トップへ戻る

今さら聞けないワンボックスカーの定義とは?おすすめ車種も紹介!

今さら聞けないワンボックスカーの定義とは?おすすめ車種も紹介!

みなさんの乗っている車は「ワンボックスカー」ですか?「ワンボックスカー」とよく聞きますが、ミニバンも一つの「ボックス」のように見えますよね。その違いはなんでしょうか。今回は今さら聞けないワンボックスカーの定義、そしておすすめ人気車種をご紹介したいと思います!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ワンボックスカーとミニバン、どう違う?

車画像

具体的にワンボックスカーとミニバンがどう違うか、疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

まずワンボックスカーの定義について説明していきましょう。

実は見た目にも大きな違いが

トヨタ ハイエース スーパーGL

トヨタ ハイエース スーパーGL

まず、ワンボックスカーの代名詞ともいえる、トヨタ・ハイエースと日産・キャラバンを思い浮かべてみてください。

そして次にミニバンをいくつか思い浮かべてみましょう。

一見似た形に思えますが、大きな違いがあるのです。

そう、ミニバンにはボンネットが出っ張っているという特徴がありますよね。

それに対し、ハイエースやキャラバンは正面がフロントガラスから平らな形になっています。

ワンボックスカーの「ワンボックス」は「ひとつの箱」という意味になります。その名の通りワンボックスカーは見た目が「箱」状の車ということになります。

空間の「配置」の違い

NV350キャラバン内装

NV350キャラバン内装

車において「ボックス」という言葉は、視覚、また機能の違いでわけられたスペースを指します。

機能には「エンジンルーム」「居住スペース(人が乗る場所)」「荷室スペース」の3つがあります。

そのスペースの使い方の違いから車を「ワンボックスカー」「ツーボックスカー」「スリーボックスカー」にわけることができます。

ワンボックスカー

トヨタ ハイエース バン DX

トヨタ ハイエース バン DX

「ワンボックスカー」は「エンジンルーム」「居住スペース」「荷室スペース」の3つがひとつにまとまっている箱型の車になります。

エンジンは運転席の下に置くキャブオーバー方式が主となっています。

車内の容積を最大限に利用でき、荷物を載せるバンや人を乗せるワゴンの2つのタイプがあります。

ツーボックスカー

スバル・レヴォーグ新型

スバル・レヴォーグ新型

「ツーボックスカー」は「エンジンルーム」がフロントのボンネット内にあり、「居住スペース」「荷室スペース」はひとつになっています。

エンジンルームとほかの空間を分離することでスペースが2つある車ということになります。

加えて分離されていることで自在なエンジンを搭載できるという特徴もあります。

例としてトヨタ・カローラフィールダー、スバル・レヴォーグが挙げられます。

スリーボックスカー

トヨタ クラウン RSアドバンス

トヨタ クラウン RSアドバンス

「スリーボックスカー」は一言でいうと「セダン」タイプの車です。

「エンジンルーム」「居住スペース」「荷室スペース」がそれぞれ3つのスペースとして分離しています。

ほかの2つのタイプと違い、居住スペースと荷室スペースを用途に合わせて変えることはできませんが、3つのスペースを持つことで車体の剛性が高くなります。

車体前部、または後部を大きく損傷する事故が起きても人の乗る「居住スペース」を守ることができる可能性が一番高いタイプです。

また、運動性能や乗り心地にも優れているのが特徴です。

例としてトヨタ・クラウンや日産・スカイラインなどが挙げられます。

ミニバンは1.5ボックスカー

日産セレナe-POWER/ホンダ ステップワゴン e:HEV スパーダ/トヨタ ヴォクシー

日産セレナe-POWER/ホンダ ステップワゴン e:HEV スパーダ/トヨタ ヴォクシー

ミニバンは実は正確な定義はありません。

そもそもはアメリカのフルサイズのバンと比較して小さいワゴンタイプの車が「ミニバン」と呼ばれるようになりました。

ミニバンの多くはフロントのボンネットが短いタイプが多く、ボンネット部分を0.5と数え1.5ボックスカーと呼びます。

SUVはツーボックスカー

レクサスのSUV

レクサスのSUV

SUVは悪路走破性に優れ、車高が高く荷物を多く搭載できるスポーティーな車ですが、ボックスで分類するとツーボックスカーにあたります。

近年ではオンロード走行にも優れたスタイリッシュなSUVが誕生し、ポルシェやメルセデス・ベンツといった老舗メーカーもSUVを次々と発表しています。

ワンボックスカーはとにかく使い勝手がいい!

