目次へ戻る

オービスの仕組みを知ろう!速度や罰金なども詳しく解説

オービスの仕組みを知ろう!速度や罰金なども詳しく解説

高速道路などにある「オービス」というものをご存知でしょうか?ついつい気が緩んでしまい速度が上がってしまって、ピカッと光られてしまった。そんなことがないように、今回はこのオービスのシステムについて詳しく解説します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


オービスとは?

オービス

オービスについて知ろう

オービス(自動違反取締装置の通称)とは、公道を走行する自動車の速度違反を検知して記録するための装置です。レーダーなどで車両の速度を計測し、一定以上のスピードであれば自動的に写真を撮影されます。

写真によりナンバー・車種・運転者の顔などが識別され、数日後に通知書が届くので、決められた場所に出頭する必要があります。

オービスが設置されるのは主に幹線道路や高速道路などで、速度違反が原因の事故が多発する場所などが選ばれます。

日本では高速道路に設置されているケースが多いですが、設置箇所の手前に警告標識が立てられています。オービスは単に速度違反を取り締まるだけでなく、事故を未然に防ぐ役割も果たしています。

オービスには種類がある

最新型オービス

最新型オービス

一口にオービスといっても車速の計測方法や記録装置などに違いがあり、いくつかの種類が存在します。

日本の警察が採用しているオービスの装置は主に6種類で、設置場所や運用方法の点で違いがあります。ある程度の知識があれば、見た目で種類の違いを判別することができるでしょう。

【タイプ1】LHシステム

LHシステムは定置式のオービスの中では高性能を誇る装置のひとつで、高速道路などに多く用いられています。

LHシステムのLとはループコイルのことで、路面に埋め込まれたコイルから発生する磁場の乱れで車速を検知します。一定以上の速度だと、頭上に設置されているカメラが自動的に違反車両を撮影します。

LHシステムは鉄の塊である自動車が通過すると磁場の乱れにより車速を測定する仕組みで、レーダーは使用しません。このため、カーショップなどで販売されている検知器を使用しても識別することができません。

頭上に設置されている装置は撮影用のカメラのみで、一見して見分けがつきにくいという特徴もあります。

【タイプ2】レーダー式

レーダー式のオービスは昔から使用されてきたタイプで、レーダーを照射して車速を測定します。速度違反を検知すると、従来のフィルム式カメラで自動的に撮影される仕組みです。

レーダー式だとカーナビなどで検知することが可能で、フィルム式なので枚数が限られます。メンテナンス性や維持費などの問題があることから、最近はLHシステムなどへの交換が進められてします。

【タイプ3】ループコイル式

ループコイル式はLHシステムと同じように道路上にコイルが埋め込まれていて、磁場の変化を検知して車速を測定する仕組みです。

LHシステムと違う点は、LHシステムで撮影された違反車両の画像は管理センターに即時デジタル送信されるのに対して、ループコイル式は違反車両の撮影をフィルムで行なっていることでした。

現在では、LHシステムと同じくデジタル送信を行うシステムに改修されているものもあります。

レーダー探知機でも検知することができずカメラが見えにくい場所にあることもあるので、ドライバーによっては大きな脅威です。

【タイプ4】新Hシステム

新Hシステムは頭上に設置されたアンテナから発射されるレーダーで速度を計測し、違反を検知するとデジタルカメラで撮影されます。

フィルム式カメラのように撮影可能な枚数が制限されず、メンテナンス性が良いという特徴があります。

高速道路や幹線道路などに設置されていることが多く、電波を発射するためのアンテナを収めた白い箱が付いています。新Hシステムのセンサーはレーダー式ですが、車上の検知器が反応しにくいように工夫されています。

【タイプ5】新型小型オービス

新型小型オービスは名前の通り、装置が小型・軽量であるという特徴があります。レーザー(光)を使って車両の速度を測定し、制限速度が時速30の生活道路などで使用されます。

この装置は2016年頃から運用が始められ、2020年中には日本全国に配備が完了するとみられています。新型小型オービスは装置が小型なので、狭い場所にも設置することが可能です。

このため、通学路や住宅地などの生活道路で使用される見込みです。

【タイプ6】移動式オービス

移動式オービスは、持ち運びが可能な小型・軽量タイプの装置であるという特徴があります。

ワンボックスタイプの警察車両などに搭載されていることが多く、場所を変えて取締りが行われます。

オービスは何km/hオーバーで反応する?

