トップへ戻る

【最新版】女性におすすめ!かわいい軽自動車10選!

【最新版】女性におすすめ!かわいい軽自動車10選!

軽自動車は燃費も良くて税金も安い、しかも最近は室内も広くて走りも良いものが多いですよね。しかし、軽自動車の主要ターゲット層である女性が一番重要視するのは「かわいさ」なのではないでしょうか?今回は、そんなかわいい軽自動車を中古車から、コスパ観点から、と4つの項目に分けてご紹介します!かわいくて、自分にピッタリの軽自動車を探している女性必見です。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


さすがに、エンブレムの「うさぎ」目当てにラパンを購入する人はいないかもしれませんが、わかりやすいかわいさのアイテムです。

洗車はともかく、この「うさぎ」エンブレムだけは常に磨きたくなるかも知れません。

2. ダイハツ ミラココア(2009~2018年)

2012年式ミラココア

2009年に7代目ミラの派生モデルとして発売されたミラココアは、現行のミラトコットが発売される2015年まで、スズキのアルトラパンのライバルとして女性ユーザーをターゲットとして販売された車種です。

そのエクステリアデザインは全体に角が丸くレトロな雰囲気で、小動物のようなかわいらしさがにじみ出ています。

モダンなスタイリングと、シンプル&カジュアルなインテリアや国内初のバックモニター内蔵ルームミラーなど、運転が苦手な人にも好評を呼び、発売直後の女性比率は約90%、20~30代の女性から支持を得ていました。

8年もの長いモデルサイクルであったため、2度のマイナーチェンジが行なわれ、「e:s(イース)テクノロジー」の導入やボディカラーの変更など多くの改良がおこなわれています

ミラココアのかわいいポイントはここ!

2009年式ミラココア

ミラココアは外観のかわいさはもちろん、インテリアはさらにかわいい仕上がりとなっています。

シンプルでレトロデザインのインパネは、まるでクラシックカーのような雰囲気が感じられます。

あえてかわいらしさを強調するようなアクセントやアイテムはなく、むしろ地味な印象さえ感じるのですが、いつまでも飽きの来ないデザインがむしろ愛着がわいて、いつまでも運転したくなる気持ちにさせてくれます。

ミラココアの中古車相場

ミラココアの中古車相場

生産期間平均車両本体価格(税込み)
2009年8月~2010年4月生産モデル42.5万円
2010年5月~2011年5月生産モデル
52.7万円
2011年6月~2012年3月生産モデル
53.4万円
2012年4月~2014年3月生産モデル
70.4万円
2014年4月~2015年3月生産モデル
82.9万円
2015年4月~2018年3月生産モデル90.5万円

※上記中古車相場はレスポンス中古車検索より

ミラココアのレビュー

エクステリアデザインは、サイドまで回り込んだボンネットのラインなどが旧フィアット『500』風で、全体にレトロな雰囲気。面構成が平面でなく「ぷっくり」膨らんでいるので暖かみがある。

ミニのコピーっぽかった『ミラジーノ』や、トールワゴンを無理にかわいらしくした感じの『ムーヴラテ』よりオリジナリティがあり、コンパクトカーのデザインとして秀逸だ。女の子向けにしておくのは、ちょっともったいないくらい。

女性向けという思い込みで見がちなミラココアですが、レトロモダンない出立ちはたしかに男性から見ても魅力があります。

いかついデザインの車が多い中、ほっこりしたミラココアで余裕あるカーライフを送るのも良いかもしれません。

3. ホンダ N-ONE(エヌワン)(2011~2020年)

2013年式N-ONE

N-ONEは全高が1,550mmを越えるので軽トールワゴンとされますが、N-BOXに比べて全高は低くハッチバック風のスタイルが特徴となっています。

そのため、小さく見えるのに室内は広く、質感の高いインテリアは、軽にありがちな明るいトーンではなく落ち着いた雰囲気が大人の魅力を感じます。

また、「エマージェンシーストップシグナル」を軽自動車としては初めて装備させたり、「ヒルスタートアシスト機能」も全タイプに標準装備するなど、この当時の軽自動車としては最高の安全装備が施されています。

2012年11月に発売されたN-ONEですが、2020年3月に現行モデルの生産を終了していて、2020年秋に予定されている次期モデルの発表を待つばかりとなっています。

そのため、2020年7月現在では在庫販売のみとなっていて、N-ONEを購入するには中古車を検討する必要があります。

N-ONEのかわいいポイントはここだ!

