トップへ戻る

【最新版】女性におすすめ!かわいい軽自動車10選!

【最新版】女性におすすめ!かわいい軽自動車10選!

軽自動車は燃費も良くて税金も安い、しかも最近は室内も広くて走りも良いものが多いですよね。しかし、軽自動車の主要ターゲット層である女性が一番重要視するのは「かわいさ」なのではないでしょうか?今回は、そんなかわいい軽自動車を中古車から、コスパ観点から、と4つの項目に分けてご紹介します!かわいくて、自分にピッタリの軽自動車を探している女性必見です。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ルークス オーテックのかわいいポイントはここ!

シンプルでキュートな標準車と、ちょっと厳ついハイウェイスター。それに対してオーテックは、気品のあるインテリアとプレミアムかつエレガントなフロントグリルが、日常を豊かにしてくれるかもしれません。

特にかわいいポイントは、ブラウンとアイボリーのツートンと、ブルーステッチ施こされた本革ステアリングです。

かわいさとはちょっと違うかもしれませんが、ママでも女さらしさを失わない、そんな凛とした佇まいがかわいらしさを醸し出しています。

ルークス オーテックの広さのポイント

ルークス AUTECH

ルークスは、キャビンスペースを考え抜き、大人4人がゆったりと過ごせるクラストップレベルの広い室内を実現しています。

座った際の膝回りのスペースも十分に確保。そして後席ニールームは795mmもあり、ゆったりと座ることができ、後席の室内高は1,400mmと、小さなお子さまが立ったまま着替えることもできます。

さらに、ルークスでは、居住スペースが広いだけでなく、荷室床面の長さが675mmと広いスペースを確保しているので、48Lのスーツケースを4個積載することができます。

ルークスオーテックの寸法

全長×全幅×全高(mm)
3,395×1,475×1,780~1,800
室内長×室内幅×室内高(mm)
2,200×1,335×1,390

※上記寸法は2020年7月現在のメーカー公式サイトより

ルークス オーテックの新車価格

ルークスオーテックのメーカー希望小売価格(円)

2WD4WD
消費税込み
消費税別
消費税込み
消費税別
ルークスオーテック
1,747,9001,589,000
1,882,1001,711,000

※上記価格はは2020年7月現在のメーカー公式サイトによります。

ルークスのレビュー

右 齊藤雄之チーフビークルエンジニア

発責任者である第1製品開発部の齊藤雄之チーフビークルエンジニアは「技術の日産が家族のための広い室内と快適な使い方、そして安全性を考え、(登録車)ミニバンの使い勝手の良さと、軽自動車の運転のしやすさを両立させた」と開発の狙いを強調した。

本社ギャラリーからネット中継で行った発表会での言葉ですが、国内営業を担当する星野朝子副社長も「スーパーハイトワゴンという日本中で愛されている軽自動車のセグメントであり、プロパイロットや素晴らしい静かな走りなど、新型ルークスで皆様の生活をワクワクさせたい」とアピールするなど、日産の心意気が感じられます。

2.ダイハツ タント

手前 タントカスタム

4代目となるタントは、歴代タントの特徴である室内空間の広さやミラクルオープンドアを最大限活かした「ミラクルウォークスルーパッケージ」を実現しています。

また、「助手席イージークローザー」や「タッチ&ゴーロック機能」、そして「ウェルカムオープン機能」など、軽自動車初となる多彩な機能も搭載して使い勝手の良さをさらに向上させています。

今回注目した「かわいさ」では、アグレシップな表情で人気のある「カスタム」ではなく、標準車をおすすめします。

ベルトラインが高すぎず、フロントはある程度厚みもあるので安心安全感も表現しているタントの造形にピッタリな、シンプルで愛着を感じさせるアイコニックなフロントが特徴の標準車が当確です。

しかも、標準車ならお買い得な新グレードの「Xスペシャル」も選べます。

タントのかわいさポイントはここ!

ミラクルオープンドア

かわいさといってもデザインではなく「ミラクルオープンドア」が最大のポイントです。

解放感を得られるこのシステムは、様もないのに開閉したくなります。ママは負担なく荷物の積み下ろしが出来る機能であり、お子さんたちも大喜びで飛び乗るでしょう。

他のハイトールワゴンにはない、こんな機能はかわいいと言ってもいいのではないしょうか?

タントの広さのポイント

タントXターボ

運転席を最大540mmもスライド可能としたことで、運転席と後席間の移動やスライドドアから運転席への乗り降りの利便性が向上しています。

また、タント広い室内空間は継続しながら、従来から16mmも低床化したことで子供や高
齢者の乗降性と荷物の積載性も向上しています。

そして最大の特徴である「ミラクルオープンドア」が、その広さを最大限に活かしているのです。

タントの寸法

全長×全幅×全高(mm)
3.395×1..475×1.755~1,775
室内長×室内幅×室内高(mm)
2,060~2,180×1,350×1,370

※上記寸法は2020年7月現在のメーカー公式サイトより

タントの新車価格

タントX

タントのメーカー希望小売価格(円)

