トップへ戻る

フォルクスワーゲンのセダン アルテオンってどんな車?

フォルクスワーゲンのセダン アルテオンってどんな車?

フォルクスワーゲンが販売しているアルテオンは、日本での同社のフラッグシップモデルであるミドルラージセダンです。今回はアルテオンについて、特徴から中古価格情報、評価や口コミなどについて説明します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


アルテオンってどんなクルマ?

アルテオン Rライン

アルテオン Rライン

アルテオン(Arteon)は、ドイツに本拠を構える自動車メーカー・フォルクスワーゲンによって製造および販売されている車です。中型・Dセグメントセダンに分類されており、2017年の10月25日に日本仕様のモデルが販売されました。

2008年に同社より発売された、CCの後継車種にあたります。中国ではフォルクスワーゲン・フィデオンがありますが、それ以外の全ての販売地域におけるフラッグシップサルーンにあたるのが、このアルテオンという車種です。

アルテオンの特徴

アルテオン Rライン 4モーションアドバンス

アルテオン Rライン 4モーションアドバンス

最大350Nmと非常に大きなトルクでゆったりと走れるエンジン、フルタイム4WDシステムの組み合わせでスポーティな走りがこなせます。後方からの衝突予測機能を含む数々の最新安全テクノロジーが盛り込まれており、街中の走りも快適です。

街乗りから週末のロングドライブに至るまで楽々とこなせる、フォルクスワーゲンのフラッグシップの車種としてふさわしい性能を誇るグランドツーリングカーであるのがこのアルテオンの特徴です。

外観は流麗かつ大胆なシェイプを採用しており、クーペのスタイリッシュさも備えています。車内は広々とした大容量のラゲージスペースを誇り、セダンの快適性とステーションワゴンの機能性を高次元でミックスした大満足の仕上がりです。

ロングランを楽しむ際には高出力エンジンとフルタイム4WDシステムを活用し、街乗りの際には最高水準の安全テクノロジーとコントロール性を満喫しましょう。さらに1年後の2018年10月には、新グレードであるEleganceがリリースされています。

内装にチタンブラックやミストラルグレーなど3色のバリエーションが追加され、木製のデコラティブパネルが採用されました。

外装には専用のフロントバンパーや、ステアリングヒーターなど追加装備が充実しています。駆動方式は独自の4WDシステムである、4MOTIONが引き続きの搭載です。

アルテオンの燃費

アルテオン TSI 4MOTION Elegance

アルテオン TSI 4MOTION Elegance

馬力は280、最高トルクは350Nmというエンジンを持つ4輪駆動のアルテオンの燃費は、どれくらいのものでしょうか。公式情報によれば、JC08モードにおける燃費は13.3km/Lとなっています。

高速道路でひたすら伸びたり、逆に一般道での落ち込みが少ないなどの特徴的な変化は少なくアルテオンは非常に普遍的な燃費の傾向となっています。

普通の車と同じように、一般道よりも高速道路の方が伸びること、速度を出すよりも穏やかに走った方が伸びることなど、一般的な燃費の概念をそのまま適用できると思って良いです。

もちろん渋滞していれば落ちる、下り坂では伸びるなどこちらも基本的には変わりません。総評としてスポーティに乗りたい、ロングドライブに用いたいという方にとっては非常に運用しやすい車種と言えるでしょう。

アルテオンの中古車情報

アルテオン TSI 4MOTION Rライン

アルテオン TSI 4MOTION Rライン

フォルクスワーゲンにおけるフラッグシップ車、アルテオンは中古市場においても根強い人気のある車種です。そのため全国の中古車専門店のうち、主要都市であれば大抵は在庫を確保しているのが現状となっています。

たとえば九州地方であれば福岡県、中部地方で言えば愛知県など大規模都市を形成しているエリアには大概在庫ありとなっている可能性が高いです。

試乗のためだけに、中国地方から関東へ遠征しなければならないというケースは少ないため比較的手軽に試せると考えて良いでしょう。

なおアルテオンをはじめとするフォルクスワーゲンの車の場合、中古車は通常のお店で売買されるものに加えて特別の認定品というものが存在します。その名もダス・ヴェルトアウトと呼ばれ、フォルクスワーゲン公式による認定中古車のことです。

ドイツ語でザ・ワールドカーという意味を持つ通り、世界品質を届けるというフォルクスワーゲンの理念を形にしたものとなっています。顧客の安全のために厳しい水準を規定しており、それらをクリアしたもののみ認定品として出品しているという訳です。

厳しいチェックをクリアした車両のみ、さらにそこからベストコンディションに仕上げたものを販売しています。

これにより商品の品質はもちろん、サービスや経費など中古車の購入におけるあらゆるリスクを最小限にして、きめ細やかな保証により所持している時のオーナーライフをしっかりとサポートしてくれるという仕組みです。

年式や距離に応じて区分けされた3つのグレード、新車登録から10年および走行距離10万km以内の車両のみという基準は最低限クリアしなければならないので、購入者としては非常に安心できます。

そして同社のスペシャリストが隅々まで整備をして、事前確認および入念なロードテストを行います。長期保証に加えて、保証期間中は全国どこでも24時間サポートしてくれるロードサービスといった十分な充実ぶりです。

アルテオンの中古価格

アルテオン

アルテオン

中古市場をチェックする上で欠かせないのが、相場価格です。目安としては通常のアルテオンであれば300万円から320万円ほど、グレード違いのAdvanceであれば290万円から520万円前後となっています。

