トップへ戻る

現行スバル・セダン一覧~新車・中古価格まとめ~

現行スバル・セダン一覧~新車・中古価格まとめ~

一般的な乗用車の代名詞といえば「セダン」で、各メーカーから販売されています。多種多様の車がラインナップされていて、そのスタイルは私たちを魅了してくれるでしょう。今回はスバルのセダンについてご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スバル セダンとは?

スバル レガシィ B4 リミテッド

スバル レガシィ B4

セダンとは車の分類の一つで、ボンネットとキャビンとトランクが、それぞれ独立している3ボックスカーの4ドアタイプのことを言います。

スバルは、安全性を追求していながら、運転する楽しさを私たちに教えてくれます。また、唯一無二のメーカーと呼ばれ評判も高いです。

セダンというのはかなり昔から乗られている車で、今ではコンパクトカーやミニバンなどさまざまな車が現れて、その座をかなり取られてしまいました。ですが、今現在でも高級車の中にはセダンタイプのものがまだまだ多く残っています。

スバルは「職人気質で信頼性が高いメーカー」というイメージがあるとは思いますが、走りを楽しむといった車も製造しています。

人が見えないところにお金をかけていて、こだわりを持ちながら良い車を作るメーカーという感じです。そんなスバルのセダンはどういうものかを見て行きましょう。

【現行車種】スバルのセダン一覧|価格や特徴まとめ

スバル ヴィジヴ パフォーマンス コンセプト(東京モーターショー2017)

スバル ヴィジヴ パフォーマンス コンセプト(東京モーターショー2017)

スバルのスローガンは「安心と愉しさ」ですが、そのスローガンを兼ね備えた現行車種のスバルの車をご紹介します。

新車価格はスバルの公式ページを参照しながら、表示しています。現在、メーカーから新車で購入できるセダンは3車種あります。

スバル レガシィ B4

メーカー希望小売価格(消費税抜き)
LEGACY B4 B-SPORT2,850,000円
LEGACY B4 Limited
3,000,000円

情報は2020年4月現在の公式サイトより

中古車価格(消費税抜き)

中古平均価格
169万円
価格帯
7万円〜290万円

※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2020年4月現在)

グレード

・「B-SPORT」

全身を引き締めた、洗練のスポーティモデル


・「Limited」

確かなクオリティと充実した装備をまとったフラッグシップモデル

スバル インプレッサ G4

メーカー希望小売価格(消費税抜き)

1.6i-L EyeSight
2WD:1,820,000円
AWD:2,020,000
1.6i-S EyeSight
2WD:2,040,000
AWD:2,240,000
2.0i-L EyeSight
2WD:2,040,000
AWD:2,240,000
2.0i-S EyeSight
2WD:2,260,000
AWD:2,460,000

情報は2020年4月現在の公式サイトより


中古車価格(消費税抜き)

中古平均価格
100万円
価格帯
13.6~223万円

※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2020年4月現在)

グレード

・「1.6i-L EyeSight」

先進の安全テクノロジーと充実装備を備えたスタンダードモデル


・「1.6i-S EyeSight」

上級装備を満載し、スポーティさを際立たせたハイクオリティモデル


・「2.0i-L EyeSight」

2.0L直噴エンジン搭載。力強い走りと上級装備が魅力のハイグレードモデル


・「2.0i-S EyeSight」

所有する悦びと走りの愉しさを深めた、最上位のスポーティモデル

スバル WRX S4

メーカー希望小売価格(消費税抜き)

2.0GT EyeSight
3,120,000
2.0GT-S EyeSight
3,460,000

情報は2020年4月現在の公式サイトより

中古車価格

中古平均価格
286.1万円
価格帯
115.8〜453.6万円

※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2020年4月現在)

グレード

・「2.0GT EyeSight」

先進技術を携えたハイクオリティ&ハイパフォーマンスセダン


・「2.0GT-S EyeSight」

走りの質感と安全性能をさらに磨き上げたスポーティモデル


・「STI Sport EyeSight」

走り、スタイル、質感すべてにSTIのDNAを込めた最上級モデル

【現行車種】スバルのセダン一覧|スペックまとめ

それでは、スバルのセダンの現行車種のスペックについて見ていきましょう!

