トップへ戻る

タイプ別おすすめコーティング剤をご紹介!

タイプ別おすすめコーティング剤をご紹介!

愛車のコーティングをしたいけど、業者に頼むと料金が掛かるし・・・とお悩みの方はご自身でコーティングしてみるのはいかがでしょうか。今回は、おすすめのコーティング剤の特徴や価格について詳しくお伝えします。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


車コーティング剤とは?

自動車用ガラスコーティング剤「シャイン4」

自動車用ガラスコーティング剤「シャイン4」

車のボディは、錆びから鉄を守るために塗装が施されています。

以前は艶出しや汚れを付きにくくする目的で、カーワックス(油脂)を塗布する方法が用いられていました。ワックスは雨水などで落ちてしまいますし、自然に蒸発するので寿命が短いという問題がありました。

コーティング剤を塗布することで塗装を守り、艶を出したり細かい傷がつきにくくなります。また、ボディに汚れが付着しにくくなるので、洗車が楽になるうえ塗装の表面に化学的に結合し、ワックスよりも寿命が長いという利点があります。

車コーティング剤の種類

セイワ、最先端ナノテクノロジーを駆使したコーティングスプレー

セイワ、最先端ナノテクノロジーを駆使したコーティングスプレー

いくつかの種類があり、耐久性や費用の点で大きな違いがあります。

塗料の表面に形成される被膜の化学的な性質によって、水に濡れた際の性質も異なります。水に対する親和性の違いとして、撥水タイプ・親水タイプ・疎水タイプの3種類が存在します。

これからやろうとお考えの方は、種類(材質)と性質について知っておくことが大切になります。ボディのカラーや目的を考慮した上で、ニーズに合う製品を選ぶようにしましょう。

撥水タイプの車コーティング剤

塗布して硬化させるとボディの表面に水を撥く被膜が形成されます。

被膜の表面が濡れると、水が玉のように弾かれてコロコロと転がるように流れます。汚れが付きにくくなるので、日頃の洗車は水洗い程度で済みます。

玉状の水滴がレンズのように光を集めるので、濃色車だとウォータースポットが付くことがあります。そのため、雨に濡れた後は早めに洗って水分を取り除くことが大切となります。

親水タイプ

雨などで濡れた際に表面に玉状の水滴ができず、水が薄く広がるという性質があり玉状の水滴が形成されにくいので、シミが付きにくいというメリットがあります。

雨水が乾いても汚れが目立ちにくいことから、すぐに洗車をすることができないタクシー・ハイヤーや社用車などに向いています。

雨水である程度の汚れが落とされる効果も得られます。頻繁に洗車をしたくない方は、親水タイプの製品を選ぶと良いでしょう。ただし、水垢が薄く付着しやすくなります。

疎水タイプ

ボディの表面と水が馴染まないで流れ落ちるようになります。ただし撥水性のように小さな水滴が表面に形成されることはなく、ウォータースポットが付きにくいという利点があります。

表面に付着した水は川のように筋状に流れ落ちます。親水性タイプのように水に馴染むことがないので、水が残る時間が短くなるという性質があります。

疎水タイプは、撥水タイプ・親水タイプのそれぞれの利点を兼ね備えているといえます。

タイプ別おすすめコーティング剤!

撥水・親水・疎水(滑水)の3種類ありますが、それぞれメリットとデメリットがあります。お手入れの手間や車の使い方に応じて、自分に合ったタイプのものを選ぶことが大切です。

どのタイプにするか迷ったら、メリットとデメリットをチェックすると良いでしょう。

撥水タイプの車コーティング剤

ソフト99 レインドロップ

ソフト99 レインドロップ

メリットは、見た目が美しい・安価で自分で施工作業ができる・汚れが付きにくいことになります。

デメリットは、ウォータスポットが付きやすいのでこまめにお手入れができる方や、DIYで施工したい方に向いています。

KURE(呉工業)ルックスレインコート

本製品はガラス系レジンによる撥水性とケイ素系化合物による滑水性を両立した被膜が形成され、撥水性が非常に強いという特徴があります。雨水が小さな玉のように弾かれてしまうので、汚れを付きにくくする効果は非常に高くなります。