N360をモチーフに「人のためのスペースは最大に、メカニズムは最小に」の基本思想を受け継ぎ、新しいベーシックカーの創造を目指して開発されたN-ONEですが、モチーフとなったN360を知っているのは年配の男性のみ。

N-ONEは、丸目のヘッドライトと大きなフロントグリルがかわいらいい顔に見えることから、女性仕様でないのにかかわらず、女性からも高い人気を受けています。

N-ONEの中古車相場

2015年式N-ONE

N-ONEの中古車相場

生産期間平均車両本体価格(税込み)
2012年11月~2014年3月生産モデル70.7万円
2014年4月~2015年6月生産モデル
77.8万円
2015年7月~2017年11月生産モデル
103.1万円
2017年12月~2019年9月生産モデル
130.1万円
2019年10月~2020年3月生産モデル
138.9万円

※上記中古車相場はレスポンス中古車検索より

N-ONEの口コミ

N-ONE Modulo X

約20年前に乗っていたワゴンR以来の軽自動車でしたが、ハンドリング、エンジンパワー、静粛性の点で全く別物で、その進化に驚きました。低速トルクがあり、低速域から高速域までストレスなく運転することができ、オートクルーズ、衝突軽減装置、サイドカーテンエアバッグなど、軽自動車とは思えない装備が充実しています。乗り心地は少し固めですが、ワインディングロードでの安定感があるため悪くはありません。ホイールベースがフィットとほぼ同じのため直進安定性が高く、ストリームと比較しても運転は楽です。燃費のカタログ値は他のライバル車より低いですが、燃費を意識した走行をしなくても極端に悪くなることはなく、実用上不満はありません。

口コミの投稿は男性が多く、女性の声は見つかりませんでした。

男性の意見としては走行性能に関するものが多く、期待値が高いためきびしい意見もありますが、おおむね満足されています。

【かわいい×コスパの良い】軽自動車2選!

クルマを選ぶ上でコストパフォーマンスは重要です。いくらかわいいからといって割高な車種ではせっかく軽自動車を選んだ意味がありません。

かわいくても低燃費で低価格であることと、特にお得感のある装備なども気にしたいところです。

そんなコスパ抜群のかわいい軽自動車とはいったいどんなものなのでしょうか?

1. ダイハツ タフト

タフト

スクエアボディと高い最低地上高、大径タイヤなどにより、SUVらしいタフさや力強さを表現したタフトですが、SUVにありがちな泥臭さはなくおしゃれな軽自動車といった風に感じられます。

新しいパッケージングコンセプトの「バックパックスタイル」では、ワクワク感あるデザインと多彩な収容スペースのある前席の「クルースペース」と自由自在にアレンジ可能な後部の「フレキシブルスペース」としており、日常からレジャーまで楽しめるモデルとなっています。

極めつけは、前席上の大きなガラスルーフのラスルーフの「スカイフィールトップ」を全車標準装備する大盤振る舞いしていることです。

タフトのかわいいポイントはここ!

タフト「Chill Out Style」

タフトのかわいさポイントは、カラフルで四角いボディに、ドーンと目立つ大きなガラスルーフがあること。

細かなアイテムよりも、この効果は絶大。同乗者もきっと「おしゃれ~!」と目が釘付けになるのは間違いありません。

さらに、ナチュラル&クラシカルで飾りすぎないオシャレさんになる、オプションパッケージの「チルトアウト・スタイル」を選べば完璧です。

タフトの新車価格

タフト

タフトのメーカー希望小売価格(円)

2WD4WD

消費税込み価格消費税別価格消費税込み価格
消費税別価格
X1,353,000
1,230,0001,479,500
1,345,000
G
1,485,000
1,350,0001,611,500
1,465,000
Gターボ1,606,000
1,460,0001,732,500
1,575,000

