トップへ戻る

【豆知識】ヘッドライトの黄ばみの原因と除去する方法を紹介!

【豆知識】ヘッドライトの黄ばみの原因と除去する方法を紹介!

新車を購入して長く使っていくうちに、ヘッドライトの黄ばみが気になってきたという方も多いでしょう。このまま放置しておくと、安全上問題が生まれるだけでなく、事故の原因にもなりかねません。今回は、そんなヘッドライトの黄ばみの原因や除去方法、おすすめ商品もご紹介します!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ヘッドライトの黄ばみとは?

ヘッドライトの黄ばみ

だんだん黄ばんでくるヘッドライト

屋根のある車庫などに車を停めた場合、室内で保管されているため太陽光線の影響を受ける心配は少なく、数年経過しても状態よく保たれていることが多いです。

しかし、屋根のない場所で長期的に保管したとしましょう。逆に太陽光線における紫外線がプラスチックとなるヘッドライトカバーに直撃し、少しずつ黄ばんでいってしまいます。

ヘッドライトが黄ばんでしまう理由

車によって砂埃が舞う

砂埃がヘッドライトを傷つけることも

前述した紫外線以外の原因については以下のようなものが考えられます。

傷によるもの

天気が悪い日や道の状態が悪い場所で走行することで、ライトには小さな傷がついていきます。

それを放置しておくと傷が増えそこに汚れも溜まっていき、最終的にはライトの黄ばみの原因となります。

経年劣化

新造時はコーティングが施されていますが、洗車などによってそれらが剥がれ落ちていきます。

直射日光などを浴びることからカバー部分にも大きな影響を与え、ライト表面における黄ばみが目立っていきます。

カバー部分はポリカーボネートという樹脂でできており、120~130℃までしか耐えることができません。

電球はカバーの裏側にあるため、そこから放出する熱が伝わってきてヘッドライトが少しずつ劣化し黄ばんでいきます。

黄ばみを放置するとどうなる?

車のヘッドライト

ヘッドライトの重要性を理解しよう

黄ばみに気づくことなく、ずっと運転しているとどうなっていくのでしょうか。

誤った判断により事故を引き起こしてしまわないよう、ヘッドライトの黄ばみについて考えるようにしましょう。

効果が薄れる

夜道におけるライトの点灯は重要です。

しかし、黄ばんだままで車を運転した場合、せっかくのライトの効果が半減され、夜道が見づらくなります。

車検に通らないことも

車検を通すことは法律で定められており、自動車全般における安全運転をするためには必須となります。

ヘッドライトの光量も検査項目に含まれており、明るさは1灯につき6,400cd(カンデラ)以上と定められています。そのため、それを下回るようなら車検に通らないといったことも起きてしまいます。

ヘッドライトの黄ばみの落とし方

車のヘッドライトをふく

ヘッドライトの黄ばみを除去しよう!

安全かつ快適な運転に欠かせないのがヘッドライトです。

ここでは、ヘッドライトカバーの黄ばみの落とし方についてご紹介します。では、さっそく見ていきましょう。

準備するもの

マスキングテープ

ライト周辺に傷をつけることがないよう、養生用のテープです。

ホームセンターや工具店、模型店などで取り扱っています。

耐水ペーパー

水を流しながら研磨することができます。

数字によって目の粗さが異なるため、良く確認しておきましょう。

コンパウンド

研磨剤の一つで、耐水ペーパーでやすり掛けをした後に使います。

こちらも種類によって目の細かさが変わるので、良く確認しておきましょう。

金属用洗剤

基本的に研磨剤が含まれており、主に艶出しやサビ取りなどに使われます。

プラスチック類にも対応しているものを使いましょう。

ヘッドライト用クリーナー・コーティング剤

ヘッドライト用クリーナーについては、各種メーカーからも発売されています。下地処理からコーティングまでセットになっているものもあるので、こだわりのない方であればそちらがおすすめです。

コーティング剤に関しては、仕上げに必要になってきます。様々な種類があるので、ご自身の好みにあったものを選択してください。

① 汚れを流す

まず最初に、ヘッドライト周辺の汚れを落としておきましょう。

汚れたまま磨き始めると傷をつけてしまうこともあるので、流水などで洗い流しておきます。

② 耐水ペーパーでヘッドライトを磨く

マスキングテープでヘッドライトの周囲を養生しましょう。

その後は、目の粗い耐水ペーパーを水につけてからしっかりと磨きます。耐水ペーパーは使いやすいサイズにカットしておくと作業がしやすくなります。

③ コンパウンドでより細かく磨く

ある程度黄ばみが落ちてきたら、コンパウンドを使ってより細かく磨いていきましょう。

布などにつけて、優しく丁寧に磨きあげましょう。

④ コーティングする

ヘッドライトの表面をコーティングしましょう。

この時点でヘッドライトのコーティング剤は完全に失われていますので、コーティングし直すことでヘッドライトを紫外線などから守りましょう。

ヘッドライトの黄ばみを除去する際の注意点

指を差す女性

注意して作業しよう

続いては、ヘッドライトの黄ばみの除去作業の「研磨する際の注意点」、「コーティングをする際の注意点」について見ていきましょう。

ヘッドライトの研磨をする際の注意点

ヘッドライトの研磨をする際の注意点は、ヘッドライトの内側を磨こうとカバーを取り外す際、ボディに傷をつけないようにすることです。慣れてない作業になるので、十分に気をつけましょう。

