トップへ戻る

マツダの軽自動車の種類は?現行車種の特徴を解説!

マツダの軽自動車の種類は?現行車種の特徴を解説!

マツダはロータリーエンジンを使用したスポーツカーが世界的な人気を博す企業ですが、その一方で販売する軽自動車はあまり語られません。スズキのOEM供給車で占められている、マツダの軽自動車のラインナップをボディータイプごとに分類して紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


軽自動車とは?

ホンダ N-WGN、三菱 eKクロス、ダイハツ タント、日産 デイズ

ホンダ N-WGN、三菱 eKクロス、ダイハツ タント、日産 デイズ

マツダの軽自動車のボディータイプは、軽トールワゴン、SUV、キャブオーバーなどがあります。

軽トールワゴンにはフレアワゴンが該当し、一般的な軽自動車より広い車内容積を持つ点が特徴です。SUVにはフレアクロスオーバーが該当します。キャブオーバーにはスクラムワゴン、スクラムバン、スクラムトラックが該当し、商用車として使える積載能力の高さを誇ります。

マツダの軽自動車の特徴は?

マツダ フレアワゴン カスタムスタイル

マツダ フレアワゴン カスタムスタイル

マツダの軽自動車に見られるボディタイプには、以下の特徴があります。

【特徴1】積載量が多い

スクラムバンの場合、荷室幅1,385mm、荷室高1,240mmとなっており、リア席シートを倒せば荷室床面長は1,955mmとかなりの荷物を載せることができます。

またフレアであっても、荷室幅1,180mm、荷室開口高840mm、荷室開口幅1,165mmとなっており、シートをフルフラットにもすることも可能なので大きな荷物も運ぶことができます。

引っ越しやレジャーなど、日常の中で積載性能が活きる場面は多々あります。特に世帯を持っている方には、積載量が多いことは必須の条件であると言えるでしょう。

【特徴2】居住性が高い

前述した車種も含め、キャロルやフレアクロスオーバーといった軽自動車も余裕のある空間設計がなされています。そのため閉塞感を感じず、長距離移動の際も息苦しさを感じません。

シートアレンジも多彩にできる車種も多く、スクラムワゴンなどは車中泊にもおすすめです!

標準装備でも収納スペースが豊富な点もポイントとなるでしょう。

【特徴3】運転しやすい

フレアワゴン・フレアクロスオーバー・スクラムワゴンでは、全てのグレードが「安全運転サポート車(サポカーS・ワイド)」に該当しており、安全性能も充実しています。

また、キャロルではデザイン性を損なうことなく空力性能も向上させ、空気抵抗の低減を実現させています。他にも、フレアクロスオーバーでは最小回転半径4.6m、スクラムワゴンでは最小回転半径4.5mを実現させており、小回りの良さもポイントです。

マツダの軽自動車一覧!現行車種をご紹介(2020年2月現在)

【フレア】走る!広い!乗りやすい!

軽トールワゴンで、スズキのワゴンRのOEM供給車です。

ワゴンRは広い室内空間が人気を呼んだ車で、マツダのフレアも居住性および積載性能の高さが人気の車です。

燃費や走行性能も良く、小回りの効く運転しやすい車でもあります。

フレア スペック

 【マツダ フレア ハイブリッドXG(2WD) 2020年1月モデル】スペック表

ボディサイズ(全長×全幅×全高)
3,395×1,475×1,650(mm)
ホイールベース
2,460mm
最大乗車定員
4名
燃費
JC08モード:31.0km/L
駆動方式
FF
トランスミッション
CVT

フレアについてもっと詳しく知りたい方はこちら

【フレアワゴン】走る極上くつろぎスペース

マツダ フレアワゴン

マツダ フレアワゴン

フレアワゴンはスズキのスペーシアのOEM供給車です。

使い勝手の良さから幅広い世代に人気のある車種となっています。

マツダ フレアワゴン

マツダ フレアワゴンのインテリア

広々とした室内空間でシートアレンジも自由自在となっており、旅行やアウトドア、家族や友人とのお出かけでも快適にドライブを楽しむことができます。

フレアワゴン スペック

 【マツダ フレアワゴン ハイブリッドXG(2WD) 2019年10月発売モデル】スペック表

ボディサイズ(全長×全幅×全高)
3,395×1,475×1,785(mm)
ホイールベース
2,460mm
最大乗車定員
4名
燃費
JC08モード:30.0km/L
駆動方式
FF
トランスミッション
CVT

