トップへ戻る

【豆知識】スーパーグレートの特徴やスペック、人気の理由をご紹介

【豆知識】スーパーグレートの特徴やスペック、人気の理由をご紹介

大きいトラックを運転している人を見ると、何となく憧れる人も多いのではないでしょうか。今回の記事では、街中でも見ることも多いトラック、「スーパーグレート」の必要性やスペックなどについてまとめました。この機会にぜひ大型車の代表的な存在の、「スーパーグレート」の魅力に触れてみてください。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スーパーグレートとは?

三菱ふそうスーパーグレート

三菱ふそうスーパーグレート

三菱ふそうのスーパーグレートは、1996年から生産されているトラックで、安全性能や居住性、そして乗り心地にも配慮しながら改良を重ね続け、どんどんグレードアップしてきました。

運送業界ではなくてはならない車種で、快適な運転ができることから女性ドライバーにも人気があります。

ドライバーの中には、スーパーグレートを運転したくて、大型免許を取得した人もいるのではないかと思うくらい圧倒的な存在感があり、大型自動車の代名詞にもなっています。

また、2019年10月にはアクティブ・ドライブ・アシスト(ADA)、アクティブ・ブレーキ・アシスト5(ABA5)、インテリジェント・ヘッドランプコントロール(IHC)、交通標識認識機能を搭載し、運転アシスト機能を大幅強化最新のモデルが誕生し話題になっています。

スーパーグレートはなぜ人気?

三菱ふそうスーパーグレート

三菱ふそうスーパーグレート

スーパーグレートは常により良い「運送」について考えられて進化を続けているため、経済的にも安全面においても他のトラックとは大きな違いがあり、乗る人に選ばれそして信頼される車種になっています。

そのため運送業界においてはファンが多く、不同な人気を誇るなくてはならないトラックです。

【人気の理由1】高性能であるため運送の効率が良い

2020年4月現在では、2種類のスマートエンジンを搭載しています。この結果、低燃費でありながらパワフルな走りとスムーズな加速で運送効率が良く、ストレスを感じない快適な運転が実現しました。

また、快適な運転という点ですと他にもスーパーグレートは輸送先が長距離移動も多いため、走行状態が常に安定しており、まるで乗用車に乗っているようなところも大きなポイントとなっています。

【人気の理由2】安全運転ができてドライバーを守る

スーパーグレートは高度運転支援機能であるアクティブドライブアシストや、事故原因の一つである「巻き込み」を防ぐアクティブ・サイドガード・アシスト、また運転状態を監視し注意力低下を警告する運転注意力モニターなどが装備されています。

そのため、安全運転がしやすい仕様となっています。

【人気の理由3】国内初の新機能も備えられていて安心

スーパーグレートは、2019年の一部改良で新規設定されたアクティブ・ドライブ・アシストによって、トラック業界では国内初となるレベル2自動運転を実現しています。

これは、全車速追従型クルーズコントロールとレーンキープ機能の組み合わせによるもので、ドライバーの負担軽減に大きく寄与することでしょう。

この結果、ドライバーのうっかりミスを防ぐことができることによって、一瞬の誤判断による大事故を未然に予防できて安心感を実感することができます。

スーパーグレートの特徴とスペックについて

2017年に21年ぶりにフルモデルチェンジしたと言われているスーパーグレートですが、今は女性ドライバーのことも考慮したりと様々な進化を遂げました。

特に注目したいのが、安全面では2019年11月に施行された衝突被害軽減ブレーキ第2段階規制のために、「Active Mitigation Brake plus」と「Active Brake Assist 4」の2種類が搭載されている点です。

従来の機能を進化させた「Active Mitigation Brake plus」は、衝突や玉突き事故の危険から守るために自動ブレーキと同時に警告をディスプレイに表示させて衝撃を軽くできるように備えてくれます。こちらはエコラインのグレードに搭載されています。

「Active Brake Assist 4」はプロラインとプレミアムラインに搭載されており、「Active Mitigation Brake plus」の機能に追加して自動ブレーキで減速操作まで可能にする更に1ランク上のシステムとなっています。

以下では、スーパーグレートのスペックをご紹介します。

三菱ふそう スーパーグレートのスペック

【三菱ふそう スーパーグレート FP-R汎用仕様 4×2セミトラクタ D尺】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)5,685mm×2,490mm×3,265mm(ホイールベース:3,250mm)
最大乗車定員2名
車両重量6,940kg
燃費重量車モード燃費:3.40km/L(軽油)
エンジン種類直6インタークーラーターボディーゼル
最高出力315kw(428ps)1,600rpm
最大トルク2,100N・m (214kgf・m) 1,100rpm
駆動方式後輪駆動
トランスミッション直結12段ShiftPilot

情報は2020年4月現在の公式サイトより

スーパーグレートのメンテナンスについて

スーパーグレートのメンテナンスは、運行前の日常点検や走行距離が1,000km・5,000km時の新車時点検があったり、法律で定められた定期点検・ 法定点検 メーカー指定点検、定期部品交換などの機会に行われます。

内容としては、パワーステアリングオイル・フィルターエレメント交換、トランスミッションフィルター・エレメント交換、燃料システム内とインジェクター洗浄(6ヶ月ごと)、サプライバルブの点検など、細かい内容になっています。

細かいですが法律も定まっているので、抜けがないようにしっかりと日頃からメンテナンスや点検は期日などを意識するようにしましょう。

まとめ

三菱ふそうスーパーグレート

三菱ふそうスーパーグレート

21年ぶりにモデルチェンジしたスーパーグレートは、高性能で運転しやすいトラックです。かなり大きな車両ですが、いろんな工夫がなされているので、乗り降り一つにしてもドライバー目線に作られています。

他の大型トラックにはない魅力があるので、一度コックピットに座ってみたいですね。

関連するキーワード


豆知識 お役立ち情報

関連する投稿


【交通安全協会】入会は任意、会費を払うメリットは?実はお得?

