トップへ戻る

日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産のGT-Rは名車と名高い一台です。最新のGT-Rはスカイラインの名前が外れ日産GT-Rとなり、よりサーキットを意識した車へと進化し続けています。今回はこの日産 GT-Rについて見ていきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スカイラインGT-Rから日産 GT-Rへ

R34スカイラインGT-Rと日産GT-R

R34スカイラインGT-Rと日産GT-R

車好きの方ならGT-Rと聞けばおそらく多くの方は、日産スカイラインGT-Rを思い浮かべるのではないでしょうか?初代スカイラインGT-Rの段階から日産はGT-RにスカイラインGT-Rと名づけていました。

日産 GT-RはスカイラインGT-Rの後継車種に当たりますが、今ではこの日産スカイラインGT-Rの名前から「スカイライン」を外し、日産 GT-Rと呼んでいます。

今回はこの日産 GT-Rについて解説して行きます。

日産 GT-R

日産 GT-R 2017モデル

日産 GT-R 2017モデル

R35型と呼ばれるモデルから日産 GT-Rという名前に変わりました。ちなみにこのR35は現行モデルとなります。その前モデルR34とは大きく異なっています。

R34モデルは基本設計として競技を意識していました。専用のエンジンに駆動系サスペンションやブレーキなど全てがレースを前提として設計されています。現行モデルであるR35もレースに使用することができますが、よりオールラウンダーとして活躍できるよう、街乗りからサーキットまで活躍の場が広がりました。

チューンを施せばレース用として、また街乗りでも速さや快適性が保障された車、それが日産 GT-Rという車になります。

日産 GT-Rの性能

撮影 中村孝仁匠のエンジン

撮影 中村孝仁匠のエンジン

国内最強モデルの名にふさわしいR35ですが、スカイラインの名が外れた結果GT-Rは、国内ばかりか世界を狙う世界戦略車と言えるものとなりました。

その性能はパワートレインのレイアウト方式だけを見ても、いかに走行性能を優先した作りになっているかをうかがうことができます。専用プラットフォームには、前方にエンジンのみを配置、後方にクラッチ・ミッションなどを配置しています。その結果、前後重量配分を理想的なものにしています。

車体後方に重量物を配置するため、メイン駆動軸であるリアに荷重することで大きなパワーを効率よく路面に伝えることができます。

初期のR35モデルは480馬力でしたが、GT-R NISMO 2017年モデルでは600馬力を叩き出し、同じエンジンでありながら設計段階からかなり工夫を凝らしたものとなっています。

またR35GT-Rは設定されたタイヤでないものを使用すると、保証対象外になるといった徹底ぶりで、その持てる性能や品質を維持管理しています。この結果2020年モデルのPure Editionでは570馬力を発揮し、1,760kgの巨体を加速させます。

この1,760kgの重量にもGT-Rの秘密があります。世界中のスポーツカーはこぞって軽量化の道を選びましたが、GT-Rは空力でダウンフォースを稼ぐばかりでなく、自重でトラクションとグリップを稼いでいます。

日産 GT-Rのエクステリア

一目見て他の車と見間違うことはありません。GT-Rはデビュー以来イヤーモデルが発売されるたびに改良されデザイン変更をし続けました。カラーバリエーションも7色の中から選べます。

ホイールに関してもレイズ製の鍛造ホイールが数種用意されており、ボディカラーなどに合わせて選択できます。

空力を大きく左右する前後バンパーの形状も、マイナーチェンジを受けるたびに進歩しています。

日産 GT-Rのインテリア

《撮影 雪岡直樹》日産 GT-R リフレッシュプラン適用車両

《撮影 雪岡直樹》日産 GT-R リフレッシュプラン適用車両

日産 GT-Rに採用されているマルチファンクションメーターは視認性が良く、殆どの操作を手元で行えます。

またシートはグレードにより本革の物や専用レカロシートなどの設定もあり、高級感溢れるものに仕上がっています。また、豪華さだけではなくニスモモデルにはレカロによって製作されたカーボンバックバケットシートを有し、本格的なサーキット走行にも使用できるほどの仕上がりとなっています。

