目次へ戻る

日産モコは可愛さ抜群!内装や色、燃費、中古車情報もご紹介

日産モコは可愛さ抜群!内装や色、燃費、中古車情報もご紹介

可愛い見た目から、女性を中心に人気を集めていた日産 モコ。2016年に販売を終了してしまいましたが、今回は、日産 モコのスペックや燃費に内装、中古車情報をご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


日産 モコとは?

2代目 日産 モコ

2代目 日産 モコ

「モコ」は2002年に日産から発売された軽トールワゴンで、本格的に量産された日産の軽自動車では最初のモデルです。名前は擬態語の「もこもこ」から来ており、名前の通り、丸くて可愛らしいフォルムを持つ車です。

歴代のモコはすべてスズキの「MRワゴン」のOEM供給車であり、ターゲット層はMRワゴンと同じく女性でした。

優れた燃費性能、取り回しやすさ、柔らかい雰囲気のエクステリアデザインおよびインテリアデザインが評判を呼んだ車でしたが、2016年に生産終了しています。

日産 モコはスズキのMRワゴンのOEM車

スズキ MRワゴン

スズキ MRワゴン

モコはMRワゴンのOEM供給車であるため、性能はほとんど変わりません。ただ、エクステリアおよびインテリアに違いがあるだけです。

例えば、2006年に行われた2代目へのモデルチェンジでは、フロントグリル、フロントバンパー、 ボンネット、ヘッドライト、車内のシートなどで日産オリジナルの部品が使われていました。

また、MRワゴンははっきりした色が多いのに対し、モコは淡い色調のボディカラーが多いという違いもあります。

日産 モコを歴代の型式ごとにご紹介

日産 モコの歴代モデルの概要は以下の通りです。

【初代】日産 モコ SA0(MG21S)型(2002年~2006年)

初代 日産 モコ

初代 日産 モコ

初代モコは2002年に発売されました。

ベースとなったスズキのMRワゴンは女性をターゲットとして設計された車で、モコも同様のコンセプトのもとに発売されます。

特徴的な機能としては豊富なシートアレンジ機能があり、後部座席がリクライニングおよびスライド可能であるなど家族で使いやすい設計がなされています。

初代モコは販売ルートの充実などの要因もあって、MRワゴンよりも販売台数が多いという逸話を作った車でもありました。

【2代目】日産 モコ SA1(MG22S)型(2006年~2011年)

2代目 日産 モコ

2代目 日産 モコ

2006年にフルモデルチェンジが行われ、2代目モコが誕生します。

2代目モコは初代よりも装備が充実しており、インテリジェントキーシステムやフルオートエアコンといった装備が魅力的でした。

フロントフェイスが日産独自のものに変えられているため、MRワゴンよりもシャープな印象を受けます。

【3代目】日産 モコ SA2(MG33S)型(2011年~2016年)

3代目 日産 モコ

3代目 日産 モコ

モコの最終モデルで、2011年にフルモデルチェンジが行われました。

2代目からの主な改良点は、車内スペースの拡大と燃費性能の向上です。2代目よりも室内長が180mm拡大されたため、よりゆとりのある車内空間が生まれました。

また、ボディの軽量化に成功し、2代目よりも燃費性能を向上させています。

さらに、2013年5月にはエンジンやアイドリングストップシステムの改良が行われ、同クラスの軽ハイトワゴントップの30.0km/Lという数値を出しました。

日産 モコの燃費・スペック

3代目 日産 モコ

3代目 日産 モコ

燃費性能はJC08モードで2WD車の「S」「X」「ドルチェ X」が30.0km/L、「ドルチェ G」が27.0km/L、フルタイム4WD車では「S FOUR」が28.4km/L、「X FOUR」が27.2km/L、「ドルチェ X FOUR」が27.2km/L、「ドルチェ X FOUR」が25.2km/Lです。

軽ハイトワゴンではこの燃費性能は非常に優れており、経済的な助けになること間違いありません。

さらに、燃費性能を表示するECOインジケーター機能が搭載されているため、常に経済走行を心がけて運転できます。

以下は、モコの参考スペックです。

【日産 モコ S 2WD】スペック表
ボディサイズ全長×全幅×全高(mm)3,395×1,475×1,625(mm)
最大乗車定員4名
燃費JC08モード:30.0km/L
エンジン種類DOHC 水冷4サイクル直列3気筒
最高出力(kW(ps)/rpm)38(52) /6,000
最大トルク(N・m(kg・m)/rpm)63 (6.4) /4,000
駆動方式FF
トランスミッションCVT

