目次へ戻る

軽のワゴンなら三菱!三菱の軽自動車をボディータイプごとに解説

軽のワゴンなら三菱!三菱の軽自動車をボディータイプごとに解説

三菱はランサーエボリューションことランエボや、RVRなどといったアクティブでアウトドア好き、車好きにピッタリの車を発売してきました。そういったイメージの三菱車ですが、軽自動車も発売しています。今回は、知名度が普通乗用車の陰に隠れがちな三菱軽自動車の名車たちをご紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


軽自動車とは?

三菱 eKワゴン / eKクロス

三菱 eKワゴン / eKクロス

三菱の軽自動車は軽トールワゴン、軽スーパーハイトワゴン、軽キャブワゴンの3種類に分類できます。

軽トールワゴンにはeK(イーケー)ワゴンおよびeKクロス、軽スーパーハイトワゴンにはeKスペースおよびeKクロス スペースが含まれ、軽キャブワゴンにはタウンボックスが該当します。

軽トールワゴンは車高が高く設計されたワゴンタイプの軽自動車です。軽スーパーハイトワゴンも同じくワゴンタイプの軽自動車で、さらに車高が高く作られています。軽キャブワゴンはエンジンを運転席の下に配置したワンボックスタイプの軽ワゴン車です。

三菱の軽自動車の特徴は?

白いeKスペース、緑のeKクロススペース

eKスペース(左奥)eKクロススペース(右)

特徴としては、一般的な軽乗用車が販売されていない点が挙げられます。

どのモデルも車高が高く、大容量の軽自動車がブームである世相を反映していると考えられます。

また、後部座席のスライド幅が広くとられているなど軽ワゴン車としての使い勝手の良さが追及されている点も特徴の一つです。

ドア開口部も広く設計され乗り降りもしやすいため、若い世代からシニア世代の方、ファミリーカーの購入の際にもおすすめの車となっています。

【特徴1】印象的な外観

三菱 eKクロス スペース

三菱 eKクロス スペース

eKシリーズはフロントフェイスの上下の幅が大きく、重厚な印象を与えます。さらに、グリル部分が大きくとられるなど、アピール感の強いデザインに仕上がっています。

eKワゴンもeKスペースもSUVカスタムのクロス仕様になるとフェイスデザインが一新され、よりワイルドな印象を残す外観になりました。

軽自動車にありがちな、柔らかい印象を与えるデザインが好みではない方には、三菱の軽自動車がおすすめです。

【特徴2】車内容積が大きい

三菱 eKクロス

三菱 eKクロス

軽トールワゴンの車高は1,680mm、軽 スーパーハイトワゴンはさらに1,780mmの高さを誇ります。一般的な軽乗用車と比べると内部空間の広がりに大きな差があり、大きな荷物も楽に載せられます。

また、三菱の軽トールワゴンおよび軽スーパーハイトワゴンには後部座席スライド機能が付属しており、荷物の大きさによって幅広い使い方ができます。

軽キャブワゴンであるタウンボックスにいたっては車高が1,910mmもあり、ほとんど商用車と変わらない使い方が可能です。

車内容積の大きさは居住性の高さにもつながっています。車高が高ければ乗車時にもゆったりした心持ちで過ごせ、長距離の移動も楽にできます。

【特徴3】マイルドハイブリッドシステム

走行する三菱 eKワゴン

マイルドハイブリッドシステム搭載の三菱 eKワゴン

タウンボックス以外の軽自動車は「マイルドハイブリッドシステム」を搭載しています。

このシステムはエンジンとは別に出力補助用のモーターを積み込むというもので、よりトルクフルな走行を可能にします。加えて、エンジン発動時や走行中のガソリン消費も抑えられるため、燃費効率も向上できるメリットがあります。

マイルドハイブリッドシステムの実装により、三菱の軽トールワゴンおよび軽スーパーハイトワゴンはパワフルかつエコロジーに走れる軽乗用車になりました。

軽乗用車にある程度の加速力を求める方にぜひおすすめしたい車ばかりです。

【現行車種一覧】三菱の軽トールワゴン(2020年3月現在)

