トップへ戻る

トヨタ シエンタのアゲポイント5選!中古車情報も

トヨタ シエンタのアゲポイント5選!中古車情報も

普段をアゲる魅力に溢れたトヨタのミニ・ミニバンが、シエンタです。ミニバンといえば、室内スペース重視のハコ型で、事務的なデザインにもなりがちなのですが、シエンタの内外装はまるで海外メーカーの車のような遊び心が満ちた特別なデザイン。室内の広さも燃費の良さも、全て盛り込んだ家族の最強の味方、シエンタの魅力をご紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタ シエンタなら毎日が笑顔に!デザイン重視のミニ・ミニバン

トヨタ シエンタ G グランパー GLAMPER meets TRD アクティブキット装着車

トヨタ シエンタ G グランパー GLAMPER meets TRD アクティブキット装着車

トヨタ シエンタは、あまりに魅力がいっぱいなので、たまに家族で遠出する、なんて特別なシチュエーションでなくとも、毎日を笑顔で過ごせてしまいそうな「普段をアゲる」ミニバンです。

ミニバンでも箱っぽくなく、「愛車」と呼べてしまいそうなおしゃれな内外装も相まって、その完成度の高さから日本中で大人気。

街でも駅でもショッピングセンターでも、見かけない日はなさそうなほど人気のミニバン、シエンタの魅力を5点まとめてみました。どこがそんなに魅力的なのか、確かめてみてください。

トヨタ シエンタの魅力5選!

トヨタ シエンタ(2015年型)

トヨタ シエンタ(2015年型)

1. まるで輸入車?!おしゃれなエクステリアデザイン

トヨタ シエンタ 初期スケッチ

トヨタ シエンタ 初期スケッチ

トレッキングシューズやスポーツバッグのような、スポーティかつスタイリッシュなデザインをイメージして開発されたというシエンタ。それは快活なカラーバリエーションの数々からも見てとれますね。

なんといっても特徴的なのは、ヘッドランプからフォグランプ周辺まで、テールランプからリヤバンパー下部まで、一筆書きで繋がったかのような不思議なデザイン。

きっとデビュー直後は「なんだこれ!」と思ってしまった方もいらっしゃると思いますが、見慣れてくると、まるで欧州の小粋なコンパクトカーのような、瀟洒なデザインとお思いの方も多いのでは。

ノーズ先端からルーフ後端までワンモーションで流れていくフォルムと合わせて、ついデザインを自慢したくなりそうな、ミニバンらしからぬ外見の持ち主なのです。

2. シックだけど遊び心のあるインテリアデザイン

トヨタ シエンタ G クエロ(2017年型)

トヨタ シエンタ G クエロ(2017年型)

こだわりの外観に合わせて、内装もかなりの個性派。流れるようなラインで成り立つダッシュボードは、それでいて収納スペースもしっかり確保されるなど、使い勝手も上々です。

所々に入ったオレンジ色の差し色も特徴的。スポーツ用品のようなアクティブさを感じさせますよね。

また、カラーバリエーションの豊富さはエクステリアだけではなく、室内も同様。定番の黒以外にも明るめのベージュ「フロマージュ」や、シックで落ち着いた「ダークブラウン」が選べるなど、自分らしさをとことん追求できます。

3. 運転に不慣れでもスイスイ乗れる扱いやすさ

トヨタ シエンタ アクセサリー装着車

トヨタ シエンタ アクセサリー装着車

ミニバンって、車体が大きいから運転しにくそう。そうお思いのあなたにもシエンタがぴったりです。

最大で7人が乗れる室内を持ちながら、全長、全幅ともに程よいコンパクトさ。全方位への視界の広さや、5.2mという最小回転半径も手伝って、細い路地でもスイスイ運転できそうです。

また、死角になっている部分まで上から丸見えで確認できる「パノラミックビューモニター」がオプション設定されているので、駐車もラクラク。たまのお出かけでしか運転しないパパやママでも、安心して運転できます。

4. 使える!ミニバンらしいユーティリティ性

トヨタ シエンタ 荷室

トヨタ シエンタ 荷室

もちろん、7人乗れる広さは、荷物を運ぶ時だって大活躍。フラットに収納できる3列目と、タンブル収納できる2列目を合わせて、自転車のような大きめの荷物もラクラク積むことができます。

新たに後席への荷物置き忘れを通知してくれるリヤシートリマインダーが国内仕様車として初搭載された点もポイントが高いです。

荷物だけでなく、あってはならないことですが子どもやペットが車内放置されるという痛ましい事故を未然に防ぐことも見込めるこの機能。ご家族で乗車される機会の多いであろうシエンタならではの有用な装備です。

5. 先進安全装備も充実!