このようにGT-Rの車内は豪華さの中にもスポーツマインドがつまったもので、気持ちを自然と高揚させてくれるインテリアとなっています。

日産 GT-Rのオプション

メーカー純正オプションとして、本革シート・ホイール・プライバシーガラスなどがあり、次いでディーラーオプションとして、専用フロアーカーペット・LEDハイパーデイライトキャンセルスイッチなどがあり、自分専用のGT-Rに仕上げる事もできます。

日産 GT-Rのスペック

エンジンはVR38DETT、最高出力570PS・トルクは65.0kgf・mですが、チューンを施せば900PSも絞り出す高性能なものとなります。

【日産 GT-R Pure edition】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,710mm×1,895mm×1,370mm
ホイールベース2,780mm
最大乗車定員4名
車両重量1,760kg
燃費WLTCモード:7.8km/L
エンジン種類DOHC・V型6気筒
最高出力419kW(570PS)/6,800rpm
最大トルク637N・m(65.0kgf・m)/3,300-5,800rpm
駆動方式4輪駆動
トランスミッションGR6型デュアルクラッチトランスミッション
(2021年5月現在 日産公式サイトより)

日産 GT-Rの価格

《写真提供:response》日産 GT-R 2017モデル

ここでは、日産 GT-Rの気になる新車価格と中古車価格の情報をご紹介します。

日産 GT-Rの新車価格

2020年モデルを例に取ると、新車のGT-Rの価格は1000万円を切るものはありませんした。スタンダードモデルであるPure editionですら、メーカー希望小売価格10,828,400円(日産公式ページより)となっていました。

新車であれば車のカラーを好みで選ぶことができます。このカラーによっても価格が異なりますが全体から見れば微々たるもので、購入の際に保険料・税金・登録等に必要な諸費用はこの金額には含まれていません。

GT-Rクラスの車ならではといったところですが、様々なオプション装備も用意されており、そのオプション装備代なども加算されていきます。

たとえば2020年モデルのPure editionをフル装備で見積もってみると、メーカーオプションフル装備で金額は17,412,234 円となり、ベース車両との差は6,583,834円となりました。オプション装備代だけで新車の大型セダンが購入できる金額になります。

これはあくまでメーカー公式ホームページでの試算なので、販売店によって異なる場合もあります。さすが日産のフラッグシップ・スポーツモデルだけのことはありますね。

【ガソリン車】
◎Pure edition
4WD:9,844,000円(税抜き価格)

◎Premium edition
4WD:11,209,000円(税抜き価格)

◎Black edition
4WD:11,611,000円(税抜き価格)

◎GT-R Track edition engineered by NISMO
4WD:13,306,000円(税抜き価格)

◎GT-R NISMO
4WD:22,000,000円(税抜き価格)

※日産公式サイトより(2021年3月現在)

公式サイトはこちら

日産 GT-Rの中古車価格

現行での販売車両なので中古車もそれほど安いものはありませんが、程度の良い物は多く販売されています。

年式は一番古いものだと、4年とかなり経つモデルもあるので、購入には現車を確認することが大事になってきます。日産には公認の「認定中古車制度」という物もあるので、安心して購入したい方は利用することをオススメします。

【ガソリン車】
◎Pure edition
4WD:690万円台~1,280万円台

◎Premium edition
4WD:420万円台~1,380万円台

◎Black edition
4WD:490万円台~1,450万円台

◎GT-R Track edition engineered by NISMO
4WD:1,030万円台~応談

◎GT-R NISMO
4WD:1,490万円台~2,680万円台

※表示価格は車両本体価格で情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2021年3月現在)

response中古車はこちら

GT-Rの歴史

嶽宮 三郎1972年 日産 スカイラインHT2000GT-R

嶽宮 三郎1972年 日産 スカイラインHT2000GT-R

GT-Rの名前は古くから日産のスポーツモデルの代名詞でした。その名前の歴史は1969年初代スカイラインGT-Rから始まります。しかしいったんケンメリ・スカイラインGT-Rの生産終了とともに名前は封印されてきました。

このケンメリのGT-Rまでを第一世代と呼んでいます。特徴はエンジンが直列6気筒エンジンを搭載していたことでした。

第二世代は1989年に登場しました。これはスカイラインとしては8代目モデルをベースにGT-R専用の2.6L直列6気筒ツインターボを搭載したモデルになります。自主規制値の280馬力となっていますが、チューニングを施せば500馬力を簡単に叩き出すエンジンとなっていました。

この第二世代GT-Rも2002年排ガス規制をクリア出来ないといったことから、生産を終了しています。

第三世代と呼ばれるモデルは2007年にGT-R単体でのモデルとして復活しました。このモデルから2.6L直列6気筒ツインターボエンジンから3.8L V型6気筒ツインターボを搭載することとなりました。

こうして誕生したのが日産 GT-Rという車になります。

R36の発売は?

