トップへ戻る

【2020年最新版】スマホで気軽に!タクシー配車アプリおすすめ5選

【2020年最新版】スマホで気軽に!タクシー配車アプリおすすめ5選

移動の際のタクシー配車をもっと便利にしたいという方、最近増えてきているのではないでしょうか?移動時間をより快適に、効率的にしたいと考えた時に便利なのがスマホのタクシー配車アプリです。今回は、2020年現在で数多くある配車アプリの中でも今おすすめのアプリをご紹介していきます!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


タクシーアプリ事情を徹底解説!

2020年の最新版、各タクシー配車アプリの内容を徹底解説していきます。

では、さっそく見ていきましょう!

1. JapanTaxi(ジャパンタクシー)

日本全国47都道府県で利用可能なタクシーアプリのJapanTaxi。手配から決済までスムーズに行うことの出来るアプリになっています。

運営会社はJapanTaxi株式会社で、2019年末に900万ダウンロードを超えた人気アプリです。

Japan Taxi利用時の支払い方法

■Japan Taxi利用時の支払い方法

現金支払い
可能
ネット決済支払い方法
クレジットカード、d払い、Apple Pay、Google Pay
対応ブランド
Visa、Mastercard、American Express、JCB、Diners Club

デビットカード不可

決済方式
ネット決済、または降車時に決済


Japan taxiの対応エリア

Japan Taxiの対応エリアは日本全国47都道府県にわたります。

これまで提携しているタクシー事業者数は、865社で、66,246台のタクシーが稼働しています。(2020年7月現在)

Japan taxiのメリットとデメリット

メリット

メリットとしては、あらかじめネット決済の事前登録で降車時の支払いは不要なため急な利用でも慌てることなく使えます。

また、日本国内を全て網羅した47都道府県で使えるので旅行や出張先でも手配から決済までズムーズに行うことが出来ます。

タクシーに乗る場所と行先をマップ上に設定すれば、利用料金の目安と配車までの待ち時間を表示できるので土地勘がない場所でも費用感や所要時間が分かるので安心できるのも嬉しいポイントです。

デメリット

デメリットとしましては配車前にはドライバー情報が分からないので、乗車前に若干不安が残ることがあるということです。

ドライバーの指名や事前情報などがわかれば解決するかもしれません。

JapanTaxi(旧:全国タクシー)


JapanTaxi(旧:全国タクシー)
開発元:Mobility Technologies Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

2. Uber(ウーバー)

Uber(ウーバー)

Uber(ウーバー)

Uber(ウーバー)は、アメリカのUberが手掛けている全世界900以上の主要都市で利用されているタクシー配車アプリです。

海外であれば一般人がタクシーを運転するという形で運営されていましたが、日本では「白タク行為」になる為、国内基準に沿った形で運営されています。

国内対応エリアではUber Taxiというタクシー配車サービスが提供されていますが、東京や京都などではハイヤー配車サービスを利用することもできます。

Uber利用時の支払い方法

■Uber利用時の支払い方法

現金支払い
可能(対応エリアのみ)
ネット決済支払い方法
クレジットカード・デビットカード、Apple Pay、Google Pay
対応ブランド
Visa、Mastercard、American Express、JCB、Diners Club
決済方式
ネット決済、または降車時に決済


Uberの対応エリア

Uberの利用対応エリアは各都心部に順次展開して行っています。

具体的には、北海道、宮城県、福島県、東京都、神奈川県、石川県、富山県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、福岡県のそれぞれ一部エリアで展開されています。

Uberのメリットとデメリット

メリット

Uberの一番大きなメリットはドライバー評価制度で事前にドライバーの詳細が分かるので安心感が得ることが出来ます。

また、他のアプリ同様にネット決済可能なので支払いの手間が不要なところと、都内ではハイヤーでのワンランク上の移動体験が可能であるところも使い勝手が良く、嬉しいポイントです。

デメリット

使うことが出来るエリアがまだ都心部に集中しているのがデメリットでしょう。これから広がっていけば使い勝手がさらに良くなるかもしれません。
またUber Blackはハイヤーでの配車となる為、利用料金が通常のタクシーより高いのが難点となっています。

