トップへ戻る

タイプ別おすすめコーティング剤をご紹介!

タイプ別おすすめコーティング剤をご紹介!

愛車のコーティングをしたいけど、業者に頼むと料金が掛かるし・・・とお悩みの方はご自身でコーティングしてみるのはいかがでしょうか。今回は、おすすめのコーティング剤の特徴や価格について詳しくお伝えします。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


車コーティング剤とは?

自動車用ガラスコーティング剤「シャイン4」

自動車用ガラスコーティング剤「シャイン4」

車のボディは、錆びから鉄を守るために塗装が施されています。

以前は艶出しや汚れを付きにくくする目的で、カーワックス(油脂)を塗布する方法が用いられていました。ワックスは雨水などで落ちてしまいますし、自然に蒸発するので寿命が短いという問題がありました。

コーティング剤を塗布することで塗装を守り、艶を出したり細かい傷がつきにくくなります。また、ボディに汚れが付着しにくくなるので、洗車が楽になるうえ塗装の表面に化学的に結合し、ワックスよりも寿命が長いという利点があります。

車コーティング剤の種類

セイワ、最先端ナノテクノロジーを駆使したコーティングスプレー

セイワ、最先端ナノテクノロジーを駆使したコーティングスプレー

いくつかの種類があり、耐久性や費用の点で大きな違いがあります。

塗料の表面に形成される被膜の化学的な性質によって、水に濡れた際の性質も異なります。水に対する親和性の違いとして、撥水タイプ・親水タイプ・疎水タイプの3種類が存在します。

これからやろうとお考えの方は、種類(材質)と性質について知っておくことが大切になります。ボディのカラーや目的を考慮した上で、ニーズに合う製品を選ぶようにしましょう。

撥水タイプの車コーティング剤

塗布して硬化させるとボディの表面に水を撥く被膜が形成されます。

被膜の表面が濡れると、水が玉のように弾かれてコロコロと転がるように流れます。汚れが付きにくくなるので、日頃の洗車は水洗い程度で済みます。

玉状の水滴がレンズのように光を集めるので、濃色車だとウォータースポットが付くことがあります。そのため、雨に濡れた後は早めに洗って水分を取り除くことが大切となります。

親水タイプ

雨などで濡れた際に表面に玉状の水滴ができず、水が薄く広がるという性質があり玉状の水滴が形成されにくいので、シミが付きにくいというメリットがあります。

雨水が乾いても汚れが目立ちにくいことから、すぐに洗車をすることができないタクシー・ハイヤーや社用車などに向いています。

雨水である程度の汚れが落とされる効果も得られます。頻繁に洗車をしたくない方は、親水タイプの製品を選ぶと良いでしょう。ただし、水垢が薄く付着しやすくなります。

疎水タイプ

ボディの表面と水が馴染まないで流れ落ちるようになります。ただし撥水性のように小さな水滴が表面に形成されることはなく、ウォータースポットが付きにくいという利点があります。

表面に付着した水は川のように筋状に流れ落ちます。親水性タイプのように水に馴染むことがないので、水が残る時間が短くなるという性質があります。

疎水タイプは、撥水タイプ・親水タイプのそれぞれの利点を兼ね備えているといえます。

タイプ別おすすめコーティング剤!

撥水・親水・疎水(滑水)の3種類ありますが、それぞれメリットとデメリットがあります。お手入れの手間や車の使い方に応じて、自分に合ったタイプのものを選ぶことが大切です。

どのタイプにするか迷ったら、メリットとデメリットをチェックすると良いでしょう。

撥水タイプの車コーティング剤

ソフト99 レインドロップ

ソフト99 レインドロップ

メリットは、見た目が美しい・安価で自分で施工作業ができる・汚れが付きにくいことになります。

デメリットは、ウォータスポットが付きやすいのでこまめにお手入れができる方や、DIYで施工したい方に向いています。

KURE(呉工業)ルックスレインコート

本製品はガラス系レジンによる撥水性とケイ素系化合物による滑水性を両立した被膜が形成され、撥水性が非常に強いという特徴があります。雨水が小さな玉のように弾かれてしまうので、汚れを付きにくくする効果は非常に高くなります。

