目次へ戻る

日産 新型デイズについてご紹介!価格・スペック・燃費・内装は?

日産 新型デイズについてご紹介!価格・スペック・燃費・内装は?

2013年に登場以降、累計43万台を販売した日産「デイズ」が2019年3月にフルモデルチェンジを果たしました。パワートレインやエンジン仕様が一新され、軽自動車の勢力図が一気に変わる予感もあるこのデイズのリニューアルは、どのようなものなのでしょうか? 今回は、日産の新型デイズの価格やスペック等の詳細情報をご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


日産 デイズの歴史

日産 デイズ ハイウェイスターX(2015年10月後期型)

日産 デイズ ハイウェイスターX(2015年10月後期型)

日産デイズは、2013年に日産と三菱のアライアンスで生まれた株式会社NMKVから生産・開発された軽自動車で、これまで累計43万台を販売しています。

「ハイト系ワゴン」と呼ばれる普通の軽自動車よりも天井が高く作られているのが特徴になっています。このサイズの軽自動車は各社の看板車種が存在し、激戦区となっていました。

燃費性能が重視され始めた時期の発売ということもあり、その後ワゴンRに抜かれてしまいますが、デビュー当初は燃費クラスで1位を獲得出来るほどの性能の高さでした。

2019年にはこのデイズにフルモデルチェンジが行われました。日本の軽自動車の常識を一新するという思いのもと開発が行われ、セレナや日産リーフなどに搭載されている「プロパイロット」が軽自動車に初めて搭載され、注目を寄せています。

2019年3月に新型デイズが販売開始!

日産 デイズ

日産 デイズ 新型(ハイウェイスターX プロパイロットエディション)

日産は2019年3月28日に、軽自動車「デイズ」をフルモデルチェンジし、販売を開始しました。

フルモデルチェンジはデイズの歴史で初となっています。

新型 日産デイズのスペック

新型日産デイズのスペックは以下のようになっています。

【日産デイズ X(2WD)】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,620mm
ホイールベース2,430mm
最大乗車定員4名
車両重量840kg
燃費JC08モード:25.8km/L
エンジン種類

DOHC水冷直列3気筒

最高出力36kW(49PS)/6,500rpm
最大トルク

59N・m(6.0kgf・m)/5,000rpm

駆動方式前輪駆動
トランスミッションエクストロニックCVT

新型デイズには、軽自動車としては初となる日産プロパイロットを搭載しています。高速道路や渋滞中などの運転時のドライバーのストレスを軽減出来るよう、ステアリング操作をサポートする設計となっています。

さらに、踏み間違え防止アシストや緊急ブレーキ、アラウンドビューモニター、緊急通報システム(SOSコール)など、充実したADAS機能を装備しています。

新型パワートレインは新開発された、ルノー製の直列3気筒DOHC 0.66リッター「BR06」型エンジンが採用されています。

自然吸気エンジン仕様、自然吸気エンジン+SM21モーターを組み合わせたS-HYBRID(スマートシンプルハイブリッド)仕様、ターボ付き「BR06」型エンジン+SM21モーターのS-HYBRID仕様という3パターンで展開を行なっています。

どれも新開発のパワートレインで運転をさらに充実させる設計です。

新型デイズの内装

日産デイズの内装

日産デイズの内装

デイズの内装ですが、エンジンルームを従来モデルよりも65mm縮小した分広がった2,495mmという高い居住性が特徴です。

後席のスペースもしっかりと確保され、さらに座り疲れを防止するゼログラビティシートを日産の軽自動車としては初めて導入されており、長時間の運転にも対応出来ます。

引き出し式のセンタートレースやスマートフォンを置くことの出来る上下2段レイヤー構成のインストゥルメントパネル、直感的に操作出来るエアコンスイッチなど一体感のあるインテリアデザインとなっています。

デイズのボディカラーは、モノトーン13種類、2トーン4種類の計17種類のカラーバリエーションを用意されているので、自分の好みに合わせて選択する事が可能になっています。

新型デイズの燃費

新型デイスの燃費性能に関しては、JC08モード燃費における最良値は25.8km/Lとなっており、グレードX、ハイウェイスターX、ハイウェイスターGの2WD車がそれに当てはまります。