トヨタ シエンタ(2017年型)

トヨタ シエンタ(2017年型)

もちろん、今時の車ですから予防安全装備も充実。

前方の歩行者や車両との衝突回避を支援してくれるプリクラッシュセーフティや、車線のはみ出しを防いでくれるレーンディパーチャーアラートはもちろん、ペダルの踏み間違いなどでガラスや壁などに衝突しそうな際にもブレーキをかけてくれる「インテリジェントクリアランスソナー」が前後方向に作動するので、駐車場などでもより安心ですね。

トヨタ シエンタのスペック

【トヨタ シエンタ X ハイブリッド】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,260mm×1,695mm×1,675mm
ホイールベース2,750mm
最大乗車定員4名
車両重量1,380kg
燃費WLTCモード:22.8km/L
エンジン種類直列4気筒 1,496cc
エンジン最高出力54kW(74PS)/4,800rpm
エンジン最大トルク111N・m(11.3kgf・m)/3,600-4,400rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力45kW(61PS)
モーター最大トルク169N・m(17.2kgf・m)
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション電気式無段変速機
新車価格2,268,200円(消費税込)
(2020年9月現在 トヨタ公式サイトより)

3列目は使わないなら、2列シートの「ファンベース」がオススメ!

トヨタ シエンタ ファンベース

トヨタ シエンタ ファンベース アクセサリー装着車

シエンタの見た目は好きなんだけど、3列目は使わないかな、とお思いのあなたにぴったりなグレードが、2列シート仕様の「シエンタ ファンベース」です。

標準仕様のシエンタでもフラットに収納できる3列目シートを取り払ってしまうことで、新たなユーティリティ性を手に入れた特別なファンベース。ファンベースならではの魅力をご紹介します。

段差の少ないラゲッジスペースで車中泊

トヨタ シエンタ ファンベース

トヨタ シエンタ ファンベース

シエンタでは3列目シートを2列目シートの下に格納でき、荷室の高さがしっかり確保されるのですが、2列目シートは前方に2段階で倒すダブルフォールディング格納となっており、後部座席全てを格納した際の床面はデコボコで、かつ荷室長は1,430mmとあまり長くありませんでした。

しかしファンベースは、3列目シートをなくしてデッキボードを装着することで、2列目シートと荷室の間にあった段差を解消。また2列目シートもダブルフォールディングではなく「チルトダウン格納」とすることで、荷室全体でのフラットな床面を実現しています。

これによって最大荷室長が2,065mmと、大人でも足を伸ばして横になれるフラットな大空間が出現します。車中泊にもぴったりですし、いざという時に大荷物を飲み込める、頼もしい相棒です。

オプションパーツで使い勝手も向上

トヨタ シエンタ ファンベース アクセサリー装着車

トヨタ シエンタ ファンベース アクセサリー装着車

荷室の両側の壁に各9個配置されているユーティリティホールを使って、アイデア次第で使い勝手をどんどん向上させることができるのも、ファンベースの特徴です。

荷物を仕切るパーテーションになるシステムバーを装着したり、高さのある荷室を上下に仕切るラゲージアッパーボードを装着することで収納スペースを増やしたり、市販のフックを活用して床に置くと転がりがちな小物を収納したりと、車をアクティブにお使いになる方にこそ活用できそうなユーティリティ性の高さは魅力的です。

トヨタ純正アクセサリーでは、ファンベースの活用の幅が広がりそうなアクセサリーが多数用意されており、どの部品を組み合わせてどんな構成にしようかな、と考えるだけでも楽しくなりそうなワクワク感がありますね。

トヨタ シエンタの中古車価格をまとめました

トヨタ シエンタ

シエンタは、ここまでご紹介してきた魅力の他にも、お求めやすさも大きな特徴ですよね。

シエンタのトリムグレードは、廉価なものからX、G、Gクエロが基本の3つ。それにガソリン仕様とハイブリッド仕様、3列シートか2列シートなどのバリエーション展開があります。

また特徴的なところでは、福祉車両の車いす仕様車が通常ラインナップとして用意されている点も注目ポイント。さまざまなユーザーが、思い通りの仕様を選びやすくなっています。

トヨタ シエンタ(2015年型)

トヨタ シエンタ(2015年型)