オービスイメージ

気になる速度について

法律上は制限速度を僅かでも超えるとスピード違反になりますが、実際は一定以上を越えていないと検挙されることは少ない様です。オービスについても同じで、制限速度を大幅に超過している場合にのみ写真撮影が行われる仕組みになっている様です。

どれくらいの速度超過で検挙されるかは公開されていませんが、基準となる制限速度との速度差は一般道で時速30キロ、高速道路は時速40キロオーバーだといわれています。

高速道路の制限速度は時速100キロ(一部地域は120キロ)なので、写真撮影が実行されるのは時速140キロ以上ということになります。このことから、オービスはかなり悪質な速度違反を取り締まるための装置であることがわかります。

ところが、近年配備が進んでいる新型小型オービスでは、生活道路での速度違反に伴う事故を防ぐという目的もあってか、制限時速15キロオーバー未満であっても取り締まり対象となる例が増えているとのことです。

オービスが光ってしまったらどうなる!?

移動式オービス

移動式オービス

速度違反にはいくつかの種類があり、軽微な場合は罰金と違反点数が付くだけで済みます。ただし、制限速度を大幅に超過すると重い処分を受ける恐れがあります。

オービスが光って撮影された場合は大幅な速度超過に該当するので、免許停止や取り消し処分を受ける可能性が高いといえます。

速度違反の程度が悪質と判断されると、逮捕されて刑事裁判を受けることもあります。

違反点数は?

オービスが光るほどの大幅な速度違反をした場合の違反点数ですが、一般道(30km/hオーバー)だと6点または12点です。高速道路でも、6点(40~49km/hオーバー)または12点(50km/h以上)が加点されます。

違反点数が6点以上で免許停止処分、12点以上(50km/hオーバー)で免許取り消し処分となります。オービスが光ってしまったら、免停または免許取り消し処分の可能性が高いといえます。

反則金は?

一般道で30km/h以上の速度超過で検挙されると、反則金は2~10万円の範囲です。

金額は簡易裁判所で決定されるので、普通のスピード違反とは違う手順で通知されます。

高速道路の場合も反則金は簡易裁判所で決定されますが、35〜39km/hオーバーの反則金(3万5千円)よりも高額です。

オービスに対する心の準備

ドライブする男性

スピードの出し過ぎには注意

オービスは気づかない間に速度超過を検知して記録されるので、ドライバーにとっては脅威に感じるかもしれません。

それでもきちんと備えをしていれば、過度に恐れる必要はありません。ここからは、オービスに対する対策を見て行きましょう。

まずは、予告看板を見逃さないようにしよう

オービスは悪質な速度違反を検挙することに加えて、事前に予告することで事故を未然に防ぐという役割もあります。ドライバーに周知する目的で、少し手前に予告看板が設置されているケースが少なくありません。

固定式オービスが設置されている場合は予告看板が立てられているので、これを見逃さないようにすることが大切です。

オービス設置位置を察知する方法3選!

固定式オービスだと予告看板が設置されていますが、具体的にどこにあるのかは分かりません。移動式の装置だと予告看板が設置されていないケースもあります。

ここからは、オービスが設置されている場所を察知するための具体的な方法をご紹介します。

レーダー探知機を利用する

今でも速度の計測にレーダーを使用するタイプのオービスが使用されており、レーダー探知機で検知することができる場合があります。

カー用品店には車載用のレーダー探知機や、レーダー検知機能付きのドライブレコーダーなどが販売されています。

また、近年のレーダー探知機は、オービス設置位置のGPS情報がデータベースとして登録されており、レーダーを使用しないタイプのオービス出あっても事前に察知することができます。

対応するナビのオービス位置案内を利用する

高速道路や幹線道路上には、道路標識などと一緒にオービスが設置されている場合があります。設置場所は固定されており、一部のカーナビや地図アプリには位置が登録されています。