また、取り付ける際もしっかり取り付けるようにしましょう。

ヘッドライトにコーティングをする際の注意点

まずは、どういったコーティング剤を選ばいいのか知っておく必要があります。コーティング剤を選ぶ時はなるべく耐久性の高いものを選ぶようにしましょう。

また、施工前の耐水ペーパーやコンパウンドによる磨きを丁寧に行うことも重要になってきます。これにより、最後の仕上がりが大きく変わっていますので注意しましょう。

金属用洗剤ピカールを使用する裏技も

様々な金属に使用できる金属用洗剤で、研磨剤が入っており表面を削ることで傷や汚れをきれいにしてくれます。

プラスチックにも対応しているので、ヘッドライトの黄ばみ落としにも最適です。

ヘッドライト黄ばみ対策おすすめ3選

ここでは、ヘッドライトの黄ばみを除去した後に使うコーティング剤のおすすめ商品を3つご紹介します。

CarZoot ヘッドライトレストレーション

[CarZootプロ仕様]【ヘッドライトのくすみを新車の輝きに戻す】ヘッドライト専用コーティングキット『HeadLightRestoration/ヘッドライトレストレーション』

この商品は、ヘッドライトクリーナー・コーティング剤・専用スポンジ・専用タオル2枚がセットになっているため、色々準備するのが面倒だといった方にもおすすめです。

日本国産で、安心して使えるのも魅力的です。

3M ヘッドライト用レストア キット

3M ヘッドライト用レストア キット 39174

ヘッドライトの黄ばみなどといった症状に対応しており、除去してから表面を保護してくれるのが魅力です。

マスキングテープや作業用グローブもセットになっているので、手軽に作業が始められます。

アダマスオクタ MPS グロスアップパウダー

【塗って拭くだけ・雨染み水垢一掃・ムラ無しガラスコーティング】アダマスオクタ MPS グロスアップパウダー

クレンジングしながら光沢を改良させることで、コーティングまで一気にフォローしてくれます。

それまでかかった手間が一気に省かれ、作業のしやすさによりただ塗って拭取るだけというのが特徴です。

まとめ

走行する車

ヘッドライトもメンテナンスが必要!

関連する投稿


【初心者向け】中古車査定のキホン!車の買取・お得に売却する方法は

【初心者向け】中古車査定のキホン!車の買取・お得に売却する方法は

違う車が欲しい、自分の車を売却して別の車が欲しいな。そんなことを思った時、まず初めに考えるのが中古車査定ではないでしょうか。しかし、何からすればいいのかわからない。そもそもどこに行くの?そんな悩みをお持ちの方!本記事では初心者向けに中古車査定のキホンから、車の買取や下取り、より高く、お得に買い取ってもらえる方法をご紹介いたします。


エアクリーナーのメンテナンス忘れてない?おすすめ商品もご紹介!

エアクリーナーのメンテナンス忘れてない?おすすめ商品もご紹介!

車のエンジンはガソリン・軽油などと空気を混合して動力となります。この時、取り入れる空気をクリーンな物にするためには、エアクリーナーと呼ばれる装置を使用します。本記事ではエアクリーナーやその選び方やおすすめ商品を紹介します。


【ホイールナット】おすすめ5選を紹介!材質・形状の違いも要チェック

【ホイールナット】おすすめ5選を紹介!材質・形状の違いも要チェック

タイヤの交換やローテーションは自分でおこなう、という方は少なくないでしょう。そんなとき、必ず扱うのがホイールナットです。実は、ホイールナットにはさまざまな種類や形状があり、適切なものを使用しないと、緩んでしまうことさえあります。今回は、ホイールナットについてまとめました。


高級サスペンションメーカー オーリンズって何がすごいの?

高級サスペンションメーカー オーリンズって何がすごいの?

車やバイク好きの方なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?オーリンズと言えば最高峰のサスペンションメーカーであり、レースなどでも活躍が著しいメーカーです。今回はこの「オーリンズ」について見ていきましょう。


廃車に困っている人必見!廃車手続きから、業者に依頼する方法まで

廃車に困っている人必見!廃車手続きから、業者に依頼する方法まで

免許の自主返納が増え、クルマを手放す人が増えた今、廃車に困っている方は少なくないかもしれません。多くの方にとって、クルマを購入するより経験のない手続きです。今回は、廃車の手続き方法やどんな業者に頼めるかをまとめました。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。