シエンタの中古車は、人気車なので当然在庫数も多く、2020年9月現在では3,633台もの在庫が確認できます。

現行モデルに限っても、中古車平均価格は157.8万円(消費税抜き)とお手頃価格。実は2015年の発売以降、2018年に改良が加わっていて外観がやや変化しているのですが、初期型でもおしゃれさは健在なので、やや年式の古い程度良好車を狙うのもおすすめです。

まとめ

トヨタ シエンタ(2015年型)

トヨタ シエンタ(2015年型)

詳しく見れば見るほど、こりゃ売れるわけだ、と納得してしまうスキのない仕上がりのシエンタ。毎日を笑顔で過ごせそうな使い勝手の良さと、お買い得なお値段なのですから、ファミリーにはぴったりですよね。

人気車だけあって特別仕様車などの設定も頻繁にされるので、今後もシエンタからは目が離せません。

関連する投稿


トヨタ シエナってどんな車?ライバル車比較や中古車情報も!

トヨタ シエナってどんな車?ライバル車比較や中古車情報も!

国内では2019年生産終了となったエスティマ。まだ海外では継続販売されていますが、そのエスティマの後継モデルとして製造販売されているのが「シエナ」です。あまり日本では馴染みのないシエナ。本記事ではシエナがどういう車か紹介します。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


トヨタ アクアの評価が知りたい!低燃費は当然、ユーザー目線の評価は

トヨタ アクアの評価が知りたい!低燃費は当然、ユーザー目線の評価は

改良を繰り返しながら販売が続けられているトヨタ アクアは、廉価なハイブリッドカーとしてしっかりとブランド化に成功していますよね。街中で見かける機会も多いですが。しかし、販売台数が多いからといって手放しにいい車と認めるわけにはいきませんよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家によるアクアの評価をまとめていきますので、アクアの真の実力を確かめてみてください。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


最新の投稿


ヘッドライト磨きで黄ばみもすっきりクリア!おすすめ商品もご紹介!

ヘッドライト磨きで黄ばみもすっきりクリア!おすすめ商品もご紹介!

ヘッドライトの曇りや黄ばみは、車の印象を左右する大きな要因となります。いくら車を磨き上げても、ヘッドライトが曇っていたりすると気になる方も多いのではないでしょうか?今回は、ヘッドライトをすっきりクリアにするためのヘッドライトの磨き方について、説明していきます。


ドライブを楽しめるゲームソフト厳選6本!休み中にバーチャル旅行へGO!

ドライブを楽しめるゲームソフト厳選6本!休み中にバーチャル旅行へGO!

まだまだお出かけのしにくい状況が続く昨今。国内はおろか、海外旅行なんて夢のまた夢ですよね。いつになったらまた気軽に海外へ出かけられるのか見当もつかない今だからこそ、注目したいのがゲーム内の世界でバーチャル旅行を楽しむこと。ストーリーを進めなくても、ゲーム世界をドライブするだけで楽しめる、そんな珠玉のゲームソフトをまとめてみましたので、お休み中のご予定にぜひバーチャル旅行を加えてみてください。


マツダ CX-30の燃費はいい?オーナーさんに聞いてみた結果!

マツダ CX-30の燃費はいい?オーナーさんに聞いてみた結果!

マツダのCX-30、超カッコいいSUVですよね!ですが、CX-30の燃費ってどんな感じなんでしょうか。特に、CX-30にはスカイアクティブXとディーゼルとガソリンと言う3種類のエンジンがあって、その比較も気になります。今回は、実際の燃費はどうなのかユーザーさんの声を拾ってみます!


スズキ ワゴンRとワゴンR スティングレーそれぞれの特徴を徹底解説!

スズキ ワゴンRとワゴンR スティングレーそれぞれの特徴を徹底解説!

スズキのワゴンRは多くの人に親しまれている軽トールワゴンです。その歴史は1993年まで遡ります。長い歴史を持つワゴンRにスティングレーがラインナップされ、ますます好調な売れ行きを記録しています。本記事ではスズキのワゴンRとスティングレーを比較、それぞれの魅力を解説していきます。


トヨタ シエナってどんな車?ライバル車比較や中古車情報も!

トヨタ シエナってどんな車?ライバル車比較や中古車情報も!

国内では2019年生産終了となったエスティマ。まだ海外では継続販売されていますが、そのエスティマの後継モデルとして製造販売されているのが「シエナ」です。あまり日本では馴染みのないシエナ。本記事ではシエナがどういう車か紹介します。