目次へ戻る

フォルクスワーゲンのセダン アルテオンってどんな車?

フォルクスワーゲンのセダン アルテオンってどんな車?

フォルクスワーゲンが販売しているアルテオンは、日本での同社のフラッグシップモデルであるミドルラージセダンです。今回はアルテオンについて、特徴から中古価格情報、評価や口コミなどについて説明します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


アルテオンってどんなクルマ?

アルテオン Rライン

アルテオン Rライン

アルテオン(Arteon)は、ドイツに本拠を構える自動車メーカー・フォルクスワーゲンによって製造および販売されている車です。中型・Dセグメントセダンに分類されており、2017年の10月25日に日本仕様のモデルが販売されました。

2008年に同社より発売された、CCの後継車種にあたります。中国ではフォルクスワーゲン・フィデオンがありますが、それ以外の全ての販売地域におけるフラッグシップサルーンにあたるのが、このアルテオンという車種です。

アルテオンの特徴

アルテオン Rライン 4モーションアドバンス

アルテオン Rライン 4モーションアドバンス

最大350Nmと非常に大きなトルクでゆったりと走れるエンジン、フルタイム4WDシステムの組み合わせでスポーティな走りがこなせます。後方からの衝突予測機能を含む数々の最新安全テクノロジーが盛り込まれており、街中の走りも快適です。

街乗りから週末のロングドライブに至るまで楽々とこなせる、フォルクスワーゲンのフラッグシップの車種としてふさわしい性能を誇るグランドツーリングカーであるのがこのアルテオンの特徴です。

外観は流麗かつ大胆なシェイプを採用しており、クーペのスタイリッシュさも備えています。車内は広々とした大容量のラゲージスペースを誇り、セダンの快適性とステーションワゴンの機能性を高次元でミックスした大満足の仕上がりです。

ロングランを楽しむ際には高出力エンジンとフルタイム4WDシステムを活用し、街乗りの際には最高水準の安全テクノロジーとコントロール性を満喫しましょう。さらに1年後の2018年10月には、新グレードであるEleganceがリリースされています。

内装にチタンブラックやミストラルグレーなど3色のバリエーションが追加され、木製のデコラティブパネルが採用されました。

外装には専用のフロントバンパーや、ステアリングヒーターなど追加装備が充実しています。駆動方式は独自の4WDシステムである、4MOTIONが引き続きの搭載です。

アルテオンの燃費

アルテオン TSI 4MOTION Elegance

アルテオン TSI 4MOTION Elegance

馬力は280、最高トルクは350Nmというエンジンを持つ4輪駆動のアルテオンの燃費は、どれくらいのものでしょうか。公式情報によれば、JC08モードにおける燃費は13.3km/Lとなっています。

高速道路でひたすら伸びたり、逆に一般道での落ち込みが少ないなどの特徴的な変化は少なくアルテオンは非常に普遍的な燃費の傾向となっています。

普通の車と同じように、一般道よりも高速道路の方が伸びること、速度を出すよりも穏やかに走った方が伸びることなど、一般的な燃費の概念をそのまま適用できると思って良いです。

もちろん渋滞していれば落ちる、下り坂では伸びるなどこちらも基本的には変わりません。総評としてスポーティに乗りたい、ロングドライブに用いたいという方にとっては非常に運用しやすい車種と言えるでしょう。

アルテオンの中古車情報

アルテオン TSI 4MOTION Rライン

アルテオン TSI 4MOTION Rライン

フォルクスワーゲンにおけるフラッグシップ車、アルテオンは中古市場においても根強い人気のある車種です。そのため全国の中古車専門店のうち、主要都市であれば大抵は在庫を確保しているのが現状となっています。

たとえば九州地方であれば福岡県、中部地方で言えば愛知県など大規模都市を形成しているエリアには大概在庫ありとなっている可能性が高いです。

試乗のためだけに、中国地方から関東へ遠征しなければならないというケースは少ないため比較的手軽に試せると考えて良いでしょう。

なおアルテオンをはじめとするフォルクスワーゲンの車の場合、中古車は通常のお店で売買されるものに加えて特別の認定品というものが存在します。その名もダス・ヴェルトアウトと呼ばれ、フォルクスワーゲン公式による認定中古車のことです。

ドイツ語でザ・ワールドカーという意味を持つ通り、世界品質を届けるというフォルクスワーゲンの理念を形にしたものとなっています。顧客の安全のために厳しい水準を規定しており、それらをクリアしたもののみ認定品として出品しているという訳です。

厳しいチェックをクリアした車両のみ、さらにそこからベストコンディションに仕上げたものを販売しています。

これにより商品の品質はもちろん、サービスや経費など中古車の購入におけるあらゆるリスクを最小限にして、きめ細やかな保証により所持している時のオーナーライフをしっかりとサポートしてくれるという仕組みです。

年式や距離に応じて区分けされた3つのグレード、新車登録から10年および走行距離10万km以内の車両のみという基準は最低限クリアしなければならないので、購入者としては非常に安心できます。

そして同社のスペシャリストが隅々まで整備をして、事前確認および入念なロードテストを行います。長期保証に加えて、保証期間中は全国どこでも24時間サポートしてくれるロードサービスといった十分な充実ぶりです。