フレアワゴンについてもっと詳しく知りたい方はこちら

【フレアクロスオーバー】小回りの良いプチSUV

フレアクロスオーバー

フレアクロスオーバー

フレアクロスオーバーは、スズキのハスラーのOEM供給車です。

個性的な見た目と豊富なカラーバリエーションが魅力のフレアクロスオーバーですが、オフロードの走行性能にも優れており、4WDモデルには雪道などでタイヤの空転を抑える「スノーモード」や、急な下り坂での加速を抑制してくれる「ヒルディセントコントロール」が搭載されています。

マツダ フレアクロスオーバー

使い勝手も向上しているインテリア

オプションにはロッドホルダーやサイドタープなどもあり、アウトドアでも大活躍間違いなしです!

フレアクロスオーバー スペック

 【マツダ フレアクロスオーバー ハイブリッドXG(2WD) 2020年2月発売モデル】スペック表

ボディサイズ(全長×全幅×全高)
3,395×1,475×1,680(mm)
ホイールベース
2,460mm
最大乗車定員
4名
燃費
JC08モード:30.4km/L
駆動方式
FF
トランスミッション
CVT

フレアクロスオーバーについてもっと詳しく知りたい方はこちら

【キャロル 】コスパ最高!驚異の燃費!

マツダ キャロル

マツダ キャロル

キャロル は、スズキのアルトのOEM供給車として販売されています。

カラーバリエーションも豊富で、オプションでエクステリアを変更すれば、自分好みの車にカスタマイズすることができます。

マツダ・キャロル

シンプルで使い勝手の良い室内空間

また、キャロル GL以上のグレードでは、エネチャージやアイドリングストップシステムを搭載しており、キャロル GL、GS、GX(2WD)では、JC08モード燃費で37.0km/Lと燃費性能もかなり良いのが特徴です。

キャロル スペック

 【マツダ キャロル GL(2WD) 2019年10月発売モデル】スペック表

ボディサイズ(全長×全幅×全高)
3,395×1,475×1,475(mm)
ホイールベース
2,460mm
最大乗車定員
4名
燃費
JC08モード:37.0km/L
駆動方式
FF
トランスミッション
CVT

キャロルについてもっと詳しく知りたい方はこちら

【スクラムワゴン】車中泊もできてしまうターボで走れる軽乗用車

スクラムワゴンは、スズキのエブリイワゴンのOEM供給車です。

軽自動車とは思えないほどの室内空間の広さで、車中泊にも最適な車となっています。

マツダ スクラムワゴン

ターボエンジンが搭載されたスクラムワゴンのコックピット

また、ターボエンジンを搭載しており、キャブオーバーの特徴である車重の重さを感じさせないパワフルな走行が可能です。

スクラムワゴン スペック

【マツダ スクラムワゴン PXターボ(2WD) 2019年10月発売モデル】スペック表

ボディサイズ(全長×全幅×全高)
3,395×1,475×1,910(mm)
ホイールベース
2,430mm
最大乗車定員
4名
燃費
JC08モード:16.2km/L
駆動方式
FR
トランスミッション
4速AT

【スクラムバン】経済的な商用バンならこれ!

こちらも、スズキのエブリイのOEM供給車です。

荷室の広さもさることながら、乗る人のことを考え抜かれたインテリアも魅力で、地上高の低い乗降ステップや乗り降りがしやすいよう設置された乗降グリップ、実用的で多様な収納スペースも確保されています。

マツダ スクラムバン

新トランスミッション「5AGS」が採用されたスクラムバン

また、価格も968,000円からとなっており、経済的でシンプルな見た目からも商用車として人気を集めています。

スクラムバン スペック

 【マツダ スクラムバン PA(2WD) 2019年10月発売モデル】スペック表

ボディサイズ(全長×全幅×全高)
3,395×1,475×1,895(mm)
ホイールベース
2,430mm
最大乗車定員
4名
燃費
JC08モード:19.0km/L
トランスミッション
5速MT

【スクラムトラック】快適な軽トラ!