「GT-R」次期型

「GT-R」次期型

噂が絶えないのが次期型となるR36型 GT-Rの存在です。日産の関係者などの話によるとR36の登場は間違いないでしょう。時代の流れというものに逆らうことは難しく、R36型も何らかの電動化がなされる見込みが広まっています。

まだ正式発表がないのでそれが完全EV化されるのか、マイルドハイブリッドになるのかは不明ですが、R36型の登場が楽しみな事は間違いなくその発表が待ち遠しいですね。

まとめ

《撮影 宮崎壮人》日産 GT-R NISMO 2020年モデル

《撮影 宮崎壮人》日産 GT-R NISMO 2020年モデル

時代とともに歩みを続けた車それがGT-Rという車になります。ガソリンの代わりにバッテリーとなろうとも、やはりGT-Rは存在し続けてほしいと願います。

人の移動や物を運ぶだけではない、運転するという楽しみを教えてくれるのも車という存在で、その楽しみを最大限に教えてくれる車の先頭に立つのがGT-Rと言えます

こちらの記事もおすすめ!

関連するキーワード


日産 車種情報 GT-R

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


ワゴン車のGT-Rステージア!気になる中古車価格も!

ワゴン車のGT-Rステージア!気になる中古車価格も!

1996年デビューのステージアには発売当初には、パワートレインにスカイラインGT-Rのエンジンを搭載したモデルも存在した高性能モデルもありました。まさにスポーツワゴンの最高峰として位置付けられたモデルであったことを振りかえって見てみましう。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


日産 フィガロ|生産終了の理由は?中古車に乗ることは可能?

日産 フィガロ|生産終了の理由は?中古車に乗ることは可能?

1991年から一年間限定で発売された「フィガロ」ですが、人気は高く反響も大きかった車で惜しまれつつ1年限りの販売となった車「フィガロ」について見てみましょう。


最新の投稿


2019年の「ながら運転」厳罰化|その効果と取り締まり基準を解説!

2019年の「ながら運転」厳罰化|その効果と取り締まり基準を解説!

2019年に罰則が強化された「ながら運転」。この改正で、罰則はどのように変わったのでしょうか?また、その効果はありましたか?今回は、どんな行為が「ながら運転」に該当するのか、具体例を取り上げながら、まとめました。


トヨタ ルーミーの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ ルーミーの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

近年大人気の「トールワゴン」タイプであるトヨタ ルーミーは、2021年上半期の販売台数ランキングで単独車種として普通車トップクラスの販売台数を記録するなど、国民車的な人気を誇るモデル。毎日使える実用性が特徴的なルーミーだけに、燃費情報は気にしておきたいところですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費、ライバルとの比較など、ルーミーに関する燃費情報をくまなくご紹介していきます。


トヨタ ハイエースの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ ハイエースの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

商用バンながら、ビジネス用途だけでなくアウトドア系マルチギアとしても活用されるなど、長年様々なユーザーに愛され続けてきたトヨタ ハイエース。近年ではキャンプブームなどもあって人気が高まっています。そんなハイエース、存在は知っていても、燃費性能がどの程度なのか気になっている方も少なくないはず。この記事で、カタログ燃費や実燃費、ライバル車種との比較を通して、ハイエースの燃費情報に詳しくなりましょう。


スズキ アルトラパンの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

スズキ アルトラパンの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

まんまるなヘッドライトがキュートなアルトラパンといえば、かわいい軽自動車の筆頭格として長期間にわたって人気を維持しているモデルです。デザインばかりが取り上げられがちなラパンですが、日々使う車だからこそ気にしておきたいのは燃費性能。この記事では、カタログ燃費や実燃費、ライバル車種との比較まで、ラパンに関する燃費情報をくまなく網羅していますので、ぜひチェックしてみてください。


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。