Bエンジンで、どちらも排気量1.5L、燃料は無鉛レギュラーガソリンです。

LEB型エンジンは水冷直列4気筒DOHCエンジンで、最高出力97kW(132PS)/6,600rpmに最大トルク156N・m(15.9kgf)/4,600rpmのスペックとなっています。

L15Bエンジンは同じく水冷直列4気筒DOHCエンジンで、最高出力96kW(131PS)/6,600rpmに最大トルク155N・m(15.8kgf)/4,600rpmのスペックとなっています。

エンジンだけ見ると、ハイブリッド車に搭載されているエンジンのほうがスペックは高いです。

燃費性能は悪くない

JC08モード測定で、ガソリン車の燃費性能は17.6km~21.2km/L、ハイブリッド車の燃費性能は21.6km~27.0km/Lとなっています。ハイブリッドモデルの燃費は高い部類に属していますが、ガソリン車の場合は特別高いというわけでもないです。

フロントサスは独立懸架、リアは車軸懸架

足回りを見てみると、フロントサスペンションは独立懸架式サスペンションであるマクファーソン・ストラット式が、リアサスペンションには車軸懸架式が採用されています。4WD車では車軸式は車軸式でもド・ディオン式です。

オススメSUVその3:三菱 RVR

三菱RVR

三菱RVR

実用性に優れたSUV

おすすめSUV3台目は三菱 RVRです。SUVラインアップが豊富な三菱自動車から販売されている車で、三菱自動車らしい車となっています。

価格帯は200万円台

価格帯は200万円台です。最安値のMグレード 2WDモデルで2,104,920円、最高値のGグレード 4WDで2,541,240円となっています。数あるSUVの中ではどちらのグレードもお求めやすい価格帯です。

見た目はシンプル・無骨でグッド

デザインに関してはいたってシンプルな見た目となっています。さらに言えば無骨な感じで、存在感も示しているような印象です。シンプルで無骨なところはSUVの真骨頂と表現しても過言ではなく、グッドと言えるでしょう。

エンジンはSOHCエンジン1種類のみ

RVRに搭載されているエンジンは型式4J10 MIVECとなっています。

詳細を紹介しますと、排気量18L SOHC 16バルブ 4気筒エンジン、最高出力102kW(139PS)/6,000rpmに最大トルク172N・m(17.5kgf)/4,200rpm、使用燃料が無鉛レギュラーガソリン、タンク容量は2WDが63Lで4WDが60L、といった感じです。

燃費性能は低い部類

燃費性能はJC08モードにて測定されています。2WDモデルが15.4km/Lで、4WDモデルが14.4km~14.8km/Lです。これまで紹介したSUVと比較しても分かる通り、燃費性能に特別優れているというわけでもなく、どちらかというと低い部類です。

サスペンションは前後ともに独立懸架式、しかもリアはマルチリンク

RVRの魅力の1つであるのが採用されているサスペンションの形式と言えるでしょう。前後ともに独立懸架式サスペンションとなっています。

フロントサスは定番のマクファーソン・ストラット式で、リアがなんとマルチリンクです。マルチリンクは高級車にも採用実績の多いサスペンション形式になります。リアが車軸式のサスよりもリアの乗り心地の高さが期待できます。

おすすめSUVその4:トヨタ ハリアー

トヨタ ハリアー

トヨタ ハリアー

程よいラグジュアリー感のあるSUV

おすすめSUV4台目はトヨタ ハリアーです。程よいラグジュアリー感が印象的な車となっています。トヨタが積極的に進めているスポーツ系のGRグレードが用意されている点もポイントです。

外観は存在感と上品な雰囲気を備えていて、余裕を持って座ることができるようなシートの設計など、ゆったりとドライブを楽しみたい方であれば十分満足することができるものとなっています。

200~400万円代で価格帯は高め

最安値のエレガンスグレード(ガソリン車)で2,949,480円、最高値のプログレス メタルアンドレザーパッケージ(ハイブリッド車) で4,953,960円です。国産SUVとしてはかなり高めの価格帯となっていることがわかります。

ガソリン車・ターボ車・ハイブリッド車をラインアップ

関連するキーワード


SUV

関連する投稿


マツダの人気SUV CX-5 中古価格まとめ

マツダの人気SUV CX-5 中古価格まとめ

マツダの人気SUV、CX-5は、今のマツダ車に共通するデザインコンセプト「魂動-SOUL of MOTION」を採用した最初の車種です。登場からまだ8年目ですが、すでに一度フルモデルチェンジを行っていて現行モデルは2代目に当たります。今回はマツダCX-5の中古車情報をお伝えします。