【レガシィ B4】スバルの頂点

スバル レガシィ B4

国産自動車メーカーのスバルが生産し、販売しているレガシィ B4は、スバルのフラッグシップとなる車種です。

スバルと聞いて一番に名前が浮かぶ方も多いのではないでしょうか。
レガシィ B4は、4WDを中心に作られている唯一の国産セダンとなっています。

レガシィは、レオーネの後継車として生まれ、インプレッサより先にラリーに出場するなど、スポーツのイメージも持った車名といえます。

メインの駆動方式を四輪駆動に水平対向エンジンを搭載することで、あらゆる路面での走行安定性とスポーティーな乗り心地を実現させた独特なキャラクターで現在もなお、日本や海外でも高い人気を保っています。

特徴は、優れた四輪駆動システムと低重心の水平対向エンジンを組み合わせたメカニズムです。そのため、どんな天気の場合でも安定性のあるハンドリングと走行性能が実現できるのです。

国産セダンではフルタイム四輪駆動の車は珍しく、この「スバル レガシィB4」は独自の世界観を持っているといえるでしょう。

スバル レガシィ B4 インテリア

現行のレガシィは6代目で、2014年10月に発売されました。

現行型は、先代から全長で50mm、全幅で60mmボディサイズが拡大され、より伸びやかで高級感のあるエクステリアデザインへと進化しました。

また、ボディサイズを拡大したことで、セダンならではの室内空間のゆとりがさらに増しています。

また、レガシィといえば、初代から先代までのターボエンジン搭載車のボンネットに設けられていたエアインテークのイメージを強くお持ちの方も多いのではないでしょうか。

しかし、現行モデルは、レギュラーガソリン仕様の自然吸気2.5リッターエンジンのみに統一され、ターボエンジン搭載車がラインナップされなくなってしまいました。

これは、スバルファンを驚かせた現行モデルのトピックの一つでしょう。

ただし、もちろん先代と比較して得たものも数多くあります。

スバルの予防安全装備としてお馴染みの「アイサイト」は、現行モデルではアイサイト Ver.3へと進化しています。

アイサイト Ver.3の大きな特徴としては、新たに色が認識できるようになったことで、前走車のブレーキランプなどを認識して、より素早く反応することが可能になるなどしています。

自動ブレーキ性能も、より速い速度から、より素早く作動することができるように進化しています。

また、新たにカーブを思い通りに安定して走行できるようにする先進機能「アクティブ・トルク・ベクタリング」を装備するなど、『走れるセダン』としての魅力を、着実に磨き続けています。

スバル レガシィ B4

ここまでご紹介してきた現行レガシィの後継となる、7代目レガシィが既に北米では発売されており、国内にいつ導入されるのか、はたまた導入されないのか、気になるところです。

国内にはアウトバックのみが導入され、レガシィ B4は廃止になる可能性も予想されています。というのも、2019年の登録推移を見ていくと、B4とアウトバックを足しても前年同期比の半分に減っています。

現在の日本市場はセダンが不振ということもあり、モデル廃止もあるかもしれないということです。
新型レガシィ B4について、続報が大変気になりますね。

現行のレガシィ B4は、まだ生産は続けてられていますが、一部地域では2020年6月22日で注文受付を終了することが発表されています。

注文受付終了後も、在庫車の販売が当面続くものと思われますが、お好みの仕様や色のレガシィ B4を自由に選べる機会は、もうすぐ終わってしまうかもしれません。

スバル レガシィ B4のスペック

【スバル レガシィ B4 リミテッド】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,800mm×1,840mm×1,500mm (ホイールベース:2,750mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,540kg
燃費JC08モード:14.8km/L
エンジン種類水平対向4気筒DOHC
最高出力129kW(175PS)/5,800rpm
最大トルク235N・m(24.0kgf・m)/4,000rpm
駆動方式AWD
トランスミッションリニアトロニック(マニュアルモード付)前進無段後退1速