アルテオンの中古価格

アルテオン

アルテオン

中古市場をチェックする上で欠かせないのが、相場価格です。目安としては通常のアルテオンであれば300万円から320万円ほど、グレード違いのAdvanceであれば290万円から520万円前後となっています。

2018年に発表されたEleganceについては、380万円から540万円といった金額が大まかな目安です。もちろん他のメーカーや車種と同様に年式やグレード、走行距離などで価格は変動します。

加えて中古車市場においての、その時の在庫状況においても価格が変動することは言うまでもありません。さらに公式の認定品であるダス・ヴェルトアウトであれば、同じ年式や使用年数であっても当然ながら値段は跳ね上がります。

公式のお墨付きであるため品質が安定していること、仮にオーナーとなった後で売却を検討した際に高値が付きやすいことが理由として挙げられます。アフターサービスや長期保証が受けられる、という点も非常に大きいです。

アルテオンの評価・口コミ

アルテオン Rライン・アドバンス(東京モーターショー2017)

アルテオン Rライン・アドバンス(東京モーターショー2017)

街乗りにもロングランにも両方対応できるアルテオンは、フォルクスワーゲンが太鼓判を押している車種です。それだけに、事前に用途や目的を練って入念に調べてから納得して購入するオーナーが多く、車両の評価も概ね高い傾向にあります。

走行性能に関しては加速がスムーズであること、車両の大きさに反比例して小回りが利くことなどが評価されています。

前車追従システムが非常に優秀であり、たとえば前の車が車線変更して居なくなった際の設定速度への移行がスムーズで、不自然さがなく快適であることも高評価の対象となっていました。

コーナーでもしっかり回ることができること、特にスポーツモードの加速の良さが良いことも述べられています。ソフトからハードまで、自由に設定を変更できるため乗り心地も概ね好評です。

19インチまたは20インチタイヤであるため、路面の音を少し拾いつつも乗り心地が良いと言われています。燃費も高速道路であれば12kmから14km、市内で8kmという数値が平均的との声が多いです。

同社が自信を持って売り出しているだけあって、積載性も良く使い勝手が良いという意見が多く見られました。基本的に故障も少なく、サポートも充実しているため中古車でも安心できるというのが一般的な評価です。

スポーツクーペの様なデザイン、機能性と汎用性の高さなども評価の対象となっており、総合的に満足度が高い車両と言えるでしょう。

まとめ

アルテオン

アルテオン

2017年にフォルクスワーゲン社のフラッグシップ車として登場し、現在も強い人気を誇る車種です。

スポーティな走りや週末のロングドライブ、街中での日常走行とどちらもこなせて、なおかつスポーツクーペのような優れたデザインなど多くの人を惹き付ける要素が満載されています。

中古車を探すのであれば一般的な在庫だけでなく、メーカー公認であるダス・ヴェルトアウトを狙うこともおすすめします。

関連する投稿


【最新版】安くてもカッコイイ!おすすめセダン大特集

【最新版】安くてもカッコイイ!おすすめセダン大特集

最近はSUVでなきゃ車じゃないと思われるほどの人気ですが、車と言えば4ドアセダンという人も多く、セダンならではの良さを知ればその魅力がわかるはずです。そこで今回は知ってるようで意外と知らないセダンの良さと、おすすめしたい格安セダンを大特集します。これを読めば貴方もきっとセダンが好きになるはずですよ!


【2020年最新版】セダンの人気ランキングTOP6&おすすめ車種を一挙掲載

【2020年最新版】セダンの人気ランキングTOP6&おすすめ車種を一挙掲載

「セダン」。セダンと単に言っても、スポーツセダンからコンパクトセダンまで、様々なタイプのモデルが存在しています。最も売れているセダンは何なのか、人気ランキング形式で車種の燃費やスペック、価格等を比較できるよう紹介していきます。クルマ選びの参考にしてください。(※自販連より/2020年上半期と7〜8月を元に作成)


【最新版】国産・外車コンパクトSUVおすすめ10選

【最新版】国産・外車コンパクトSUVおすすめ10選

今、コンパクトSUVが熱い!ダイハツロッキーと姉妹車のトヨタライズが発売された直後から大ヒット、さらに日産からはキックスがついに国内へ導入されました。また、フォルクスワーゲンはTクロスを日本に導入して話題となっています。そこで、今回は、注目されるコンパクトSUVを国産車、外車(輸入車)から5台ずつ選んで、お勧めする10台をご紹介します。


【ベンツ新型Sクラス】9月発表予定 プロトタイプ最新情報

【ベンツ新型Sクラス】9月発表予定 プロトタイプ最新情報

メルセデスベンツのフラッグシップモデル・新型Sクラスの最新プロトタイプを激写。9月発表予定の新型Sクラス。本記事ではそんな期待の高まる新型Sクラスの最新情報を、最新のプロトタイプ画像とともにお届けします。


【最新版】マツダ3セダンを検討中の方に捧げる 悩んだらコレを読め!

【最新版】マツダ3セダンを検討中の方に捧げる 悩んだらコレを読め!

マツダ3セダンを検討したくても、多彩なパワーユニットが特徴のマツダ3はグレード選びで悩む人も多いのではないのでしょうか?そこで今回はマツダ3セダンを徹底解説し、その悩みを解消します。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。