トップへ戻る

カーサイドタープの種類と選び方のポイント

カーサイドタープの種類と選び方のポイント

キャンプや車中泊に便利なアイテムの一つにカーサイドタープがあります。本記事ではカーサイドタープを使用するメリット、種類、選び方についてご紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


カーサイドタープって何?

ジープ・レネゲードBIKINI Edition

ジープ・レネゲードBIKINI Edition

カーサイドタープとは、車の横や後ろに張って、雨や日差しを凌ぐ居住空間を拡張するアイテムになります。車で乗り付けた場所がそのままくつろぎ空間へと変身する、手軽で利便性が高いのが大きな特徴となります。

フレームを通してタープを張るため通常のテントによく似ています。強い紫外線や雨天の対策となるため、車中泊やオートキャンプの際などキャンパーに人気のツールとなっています。

カーサイドタープのメリット

エアフレームカーサイドタープ

エアフレームカーサイドタープ

カーサイドタープのメリットとして挙げられるのが、テントを設営するのに比べて、設営および撤収ともに非常に容易であり時短になる点があげられます。

車体の側面を利用する製品であれば、固定するポールは片側分だけで良いため設置に時間がかかりません。中には車体に直接取り付けるだけで設置可能な吸盤タイプもあり、日除け用途なら設営はさらに簡単となります。

設営と撤収が即座に行えるということは、急な天気の変化にもすぐ対処可能ということでもあります。山や海など急激に天候が変わりやすい環境でも、雨に濡れずにスムーズな荷物の出し入れが可能になります。

カーサイドタープは折り畳むとコンパクトで持ち運びしやすく、軽量な製品が多いのも魅力の1つとなります。タープの生地の一辺は車で支える構造となるため必要なポールが減り、通常のテントよりも軽くなります。

さらに軽量な製品が欲しいのであれば、ポールを使わないモデルを選ぶとより手軽に利用可能となります。

キャンピングカーに搭載されているカーサイドオーニングと比べて、風に強いのも大きなメリットです。オーニングは、電動のものだと実装する際には約10万円前後かかりますが、タープであれば1〜2万円から入手できます。

カーサイドタープの種類

スズキ ハスラー カーテン&タープキット

スズキ ハスラー カーテン&タープキット

一口にカーサイドタープと言っても、形状や構造が異なるさまざまな種類の製品が存在しています。ここでは基本的な種類を見ていきましょう。

リアゲートタープ

リアゲートタープの特徴は、上へと跳ね上げた車のリアゲートに取り付けて屋根の代わりにする事です。リアゲートタープの設営には、バックドアをそのまま使用するため設置が簡単で、丸ごと覆う形になるため着替え時の目隠しにもなります。

側面の一辺を巻き上げて留めておけば、日除けしつつ開放感のある空間を作り出すことも可能となります。

シェルター(スクリーン)式タープ

シェルター式タープは、フレームを使用して側面にもタープを張り巡らせてまわりを囲い込むタイプで、宿泊用テントの組み立て方と共通する部分も多く、車体の一面に立てかけて覆うように装着し設置します。

フレームによって安定するため、テントのようなプライベート空間を確保できるのがメリットで、支柱部分がしっかりしているため張り方をアレンジしにくいものの、強風を防ぐほどの安定感があります。

周囲を覆う形状であるため外からの視線をガードでき、着替えや車中泊の際に活躍する構造のタープとなります。

ヘキサタープ

ギリシャ語で数字の「6」を表す単語・ヘキサを冠する通り、六角形の形状・構造を特徴とするタープとなります。2本のポールで支えつつ、六角の頂点からロープを張ることで全体を固定する構造となっています。

車の側面にタープを設置したい場合は、いずれかの頂点もしくは一辺を車体に固定すると良いでしょう。形状が多角形であるため自由度が高く、柔軟にアレンジしやすく色んな地形やシーンで活用できます。

日差しの角度や風向きによって張り方を変更できるため、他の形状よりも臨機応変な点がメリットで、キャンプ場で見かける頻度が高く、特にアウトドアに慣れている人ほど重宝している傾向にあります。

レクタタープ

レクタとは、英語で長方形を意味する単語・レクタングルを略した言葉になります。その名の通り、天幕が長方形であるタープを指します。形も長方形だけでなく正方形もあり、サイズに関してもさまざまな種類が用意されています。

