トップへ戻る

マツコネってなに?マツダコネクトはスマホの地図アプリも利用可能?!

マツコネってなに?マツダコネクトはスマホの地図アプリも利用可能?!

マツコネとは2013年発売のアクセラから搭載が開始された、マツダの新世代カーコネクティビティシステムのことで略してマツコネと呼ばれています。今回はこのマツコネについてご説明していきたいと思います。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


マツコネとは

マツダコネクト

マツダコネクト

マツダの自動車に乗っている方やマツダ車の購入を検討している方であれば、「マツコネ」という言葉をお聞きになった事があるかも知ません。

マツコネとは、“マツダの新世代カーコネクティビティシステム”「マツダコネクト」の事です。これはカーオーディオやカーナビなどが一体になったシステムで、現在ではマツダのほとんどの車種に搭載されている装置となります。

マツコネは、センターコンソールにあるコマンダースイッチとダッシュボードにあるセンターディスプレイで構成されています。このコマンダースイッチを操作すれば、カーナビゲーション・エンターテインメント・コミュニケーション・セッティング・車両情報確認が出来ます。

簡単な操作で、カーナビや他の便利機能が利用できるという優れたシステムとなります。

マツコネの性能

マツダコネクト

マツダコネクト

マツコネは、2013年6月に発売された新型アクセラに搭載されて誕生しました。スイッチひとつでカーナビやオーディオなどを簡単に切り替える事が出来るという事で、登場当時はカーマニアの間で話題になりました。

しかし、2013年に登場したマツコネには、ハンガリーのNGG社製のシステムのカーナビが組み込まれていました。このカーナビは自車の位置を正確に把握できなかったり、目的地まで遠回りさせられるなどといった問題を抱えていました。

最悪の場合は交通案内が出来なかったり、走行中にシステムがフリーズする事もありました。その後、これらの問題は改善されましたが、不満を感じるユーザーの中には他社製カーナビへ換装して使用する方もいました。

これらの問題を抱えていた事から初代マツコネの評判はあまり良くなかったのですが、次世代モデルから改良が施されました。

マツコネの初期モデルはカーナビ性能や操作性に問題がありましたが、最近のモデルではかなり改善しています。

マツコネでできる事

マツダコネクト スマホ連携を強化

マツダコネクト スマホ連携を強化

マツコネは現在も改良が続けられており、利用できる機能が新たに追加されています。最新バージョンではカーナビやカーステレオなどに加えて、アクティブドライビングディスプレイ・インターネット接続・通話・安全装備の設定などが出来ます。

アクティブドライビングディスプレイというのは、メーターとは別に車速などの走行情報を投影する機能になります。アクティブドライビングディスプレイは、近年のマツダ車ではフロントガラスに直接投影するモデルも増えてきていますが、コンバイナーと呼ばれる樹脂製スクリーンに投影するタイプのモデルもあります。

アクティブドライビングディスプレイは、ダッシュボード上のインストゥルメントパネル背後に設置されており、コンバイナー装着タイプの車では、エンジンを始動させると電気モーターで立ち上がる仕組みとなっています。運転中に目線を大きく移動しなくても、速度などの情報を得る事ができ為疲労軽減も期待できそうです。

また、センターディスプレイを使用すれば、カーナビの他にも車両情報の確認することができます。

マツコネを使用すれば、通常のラジオ放送に加え、インターネットに接続する事も可能となります。インターネットに接続する事で、運転中にもコミュニケーションツールが利用できます。 標準装備のマツコネは、カーナビ以外にも多くの機能を搭載しているという特徴があります。

カーオーディオやハンズフリー機器を、個別に購入して取り付ける必要がないので経済的となります。

Bluetoothでスマートフォンに接続

スマホとBluetooth接続することで、「Aha by Harman」が楽しめるようになる

スマホとBluetooth接続することで、「Aha by Harman」が楽しめるようになる

マツコネの大きなメリットのひとつとして、Bluetoothでスマートフォンに接続する機能を備えている事です。スマートフォンに接続する事で、車内で音楽を聴いたりハンズフリー通話機能が使えるようになります。

SNSの読み上げ機能も搭載されているので、運転中に音声でFacebookやTwitterを確認する事も可能になります。 最新バージョンのマツコネには、Apple CarPlayとAndroid Autoに対応しています。これは、iOS(iPhone)またはAndroidスマホと連携させる為の技術となっています。

Apple CarPlayとAndroid Autoに対応する事で、車内でもスマートフォンを安全に操作する事が出来るようになりました。

マツコネとスマートフォンを連携させると、自動車に搭載されているディスプレイをタッチしたり音声でスマホの操作が出来ます。音声でスマートフォンの操作が出来れば、運転中でもメールを確認したり通話が可能になります。