被膜の表面と水の抵抗が小さくなる超滑水性ケイ素系化合物が配合されているので、水が付着する時間が短いという特徴もあります。

施工方法は簡単で、洗車後にスプレーを噴射して拭くだけです。中型サイズの乗用車だと1本あたり10回使用できます。

KURE(呉工業) 超耐久撥水ボディーコート LOOXレインコート 1190

NEWHOPE(ニューホープ) ボディコートDX

NEWHOPEボディコートDXは、洗車後にボディにスプレーして拭き取るだけで強力な撥水効果が得られるという特徴があります。

ボディに均一に広がるので、濃色車でもムラができにくいので安心する事ができます。

NEWHOPEボディコートDX500mlの定価販売価格は3,630円です。

濡れたままで撥水コートができる撥水剤 ボディコートDX 500ml (全色車使用可能) / BC-500

親水タイプの車コーティング剤

シュアラスター『ゼロウォーター(280ml)』

シュアラスター『ゼロウォーター(280ml)』

最大のメリットは、雨に濡れても汚れが目立ちにくくウォータースポットが付きにくいので濃色車でも使用できます。ガラスコーティングなので耐久性が高く、紫外線にも強くなります。

デメリットは、費用が高額であることと施工に高い技術が求められることになります。

塗布後は溶剤が完全に乾燥するまでの間(半日~1日)は、水を付着させないように注意する必要があります。

ピカピカレイン スーパーピカピカレイン

耐久性が高くて数年間にわたり効果が持続するという特徴があります。一度施工したら、約3年間にわたり効果が続きます。

使用方法ですが、洗車後に本剤を染み込ませたスポンジを使ってボディに塗布して付属のマイクロファイバークロスで拭き取ります。塗布した後は12時間ほど乾燥させる必要があり、表面に水を付着させないように注意する必要があります。

本製品の販売価格ですが、1本(25ml)あたり8,950円となります。1本(25ml)あたりの使用量ですが、軽自動車は約3回で中型乗用車だと約2回分になります。

ガラスコーティング剤 SUPER (スーパー) ピカピカレイン 親水性 [TOP-SUPER] 【HTRC3】

シュアラスター ゼロウォーター

親水タイプは施工の手間がかかる製品が多いですが、本製品はDIYで簡単に塗布することができるという特徴があります。

スプレー式で、洗車後にボディに塗布して軽く拭き取るだけです。ボディの金属部分だけでなく、金属パーツ・樹脂パーツ・ガラスの部分にも塗布することができます。塗り込み作業が不要で簡単となっています。

シュアラスターゼロウォーター(280ml)の価格ですが1本あたり2,000円前後で、中型車だと1本あたり約6回分の使用が可能となります。

シュアラスター コーティング剤 [親水] ゼロウォーターバリューパック 280ml×2本 SurLuster S-109

疎水タイプの車コーティング剤

リンレイ・エナジパワーシリーズ

リンレイ・エナジパワーシリーズ

販売価格が安くてDIYで簡単に塗布できるというメリットがあります。水はけが非常に良く、雨が降った後にボディに汚れが付着しにくいという特徴があります。

ただし、親水タイプと比較すると持続効果が短いので、こまめに塗布することが求められます。

ソフト99 スムースエッグ ハイドロフラッシュ

水ジミを防ぐための疎水タイプで、塗布後はボディ表面にポリマーの被膜が形成され、雨水などが付着するとポリマーと一緒に汚れの成分が遊離して落ちます。

ボディ以外にフロントガラスやヘッドライトにも使用できるので、日頃のお手入れが簡単になります。

使用方法ですが、洗車後にスプレーで吹きかけてから拭き取るだけなので簡単となっており、ガラスコーティングなどの上に塗布することも可能で、効果の持続期間は約1ヶ月程となっています。