被膜の表面と水の抵抗が小さくなる超滑水性ケイ素系化合物が配合されているので、水が付着する時間が短いという特徴もあります。

施工方法は簡単で、洗車後にスプレーを噴射して拭くだけです。中型サイズの乗用車だと1本あたり10回使用できます。

KURE(呉工業) 超耐久撥水ボディーコート LOOXレインコート 1190

NEWHOPE(ニューホープ) ボディコートDX

NEWHOPEボディコートDXは、洗車後にボディにスプレーして拭き取るだけで強力な撥水効果が得られるという特徴があります。

ボディに均一に広がるので、濃色車でもムラができにくいので安心する事ができます。

NEWHOPEボディコートDX500mlの定価販売価格は3,630円です。

濡れたままで撥水コートができる撥水剤 ボディコートDX 500ml (全色車使用可能) / BC-500

親水タイプの車コーティング剤

シュアラスター『ゼロウォーター(280ml)』

シュアラスター『ゼロウォーター(280ml)』

最大のメリットは、雨に濡れても汚れが目立ちにくくウォータースポットが付きにくいので濃色車でも使用できます。ガラスコーティングなので耐久性が高く、紫外線にも強くなります。

デメリットは、費用が高額であることと施工に高い技術が求められることになります。

塗布後は溶剤が完全に乾燥するまでの間(半日~1日)は、水を付着させないように注意する必要があります。

ピカピカレイン スーパーピカピカレイン

耐久性が高くて数年間にわたり効果が持続するという特徴があります。一度施工したら、約3年間にわたり効果が続きます。

使用方法ですが、洗車後に本剤を染み込ませたスポンジを使ってボディに塗布して付属のマイクロファイバークロスで拭き取ります。塗布した後は12時間ほど乾燥させる必要があり、表面に水を付着させないように注意する必要があります。

本製品の販売価格ですが、1本(25ml)あたり8,950円となります。1本(25ml)あたりの使用量ですが、軽自動車は約3回で中型乗用車だと約2回分になります。

ガラスコーティング剤 SUPER (スーパー) ピカピカレイン 親水性 [TOP-SUPER] 【HTRC3】

シュアラスター ゼロウォーター

親水タイプは施工の手間がかかる製品が多いですが、本製品はDIYで簡単に塗布することができるという特徴があります。

スプレー式で、洗車後にボディに塗布して軽く拭き取るだけです。ボディの金属部分だけでなく、金属パーツ・樹脂パーツ・ガラスの部分にも塗布することができます。塗り込み作業が不要で簡単となっています。

シュアラスターゼロウォーター(280ml)の価格ですが1本あたり2,000円前後で、中型車だと1本あたり約6回分の使用が可能となります。

シュアラスター コーティング剤 [親水] ゼロウォーターバリューパック 280ml×2本 SurLuster S-109

疎水タイプの車コーティング剤

リンレイ・エナジパワーシリーズ

リンレイ・エナジパワーシリーズ

販売価格が安くてDIYで簡単に塗布できるというメリットがあります。水はけが非常に良く、雨が降った後にボディに汚れが付着しにくいという特徴があります。

ただし、親水タイプと比較すると持続効果が短いので、こまめに塗布することが求められます。

ソフト99 スムースエッグ ハイドロフラッシュ

水ジミを防ぐための疎水タイプで、塗布後はボディ表面にポリマーの被膜が形成され、雨水などが付着するとポリマーと一緒に汚れの成分が遊離して落ちます。

ボディ以外にフロントガラスやヘッドライトにも使用できるので、日頃のお手入れが簡単になります。

使用方法ですが、洗車後にスプレーで吹きかけてから拭き取るだけなので簡単となっており、ガラスコーティングなどの上に塗布することも可能で、効果の持続期間は約1ヶ月程となっています。

本製品の販売価格(メーカー公式サイト)は1,507円で、1本(230mL)だと8回(中型車)使用できます。

ソフト99 コーティング剤 スムースエッグ ハイドロフラッシュ00521

カービューティープロZEEK 艶将軍

本製品は自動車・バイク・自転車などに使用可能で、ボディ以外にガラス・樹脂・金属パーツにも塗布できます。

使用方法は付属のマイクロファイバークロスにスプレーで吹きかけてコーティングしたい面を拭き上げてから、軽く乾拭きするだけなのでとても簡単となっています。

被膜表面をイオン化させることで、汚れが付きにくくする効果があります。販売価格ですが、公式サイトのオンラインショップであれば3,850円で、中型乗用車であれば1回の使用量は約10mlなので、1本(200ml)あたり約20回使用できます。