ハイエース・キャンパー

ハイエース・キャンパー

車内空間をとにかく自在に利用することができるワンボックスカーは、あらゆる分野から引く手あまたです。

商用・事業用としても多くの人や荷物を移動させる車としてワンボックスカーの右に出るものはいません。つまりその国の経済・流通手段に大きく貢献しているわけです。

かと思えば、アウトドアなど思いっきり個人の趣味・娯楽に重宝するのもワンボックスカー。

長期間に及ぶキャンプや釣りなどにも対応できます。キャンピングカーやフィッシングカーとしてとことんカスタマイズすることが可能です。

また自転車やバイクなどのトランスポーターとしても活躍。

プロからアマまでのアスリートたち、世界の冒険家、はたまた学術的な機材を搭載すれば学者たちのフィールドワークにも活躍できます。

つまり、ワンボックスカーは世界を動かしているといっても過言ではないのです。

東京キャンピングカーショー2020

ワンボックスカーの人気・おすすめ車種!

それでは、ワンボックスカーのおすすめ車種を紹介していきたいと思います。

トヨタ ハイエース

トヨタ ハイエースバン

トヨタ ハイエースバン

トヨタ・ハイエースは1967年に誕生し、その後50年以上の歴史を持つロングセラー。

今なお色褪せぬ人気を誇ります。機能性・耐久性・積載性の高さは世界的に定評があり、日本の代表的なワンボックスカーといえばコレが挙がるでしょう。

現行車種は5代目となります。3人乗りの標準ボディのバンから14人乗りのコミューターまで多彩なラインナップを誇ります。

そんなハイエースのフルモデルチェンジが2022年、300系となって登場するという予想があります。

一番の変更点は今までのキャブオーバー(運転席の下にエンジンを搭載する方式)からセミボンネット(運転席の前にエンジンを搭載する方式)へと変更。そして衝撃の吸収スペースを作り、さらなる安全性を高めたハイエースが登場するのではないかといわれています。

【トヨタ ハイエースバン DX スーパーロング】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)5,380mm×1,880mm×2,285mm
ホイールベース3,110mm
最大乗車定員2/3/5/6名
車両重量1,860kg
燃費JC08モード:12.2(ディーゼル)、9.8(がソリン)km/L
エンジン種類直列4気筒
最高出力111kW(151PS) /3,600rpm(ディーゼル)、118kW(160PS) /5,200rpm(ガソリン)
最大トルク

300N・m (30.6kgf・m) /1,000-3,400rpm(ディーゼル)、243N・m (24.8kgf・m) /4,000rpm(ガソリン)

駆動方式2WD
トランスミッション6速オートマチック
(2020年10月現在トヨタ公式サイトより)

日産 キャラバン

日産 NV350キャラバン マイクロバスGX(左)とバンDX

日産 NV350キャラバン マイクロバスGX(左)とバンDX

そんなトヨタ・ハイエースのライバルとして1973年に登場したのが日産・キャラバン。

現行車種は5代目の「NV350キャラバン」

外観では日産の顔となった「Vモーショングリル」がデザインされています。

安全装備として「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」が標準装備されたり、「インテリジェント アラウンドビューモニター」が用意されている点は、ハイエース同様に現代の車として不足のないところ。

日産・キャラバンのフルモデルチェンジも2022年に行われるのではないかといわれています。ハイエースとキャラバンの新しい戦いに早くも注目が集まっています。

【日産 キャラバン バン DX(2WD)ロングボディ】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,695mm×1,695mm×1,990mm
ホイールベース2,555mm
最大乗車定員3/6名
車両重量1,720kg、1,880kg(ガソリン/ディーゼル)
燃費JC08モード:10.0km/L、12.2km/L(ガソリン/ディーゼル)
エンジン種類2.5L直列4気筒 QR20DE、YD25DDT(ガソリン/ディーゼル)
最高出力96kW(130PS) /5,600rpm、95kW(129PS) /3,200rpm(ガソリン/ディーゼル)
最大トルク

178N・m (18.1kg・m) /4,400rpm、356N・m (36.3kg・m) /1,400-2,000rpm(ガソリン/ディーゼル)

駆動方式2WD
トランスミッションフルレンジ電子制御5速オートマチック〔5E-ATx〕
(2020年10月現在 日産公式サイトより)

ダイハツ ハイゼットカーゴ

ダイハツ ハイゼット カーゴ デラックス SA IIIt

ダイハツ ハイゼット カーゴ デラックス SA IIIt

ダイハツ・ハイゼットカーゴはダイハツを代表する軽商用バンです。ハイゼットに1961年バンタイプが追加。1999年からはハイゼットカーゴとして販売されました。

フルフラットの広々とした荷室と広い開口部のテールゲートでスムーズな荷物の搭載が可能です。車体全体に防サビのコーティングが施され、雪道や沿岸部でも安心して乗ることができます。