日産 モコの色や外装

3代目 日産 モコ

3代目 日産 モコ

3代目モコに設定されている車体カラーはパステルカラーなども展開され、可愛らしくまとめられています。

全グレードで合計7色から選べるようになっていますが、「ドルチェ」系とそれ以外では選べる内容が少し異なります。

「ドルチェ」系では「ミステリアスバイオレット(紫)」と「シルキーシルバー(銀色)」が存在しますが、「S」などに設定されている「フォレストアクア(薄緑)」および「フィズブルー(水色)」はありません。

女性に向けて作られた車なので、エクステリアには随所に曲面が使われ可愛い印象に仕上がっています。加えて、男性が使っても似合うデザインである点はさすがです。

日産 モコの内装

3代目 日産 モコの内装

3代目 日産 モコの内装

内装には「S」および「X」と「ドルチェ」系の2種類が存在します。

前者では、シート生地がブラウンのジャージ(布地)であるのに対し、後者ではアイボリー/マルーン(白と茶色)のレザー生地です。

どちらの種類の内装も優しい雰囲気に仕上がっており、穏やかな気持ちでドライブができます。素直に可愛いと言えるデザインです。

日産 モコの口コミ・評価・評判

新型モコは、フロントマスクデザインや車室内の広さ、インテリアの質感の高さ、タッチパネル式オーディオなどの評価が高い。

モコは可愛らしい見た目に加えて、コンパクトなボディながらも積載性が高いため、ターゲットとしていた女性以外からも高く評価されていました。

ボディカラーはアーバンブラウンが最も人気で全体の41%、モコベリーが19%、スノーパールホワイトの13%と続く。

モコは豊富なカラー展開となっていましたが、その中でも一番人気があったのは「アーバンブラウン」でした。

かわいい見た目ながらもシックな印象に仕上がった「アーバンブラウン」とラズベリーのような色合いで女性らしさを引き立たせてくれる「モコベリー」では、同じ車でも雰囲気をガラリと変えてくれます!

日産 モコの中古車情報

中古車価格は19.4万円~124.9万円となっています。
※車情報サイトResponse 中古車情報ページより(2020年3月現在)

最高価格の車両は2015年生産の「ドルチェ G FOUR 4WD」で、中古車市場では新車価格の2/3程度になっています。

より下位グレードの車両なら2014年生産車など比較的年式の新しい車両でも50万円を切っているものが多く存在します。燃費性能、取り回しやすさ、そして何よりデザインとカラーに惹かれたならぜひ購入を検討してみてください。

中古車価格の詳細は、以下のリンクから確認できます。

「日産 モコ」は長きに渡って愛され続けてきた軽ワゴン

日産 モコ の特別仕様車「エアロスタイル」

日産 モコ の特別仕様車「エアロスタイル」

日産のモコはスズキのMRワゴンのOEM供給車でありながら、MRワゴン以上の売れ行きを見せたこともあるなど好評を得た車でした。

生産終了となった今でも独特のかわいらしさを惜しむ声が多く聞かれるほどです。

燃費が良く使い勝手の良い軽自動車をお探しの場合は、「日産 モコ」も検討してみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


日産 車種情報 モコ

関連する投稿


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。


日産 マーチをおすすめする5つの理由!中古車価格、海外新型情報も

日産 マーチをおすすめする5つの理由!中古車価格、海外新型情報も

コンパクトカーってどれがいいのかよくわからない、全部いい車なら結局どれを選べばいいの?とお思いのあなた。マーチには、ライバル多数のコンパクトカー市場において、積極的におすすめしたい理由がたくさんあるのです。この記事を読めばマーチが気になってくること間違いなし。詳しく見ていきましょう。


日産 リーフを普段使いってどうなの?最先端電気自動車の真実!

日産 リーフを普段使いってどうなの?最先端電気自動車の真実!

日本で、世界で、量販EVのパイオニアとしての45万台以上の販売台数実績を誇る日産の電気自動車「リーフ」。現在では2代目が販売されており、街中で見かける頻度も高まってきていますよね。でも電気自動車って、普段の使い勝手はどうなの?と気になっているあなた。実は電気自動車は毎日の運転が楽しくなる特徴に溢れているのです。詳しくご紹介します。


【日産 セレナ】スペック、中古車情報、その実力を徹底紹介

【日産 セレナ】スペック、中古車情報、その実力を徹底紹介

ライバル多数のミドルサイズミニバンクラスで一際輝いているのが日産 セレナ。2018年と2019年の2年連続販売台数No.1を獲得するなど、人気の高さは一体どこから来るのでしょうか。セレナという名前は有名ですが、もちろん車自体に魅力がいっぱいだからこそ売れているのです。今をときめく最新ミニバン、セレナの魅力をお伝えしていきます。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。