車にタープの一辺を連結させて、固定した反対側をポールで支えるという極めてシンプルな構造で、カーサイド用が多く販売されていますが、対象の用途ではない製品でも車と連結できれば使用できます。

製品のバリエーションが多く、自家用車の大きさや形状・カラーとの組み合わせを楽しむことも可能となっています。

カーサイドタープの選び方

ジープ・レネゲードBIKINI Edition

ジープ・レネゲードBIKINI Edition

車体のサイズに合ったタープを選ぶ

まず第一に失敗しない選択方法として、車体の種類や寸法に適合した形状・サイズのタープを選ぶことが挙げられます。

カーサイドタープにはミニバンやワゴン用、SUV用など車体の種類ごとに製品が用意されています。いくらデザインが気に入っていても、車の横に広げた時にサイズがマッチしなければ風雨を防げません。

使用する人数や用途に適した空間を確保できるかどうかも、タープを選ぶ際において非常に重要です。

安定感も見ておく

軽量かつコンパクトで設営が容易なタイプは、素早くスムーズに設置できるデイキャンプ用となります。

一方しっかりと固定できる安定感の強いタイプは、車中泊やオートキャンプのベースにおすすめとなります。

耐水圧もチェック

屋外で使用するという目的がある以上、購入する際にはタープの耐水圧の数値のチェックも欠かせません。

ほとんどのタープには雨天時の対応力が分かる、耐水圧が記載されているため必ず確認しましょう。耐水圧は生地の上に立てた筒の中に水を注いで行き、どの高さまで水の浸透を防いだかを示しています。

単位はmmであり300mmであれば小雨程度、耐水圧が1万mmであった場合大雨にも対応可能とまります。天候の変わりやすい山や川原でのキャンプが多い方は特に、耐水圧の高いタープをおすすめします。

収納した時のサイズも確認

機能性やデザインを重視しがちですが、収納する時のサイズや全体の重量を確認することも非常に大切となります。

収納する際にコンパクトに畳める製品を購入すれば、移動時の車内だけでなく保管時も場所の確保がしやすくなります。いくら車で運ぶと言っても、カーサイドタープ自体の重量も無視できない条件の1つと言って良いでしょう。

軽量な製品は持ち運びがしやすいだけでなく、設営する際もさほど労力を要せず容易に設置できます。少人数で設営するのであれば軽量なタイプがおススメとなります。

まとめ

ジープ・レネゲードBIKINI Edition

ジープ・レネゲードBIKINI Edition

ポールの替わりに車体を使うことで、部材を簡略化できるカーサイドタープはアウトドアに最適なアイテムで、支柱で固定する安定感の高いタイプから、手軽に組み立てられるタイプまで幅広いラインナップがあります。

キャンピングカーなどに実装されているカーサイドオーニングよりはるかに手軽に導入でき、タイプの異なる複数のカーサイドタープを使い分けることにより、キャンプや釣りなどをより多彩に楽しめます。

これからの季節、使用する際のシチュエーションに適したお気に入りの製品を探してキャンプに出かけましょう!

関連するキーワード


カー用品・カーアクセサリー

関連する投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


ワコーズバリアスコートについて解説!効果や注意点も

ワコーズバリアスコートについて解説!効果や注意点も

ワコーズが開発したバリアスコートは、効果の高いコーティング剤です。今回はワコーズのバリアスコートのメリットやデメリット、期待できる効果や具体的な使用方法、使用時の注意点などについて解説します。


【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

あまり聞き慣れない「ジャンプスターター」。ジャンプスターターとは車のバッテリーが上がってしまった時に直せるアイテムです。本記事では使い方や選び方、おすすめ商品まで紹介いたします!バッテリートラブルの解消に役立つこと請け合いです!


おすすめのジュニアシートをご紹介!何歳まで使用すべき?

おすすめのジュニアシートをご紹介!何歳まで使用すべき?

チャイルドシートを卒業したお子様にはジュニアシートがおすすめです。ジュニアシートは10歳前後まで使用するものですが、年齢だけではなく体格にもより異なります。お子様にあったジュニアシートを選んで安心なカーライフを楽しみましょう。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。