Uber(ウーバー)についてもっと詳しく知りたい方はこちら

Uber


Uber
開発元:Uber Technologies, Inc.
無料
posted withアプリーチ

3. S.RIDE(エスライド)

タクシー配車アプリ S.RIDE

タクシー配車アプリ S.RIDE

S.RIDEは、ソニー子会社のソニーペイメントサービスと都内タクシー会社による合弁会社「みんなのタクシー株式会社」が運営しているタクシーアプリです。

シンプルな操作感でスライドするだけでタクシー配車が可能となっています。

ネット決済で到着後そのまま降車することもできるほか、後部座席モニターに表示されるQRコードを読み取ればアプリ内の『S.RIDE Wallet』で支払いができるので、乗車から支払いまでがストレスなくスムーズに行えます。

2019年にはグッドデザイン賞も受賞した人気アプリです。

S.RIDE利用時の支払い方法

■S.RIDE利用時の支払い方法

現金支払い
可能
ネット決済支払い方法
クレジットカード、Apple Pay(JCB、American Expressのみ)
対応ブランド

Visa、Mastercard、American Express、JCB、Diners Club

デビットカード不可

決済方式
ネット決済、または降車時に決済


S.RIDEの対応エリア

S.RIDEの対応エリアは2020年7月現在で、東京23区、武蔵野市、三鷹市、西東京市、立川市、横浜市(西区、中区、南区)、名古屋市となっています。

都内タクシー5社で1万台、さらに、東京都個人タクシー協同組合とも提携しており、徐々に対応エリアと利用可能なタクシー台数は増えてきています。

S.RIDEのメリットとデメリット

メリット

メリットとしましては起動してスライドするだけのワンアクションでタクシーを呼べるので呼ぶ作業が非常に楽で誰でもできるという点です。

それですとどんなドライバーが来るかわからないと不安になる方もいると思いますが、もう一つの特徴として、ドライバーと事前にメッセージやり取りが可能で、急な連絡にも柔軟に対応できます。

また、他アプリ同様に事前にカード情報を登録すれば、車内決済の手間が不要です。

デメリット

デメリットとしましては、クーポンの設定が現状ではないという部分と迎車料金が会社によって異なり、タクシーに乗るまでわからないという点でしょう。

料金が安くなりにくい、ばらつきがあるという点で使いにくかもしれません。

また、JapanTaxiと異なり、対応エリアが東京都内の一部エリアと横浜・名古屋のみとかなり限定された使い方しかできないのもデメリットでしょう。

東京最大級のタクシーアプリ S.RIDE(エスライド)


東京最大級のタクシーアプリ S.RIDE(エスライド)
開発元:Minnano Taxi Corporation
無料
posted withアプリーチ

4. MOV(モブ)

大都市圏を中心に展開しているMOVは、JapanTaxiが運営するタクシー配車アプリです。

MOVはDeNAによって運営されていましたが、2020年4月にJapanTaxiと事業統合しました。現時点では、MOVとJapanTaxiはそれぞれの強みを活かして別々に運営されているようです。

このアプリを利用すれば、乗車前にはドライバーと事前に連絡が取れるので、安心して配車までの時間を過ごせます。高頻度でタクシーに乗る方にとっておすすめのアプリとなっています。

MOV利用時の支払い方法

■MOV利用時の支払い方法

現金支払い
可能
ネット決済支払い方法
クレジットカード・デビットカード
対応ブランド
Visa、Mastercard、American Express、JCB、Diners Club、Discover
決済方式
ネット決済、または降車時に決済


MOVの対応エリア

MOVは、現在首都圏を中心に展開しており、2020年7月現在では、東京都、埼玉県、神奈川県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県のそれぞれ一部エリアで展開されています。

全国でおよそ3万台のタクシーが利用でき、JapanTaxiとの統合によるエリア・台数の拡大も今後期待されます。

MOVのメリットとデメリット

メリット

メリットとしましては、地図情報を大きく拡大できるので、利用時に乗車位置を詳細に指定しやすいです。

高齢者や細かい画面が見ずらい人なども安心して利用できます。

他にも、乗車前に運転手とのチャットが可能となっており、詳細連絡が取りやすく、AI機能で最適な配車を実現しているので待ち時間が短く効率的と安心面に特化していると考えられます。