2WD
4WD

消費税込み消費税抜き消費税込み
消費税抜き
L(スマートアシスト非装着車)1,243,000
1,130,0001,369,500
1,245,000
L1,331,000
1,210,0001,457,500
1,325,000
X “スペシャル”
1,408,000
1,280,0001,534,500
1,395,000
X1,490,500
1,355,0001,617,000
1,470,000
X “セレクション”
1,490,500
1,355,000
1,617,000
1,470,000
Xターボ1,589,500
1,445,0001,716,000
1,560,000
Xターボ “セレクション” 
1,644,500
1,495,0001,765,500
1,605,000
カスタムL
1,578,500
1,435,0001,705,000
1,550,000
カスタムX1,699,500
1,545,0001,826,000
1,660,000
カスタムX “セレクション” 
1,721,5001,565,000
1,842,500
1,675,000
カスタムRS1,782,000
1,620,0001,908,500
1,735,000
カスタムRS “セレクション” 
1,853,500
1,685,0001,974,500
1,795,000

※上記価格は2020年7月現在のメーカー公式サイトによります。

タントの口コミ

室内の広さには本当に驚かされます。
特に後部座席に座ったときは、なんじゃこりゃ!と思わず口にしました。
トヨタのハリアーの後部座席だと頭の上をこするくらいの座高の持ち主の私ですが、タントの場合だと昭和風に申しますと、頭上のクリアランスは、こぶし5個くらい入りました。
本当に驚きました。

室内の広さには誰でも驚かされるポイントのようです。さすが元祖スーパーハイトの進化形といったところで、そのスペース効率のたくみなパッケージングは同クラスでも群を抜いています。

まとめ

かわいい軽自動車を4項目に分けての計10車種をご紹介しました。かわいいと一言でいってもその基準はひとつではありません。今回ご紹介した車種に、貴方のかわいいというポイントに当てはまる車種があったらうれしいです。

関連する投稿


スズキ スペーシアカスタムとは?軽を超えた迫力のボディと広々車内空間

スズキ スペーシアカスタムとは?軽を超えた迫力のボディと広々車内空間

スズキのスペーシアカスタムについてご紹介する記事です。通常のスペーシアとカスタムの違いをはじめとして、外装の質感の高さや広い車内空間などの魅力を解説。そして、ライバルにあたるモデルとの比較も行います。


軽自動車の大本命!ダイハツ タントは内装まで手抜きなし!

軽自動車の大本命!ダイハツ タントは内装まで手抜きなし!

近年のダイハツを牽引する人気軽自動車であるタントの紹介記事です。ライバルとなるホンダN-BOXなどとの比較を絡めながら、室内空間の広さや質感や使い勝手の良さなど、さまざまな角度からご紹介します。


スズキ ワゴンRとワゴンR スティングレーそれぞれの特徴を徹底解説!

スズキ ワゴンRとワゴンR スティングレーそれぞれの特徴を徹底解説!

スズキのワゴンRは多くの人に親しまれている軽トールワゴンです。その歴史は1993年まで遡ります。長い歴史を持つワゴンRにスティングレーがラインナップされ、ますます好調な売れ行きを記録しています。本記事ではスズキのワゴンRとスティングレーを比較、それぞれの魅力を解説していきます。


スズキ ラパンが乗りづらいって本当?グレードや人気色について解説!

スズキ ラパンが乗りづらいって本当?グレードや人気色について解説!

スズキ ラパンは非常にかわいい軽自動車です。しかし、一部ではラパンは乗りづらいという声もあります。そこで今回は、スズキ ラパンのグレードや人気色、乗りづらいと言われている理由についてご紹介します。


【ちょうどいい軽】ダイハツ ムーヴの全方位的魅力で高コスパな車選び

【ちょうどいい軽】ダイハツ ムーヴの全方位的魅力で高コスパな車選び

販売台数ではスーパーハイトワゴンが躍進を続けているからといって、全ての軽自動車ユーザーにあれほどのゆとりが必要とは限りません。ハイトワゴンやトールワゴンと呼ばれるジャンルに属するムーヴは、ゆったりくつろげる室内空間を持ちながらも、低重心・軽量で俊敏な走りや低燃費も備えた魅力的な軽自動車です。流行に流されないあなたにこそぜひ知ってほしい、ムーヴの魅力をご紹介していきます。


最新の投稿


トヨタ アルファードとは?ミニバン×高級車の魅力を徹底解説

トヨタ アルファードとは?ミニバン×高級車の魅力を徹底解説

トヨタの高級ミニバンとして幅広い層の人気を誇るトヨタのアルファードについて紹介します。内外装の高級感やサイズ感、運転のしやすさなどを紹介すると共に、兄弟車であるヴェルファイアとの違いなども紹介します。


トヨタ スープラとは?令和の時代に帰ってきた名スポーツカー

トヨタ スープラとは?令和の時代に帰ってきた名スポーツカー

トヨタ スープラは90年代に高い人気を誇り、惜しまれつつも姿を消しましたが、21世紀に再び復活しました。この記事ではスープラの歴代モデルの紹介や、現行モデルのラインナップ、走行性能などについても紹介します。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


トヨタ ヴィッツとは?ヤリスに生まれ変わった定番コンパクトハッチバック

トヨタ ヴィッツとは?ヤリスに生まれ変わった定番コンパクトハッチバック

ヤリスとして生まれ変わったトヨタの定番コンパクトハッチバックの「ヴィッツ」について紹介します。乗りやすいサイズ感やデザイン、走行性能などについて詳しく解説。また、他メーカーのコンパクトカーとの比較なども行います。


スズキ スイフトスポーツは高コストパフォーマンス、高走行性!

スズキ スイフトスポーツは高コストパフォーマンス、高走行性!

スズキのスイフトスポーツは、コストパフォーマンスが高く走行性も充実している車に乗りたいという希望を叶える一台です。加速性も申し分なく、その性能はオーナーからも高い支持を得ています。そこで今回は、スイフトスポーツの魅力を詳しく解説します。