トップへ戻る

【ユーザー車検】メリット・デメリットは?初心者でも出来る?

【ユーザー車検】メリット・デメリットは?初心者でも出来る?

クルマを所有するのであれば避けては通れないのが車検です。ディーラーや民間工場に依頼して取得してもらうのが一般的ですが、自分で車検場にクルマを持っていって検査を受けるユーザー車検という方法もあります。今回はそんなユーザー車検について解説します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


そもそも、車検ってなに?ユーザー車検と普通の車検の違いは?

車検について少し説明しておくと、乗用車の場合、新車であれば初回登録から3年後、それ以降であれば2年ごとに受ける車両検査のことです。

車検に通っていないと任意保険に加入することもできませんし、そもそも一般道を走ることすら不可能となります。

車検が残っているクルマを乗り続けるために受ける車検を「継続車検」と呼ぶのが一般的です。

そして車検を取得する方法は大きく2つで、1つは業者にやってもらう方法、もう1つは今回のテーマであるユーザー車検による方法となっています。

指定工場と認証工場

車検の側面から見ると指定工場と認証工場の2つに分けられます。

指定工場は別名「民間車検場」と呼ばれる工場です。地方運輸局長から指定自動車整備事業の指定を受けていて、車検のための検査ラインが工場内に設けられており、陸運局の車検場に持ち込む必要無く検査を行うことができます。

書類を陸運局に持ち込む必要はありますが、車検取得のためのプロセスが効率化されているので、最短1日で車検を終えることができるのが魅力的。国内自動車メーカーの正規ディーラーはほとんど指定工場です。

認証工場は、指定工場と同様に地方運輸局長から認証を受けた工場のことです。しかし、工場内に検査ラインを持っていないのが指定工場との大きな違いです。

まずは工場で法律で定められた点検・整備を行い、それから陸運局の検査場へ持ち込んで検査を受けるというプロセスで車検を取得します。民間の自動車整備工場やチューニングショップなどで多いです。

これらの工場に依頼する場合に最も大切なことは「クルマが確実に整備されていること」。信頼のおける工場であれば、ご自身の都合やお付き合いに合わせて頼むと良いでしょう。

自動車整備工場には認証工場と指定工場があります。その違いは?

ユーザー車検のメリットって何?デメリットってあるの?

ユーザー車検とはクルマの持ち主が自ら車検場へ足を運び、必要な手続きや車両検査を受けて車検を通す方法です。

そのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

メリットは、費用が抑えられる事!

ユーザー車検のメリットは車検にかかる費用を抑えることができる点です。車検を業者に依頼してやってもらう場合、法定費用に加えて業者に対価として支払う費用が発生します。

ユーザー車検をするということは業者に支払う整備費用や代行手数料等が発生しなくなりますので、その分車検費用を抑えることができるのです。

クルマを自分で整備することが好きな方の場合、車検取得の一連のプロセスを自分で体験することができ、より充実したカーライフを送ることにつながることもあるでしょう。

デメリットは、手間と時間がかかる事!

ユーザー車検のデメリットは何と言っても自分で車検にかかる業務を行う必要があることです。

業者に車検業務を依頼すれば手間のかかる複雑な手続きや必要な整備および車両検査を代わりにやってもらえますが、ユーザー車検ではそうはいきません。書類の準備からクルマの整備、および検査場への車両の持ち込みまで自分で行います。

必要書類の用意や記入並びに提出といった事務的な業務に関しては記入方法を調べてその通りに作成すれば良いので誰でも用意できるはずですが、クルマの整備に関しては整備に使用する工具や整備の知識、さらに言えば整備するための場所などかなり手間がかかります。

ましてや不適切で間違った整備は車両トラブルや重大事故の元。責任を持って確実に整備できることがユーザー車検の必須条件となります。

ユーザー車検の費用はどれくらい?

すでに紹介したようにユーザー車検にかかる費用は法定費用と交換した消耗部品などの費用になります。

わかりやすいように、エンジン排気量1.5Lで重量1.1トンの車を例に見てみましょう。

重量税24,600円
自賠責保険21,550円
印紙代 1,700円
合計4,7850円
※13/18年重課税の対象でないことを仮定。

これにプラスして必要書類代などがかかります。

消耗品を交換する必要がなければこれらの法定費用だけで済むのでかなり安く抑えられますが、反対に整備の必要な箇所が増えればこれ以上にコストがかかるのです。

ユーザー車検が出来る人と、やめたほうがいい人、その違いは?

どういう人ならユーザー車検で車検を通すことができるのか。

これは至って簡単で、「自分で整備を確実に行うことができる人」です。クルマは重量が1トン以上あってなおかつ100km/h以上の速度で走るわけですから、整備不良によるトラブルが発生しないように整備できることは必須条件となります。

とは言いながらもクルマの整備に関する知識や経験は1日にして成るものではないことも明らかな事実。「少しずつ自分でクルマを整備するようにしてユーザー車検に挑戦したい」という方は、自己責任の下で日頃の整備やユーザー車検を行うことを推奨します。

「整備は自分でできないけどディーラーに依頼するよりも安くできるからユーザー車検をする」、「整備には自信がない」といった方は潜在的なトラブルを避けるためにも指定工場や認証工場へ依頼されるのがおすすめです。

まとめ

ユーザー車検には車検にかかる費用を抑えることができて経験を積めるメリットがある一方で、書類準備から車両整備に至るまで自分で手配しなければならないデメリットがあります。

自身の能力に合わせて業者に依頼するのか、それともユーザー車検で車検を取得するのかを考えることが大切です。

ユーザー車検に関するFAQ

ユーザー車検のメリットは何?