艶将軍セルフコーティング剤 疎水系ガラスコート

まとめ

プロスタッフ『グラシアス』

プロスタッフ『グラシアス』

車の塗装を雨水や紫外線から守るためには、コーティング剤を使用すると効果的となり洗車も楽になります。

しかし、性質の異なる3つのタイプがあるので、自分の用途に合ったタイプの製品を選ぶようにしましょう。

関連するキーワード


メンテナンス

関連する投稿


ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

車を運転するのは晴れの日だけではなく、むしろ雨や雪といった天候の悪い時こそ車は大活躍しますよね。視界が悪くなりがちな悪天候時にきちんと前や後ろを見て運転するためにも、ワイパーの状態を適切に管理しておくのは、安全運転の要で非常に大事なことです。この記事ではワイパーの交換目安や交換方法をご紹介していきます。簡単なのに効果が絶大なワイパー交換にぜひチャレンジしてみてください。


タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

自動車の動きを地面に伝えてくれるタイヤは非常に重要な存在ですが、愛車のタイヤのサイズを把握しているという方は意外と少ないかもしれませんね。どこか暗号のようなわかりにくさがあるタイヤサイズの中でも、乗り心地や操縦性に直結する隠れた注目ポイントが「偏平率」です。偏平率が変化するとどんな影響があるのか? どうやって計算するのか? 詳しくご紹介していきます。


タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

そろそろタイヤ交換かな、とお考えの方なら、どんなタイヤが愛車にぴったりサイズなのかを調べたりすることもあるでしょう。しかし、タイヤサイズの表記方法は、慣れていないとまるで暗号のようで、わかりにくさがありますよね。どこに何が書いてあるのか理解すれば意外と簡単なタイヤサイズの見方を知っておくことで、タイヤの検討や購入もスムーズに済ませられるようになれるでしょう。


ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

車を持っている方には数年に一度訪れる大出費、車検。車に乗り続けるためには車検を通すことが法律で決められた義務ですが、少しでも車検費用は低く抑えたいとお思いの方が多いことでしょう。近年のガソリンスタンドでは、リーズナブルな価格設定で車検を受け付けている店舗が増えています。安さは嬉しいけど心配なところはないのか?どうやって選べばいいのか?詳しく見ていきましょう。


ガソリン添加剤とは?おすすめのガソリン添加剤もご紹介!

ガソリン添加剤とは?おすすめのガソリン添加剤もご紹介!

ガソリン添加剤という言葉を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。言葉は知っていてもその意味を理解していない方も多いと思いますので今回はガソリン添加剤についてご説明したいと思います。その効果などについても詳しく解説して参ります。これからガソリン添加剤を使ってみようという方は参考にしてみて下さい。


最新の投稿


トヨタ シエンタの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ シエンタの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

ミニバンの使い勝手とコンパクトカーの乗りやすさが高度にバランスされていて人気の「トヨタ シエンタ」。混み合う駅へのお出迎えや、狭めな駐車場のお店でのお買い物だって楽々こなせます。そんなシエンタ、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、シエンタの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車保険の比較・検討|見積もりには比較サイトが便利でお得!

自動車保険の比較・検討|見積もりには比較サイトが便利でお得!

自動車保険は、比較・検討することで、自分に合った補償内容に調整しつつ、保険料を安くできます。今回は、見積もりを取るのに比較サイトが便利な理由と、各種キャンペーンについてまとめました。


自動車保険はどこがおすすめ?|自動車保険の基本とおすすめ保険会社

自動車保険はどこがおすすめ?|自動車保険の基本とおすすめ保険会社

自動車保険の更新時期になると、保険料をもっと安くできないか、もっといい保険はないか、と検討される方は多いかもしれません。そこで今回は、自動車保険の基本的な部分と、おすすめ保険会社をまとめました。


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。