三菱の軽トールワゴンにはeKワゴンとeKクロスの2種類があります。

【eKワゴン】eKシリーズのベストセラー

水色のeKワゴン

三菱 eKワゴン

三菱の軽自動車を代表するモデルです。

より安全かつ快適に走れる最新装備として、同一レーンを走行しながら前方車との車間距離車線を維持する「マイパイロット」などの先進機能を搭載しています。

eKワゴンのスペック


【三菱 eKワゴン M 2WD 2019年10月発売モデル】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,640mm
ホイールベース2,495mm
最大乗車定員4名
車両重量830kg
燃費JC08モード:29.4km/L
エンジン種類DOHC 12バルブ・3気筒
最高出力38kW(52PS) /6,400 rpm
最大トルク60N・m (6.1kgf・m) /3,600 rpm
駆動方式FF
トランスミッションCVT

【eKクロス】野趣あふれるeKワゴン

青いeKクロス

三菱 eKクロス

eKクロスは、eKワゴンにSUV風味のカスタムをくわえたモデルとなっています。

走行性能や走り味は4代目eKワゴンとほとんど変わらず、大胆なアレンジがなされたフロントマスクなどルックス面で変更が加えられています。

eKクロスのスペック


【三菱 eKクロス M 2WD 2019年10月発売モデル】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,640mm
ホイールベース2,495mm
最大乗車定員4名
車両重量840kg
燃費JC08モード:29.8km/L
エンジン種類DOHC 12バルブ・3気筒
最高出力38kW(52PS) /6,400 rpm
最大トルク60N・m (6.1kgf・m) /3,600 rpm
駆動方式FF
トランスミッションCVT

【現行車種一覧】三菱の軽スーパーハイトワゴン(2020年3月現在)

三菱から販売されている軽スーパーハイトワゴンはeKスペースとeKクロス スペースの2種類があります。

【eKスペース】開口部の広さは全軽自動車No.1!

三菱 eKスペース

三菱 eKスペース

ホイールベースを延長してドア開口部を広げるなどの工夫を加え、使いやすさを重視した軽乗用車です。

後席のスライド機構可動幅が約320mmと広いため、利用方法に合わせて柔軟な運用が可能です。

eKスペースのスペック


【三菱 eKスペース M 2WD 2020年3月発売予定モデル】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,780mm
ホイールベース2,495mm
最大乗車定員4名
車両重量940kg
燃費JC08モード:27.2km/L
エンジン種類DOHC 12バルブ・3気筒
最高出力38kW(52PS) /6,400 rpm
最大トルク60N・m (6.1kgf・m) /3,600 rpm
駆動方式FF
トランスミッションCVT

【eKクロス スペース】eKスペースのSUVカスタム

三菱 eKクロス スペース

三菱 eKクロス スペース

eKスペースのフルモデルチェンジに合わせて新しく設定されたモデルで、SUV風味のカスタムが施されています。

走行性能や快適装備はeKスペースとほとんど変わらず、フロントマスクなど外観が野性味あふれるものに変更されています。

eKクロス スペースのスペック


【三菱 eKクロス スペース M 2WD 2020年3月発売予定モデル】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,780mm
ホイールベース2,495mm
最大乗車定員4名
車両重量960kg
燃費JC08モード:27.2km/L
エンジン種類DOHC 12バルブ・3気筒
最高出力38kW(52PS) /6,400 rpm
最大トルク60N・m (6.1kgf・m) /3,600 rpm
駆動方式FF
トランスミッションCVT

【現行車種一覧】三菱の軽キャブワゴン(2020年3月現在)

三菱から販売されている軽キャブワゴンはタウンボックスのみです。

【タウンボックス】小回りの利く頑丈なワゴン車

三菱 タウンボックス

三菱 タウンボックス

商用車的な性格が強い軽キャブワゴンで、現行モデルはスズキのエブリイワゴンのOEM供給車です。そのため、走行性能や安全装備もほとんどエブリイワゴンと変わりません。

小回りが利き、積載性能が高いワゴン車です。

タウンボックスのスペック


【三菱 タウンボックスG 2WD 2019年10月発売モデル】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,910mm
ホイールベース2,430mm
最大乗車定員4名
車両重量950kg
燃費JC08モード:16.2km/L
エンジン種類DOHC 12バルブVVT・3気筒
最高出力47kW(64PS) /6,000 rpm
最大トルク95N・m (9.7kgf・m) /3,000 rpm
駆動方式FR
トランスミッション4速AT