ユーザー車検のメリットは、ディーラーや整備工場に支払う車検整備費用を支払う必要がなく、車検にかかる費用を抑えられる、という点です。ユーザー車検では、通過するために必要な整備をクルマのオーナーが自分で実施するというのが基本パターンなので、整備費用が発生しないという事になります。
但し、車検を受ける前に民間の整備工場で予備検査等を受ける場合は、その費用が発生しますので、ユーザー車検でも整備費用を全くゼロにする事が出来ない場合も多々あります。

ユーザー車検のデメリットは何?

ユーザー車検のデメリットは、「手間と時間ががかる」と言う点です。車検整備にかかる時間や運輸支局に提出する書類の作成等を、全てユーザーが実施しなけれななりません。ユーザー車検を受けるクルマは、当然、車検の検査基準をパスする状況で無ければなりませんから、普段からクルマの状態には気を配り、タイヤやブレーキパッドのような消耗品が減っていないか、ウインカーランプ等はちゃんとついているか等の確認し、少しでも異常があれば早めに整備する習慣をつける必要があります。

初心者でも、ユーザー車検は受けられる?

車検の制度上、クルマに詳しくない方でもユーザー車検を受ける事は出来ます。ただ、車検に合格できるかどうかは別問題で、クルマの何らかの不具合を指摘されて不合格となってしまう事もあります。
それを避けるには、事前に整備工場で消耗品の状況をチェックしてもらったり、予備検査場に行って事前に車検項目をチェックしたりと、それなりの手間と費用が発生します。
ユーザー車検を受けるには順調に行っても半日はかかり、指摘点があって不合格となれば丸一日、あるいはそれ以上の時間がかかる場合もあります。
初心者の方は、かかる時間と費用をよく検討してユーザー車検を受けるかどうかを選択していただければと思います。
ただ、ユーザー車検を受ける!と言う目標のために、クルマのメカニズムや法制度を勉強する事は素晴らしい事だと思います。詳しくなればなる程、クルマが好きになりますよ!

こちらの記事もおすすめ!

関連する投稿


ユーザー車検で車検費用はどれくらい節約できる?費用相場はどのぐらい?

ユーザー車検で車検費用はどれくらい節約できる?費用相場はどのぐらい?

車検費用を安く抑えられることから、近年では密かな広がりを見せている「ユーザー車検」。カーディーラーなどを介さない分安上がりになることは想像しやすいものの、実際どの程度車検費用が浮くことが想定されるのかはなかなか想像しにくい部分ですよね。この記事では、車検費用の不変部分と変動部分に分けて、ユーザー車検費用の一例に関してご紹介していきます。


【ユーザー車検とは】車検費用を抑えたい?自分で「持ち込む」ユーザー車検に注目

【ユーザー車検とは】車検費用を抑えたい?自分で「持ち込む」ユーザー車検に注目

新車で3年、それ以降では2年ごとにやってくる「車検」は、カーライフの中でも大きめの出費となる点が困りものですよね。車検を頼む店舗によっても車検料金は上下するので、複数のお店で見積もりを取って比較したりするのも面倒なもの。しかし、車検代をさらに節約したいなら、自分で検査場に持ち込んで車検を受ける「ユーザー車検」という手段もあります。注意点なども含めてご紹介していきます。


ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

車を持っている方には数年に一度訪れる大出費、車検。車に乗り続けるためには車検を通すことが法律で決められた義務ですが、少しでも車検費用は低く抑えたいとお思いの方が多いことでしょう。近年のガソリンスタンドでは、リーズナブルな価格設定で車検を受け付けている店舗が増えています。安さは嬉しいけど心配なところはないのか?どうやって選べばいいのか?詳しく見ていきましょう。


【車検費用の相場】車検代は諸費用以外をチェック!大きさ別の相場、おすすめ持ち込み先

【車検費用の相場】車検代は諸費用以外をチェック!大きさ別の相場、おすすめ持ち込み先

数年に一回やってきては、予想外の総額で悩まされることもある車検。面倒ではありますが、車を乗り続ける限りは車検を受けることが必要になります。そんな車検、費用の相場はどれくらいと見ておくのがよいのでしょうか。また、持ち込み先によって車検費用はどれくらい差があるものなのでしょうか。少しでも車関連の出費を節約できるよう、車検についてちょっぴり勉強していきましょう。


【車検証の住所変更】違反者には罰金も!車検証の変更手続きから申請場所まで

【車検証の住所変更】違反者には罰金も!車検証の変更手続きから申請場所まで

何かと必要な申請や手続きが多く大変なお引っ越し。家具や家電を揃えたりと忙しくしていると忘れそうになりますが、お持ちの車の住所変更は義務であると知っていましたか? 違反すると罰金の可能性もある上、変更するまでの期限もあるので、忙しい転居後でもしっかりと対応していきたいところ。どこで申請できるのか、何が必要なのかなど、車検証の住所変更に関して詳しくご紹介していきます。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。