情報は2020年4月現在の公式サイトより

【インプレッサ G4】インプレッサ一族

スバル インプレッサG4

スバル インプレッサ G4

スバルのインプレッサG4について見て行きましょう。セダンの車はインプレッサがセダンとしてラインナップされていましたが、「インプレッサ G4」という名称になりました。

エンジン性能ですが、力強さがあるので普通の街乗りや高速道路の走行は快適に感じることでしょう。デザインでは安心を想像させる塊感や愉しさの印象を受ける躍動感があります。

スバル インプレッサG4

スバル インプレッサ G4

ボディサイズは広い室内空間を実現して扱いやすいです。

また、トランクルームは460Lの大容量があります。シートアレンジでトランクルームを広げることができ、長い荷物を搭載可能です。

ドライブは乗る人すべてに安心を与え、ドライブ時の不快な振動騒音を低減し、乗る人すべてが心地よい感じがします。

スバル インプレッサ

スバル インプレッサ

運転支援システム「アイサイト」は初代モデルから採用されていて、安全性能に優れています。高い動力性能や走行性能を提供していて、評価が高い満足感が得られる車です。

トランスミッションはリニアトロニック(CVT)で燃費性能も決して悪くなく、加速性能があって走りの評価が高くなっています。

スバル インプレッサ G4のスペック

【スバル インプレッサ G4 1.6i-L アイサイト】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,640mm×1,775mm×1,445mm (ホイールベース:2,670mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,300kg
燃費JC08モード:17.2km/L
エンジン種類水平対向4気筒
最高出力85kW(115PS)/6,200rpm
最大トルク1448N・m(15.1kgf・m)/3,600rpm
駆動方式2WD
トランスミッション電気式無段変速機

情報は2020年4月現在の公式サイトより

【WRX S4】快速スポーツセダン

スバル WRX S4

スバル WRX S4

「WRX」とはインプレッサのスポーツバージョンに付けられる名でありましたが、マイナーチェンジでインプレッサの名前が外れ「WRX STI」に変更されました。「WRX S4」はスポーツセダンの裾野を広げるために新たに設定されています。

「WRX S4/STI」では、全車でハイビームアシストが動作する40Km/hから30Km/hに変更されています。夜間の安全性を向上させました。

スバル WRX S4

スバル WRX S4

「WRX S4」は毎日利用できる乗り心地や実用性に力をいれている車です。運転支援システムのアイサイトも進化しており、安全性能を大きく向上しています。

応答性に優れたスポーツリニアトロニックでエンジンの高出力の専用設計として、変速ショックのない滑らかな乗り心地になります。また、音の静かさの特徴もあります。

スバル WRX S4のスペック

【スバル WRX S4 2.0GT アイサイト】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,595mm×1,795mm×1,475mm (ホイールベース:2,650mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,540kg
燃費JC08モード:13.2km/L
エンジン種類水平対向4気筒直噴ターボ
最高出力221kW(300PS)/5,600rpm
最大トルク400N・m(40.8kgf・m)/2,000rpm
駆動方式AWD
トランスミッション電気式無段変速機