【交通安全協会】入会は任意、会費を払うメリットは?実はお得?

免許証の交付や更新時などに入会できる「交通安全協会」ですが、そもそも入会は任意なのか義務なのかといった疑問から、チャイルドシートの無料レンタルや協賛店の割引などの入会メリット、会費を紹介します。また、入会と退会の方法についても記載しています。


駐車違反の反則金はいくら?標識がなくても駐車禁止の場所は?

駐車違反の反則金はいくら?標識がなくても駐車禁止の場所は?

当記事では駐車禁止違反(駐禁)について、違反をしてしまった際の反則金・罰金、違反点数などの罰則内容から、駐車禁止のステッカーを貼られてしまった場合にどうすればいいのか等の対処方法、駐禁の反則金の支払いについてや、違反をしてしまった場合はすぐに出頭すべきか否か等をまとめて掲載しています。(※情報は2022年7月現在のものです)


車のエアコンガス チャージ・補充方法は?入れ方や料金を徹底解説

車のエアコンガス チャージ・補充方法は?入れ方や料金を徹底解説

季節の変化で気温が変わると必要になるのが車のエアコン。今回は、そのエアコンのために補充が必要なエアコンガスについて、漏れる原因や確認方法から、セルフでの補充方法、補充にかかる料金について解説します。


免許停止(免停)とは?免停になる違反点数や免停期間、講習に関する疑問を解決

免許停止(免停)とは?免停になる違反点数や免停期間、講習に関する疑問を解決

交通違反や交通事故によって違反点数が加算され、一定の点数を超えると免許停止(免停)になります。免停となる点数や免停期間、免停講習はどのようなことをするのかなど、免停に関する疑問をわかりやすく紹介します。


金融車とは?相場より安く販売される理由と知っておくべきデメリットを解説

金融車とは?相場より安く販売される理由と知っておくべきデメリットを解説

車を安く購入する方法にはさまざまなものがあります。中でも相場よりかなり安く販売されていることで注目されているのが金融車です。ここでは金融車とは何なのか、そしてメリットやデメリットについてわかりやすく解説します。


最新の投稿


【2022年】女性におすすめのかっこいい車!国産車・外車10選

【2022年】女性におすすめのかっこいい車!国産車・外車10選

女性が運転していたらより一層かっこいい。そんな車を国内外の多様なジャンルの車から国産車5台、輸入車5台をピックアップしました。貴女に似合うピッタリの一台が見つけてください。


【2022年】セダンの人気車種10選!国産車・輸入車の販売台数ランキングから紹介

【2022年】セダンの人気車種10選!国産車・輸入車の販売台数ランキングから紹介

車には様々なボディタイプがありますが、多くの人が車と聞いて最初に思い浮かべる、最もオーソドックスな形状の車がセダンです。最近のセダンは流れるルーフラインでクーペのような美しいデザインも多く、セダンの定義やイメージも時代とともに少しずつ変わってきています。この記事では、現在販売されている新車のセダンで販売台数ランキングトップ5の国産車と輸入車をそれぞれ5台ずつ、計10台紹介します。


【2022年最新】アウトドアや車中泊におすすめの軽バン5選!

【2022年最新】アウトドアや車中泊におすすめの軽バン5選!

昨今アウトドアや車中泊の人気が高まっていますが、気軽に車中泊を始めるなら「軽バン」がおすすめです。もともとは「仕事用」のイメージが強い軽バンですが、実はいろいろな種類があります。この記事では車中泊におすすめの軽バンを5台紹介します。


【2022年最新】かっこいいSUVの国産車&外車おすすめ10選

【2022年最新】かっこいいSUVの国産車&外車おすすめ10選

昨今、各メーカーが最も力を入れてるジャンルの一つであるといっても過言ではないSUV。悪路走破性能に特化した本格クロカンSUVはもちろんのこと、都市型クロスオーバーSUVや高級感溢れるフラッグシップモデル、さらには一風変わったこだわりのデザインの車種まで、国産&輸入のかっこいいSUVを10車種紹介します。


【2022年】新車を買うならリセールバリューが高い車を選ぼう!おすすめの新車5選

【2022年】新車を買うならリセールバリューが高い車を選ぼう!おすすめの新車5選

市場には、リセールバリュー(再販価値)の高い車と低い車があります。購入時にリセールバリューの高い車を選べば、新車販売価格は高額であっても、所有期間中に目減りする資産価値、すなわち自分の持ち出し分は意外と少なくなる可能性も。この記事では、リセールバリューの高いおすすめの5車種を紹介します。