スクラムトラックは、スズキのキャリイのOEM供給車です。

居住性の高さや使いやすさを念頭において設計されており、軽トラックでありながらゆったりした乗り心地です。

MT車(2WD)で、JC08モード燃費が19. 8km/Lと燃費も良いため、商用車としての性能は申し分ありません。

スクラムトラック スペック

 【マツダ スクラムトラック KCエアコン・パワステ(2WD)MT 2019年10月発売モデル】スペック表

ボディサイズ(全長×全幅×全高)
3,395×1,475×1,765(mm)
ホイールベース
1,905mm
最大乗車定員
2名
燃費
JC08モード:19.8km/L
トランスミッション
5速マニュアル

まとめ

関連する投稿


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


往年の名車であるマツダ RX-7の人気の理由を徹底解説

往年の名車であるマツダ RX-7の人気の理由を徹底解説

スポーツカー好きなら誰もが通る日本車の名車、マツダ RX-7は、高性能なロータリーエンジンと唯一無二のスタイルで特に高い人気を誇ります。今回はマツダ RX-7が人気を博した理由と購入時のポイントについてご紹介していきます。


見た目だけじゃない!マツダ フレアの魅力を徹底紹介

見た目だけじゃない!マツダ フレアの魅力を徹底紹介

使い勝手の良い車が欲しいけど、見た目も重視したいという方も多いのではないでしょうか。マツダ フレアはそのキュートな見た目だけでなく広々とした室内にはたくさんの便利機能を搭載しています。今回はそのマツダ フレアについて魅力を徹底的に紹介していきます。


マツダ CX-8の室内空間とインテリア、そして荷室はどうなの?

マツダ CX-8の室内空間とインテリア、そして荷室はどうなの?

2017年12月に発売されたマツダのCX-8は、3列シートのSUVということで注目を集めています。そこで、マツダの看板車種になったCX-8の特長である3列シートを備えたインテリアと荷室の特徴を、グレードごとにご紹介します。


マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

欲しい車種が決まったら次はグレード選びです。そこで、まず車種のグレードの内容と特長を把握して自分に必要なグレードを判断することが重要になります。今回はマツダの人気SUVであるCX-5のグレードについて解説し、CX-5を検討する人のお役に立ちたいと思います。


最新の投稿


2019年の「ながら運転」厳罰化|その効果と取り締まり基準を解説!

2019年の「ながら運転」厳罰化|その効果と取り締まり基準を解説!

2019年に罰則が強化された「ながら運転」。この改正で、罰則はどのように変わったのでしょうか?また、その効果はありましたか?今回は、どんな行為が「ながら運転」に該当するのか、具体例を取り上げながら、まとめました。


トヨタ ルーミーの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ ルーミーの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

近年大人気の「トールワゴン」タイプであるトヨタ ルーミーは、2021年上半期の販売台数ランキングで単独車種として普通車トップクラスの販売台数を記録するなど、国民車的な人気を誇るモデル。毎日使える実用性が特徴的なルーミーだけに、燃費情報は気にしておきたいところですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費、ライバルとの比較など、ルーミーに関する燃費情報をくまなくご紹介していきます。


トヨタ ハイエースの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ ハイエースの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

商用バンながら、ビジネス用途だけでなくアウトドア系マルチギアとしても活用されるなど、長年様々なユーザーに愛され続けてきたトヨタ ハイエース。近年ではキャンプブームなどもあって人気が高まっています。そんなハイエース、存在は知っていても、燃費性能がどの程度なのか気になっている方も少なくないはず。この記事で、カタログ燃費や実燃費、ライバル車種との比較を通して、ハイエースの燃費情報に詳しくなりましょう。


スズキ アルトラパンの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

スズキ アルトラパンの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

まんまるなヘッドライトがキュートなアルトラパンといえば、かわいい軽自動車の筆頭格として長期間にわたって人気を維持しているモデルです。デザインばかりが取り上げられがちなラパンですが、日々使う車だからこそ気にしておきたいのは燃費性能。この記事では、カタログ燃費や実燃費、ライバル車種との比較まで、ラパンに関する燃費情報をくまなく網羅していますので、ぜひチェックしてみてください。


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。