本製品の販売価格(メーカー公式サイト)は1,507円で、1本(230mL)だと8回(中型車)使用できます。

ソフト99 コーティング剤 スムースエッグ ハイドロフラッシュ00521

カービューティープロZEEK 艶将軍

本製品は自動車・バイク・自転車などに使用可能で、ボディ以外にガラス・樹脂・金属パーツにも塗布できます。

使用方法は付属のマイクロファイバークロスにスプレーで吹きかけてコーティングしたい面を拭き上げてから、軽く乾拭きするだけなのでとても簡単となっています。

被膜表面をイオン化させることで、汚れが付きにくくする効果があります。販売価格ですが、公式サイトのオンラインショップであれば3,850円で、中型乗用車であれば1回の使用量は約10mlなので、1本(200ml)あたり約20回使用できます。

艶将軍セルフコーティング剤 疎水系ガラスコート

まとめ

プロスタッフ『グラシアス』

プロスタッフ『グラシアス』

車の塗装を雨水や紫外線から守るためには、コーティング剤を使用すると効果的となり洗車も楽になります。

しかし、性質の異なる3つのタイプがあるので、自分の用途に合ったタイプの製品を選ぶようにしましょう。

関連するキーワード


メンテナンス

関連する投稿


【車検のまとめ】受けられるお店から、車検切れ対策まで!

【車検のまとめ】受けられるお店から、車検切れ対策まで!

クルマが、安全性などの基準に適合しているかどうかを、一定期間ごとに検査する制度が車検です。クルマの調子が良くても、悪くても、受けなければなりません。今回は、カーライフに欠かせない、車検についてまとめました。


ワコーズバリアスコートについて解説!効果や注意点も

ワコーズバリアスコートについて解説!効果や注意点も

ワコーズが開発したバリアスコートは、効果の高いコーティング剤です。今回はワコーズのバリアスコートのメリットやデメリット、期待できる効果や具体的な使用方法、使用時の注意点などについて解説します。


融雪剤って何?豪雪時に使いたい融雪剤10選

融雪剤って何?豪雪時に使いたい融雪剤10選

積もった雪を溶かして、除雪しやすくしてくれるのが融雪剤ですが、複数の種類に分かれています。環境に優しいタイプや除草剤としても使えるものまである中で、使いやすい融雪剤を10種類ピックアップ。おすすめできる理由と共に、融雪剤の選び方をご紹介します。


デイライトとは何?設置方法や車検に通るための基準

デイライトとは何?設置方法や車検に通るための基準

デイライトとは、昼間に点灯するライトで、視認性を高めて交通事故を防止したり、ドレスアップにも寄与するパーツです。乗用車でもデイライトが装着されている車が増えてきていますが、そもそもデイライトとはどのようなものでしょうか?設置方法や車検の基準などをご紹介します。


【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

あまり聞き慣れない「ジャンプスターター」。ジャンプスターターとは車のバッテリーが上がってしまった時に直せるアイテムです。本記事では使い方や選び方、おすすめ商品まで紹介いたします!バッテリートラブルの解消に役立つこと請け合いです!


最新の投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェと言えばカレラと言うほど名前のインパクトは強いですが、カレラは車種名ではなくポルシェの作る車のグレード名です。カレラにはいくつかのモデルが存在しています。今回は、このポルシェ・カレラの各モデルの違いや特徴についてご説明していきましょう。


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

積雪を紹介するニュース映像などでよく見かける、道路上でスタックしてまった車。これは雪国だけの問題ではなく、近年では普段雪が降らない地域であってもドカ雪が降ってしまうような異常気象も多発しており、車がスタックしてしまう原因や対処法について温暖な地域の方でも知っておきたいところです。起こってほしくはないですが、落ち着いて対処するためにも、この記事で予習しておきましょう。