トップへ戻る

日産 ルークスハイウェイスターに迫る!スペック、新車・中古車価格は?

日産 ルークスハイウェイスターに迫る!スペック、新車・中古車価格は?

日産のルークス ハイウェイスターはデイズルークスから名前を変えた日産の軽自動車のハイトワゴンに属する車です。その一番の魅力は何といっても室内の広さです。今回はこのルークス ハイウェイスターにフォーカスしていきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


日産 ルークスハイウェイスターってどんな車?

日産 ルークス ハイウェイスター

日産 ルークス ハイウェイスター

日産ルークス ハイウェイスターは、トールワゴンタイプの軽自動車になります。外観はコンパクトですが広い室内と高い天井が特徴でゆったりとくつろぐことが可能となっています。後席は左右が独立していて前後に320mmもスライドさせることができます。

シートアレンジの自由度が高く、前席の背もたれを倒すと広くてフラットな空間が出現します。そのため大きな荷物を搭載したり、車内でくつろぐことが可能となっています。

ルークスのパワートレインは全グレードがハイブリッド仕様で、トランスミッションにはCVTが採用されています。

燃費性能が高く、WLTCモード燃費は20.8km/L(Sグレード・2WD)になります。駆動方式は2WD(FF)に加えて4WDも用意されているので、北国で冬に滑りやすい路面を走行する機会の多い方におすすめとなります。

家族向けのスーパーハイトワゴン・ルークス

スーパーハイトワゴン ルークス

スーパーハイトワゴン ルークス

シートアレンジをすれば、車内で家族でくつろぐことも可能になります。後部に荷物を搭載していなければ、後部座席を目一杯スライドさせて足元を広くすることができ、運転席と助手席シートを倒せば、車内で広い空間を作ることができます。

ルークスは軽量コンパクトで燃費性能の高い軽自動車なので、1人で移動するのに便利となります。車高が高くて後部座席でもゆったりしているので、家族でドライブをする場合もおすすめになります。

ちなみに室内高は139cmもあり、小学生低学年の子供であれば車内で直立することができます。

日産 ルークスハイウェイスターの走行性能

日産ルークス新型

日産ルークス新型

日産ルークスハイウェイスターは燃費性能に優れる軽自動車であると共に、優れた走行性能を持っています。街乗りに使用される事を想定して、低速でもトルクが大きいのが特徴の1つになります。

全車ハイブリッドで加速時に電動モーターのアシストがあるので、高速道路でも力強い走りが楽しめます。この車はトールワゴンで車高が高いですが、コーナリングの際に不安定さを感じさせられることがありません。

CVTのおかげで高速走行時もエンジン回転数が低めに抑えられているため、静かで快適なドライブが楽しめます。

軽自動車は住宅街の生活道路などで使用する機会が多いですが、ルークスは狭い道でもスイスイ走れます。最小回転半径が4.5〜4.8mと小さいので、簡単に車庫入れやUターンができます。

日産 ルークス ハイウェイスターのインテリア

日産 ルークス ハイウェイスター

日産 ルークス ハイウェイスター

日産ルークスの一番の売りは、広くて快適な車内空間になります。コンパクトサイズの軽自動車でありながら、後部座席でもゆったりくつろぐことができます。室内高が高いので背の高い大人でも車内で圧迫感を感じることがありません。

運転席でも、狭さを感じさせないインテリアに仕上げられています。 メーターは速度計とタコメーターの2眼式で、フロアーではなくてインパネ中央部にシフトレバーが取り付けられています。このため、運転席と助手席の間が広々としていて快適になっています。

プロパイロットなどのスイッチ類はハンドルに取り付けられているので、インパネ周りがとてもすっきりした印象を受けます。

ルークスのキャビンはシートアレンジの自由度が高く、荷物を搭載したり車内で横になってくつろぐことができるようになっています。後部座席の背もたれは、レバーを操作するだけで簡単に前に倒すことができます。

日産 ルークス ハイウェイスター(後部座席)

日産 ルークス ハイウェイスター(後部座席)

後部座席を前に倒してラゲッジルームを拡大すれば、自転車などの大きな荷物が搭載できます。 後部シートを最後部までスライドさせて、運転席と助手席の背もたれを倒すことも可能で、前席の背もたれを倒すことで大人が車内で横になれるスペースが確保できます。

ルークスのインテリアは、ミニバンである日産セレナの小型版といえるかもしれません。ルークスの車内は広いだけでなく、ドアやその他の場所に多くの収納スペースが備え付けられており、小物類の収納に困る事は少ないでしょう。

ペットボトルやスマートフォンなどを入れておく場所がたくさんあるので、長時間ドライブも快適となります。

日産 ルークスハイウェイスターのエクステリア

日産 ルークス ハイウェイスター

日産 ルークス ハイウェイスター

軽自動車と聞くと、コスト重視で同じようなデザインの外観というイメージを持たれることがあります。たしかに、コスト削減のためにエクステリアに力を入れていない軽自動車もあります。

これに対して、ルークスはエレガントかつ存在感を感じさせるデザインに仕上げられています。 ルークスは特にフロント部分のデザインに力が入れられており、人間で例えるなら「ハンサムで親しみが持てる顔つき」と言えるでしょう。