そのため、オービスの設置案内の機能を備えたカーナビや地図アプリを活用する方法があるでしょう。

オービス位置共有アプリを利用する

オービスの位置や速度違反の取り締まり情報を共有するスマホアプリがあり、このようなアプリを活用する方法もあります。移動式のオービスだと予告看板が設置されておらず、カーナビにも登録されていません。

それでもユーザーが情報を登録して共有するアプリであれば、リアルタイムに速度違反の取締り情報が入手できます。

まとめ

オービス

安全運転を心がけよう

高速道路や幹線道路に設置されているオービスの多くは、かなり悪質な速度違反を取りしまる目的で使用されています。

常識的な速度で安全運転をする場合は怖がる必要はありませんが、予告標識を見逃さないようにすることが大切です。

速度を守り安全運転を心がけましょう。

関連するキーワード


豆知識

関連する投稿


スマートキーの注意点やリレーアタック対策方法をご紹介!

スマートキーの注意点やリレーアタック対策方法をご紹介!

最近、多くの車種に採用されているスマートキー。その特徴と注意点をおさらいしましょう。メーカーによって異なるスマートキーシステムの呼称についても解説します。


イグニッションとは?意味や仕組み 交換方法もご紹介

イグニッションとは?意味や仕組み 交換方法もご紹介

イグニッションという言葉を聞いたことがありますか?イグニッションは車を動かすために必要なものなんです。今回は、イグニッションについてご説明していきます。


新古車とは?購入時の注意点、メリットデメリット

新古車とは?購入時の注意点、メリットデメリット

中古車販売店や中古車情報サイトなどで見かける、”新古車”という表示。いったいどういうクルマを指すのかご存じですか?新車なのか?中古車なのか?知ってる様で知らない新古車について解説します。


軽車両とは?種類やルールもご紹介!

軽車両とは?種類やルールもご紹介!

軽自動車とよく似た言葉に「軽車両」というものがあります。言葉としては耳にしたことがあるけど、詳しくは知らない、という人向けに軽車両の種類と軽車両に適用される代表的な交通ルールをご紹介していきます。


名古屋走りって何?ローカル運転ルールをご紹介!

名古屋走りって何?ローカル運転ルールをご紹介!

あまりよい意味で使われない名古屋走りとはどういったものなのでしょうか?今回はこの名古屋走りと呼ばれるものについて書いていきます。


最新の投稿


スマートキーの注意点やリレーアタック対策方法をご紹介!

スマートキーの注意点やリレーアタック対策方法をご紹介!

最近、多くの車種に採用されているスマートキー。その特徴と注意点をおさらいしましょう。メーカーによって異なるスマートキーシステムの呼称についても解説します。


ブレーキの鳴き、対策しないとどうなる?

ブレーキの鳴き、対策しないとどうなる?

ブレーキを踏む度に何やら嫌な音がしている。気にはなるけど放置している人はいませんか?重大なトラブルのシグナルかも知れませんよ。今回の記事では、ブレーキの鳴きの原因とその対処法について詳しく解説します。


【縦列駐車のコツ・やり方は?】出来ない人必見の動画や手順を紹介

【縦列駐車のコツ・やり方は?】出来ない人必見の動画や手順を紹介

教習所で苦戦する人が多い縦列駐車。免許取得後も、やり方を忘れてしまう人も多いのではないでしょうか。今回は縦列駐車のコツや手順、おすすめの動画などを合わせて掲載しています。


【軽自動車比較】おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

【軽自動車比較】おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

国内の自動車販売台数の内、3割以上の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、ファミリーに勧めたい「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車・中古車平均価格、ユーザー評価等の情報をまとめています。


【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

2020年のお盆休み期間中の高速道路の渋滞予測から、最も渋滞が予測されるピーク日をまとめています。今年は新型コロナウィルスの影響で、例年にも増してどうなるかわからない状況です。そんなお盆休みの渋滞予測に関する情報を随時更新していきます。※いまだ新型コロナウィルスが蔓延している状況からも、どうしても帰省しなければならない、緊急な用事等以外はお盆もご自宅でゆっくりすることをおすすめいたします。