ホイールベースが長くて安全性が高く長距離走行時にも疲れにくいなど、細かいところに配慮された仕様は魅力的です。

また、2017年に先進安全機能「スマートアシストⅢ」を搭載しています。

【ダイハツ ハイゼットカーゴ クルーズ“SA III” 2WD 4AT】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,875mm
ホイールベース2,450mm
最大乗車定員4名
車両重量950kg
燃費JC08モード:17.8km/L
エンジン種類水冷直列3気筒12バルブDOHC
最高出力39kW(53PS) /7,200 rpm
最大トルク

60N・m (6.1kg・m) /4,000rpm

駆動方式2WD
トランスミッション4速オートマチック
(2020年10月現在 ダイハツ公式サイトより)

スズキ エブリイ

スズキ エブリイワゴン PZターボスペシャル(シルキーシルバーメタリック)

スズキ エブリイワゴン PZターボスペシャル(シルキーシルバーメタリック)

スズキ・エブリイはスズライトキャリイバンの後継車として1982年に登場。実はスズライトキャリイバンの登場はトヨタ ハイエースの1967年より早い1964年でした。

そのことを考えるとスズキ エブリイはハイエースのような息の長い車ということもできるでしょう。

荷室空間が広く、コンパクト。高過給圧化したターボチャージャーを搭載することもでき、パワフルな走りと燃費の良さを実現することも可能です。

スズキ エブリイは軽自動車のワンボックスカーとして商用貨物車や郵便配達車両として日本中で広く活躍しています。

【スズキ エブリイ JOIN 2WD 5MT】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,895mm
ホイールベース2,430mm
最大乗車定員4名
車両重量880kg
燃費JC08モード:18.4km/L
エンジン種類水冷直列3気筒DOHC12バルブ
最高出力36kW(49PS) /5,700rpm
最大トルク

62N・m (6.3kg・m) /3,500rpm

駆動方式2WD
トランスミッション5MT
(2020年10月現在 スズキ公式サイトより)

まとめ

トヨタ ハイエース

トヨタ ハイエース

ワンボックスカーの定義についてはご理解いただけましたでしょうか。

個人用に商用にと万能選手であるワンボックスカーは時代の流行り廃りには関係無く、これからも私たちの力強い味方であり続けることでしょう。

関連する投稿


スズキ エブリイ|商用車のベストセラーカーを徹底解剖!中古車相場も!

スズキ エブリイ|商用車のベストセラーカーを徹底解剖!中古車相場も!

毎日必ず見かける車といえば軽バンです。そしてその中でも最も多く見るのがスズキのエブリイではないでしょうか。そこで、安くて小回りがきく働く人の強い味方「エブリイ」を徹底解剖します。


マツダ6|マツダのフラッグシップに相応しい品格が魅力!中古車情報も

マツダ6|マツダのフラッグシップに相応しい品格が魅力!中古車情報も

マツダのフラッグシップシリーズとしてセダンやワゴンなどを展開しているマツダ6。今回はマツダ6の特徴や魅力などについてご紹介します。またセダンモデル、ワゴンモデルそれぞれの特徴や、旧モデルにあたるアテンザに関しても併せて紹介します。価格や中古車市場価格などについても触れるのでぜひ参考にしてみてください。


60年目のダイハツ ハイゼット!バリエーション解説から中古相場まで

60年目のダイハツ ハイゼット!バリエーション解説から中古相場まで

街中で見かけない日はないであろう、ハイゼット。軽トラックや軽バンは、小回りの利く小型ボディながら実用性が抜群で、あらゆるビジネスで重宝される存在ですね。そんなハイゼット、なんと60年目を迎えた歴史ある車名であることはご存知でしたか。この記事では、現行ハイゼットのバリエーションからハイゼットの歴史まで、詳しくご紹介していきます。


マツダ・アテンザ改めMAZDA6、セダンとワゴン、どっちがいいの?

マツダ・アテンザ改めMAZDA6、セダンとワゴン、どっちがいいの?

今は車名がマツダ6に変わった、マツダ・アテンザ。国産車では、今や貴重なセダン&ステーションワゴンを揃えるこのクルマ、ボディタイプはどちらを選ぶべきなのでしょうか。一緒に考えて見ましょう!


【コスパ最強!】新車で激安な軽自動車!セダン、ワゴン、SUV

【コスパ最強!】新車で激安な軽自動車!セダン、ワゴン、SUV

近年、自動車の価格がどんどんと上昇していく中でも、庶民の味方であり続けてくれているのが軽自動車です。市場ではより高価格帯のスーパーハイトワゴンが人気ではありますが、軽自動車の広いラインナップの中では、新車でも非常にリーズナブルな価格設定がされている車もたくさん。今回は、そんな新車でお安い軽自動車を、タイプ別にまとめてみました。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。