【2020年最新版】マツダが発売中の現行車種一覧

【2020年最新版】マツダが発売中の現行車種一覧

あなたの好きなマツダ車は何ですか?本記事では、新車で購入できるマツダの現行車種をボディタイプ別にご紹介しています。CX-30、マツダ3、そしてロードスターなど(SUV、セダン、ミニバン、軽自動車)マツダの車種情報、燃費や価格情報などをまとめています。マツダが気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。


マツダのコンパクトクロスオーバーSUV CX-3  中古車価格まとめ

マツダのコンパクトクロスオーバーSUV CX-3 中古車価格まとめ

マツダ CX-3は、機動性に富んだコンパクトクロスオーバーSUVです。2015年に発売されて以来、人気のSUVです。本記事では、改めてCX-3について見ていくほか、気になる中古車情報についてもまとめています。(※情報は2019年11月現在のものです)


ホンダの人気コンパクトSUV ヴェゼル  中古車価格まとめ

ホンダの人気コンパクトSUV ヴェゼル 中古車価格まとめ

ホンダ ヴェゼルは、ホンダの人気コンパクトSUVです。クーペのようなスタイリングがカッコ良く、2013年に登場して以来、今でも人気のクルマです。本記事ではヴェゼルがどういう車なのかに触れつつ、中古車情報をまとめています。(※情報は2019年11月現在のものです)


ダイハツ ロッキー 日本に最適サイズのコンパクトSUV!最新情報

ダイハツ ロッキー 日本に最適サイズのコンパクトSUV!最新情報

ダイハツよりロッキーが発売されました。ロッキーは日本に最適といえるコンパクトSUVです。同時にトヨタからも「ライズ」が発売され、ますます国内SUVの競争も激化されそうな予感です。今回は、ダイハツ「ロッキー」にスポットをあてて、気になるコンパクトSUVの内容についてまとめていきます。特に女性にもおすすめなSUV、ロッキーとは、いったいどんなコンパクトSUVなんでしょうか。


最新の投稿


マツダのミニバン プレマシー 中古価格まとめ

マツダのミニバン プレマシー 中古価格まとめ

マツダプレマシーは1999年に登場しました。プレマシーはマツダのミニバン(初代モデルはトールワゴンタイプも)です。5人乗りモデルと7人乗りモデルとがあり、どちらも1800ccのガソリンエンジンを搭載するコンパクトサイズです。2018年に発売終了するまで、マツダのミニバンとして活躍していたプレマシーの歴史と中古車情報をお届けします。


マツダのコンパクトカー・デミオ中古車価格まとめ

マツダのコンパクトカー・デミオ中古車価格まとめ

マツダ デミオは国産コンパクトカーでありながら、スポーティーで高級感漂うスタイリッシュなデザインが特徴的な車です。2019年には世界統一車名のマツダ2となって、デミオとしての生産が終了したことも話題になりましたね。 今回はそのデミオについて中古車情報と合わせてみていきます。


マツダの人気SUV CX-5 中古価格まとめ

マツダの人気SUV CX-5 中古価格まとめ

マツダの人気SUV、CX-5は、今のマツダ車に共通するデザインコンセプト「魂動-SOUL of MOTION」を採用した最初の車種です。登場からまだ8年目ですが、すでに一度フルモデルチェンジを行っていて現行モデルは2代目に当たります。今回はマツダCX-5の中古車情報をお伝えします。


【東京オートサロン2020】開催日程 出展社情報ほか随時更新!

【東京オートサロン2020】開催日程 出展社情報ほか随時更新!

カスタム車のビックイベントと言えば?そう東京オートサロンですね。東京オートサロン2020が1月10日~12日に、幕張メッセにて開催されます。本記事では期待が高まる東京オートサロン2020の最新情報をまとめています。情報が入り次第、随時更新いたします。【12月12日更新】


【タニタ調べ】飲み過ぎドライバー多発!その理由は〇〇だった?

【タニタ調べ】飲み過ぎドライバー多発!その理由は〇〇だった?

12月になり、忘年会シーズン。何かとお酒が進むこの時期です。そんな中、タニタは「飲酒運転に関する意識調査2019」を実施しました。「飲み会で飲み過ぎた理由」第一位はいったい?気になる結果をまとめています!