情報は2020年4月現在の公式サイトより

まとめ

スバル WRX S4 最上位グレード「STIスポーツ」

スバル WRX S4 最上位グレード「STIスポーツ」

以上のようにセダンタイプ3車種のスバル車を紹介してきました。

安全性能も進化をしていっているので、乗る方も安心してきます。商品としての魅力が高いスバル車の技術力などや、人と車に向かい合っている印象がよい感じです。

今後もスバル車の活躍が期待されますね。

関連する投稿


セダンの王様トヨタ クラウン!今こそ見直したいセダンの魅力とは

セダンの王様トヨタ クラウン!今こそ見直したいセダンの魅力とは

トヨタのフラッグシップセダンであるクラウンについて詳しくご紹介します。また、日本市場ではやや存在感が薄れているセダンの魅力、メリットについて改めて紹介し、同時にクラウンがいかに優れた車なのかを解説します。


トヨタ カムリの魅力とは?世界で愛される高級セダン

トヨタ カムリの魅力とは?世界で愛される高級セダン

日本のみでなく、世界中で愛されている高級セダンであるトヨタ カムリについてご紹介します。カムリの詳細や魅力について解説すると共に他のメーカーのセダンや、近年人気が高まっているSUVとの比較などを行います。


【今こそセダンだ】最新キャデラック CT5を徹底解説!パない存在感

【今こそセダンだ】最新キャデラック CT5を徹底解説!パない存在感

時代の流れはSUVやミニバンかもしれませんが、やっぱり高級車としてステータス感のあるセダンには独自の魅力があります。高級車ブランド キャデラックのラインナップとしては国内唯一となるセダン「CT5」も、あえてSUVではなくこちらを選びたくなる魅力がいっぱい。どうせカッコつけるなら低く構えたセダンでビシッと決めたいあなたにおすすめなCT5、魅力や装備、価格まで詳しくご紹介していきます。


ダイハツ エッセの中古車情報について紹介!外観の特徴も解説!

ダイハツ エッセの中古車情報について紹介!外観の特徴も解説!

車をなるべく安く入手したいという方は多いでしょう。そんな方におすすめなのが、ダイハツ エッセです。今回はダイハツ エッセの中古車情報や人気モデル、安めでお求めやすいモデルについてご紹介します。


日産 フィガロ|生産終了の理由は?中古車に乗ることは可能?

日産 フィガロ|生産終了の理由は?中古車に乗ることは可能?

1991年から一年間限定で発売された「フィガロ」ですが、人気は高く反響も大きかった車で惜しまれつつ1年限りの販売となった車「フィガロ」について見てみましょう。


最新の投稿


トヨタ アルファードとは?ミニバン×高級車の魅力を徹底解説

トヨタ アルファードとは?ミニバン×高級車の魅力を徹底解説

トヨタの高級ミニバンとして幅広い層の人気を誇るトヨタのアルファードについて紹介します。内外装の高級感やサイズ感、運転のしやすさなどを紹介すると共に、兄弟車であるヴェルファイアとの違いなども紹介します。


トヨタ スープラとは?令和の時代に帰ってきた名スポーツカー

トヨタ スープラとは?令和の時代に帰ってきた名スポーツカー

トヨタ スープラは90年代に高い人気を誇り、惜しまれつつも姿を消しましたが、21世紀に再び復活しました。この記事ではスープラの歴代モデルの紹介や、現行モデルのラインナップ、走行性能などについても紹介します。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


トヨタ ヴィッツとは?ヤリスに生まれ変わった定番コンパクトハッチバック

トヨタ ヴィッツとは?ヤリスに生まれ変わった定番コンパクトハッチバック

ヤリスとして生まれ変わったトヨタの定番コンパクトハッチバックの「ヴィッツ」について紹介します。乗りやすいサイズ感やデザイン、走行性能などについて詳しく解説。また、他メーカーのコンパクトカーとの比較なども行います。


スズキ スイフトスポーツは高コストパフォーマンス、高走行性!

スズキ スイフトスポーツは高コストパフォーマンス、高走行性!

スズキのスイフトスポーツは、コストパフォーマンスが高く走行性も充実している車に乗りたいという希望を叶える一台です。加速性も申し分なく、その性能はオーナーからも高い支持を得ています。そこで今回は、スイフトスポーツの魅力を詳しく解説します。