車のディスプレイにスマホの地図アプリを表示させたり、スケジュールチェックなども簡単に出来ます。

有料でカーナビ機能が利用可能

車載機で展開中のCarPlay

車載機で展開中のCarPlay

マツコネはカーナビ機能を備えていて、ナビゲーション用SDカードPLUS(ディーラーオプション)を接続すればカーナビ機能が使えるようになります。ただしマツコネでカーナビ機能を利用する為には、地図データのライセンス料金を支払う必要があります。

最新バージョンのマツコネにはスマートフォンと連携させる事が出来るので、スマホの地図アプリをカーナビ代わりに使用する方法があります。最近のスマホの地図アプリでも、位置情報を正確に把握したり目的地まで案内してくれる機能を備えています。

スマートフォンと連携させる事で、もはやカーナビは不要になるように思えるかも知ません。 ここで注意しなければならないのは、スマホで使用できる一部の地図アプリは、自動車の大きさなどを考慮しないルート案内をする可能性があることです。

その為目的地まで案内してもらう場合には、車が通れない細い道などが含まれている事があります。使い慣れた地図アプリを利用すると便利で安上がりですが、スマートフォンにカーナビ機能を完全に代替させる事は出来ません。

買い物や通勤などでカーナビを必要としない方であれば、スマートフォンの地図アプリでも問題がないかも知ません。それでも知らない場所を走行する機会が多い方は、マツコネのカーナビ機能を利用するか別売りのカーナビを取り付ける必要があるでしょう。

車両情報を表示させる機能も

i-DM

i-DM

マツコネを実際に利用している方であれば、カーナビやオーディオ機能をメインに使用していることでしょう。この装置にはカーナビやオーディオ以外に加えて、車両情報を表示させる機能も付いています。

マツコネは、i-DM(インテリジェント・ドライブ・マスター)で、燃費モニター・ドライビングモニター・メンテナンス・ウォーニングガイダンス、などの表示が可能となっており、 i-DMはハンドル・ブレーキ・アクセル操作のスコアを知らせてくれる機能になります。

スコアをチェックする事で、運転方法を改善して乗り心地や燃費を改善する事ができ、 ドライビングモニターを表示させると、ハイブリッド車のエネルギーフローを確認する事が出来ます。

EV走行や回生ブレーキの使用状況が確認でき、省エネ走行に役立てせる事が出来るでしょう。メンテナンス機能を利用すれば、定期点検やオイル交換の時期を知らせてくれます。

ウォーニングガイダンスとは、燃料やウォッシャー液などの不足を知らせてくれる機能になります。 マツコネを活用して車両情報をチェックする事で、燃費を節約したり自動車のメンテナンスに役立たせる事が出来ます。

普段はカーナビやオーディオ機能でマツコネを利用している方も、たまには車両情報をチェックしてみる事をおすすめします。

まとめ

アクティブドライビングディスプレイ

アクティブドライビングディスプレイ

マツコネは標準搭載のカーナビなどではなく、車内で便利な機能を利用する為の多機能システムになります。最新モデルはスマートフォンと連携させる機能を搭載しているので、メッセージ交換や地図アプリなど簡単に利用できます。

マツコネは、マツダが製造する多くの種類の乗用車に標準搭載されています。新車の購入をお考えの方は、マツコネが搭載されたマツダ車を検討してみてはいかがでしょうかでしょう。

関連するキーワード


マツダ 車種情報 豆知識

関連する投稿


【初心者向け】中古車査定のキホン!車の買取・お得に売却する方法は

【初心者向け】中古車査定のキホン!車の買取・お得に売却する方法は

違う車が欲しい、自分の車を売却して別の車が欲しいな。そんなことを思った時、まず初めに考えるのが中古車査定ではないでしょうか。しかし、何からすればいいのかわからない。そもそもどこに行くの?そんな悩みをお持ちの方!本記事では初心者向けに中古車査定のキホンから、車の買取や下取り、より高く、お得に買い取ってもらえる方法をご紹介いたします。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


マツダ6は内装かっこいい?日本のかっこいいセダンを詳しく解説!

マツダ6は内装かっこいい?日本のかっこいいセダンを詳しく解説!

日本のかっこいいセダン、それがマツダ6です!そして、マツダ6はインテリアも超素敵!本記事では、そんな内も外もかっこいいマツダ6をご紹介します。


【実はコスパが良い?!】マツダ3 セダンの魅力やライバル車との比較!

【実はコスパが良い?!】マツダ3 セダンの魅力やライバル車との比較!

コンパクトなセダンが欲しい、そうお思いのあなた!マツダ3がおすすめです!ライバルのカローラとも比較して見ていきましょう。


【超お買得】マツダの中古車ガイド、おすすめ車種3選!

【超お買得】マツダの中古車ガイド、おすすめ車種3選!

クルマは欲しいけど、新車は高いし・・・と思っているアナタ!大丈夫です!我々にはマツダの中古車があります!マツダのクルマはデザインがカッコいいので、古いクルマには見えない!という素晴らしいメリットがあります!一緒にお買い得なマツダの中古車を探していきましょう!


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。