※上記価格はは2020年7月現在のメーカー公式サイトによります

タフトのコスパポイント

「スカイフィールトップ」

タフトの大きな特徴のひとつ、前席ルーフ一面に広がる「スカイフィールトップ」と進化した予防安全機能「スマートアシスト」は全車標準装備。

しかも流行の軽SUVとなれば相当の価格を予想しても当然ですが、何と税込1,353,000円からという低価格設定となっています。

タフトのレビュー

タフトと奥平社長

奥平社長は、今回の新型車の発売にあたり、より強く思うことがあるという。「それは、日本のモノづくりの基盤を守り社会を支えていきたい、ということだ。軽自動車を(事業の)主体とし、日本に根差したメーカーであるダイハツだからこそ、日本のモノづくりを考え、お客様のニーズに真剣に向き合い、これからもダイハツらしいクルマづくりを推進していく」と述べた。

日本人にピッタリの軽自動車造りを推進するダイハツだからこそ、低価格でも最高に気分が上がるタフトが造れたのですね。

2. アルトラパン モード

ラパンモード

2019年12月にラパンに設定された特別仕様車の「ラパンモード」は、「シックでクールな印象の中にも女性らしさが感じられる“大人かわいいラパン”」が商品コンセプトになっています。

「S」グレードをベースにシートやインパネなどのインテリアを専用の仕様にした他、エクステリアにも専用の加飾を施しています。

さらに、「レーダーブレーキサポート」を標準装備し、「ナノイー」搭載フルオートエアコンや助手席シートヒーター(2WD車)などの快適装備を採用して、お買い得感を実現しました。

アルトラパン モードのかわいいポイントはここ!

ラパンモード

もとからかわいいラパンに、ネイビー基調で統一されたインテリアがさらに清潔感と清涼感が加わりまさにかわいさの「倍返し」状態に!

さすが、「シックでクールな印象の中にも女性らしさが感じられる“大人かわいいラパン”」が商品コンセプトだけのことはあります。

後から手を加えにくいドアトリムやインパネもお揃いですから、おしゃれ感もありつつやりすぎないのもグッドです。

アルトラパン モードの新車価格

ドアトリム

アルトラパンモードのメーカー希望小売価格(円)

2WD4WD
消費税込み
消費税別
消費税込み
消費税別
G・ホンダセンシング1,411,3001,283,0001,512,5001,375,000

※上記価格はは2020年7月現在のメーカー公式サイトによります。

アルトラパン モードのコスパポイント

アルトラパン モード

「ラパンモード」は、シート表皮、ドアトリムクロスとフロアマットをネイビー基調で統一、ブラックパールのガーニッシュやヘリンボーン模様の木目柄を取り入れたインパネになっています。

そしてエクステリアには、メッキフロントグリルやシルバーとホワイトの2トーンに塗り分けたフルホイールキャップ、ブルーのアクセントカラーを施したバックドアのエンブレムなどを採用して特別感を演出しています。

1,331,000円のSグレードにこれだけの装備を備えての1,441,300円(2WD車 消費税込み)という価格ですから、コストパフォーマンスは非常に良いと言えるでしょう

アルチラパンモードのレビュー

フロアマット

特別仕様車の方向性は「ほかの人とはちがう」「大人っぽさもほしい」「仕立ての良さも大事」といったもの。ターゲットユーザーは、「ラパンは好きだけどもう少し落ち着いた雰囲気が好き」「もっと自分の個性を主張したい」などと考える人。アルトラパンモードによって、より幅広い女性にラパンのユーザーを広げる。

大人かわいいということで、かわいさよりも上品で落ち着いた雰囲気を大事にした「モード」は、ラパン好きのユーザーのニーズに幅広く応えています。

【かわいい×室内広々】軽自動車2選!

芝生に寝転がる子ども

最近の軽自動車はどんな車種もビックリするほど室内が広くなっています。特にハイトールワゴンはミニバンと思うほどの室内スペースを誇っています。

家族の為にもそんな広い室内スペースの軽自動車がほしいけど、やはり女性としては広さと機能性だけじゃなくて、かわいさも忘れたくない!