新型デイズのグレード別新車価格

新型デイズの価格ですが、モデル毎のメーカー希望小売価格(消費税込)は以下の通りです。


ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(4WD)
1,811,700円
ハイウェイスターX プロパイロットエディション(4WD)
1,730,300円
ハイウェイスターGターボ(4WD)
1,712,700円
ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(2WD)
1,677,500円
ハイウェイスターX(4WD)
1,631,300円
ハイウェイスターX プロパイロットエディション(2WD)
1,596,100円
ハイウェイスターGターボ(2WD)
1,578,500円
ボレロ(4WD)
1,571,900円
ハイウェイスターX(2WD)
1,497,100円
X(4WD)1,483,900円
ボレロ(2WD)
1,437,700円
S(4WD)
1,431,100円

X(2WD)

1,349,700円

S(2WD)

1,296,900円

新型デイズと旧型デイズの変更点は?

新型デイズと旧型デイズの大枠の変更点は以下のとおりです。

プロパイロット搭載で高い安全性能

日産デイズの「プロパイロット」

日産デイズの「プロパイロット」

軽自動車として初となるプロパイロットを搭載しました。

高速道路や渋滞中の運転をサポートする事でより安全に運転を楽しむ事が出来るようになっています。

もしもの時にも安心

軽自動車初のSOSコール搭載となっており、ルームランプ部に搭載されたSOSボタンを押すかエアバックが起動すると専用オペレーターに繋がります。

必要に応じて警察や消防、医療機関への連絡を行うなどサポートも充実しています。

広がった室内空間で広々スペース

日産デイズ

日産デイズ

設計部分から見直された結果、65mm室内空間を広げる事に成功しました。

運転空間はもちろん、後部座席の空間も確保され快適な室内空間となっています。

独自形状のシート構造で長時間ドライブにも対応

座り心地を意識した設計のゼログラビティシートで、骨盤をしっかりと支えてくれます。

そのため、背筋への負荷なども軽減する事が可能になっており、長時間のドライブでも疲れにくくなっています。

力強い走りを実現

プロパイロット搭載の新型デイズ試乗会の様子

日産デイズ

新型のパワートレイン搭載で従来モデルよりも力強い運転が実現されました。

安定感も旧型よりも増した為、高速走行・都心部での運転と場所を選びません。

新型デイズの評価・口コミ・レビューは?

新型『デイズ』が登場するまでは、販売台数でトップを疾走するホンダ『N-BOX』が総合力でトップクラスだと認識していた。

新型デイズに試乗すると、この勢力図が一気に書き換えられる可能性があると考えるようになった。そう実感させたのは、日産得意のプロパイロットの採用。N-BOXはホンダセンシングの先進安全装備で人気を集めているが、デイズはN-BOXより機能をより高めているのが特徴。その機能でもっとも差を実感するのがプロパイロットによるACCでの走行だ。

新型デイズの登場によって、プロパイロットの搭載がさらに運転を快適にしてくれて今後販売数トップになりうるポテンシャルを秘めています。

試乗車ではプレミアムコンビネーションインテリアとし、こだわりと上質感をモノにしている。外観もそうだが、今回の新型では室内に乗り込むと、ここでも軽を超えた上質感が伝わってくる。

新型は日産主導での設計だったと聞くが、登録車の基準で作られ、それが軽のサイズに凝縮された分、より濃密な造りに仕上がったのではないか……そんな印象を受ける。

アクセル、ブレーキ、ハンドルの各操作をアシストするプロパイロットの採用も、軽らしからぬ手厚さの現れ。「遠出してほしい」とはエンジニアの思いのひとつだったそうだが、安全性を高めアクシデントから乗員を守るための機能や装備を充実させる姿勢は、ドシドシ進めてほしいものだ。

安全性や走りやすさだけでなく、内装、インテリアの上質さや造りの美しさも含めて乗りたいと思える車という印象を受けます。

新型日産ルークスは発売目前!

