目次へ戻る

ポルシェ パナメーラ改良新型 新PHV登場 日本価格1877万円から

ポルシェ パナメーラ改良新型 新PHV登場 日本価格1877万円から

ポルシェは8月26日、改良新型『パナメーラ』(Porsche Panamera)をデジタルワールドプレミア。そこでプラグインハイブリッド車(PHV)のラインナップに、新たに「パナメーラ 4S E-ハイブリッド」を追加すると発表しました。気になる最新情報をお届けします。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ポルシェ パナメーラ改良新型

《photo by Porsche》ポルシェ・パナメーラ 4S E-ハイブリッド 改良新型

《photo by Porsche》ポルシェ・パナメーラ 4S E-ハイブリッド 改良新型

《photo by Porsche》ポルシェ・パナメーラ 4S E-ハイブリッド 改良新型

《photo by Porsche》ポルシェ・パナメーラ 4S E-ハイブリッド 改良新型

ポルシェは8月26日、改良新型『パナメーラ』(Porsche Panamera)をデジタルワールドプレミア。日本市場では予約受注を8月27日より開始しています。

そこでプラグインハイブリッド車(PHV)のラインナップに、新たに「パナメーラ 4S E-ハイブリッド」を追加すると発表しました。気になる最新情報をお届けします。

ポルシェ パナメーラ改良新型 価格

希望小売価格は消費税込み1877万円。

新開発PHVパワートレインを搭載

パナメーラ 4S E-ハイブリッドには、新開発のPHVパワートレインを搭載します。

2.9リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジンは、最大出力440psを発生。

8速デュアルクラッチトランスミッションの「PDK」に組み込まれたモーターは、最大出力136psを獲得。エンジンとモーターを合わせたシステム全体で、560psのパワーと76.5kgmのトルクを引き出します。

二次電池には、セルの最適化により、蓄電容量を従来型の14.1 kWhから17.9kWhに大容量化したバッテリーを積んでいます。

さらに、EVモードの航続は、従来型に対して最大で30%伸びて、54km(WLTP計測)、64km (NEDC計測)に到達。「スポーツクロノパッケージ」が標準装備されているほか、0~100km/h加速3.7秒、最高速298km/hのパフォーマンスを実現しています。

走行中にバッテリーを充電するモードを最適化

「Eパワー」、「ハイブリッドオート」、「スポーツ」、「スポーツ・プラス」の4つの走行モードは、従来と同じく、スポーツクロノパッケージのモードスイッチを使って選択します。

さらに、「ポルシェ・コミュニケーション・マネージメントシステム(PCM)」を使って作動させる「Eホールド」と「Eチャージ」の2つのモードも利用できるのだとか。

また、パナメーラの改良新型では、電気駆動でのドライビング体験をいっそう高めるため、走行中に高電圧バッテリーを充電するモードが最適化されました。

改良新型では、システムを始動させると標準でEパワーモードに。従来と同じく、電気モーターと内燃エンジンの相互作用については、アクセルペダルの操作によって、理想的な出力バランスが決定されるそうです。

ポルシェ パナメーラ改良新型 最新画像

《photo by Porsche》ポルシェ・パナメーラ 4S E-ハイブリッド 改良新型

《photo by Porsche》ポルシェ・パナメーラ 4S E-ハイブリッド 改良新型

《photo by Porsche》ポルシェ・パナメーラ 4S E-ハイブリッド 改良新型

《photo by Porsche》ポルシェ・パナメーラ 4S E-ハイブリッド 改良新型

《photo by Porsche》ポルシェ・パナメーラ 4S E-ハイブリッド 改良新型

《photo by Porsche》ポルシェ・パナメーラ 4S E-ハイブリッド 改良新型

《photo by Porsche》ポルシェ・パナメーラ 4S E-ハイブリッド・スポーツツーリスモ 改良新型

《photo by Porsche》ポルシェ・パナメーラ 4S E-ハイブリッド・スポーツツーリスモ 改良新型

《photo by Porsche》ポルシェ・パナメーラ 4S E-ハイブリッド・スポーツツーリスモ 改良新型

《photo by Porsche》ポルシェ・パナメーラ 4S E-ハイブリッド・スポーツツーリスモ 改良新型

関連する投稿


ポルシェ唯一のステーションワゴン「パナメーラ スポーツツーリスモ」

ポルシェ唯一のステーションワゴン「パナメーラ スポーツツーリスモ」

本記事ではポルシェのステーションワゴンの「パナメーラ スポーツツーリスモ」について見ていきます。2017年に発売されたパナメーラの気になる性能と外装・内装をご紹介したいと思います。


【2020年度版】ポルシェのスポーツカー、クーペ一覧

【2020年度版】ポルシェのスポーツカー、クーペ一覧

ポルシェは、クルマ好きでなくてもその名を知らない人はいないというほど有名なドイツの自動車メーカーです。一般用の車のほか、モータースポーツ用の車両開発にも力を注いでいます。今回は、ポルシェのつくるスポーツカー、クーペについて紹介します。


車好きがおすすめするクーペ各5選!国産と外車のおすすめガイド

車好きがおすすめするクーペ各5選!国産と外車のおすすめガイド

若者や大人に人気の「クーペ」。美しいシルエットと高い走行性能が魅力的な車です。休日のドライブや通勤に利用される移動手段として利用する方も多いでしょう。この記事では、おすすめのクーペについて国産・外車それぞれご紹介します。


【2020年度】ポルシェのSUV車一覧 カイエン・マカン

【2020年度】ポルシェのSUV車一覧 カイエン・マカン

ポルシェといえばドイツの高級自動車メーカーです。主にレーシングカーやスポーツカーで有名ですね。本記事ではそんなポルシェの人気SUV「カイエン」「マカン」についてまとめています。


ポルシェのオープンカー ボクスター┃歴代モデルやスペック、燃費等

ポルシェのオープンカー ボクスター┃歴代モデルやスペック、燃費等

高級スポーツカーの代名詞とも言えるポルシェの2シーターオープンカー『ボクスター』は、ポルシェのラインナップのエントリーモデルですが、ミッドシップレイアウトのエンジンと軽量の車体で本格的なスポーツ走行が出来ます。今回はそんなポルシェ ボクスターの魅力をご紹介していきます。(※2020年1月更新)


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。