そんなママ達のために、室内広々でかわいい軽自動車をご紹介します。

1. 日産 ルークスAUTECH(オーテック)

ルークス AUTECH

ルークスの中でもオーテックは、ジュエリーのような丸みを帯びたデザインのドットパターンのフロントグリルを採用し、プレミアムかつエレガントな印象を表現した独特のモデルです。

また、フロントバンパーのアクセントやドアミラー、アウトサイドドアハンドルをシルバーカラーとしたほか、専用デザインのアルミホイールを採用して上質さと洗練さが目を惹くスタイルに仕上げられています。

さらにインテリアは、ブラウンとアイボリーのコントラストのある2色を配色して暖かみがあり上質な心地よさに包まれるような空間となっています。

人気のあるハイウェイスターとはまた異なる個性のオーテックは、大人の女性にピッタリといえます。

関連する投稿


スズキ スペーシアカスタムとは?軽を超えた迫力のボディと広々車内空間

スズキ スペーシアカスタムとは?軽を超えた迫力のボディと広々車内空間

スズキのスペーシアカスタムについてご紹介する記事です。通常のスペーシアとカスタムの違いをはじめとして、外装の質感の高さや広い車内空間などの魅力を解説。そして、ライバルにあたるモデルとの比較も行います。


軽自動車の大本命!ダイハツ タントは内装まで手抜きなし!

軽自動車の大本命!ダイハツ タントは内装まで手抜きなし!

近年のダイハツを牽引する人気軽自動車であるタントの紹介記事です。ライバルとなるホンダN-BOXなどとの比較を絡めながら、室内空間の広さや質感や使い勝手の良さなど、さまざまな角度からご紹介します。


スズキ ワゴンRとワゴンR スティングレーそれぞれの特徴を徹底解説!

スズキ ワゴンRとワゴンR スティングレーそれぞれの特徴を徹底解説!

スズキのワゴンRは多くの人に親しまれている軽トールワゴンです。その歴史は1993年まで遡ります。長い歴史を持つワゴンRにスティングレーがラインナップされ、ますます好調な売れ行きを記録しています。本記事ではスズキのワゴンRとスティングレーを比較、それぞれの魅力を解説していきます。


スズキ ラパンが乗りづらいって本当?グレードや人気色について解説!

スズキ ラパンが乗りづらいって本当?グレードや人気色について解説!

スズキ ラパンは非常にかわいい軽自動車です。しかし、一部ではラパンは乗りづらいという声もあります。そこで今回は、スズキ ラパンのグレードや人気色、乗りづらいと言われている理由についてご紹介します。


【ちょうどいい軽】ダイハツ ムーヴの全方位的魅力で高コスパな車選び

【ちょうどいい軽】ダイハツ ムーヴの全方位的魅力で高コスパな車選び

販売台数ではスーパーハイトワゴンが躍進を続けているからといって、全ての軽自動車ユーザーにあれほどのゆとりが必要とは限りません。ハイトワゴンやトールワゴンと呼ばれるジャンルに属するムーヴは、ゆったりくつろげる室内空間を持ちながらも、低重心・軽量で俊敏な走りや低燃費も備えた魅力的な軽自動車です。流行に流されないあなたにこそぜひ知ってほしい、ムーヴの魅力をご紹介していきます。


最新の投稿


トヨタ アルファードとは?ミニバン×高級車の魅力を徹底解説

トヨタ アルファードとは?ミニバン×高級車の魅力を徹底解説

トヨタの高級ミニバンとして幅広い層の人気を誇るトヨタのアルファードについて紹介します。内外装の高級感やサイズ感、運転のしやすさなどを紹介すると共に、兄弟車であるヴェルファイアとの違いなども紹介します。


トヨタ スープラとは?令和の時代に帰ってきた名スポーツカー

トヨタ スープラとは?令和の時代に帰ってきた名スポーツカー

トヨタ スープラは90年代に高い人気を誇り、惜しまれつつも姿を消しましたが、21世紀に再び復活しました。この記事ではスープラの歴代モデルの紹介や、現行モデルのラインナップ、走行性能などについても紹介します。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


トヨタ ヴィッツとは?ヤリスに生まれ変わった定番コンパクトハッチバック

トヨタ ヴィッツとは?ヤリスに生まれ変わった定番コンパクトハッチバック

ヤリスとして生まれ変わったトヨタの定番コンパクトハッチバックの「ヴィッツ」について紹介します。乗りやすいサイズ感やデザイン、走行性能などについて詳しく解説。また、他メーカーのコンパクトカーとの比較なども行います。


スズキ スイフトスポーツは高コストパフォーマンス、高走行性!

スズキ スイフトスポーツは高コストパフォーマンス、高走行性!

スズキのスイフトスポーツは、コストパフォーマンスが高く走行性も充実している車に乗りたいという希望を叶える一台です。加速性も申し分なく、その性能はオーナーからも高い支持を得ています。そこで今回は、スイフトスポーツの魅力を詳しく解説します。