2018年に発表されたEleganceについては、380万円から540万円といった金額が大まかな目安です。もちろん他のメーカーや車種と同様に年式やグレード、走行距離などで価格は変動します。

加えて中古車市場においての、その時の在庫状況においても価格が変動することは言うまでもありません。さらに公式の認定品であるダス・ヴェルトアウトであれば、同じ年式や使用年数であっても当然ながら値段は跳ね上がります。

公式のお墨付きであるため品質が安定していること、仮にオーナーとなった後で売却を検討した際に高値が付きやすいことが理由として挙げられます。アフターサービスや長期保証が受けられる、という点も非常に大きいです。

アルテオンの評価・口コミ

アルテオン Rライン・アドバンス(東京モーターショー2017)

アルテオン Rライン・アドバンス(東京モーターショー2017)

街乗りにもロングランにも両方対応できるアルテオンは、フォルクスワーゲンが太鼓判を押している車種です。それだけに、事前に用途や目的を練って入念に調べてから納得して購入するオーナーが多く、車両の評価も概ね高い傾向にあります。

走行性能に関しては加速がスムーズであること、車両の大きさに反比例して小回りが利くことなどが評価されています。

前車追従システムが非常に優秀であり、たとえば前の車が車線変更して居なくなった際の設定速度への移行がスムーズで、不自然さがなく快適であることも高評価の対象となっていました。

コーナーでもしっかり回ることができること、特にスポーツモードの加速の良さが良いことも述べられています。ソフトからハードまで、自由に設定を変更できるため乗り心地も概ね好評です。

19インチまたは20インチタイヤであるため、路面の音を少し拾いつつも乗り心地が良いと言われています。燃費も高速道路であれば12kmから14km、市内で8kmという数値が平均的との声が多いです。

同社が自信を持って売り出しているだけあって、積載性も良く使い勝手が良いという意見が多く見られました。基本的に故障も少なく、サポートも充実しているため中古車でも安心できるというのが一般的な評価です。

スポーツクーペの様なデザイン、機能性と汎用性の高さなども評価の対象となっており、総合的に満足度が高い車両と言えるでしょう。

まとめ

アルテオン

アルテオン

2017年にフォルクスワーゲン社のフラッグシップ車として登場し、現在も強い人気を誇る車種です。

スポーティな走りや週末のロングドライブ、街中での日常走行とどちらもこなせて、なおかつスポーツクーペのような優れたデザインなど多くの人を惹き付ける要素が満載されています。

中古車を探すのであれば一般的な在庫だけでなく、メーカー公認であるダス・ヴェルトアウトを狙うこともおすすめします。

関連する投稿


新型フォルクスワーゲン ゴルフ8|価格は日本で発売されるのはいつ?

新型フォルクスワーゲン ゴルフ8|価格は日本で発売されるのはいつ?

新型フォルクスワーゲンゴルフ8の発売時期が国内では遅れるそうです。これはコロナウイルスの影響が大きいのだとか。また、ドイツでは2019年にフルモデルチェンジが行われ発売されていますが、国内ではどうやら2021年の発売が濃厚そうです。今回は一足先にゴルフ8について書いていきます。


2021年に注目すべき新型車をドドンと大胆予想8選!話題のあの車も

2021年に注目すべき新型車をドドンと大胆予想8選!話題のあの車も

2021年もまだまだコロナの影響は色濃く、ニューノーマルを模索する1年となりそうな予感がしますが、気晴らしに発表が予想される新型車に思いを馳せてみるのはいかがでしょう。大混乱だった2020年の間も着々と開発を進めることに成功した新型車たちは、自動車の未来がどんな風に変わっていくのかを教えてくれる重要な一台となること間違いなし。詳しく見ていきましょう。


VWとはどのようなメーカー?概要や売れ筋車種をご紹介!

VWとはどのようなメーカー?概要や売れ筋車種をご紹介!

VWは日本でも人気が高く街中でも見ることが多い海外の自動車メーカーです。さまざまのタイプのモデルがラインナップしているだけでなく、価格帯も幅があるので、どのようなモデルを購入すべきか迷っている方も多いでしょう。またVWというメーカーの始まりについて知らない方も多いでしょう。この記事では、VWのメーカーの概要から人気車種をご紹介します。


セダンはもう時代遅れ?今こそ注目すべきセダンの魅力

セダンはもう時代遅れ?今こそ注目すべきセダンの魅力

時代と共に車も進化や変化を続けています。一昔前まで自動車といえば、多くの方がセダンタイプのものをイメージしていたのではないでしょうか。しかし、今日ではセダン以外にも多くの車の選択肢があります。中でも、SUVなどのハッチバック系のモデルの人気が高まっていることもあって、セダンの存在感がやや小さくなったという印象を抱いている方も多いかもしれません。しかし、セダンならではの魅力もあり、現在でも根強い人気があります。そこで、今回はセダンとはどういった車なのかや、メリット・デメリットなどについてご紹介します。


【今こそ買いたい】輸入セダン おすすめ3選!高級感が「パない」

【今こそ買いたい】輸入セダン おすすめ3選!高級感が「パない」

高級感では他の追随を許さないセダンは、ブランド力のある輸入車の中でも特別なステータス性を有していますね。日本国内の新車市場では、オーソドックスな車型であるセダンのシェアはかなり小さくなっていますし、海外においてもセダン離れの流れは同様に加速しているようですが、その結果、今選べる輸入セダンは「味が濃い」ものが多数。輸入セダンの最新のおすすめを、3台ご紹介していきます。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。