デメリット

対応エリアが現状限定的になってしまっているところでしょう。

また、迎車料金が地域で異なるので、場合によっては想定よりも高い金額となってしまう可能性もあります。

MOV《モブ》- タクシー配車アプリ


MOV《モブ》- タクシー配車アプリ
開発元:DeNA Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

5. DiDi(ディディ)

DiDiは中国の滴滴出行が展開しているタクシー配車アプリです。国内ではソフトバンクが50%出資した「DiDiモビリティジャパン」という会社が運営母体となっています。

このアプリの特徴は、ドライバーとの事前のやり取りはもちろん、到着予想などの時間が正確な点、配車サービス対応エリアの拡大スピードがとても早いので今後も拡大が予想される人気アプリとなっています。

Didi Chuxingの配車プラットフォームと、ソフトバンクの通信事業者としての事業基盤とマーケティング力を駆使した利便性の高さが売りとなっています。

DiDi利用時の支払い方法

■DiDi利用時の支払い方法

現金支払い
可能
ネット決済支払い方法
クレジットカード・デビットカード
対応ブランド
Visa、Mastercard、American Express、JCB、Diners Club
決済方式
ネット決済、または降車時に決済


DiDiの対応エリア

2020年7月現在のDiDiの対応エリアは、北海道、宮城県、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県、広島県、福岡県、沖縄県のそれぞれ一部エリアとなっています。

DiDiのメリットとデメリット

メリット

ドライバー評価の仕組みを導入しており、ドライバーの信頼度が目で分かるので自分が安心できるドライバーを呼べます。

アプリ上で目的地を入力すれば、最適な車とすぐにAI上でマッチングができるので、待ち時間を短縮でき忙しいビジネスマンの強い味方となってくれるでしょう。

デメリット

デメリットとしては、各タクシー会社の定める迎車料金がそれぞれ徴収されるので、金額にばらつきが出てしまうといったことが挙げられます。

クレジットカード登録を事前にしていると、あとで料金を見たら毎回かなり違うなんてこともあったりします。

DiDi(ディディ)についてもっと詳しく知りたい方はこちら

関連する投稿


リムジンに乗りたい!ぶっちゃけ個人でも乗れるのか?

リムジンに乗りたい!ぶっちゃけ個人でも乗れるのか?

一言でリムジンと言っても、実はリムジンには色々な種類のリムジンがあります。なかなかリムジンを購入する方は少ないと思いますが、一度は乗ってみたいのがリムジンではないでしょうか?今回はリムジンについて詳しく見ていきましょう。


春の”ドライブのおとも”に!車で食べたい新商品3選

春の”ドライブのおとも”に!車で食べたい新商品3選

暖かくなり、過ごしやすい春がやってきました。どこかに遊びに出かけたいけど、人と密になってしまうお出かけスポットに行くのはまだ心配。そんなとき、愛車でドライブを楽しむことで、気分転換をしている方も多いのでは?今回は春の”ドライブのおとも”にピッタリな、お菓子やドリンクをご紹介します。


Bluetoothオーディオトランスミッターとは?操作時の注意点も

Bluetoothオーディオトランスミッターとは?操作時の注意点も

Bluetoothと言う言葉は聞いたことがあるかも知れませんが、オーディオトランスミッターと言う言葉はあまり聞き慣れないかも知れません。有線ではなく無線で繋ぐこのBluetoothオーディオトランスミッターについて今回は解説していきます。慣れればとても便利なBluetooth接続についても説明しますのでぜひご一読ください。


おすすめベビーシートをご紹介!選び方やルールも知っておこう!

おすすめベビーシートをご紹介!選び方やルールも知っておこう!

赤ちゃんを車に乗せるためには、ベビーシートが必要です。ベビーシートは主に新生児・乳幼児用のシートを指します。今回はこのベビーシートの選び方やおすすめのベビーシートを紹介します。


送りハンドルって何?ハンドルの正しい回し方について紹介!

送りハンドルって何?ハンドルの正しい回し方について紹介!

送りハンドルは自動車教習所で必ず習うハンドルの回し方です。しかし、送りハンドルはダメであるという教えも存在します。そこで今回は、送りハンドルについてとハンドルの正しい回し方について紹介します。


最新の投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。