ボンネットやノーズ部分の厚みが強調されており、彫りの深い端正な顔となっています。ヘッドライトの形状も工夫されていて、ワイドに見えるように横長の形状になっています。

日産 ルークスハイウェイスターの各モデル

日産 ルークス ハイウェイスター

日産 ルークス ハイウェイスター

日産ルークスハイウェイスターは福祉車両を除いて、S・X・AUTECH・ハイウェイスターX・ハイウェイスターX プロパイロットエディション・ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディションの6つのグレードに分かれており、エンジン出力や搭載している機能などに違いがあります。

Sグレードは1番価格が安く、電動格納式ドアミラーなどの主要装備に踏み間違い衝突防止アシストなどの先進技術が搭載されています。

AUTECHは、AUTECH専用14インチアルミホイールなどの主要装備やインテリジェント アラウンドビューモニターなどの先進技術が搭載されています。

ハイウェイスターXにはプロパイロット搭載のグレードがあり、ハイウェイスターGターボは標準でプロパイロットを搭載しています。

ルークスハイウェイスターは、プロパイロットを含めた装備差のある3種類のグレードと駆動方式(2WDと4WD)で、6通りの中から選ぶことができます。

ターボエンジンを搭載したハイウェイスターGターボ プロパイロットエディションは出力が向上していますが、燃費性能はWLTCモードで18.8km/L(2WD)となっています。

各グレードで、2WDと4WDのいずれかを選ぶことができます。

日産 ルークスハイウェイスターのスペック

【日産 ルークス ハイウェスター X】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 3,395mm×1,475mm×1,780mm
ホイールベース2,495mm
最大乗車定員4名
車両重量950kg
燃費WLTCモード:20.8km/L
エンジン種類DOHC水冷直列3気筒
最高出力38kW(52PS)/6,400rpm
最大トルク60N・m(6.1kgf・m)/3,600rpm
電動機種類交流同期電動機
最高出力2.0kW(-PS)/1,200rpm
最大トルク40N・m(-kgf・m)/100rpm
駆動方式2WD
トランスミッションエクストロニックCVT(無段変速機)
(2020年9月現在 日産 公式サイトより)

日産 ルークスの新車・中古車価格

日産 ルークスの新車価格(税抜)

S1,287,000円(2WD)
1,409,000円(4WD)
X1,406,000円(2WD)
1,528,000円(4WD)
AUTECH
1,589,000円(2WD)
1,711,000円(4WD)
ハイウェイスターX
1,577,000円(2WD)
1,699,000円(4WD)
ハイウェイスターX プロパイロットエディション
1,67,6,000円(2WD)
1,798,000円(4WD)
ハイウェイスターGターボプロパイロットエディション
1,757,000円(2WD)
1,879,000円(4WD)

 ※日産 公式サイトより(2020年9月現在)

全車ハイブリッド仕様で、いずれの価格も税抜き価格になります。

税込み価格だと、最上級グレードのハイウェイスターGターボプロパイロットエディション(4WD)だけが唯一200万円を超えた価格になります。

日産ルークス ハイウェイスターの中古車価格

グレード別に、日産ルークスハイウェイスターの中古車価格をご紹介します。


S90万円台~140万円台
X120万円台~180万円台
AUTECH
160万円台~170万円台
ハイウェイスターX
130万円台~190万円台
ハイウェイスターX プロパイロットエディション
150万円台~200万円台
ハイウェイスターGターボプロパイロットエディション
170万円台~220万円

※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2020年9月現在)

安い物では90万円台から、高い物は200万円を超えるものまで幅広い価格となっており、価格は車両本体価格でオプションなどにより変わっています。

まとめ

日産ルークス ハイウェイスター

日産ルークス ハイウェイスター

日産ルークスハイウェイスターは、日産が独自で開発した初の軽自動車であるデイズルークスの改良版となります。そのため、パワートレインやインテリア・エクステリアに日産らしさが感じられるクルマとなっています。

快適に過ごせる軽自動車の購入をお考えの方は、日産ルークス ハイウェイスターを検討してみてはいかがでしょう。

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

日本の道路は狭いため軽自動車がとても人気です。しかし、軽自動車の魅力は小さくて小回りがきくだけではありません。今回は、国内で軽自動車が人気の理由と燃費性能や維持費についても解説していきます。


日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産のGT-Rは名車と名高い一台です。最新のGT-Rはスカイラインの名前が外れ日産GT-Rとなり、よりサーキットを意識した車へと進化し続けています。今回はこの日産 GT-Rについて見ていきましょう。


2020年の軽自動車販売台数ランキングを紹介!

2020年の軽自動車販売台数ランキングを紹介!

国内で販売された新車の3台に1台は、軽自動車の時代。どんなクルマが、売れているのでしょうか?今回は、2020年の軽自動車新車販売台数をもとに、トップテン形式でまとめました。


ホンダ N-BOX|人気の理由は?ライバル車種を抑えるほどの魅力とは?

ホンダ N-BOX|人気の理由は?ライバル車種を抑えるほどの魅力とは?

ホンダのN-BOXは軽自動車の販売台数で2020年にトップになるなど、安定した人気を誇っているモデルです。後発の軽自動車が多く発売されているのにも関わらず、なぜこれほど人気があるのでしょうか?この記事では、N-BOXの人気の理由を徹底的に解説します。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。