フルモデルチェンジした日産の新型デイズルークスが2020年3月19日に「日産 ルークス」となって発売されます。

デイズルークスは、デイズシリーズの第二弾のハイトワゴンモデル。今回のモデルチェンジで「デイズ」がなくなり「ルークス」として発売されます。

室内高が139cmと小さなお子さんが立って移動できるほどの高さで、シートに大人が2人乗っても窮屈さを感じさせない室内区間の広さとなっています。

荷室床面長も675mmとラゲッジルームも広く、ファミリーカーとしても申し分のない車です。

また、「プロパイロット」や「インテリジェント アラウンドビューモニター」も搭載されており、安心してゆとりのある運転ができるため、女性ドライバーにもおすすめの車となっています。

まとめ

日産デイズ

日産デイズ

新型デイズは軽自動車の勢力図を一新する力を持っています。

販売台数1位のホンダのN-BOXに負けないほどの魅力に溢れたモデルです。

セカンドカーとしてだけでなく、ファーストカーとしても使用が可能な新型デイズ。車の購入や買い替えを検討されている方は是非選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

関連するキーワード


日産 車種情報 デイズ

関連する投稿


【最新】2021年以降発売が予測される新型車 新車情報

【最新】2021年以降発売が予測される新型車 新車情報

2021年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車が発売されるのか?本記事では2021年以降に発売が予測される国産車をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、発売日など、気になる最新情報を徹底解説!随時更新です(※5月27日更新しました)


【2020年】新型車(国産車)&新車情報 最新情報

【2020年】新型車(国産車)&新車情報 最新情報

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会える?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、発売日予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!(※2020年5月更新しました)


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい、という方のために今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたにおすすめです。


日産の高級車ブランド インフィニティ|アメリカの現行モデルを一覧で紹介!日本でも買える?

日産の高級車ブランド インフィニティ|アメリカの現行モデルを一覧で紹介!日本でも買える?

日産が海外で展開している高級車ブランドがインフィニティです。当記事では現行でアメリカで発売されているインフィニティの車両モデルを一覧で紹介します。合わせて、日本国内で購入する場合や、購入にあたって発生する費用の種類も見ていきます。インフィニティを購入検討されている方、必見です!(※2020年5月更新しました)


日産スカイラインの400R!時代の技術を追求した秘密を徹底チェック

日産スカイラインの400R!時代の技術を追求した秘密を徹底チェック

日産のスカイラインに、2019年10月のマイナーチェンジで追加されたグレード400R。スカイライン、スカイラインGT-Rを含め、初となる400PSを超えた圧倒的なパワーを誇り、世界初となるステア・バイ・ワイヤを採用した一体感溢れるハンドリングとなっています。今回は、そんなスカイライン400Rについてご紹介していきます。


最新の投稿


トヨタのTjクルーザーとは?発売日・価格・特徴・最新情報

トヨタのTjクルーザーとは?発売日・価格・特徴・最新情報

トヨタの新たなSUVと言われているTj(ティージェイ)クルーザー。Tjクルーザー、特に注目したい点がスライドドア付きSUVという点。今回はこのTjクルーザーというトヨタの新たなコンセプトカーがどういう車なのか?そもそも発売はあるのか?価格・発売日・スペック他気になる最新情報をまとめて紹介します。(※2020年5月更新しました)


【4月の新車販売】 緊急事態の中でも N-BOXがトップを維持!日産は低迷か

【4月の新車販売】 緊急事態の中でも N-BOXがトップを維持!日産は低迷か

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した4月の車名別国内新車販売台数によると、ホンダの「N-BOX」が引き続き首位をキープし、登録車では2月に発売したトヨタの新型ヤリスが初の首位になりました。それではその他の車種の動向とランキングを見てみましょう。


イグニッションとは?意味や仕組み 交換方法もご紹介

イグニッションとは?意味や仕組み 交換方法もご紹介

イグニッションという言葉を聞いたことがありますか?イグニッションは車を動かすために必要なものなんです。今回は、イグニッションについてご説明していきます。


軽自動車の車検費用はいくら?乗用車より安い?費用相場や手続き方法

軽自動車の車検費用はいくら?乗用車より安い?費用相場や手続き方法

軽自動車は乗用車よりも税金や重量税などが安価になるという傾向があります。今回は、定期的に行わなければならない車検の費用や内訳などについて解説します。


【保存版】トヨタのGRシリーズ

【保存版】トヨタのGRシリーズ

GRシリーズをご存知ですか?GRシリーズとは、世界中のモータースポーツに参戦するTOYOTA GAZOO Racing が極限で培った技術と情熱を惜しみなく注いだスポーツカーブランドなんです。GR、と一言で言っても、GRMN、GR、GRSPORT、GRPARTSと分かれていて、何が何やらよくわからない。そんな方のために本記事ではGRシリーズをわかりやすくまとめてみました。(2020年更新しました)