まとめ

水色の三菱 eKワゴン(右)と青い eKクロス(左)

三菱 eKワゴン(右)と eKクロス(左)

三菱の軽自動車はトールワゴン系統が大半を占めており、SUVテイストの車両もそろえて流行を取り入れています。

いわゆる「普通の軽乗用車」が存在しないため人を選ぶメーカーかもしれませんが、ドア開口部を広くとるなど便利な設計が映える車ばかりです。

軽自動車の購入を検討されている方は、ぜひ使いやすさを優先して作られた三菱の名車たちもご検討ください!

関連する投稿


軽自動車の車検費用はいくら?乗用車より安い?費用相場や手続き方法

軽自動車の車検費用はいくら?乗用車より安い?費用相場や手続き方法

軽自動車は乗用車よりも税金や重量税などが安価になるという傾向があります。今回は、定期的に行わなければならない車検の費用や内訳などについて解説します。


【2020年】新型車(国産車)&新車情報 最新情報

【2020年】新型車(国産車)&新車情報 最新情報

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会える?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、発売日予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!(※2020年5月更新しました)


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい、という方のために今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたにおすすめです。


車中泊に絶対おすすめの軽自動車10選一挙紹介!【2020年最新】

車中泊に絶対おすすめの軽自動車10選一挙紹介!【2020年最新】

最近はやりの車中泊ですが、リーズナブルな軽自動車では無理なのでしょうか?やはり大きな車でないと、とても寝れないからと諦めていませんか?そんなことないんです!軽自動車でも十分に車中泊が可能です!そこで、車中泊におすすめできる軽自動車を一挙に10車種選んでみました。今年は、車中泊を始めてみたい方。まずは軽で挑戦してみませんか?


【2020年版】軽自動車の白ナンバー取得方法をご紹介!

【2020年版】軽自動車の白ナンバー取得方法をご紹介!

軽自動車で、少し我慢できないのが「黄色」のナンバープレート…なんて方もいらっしゃるかもしれませんね。しかし、この黄色いナンバープレートの色を普通車と同じく白地のナンバープレートにする方法があります。今回は軽自動車の白ナンバーの取得方法と種類についてご紹介します。


最新の投稿


トヨタのTjクルーザーとは?発売日・価格・特徴・最新情報

トヨタのTjクルーザーとは?発売日・価格・特徴・最新情報

トヨタの新たなSUVと言われているTj(ティージェイ)クルーザー。Tjクルーザー、特に注目したい点がスライドドア付きSUVという点。今回はこのTjクルーザーというトヨタの新たなコンセプトカーがどういう車なのか?そもそも発売はあるのか?価格・発売日・スペック他気になる最新情報をまとめて紹介します。(※2020年5月更新しました)


【4月の新車販売】 緊急事態の中でも N-BOXがトップを維持!日産は低迷か

【4月の新車販売】 緊急事態の中でも N-BOXがトップを維持!日産は低迷か

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した4月の車名別国内新車販売台数によると、ホンダの「N-BOX」が引き続き首位をキープし、登録車では2月に発売したトヨタの新型ヤリスが初の首位になりました。それではその他の車種の動向とランキングを見てみましょう。


イグニッションとは?意味や仕組み 交換方法もご紹介

イグニッションとは?意味や仕組み 交換方法もご紹介

イグニッションという言葉を聞いたことがありますか?イグニッションは車を動かすために必要なものなんです。今回は、イグニッションについてご説明していきます。


軽自動車の車検費用はいくら?乗用車より安い?費用相場や手続き方法

軽自動車の車検費用はいくら?乗用車より安い?費用相場や手続き方法

軽自動車は乗用車よりも税金や重量税などが安価になるという傾向があります。今回は、定期的に行わなければならない車検の費用や内訳などについて解説します。


【保存版】トヨタのGRシリーズ

【保存版】トヨタのGRシリーズ

GRシリーズをご存知ですか?GRシリーズとは、世界中のモータースポーツに参戦するTOYOTA GAZOO Racing が極限で培った技術と情熱を惜しみなく注いだスポーツカーブランドなんです。GR、と一言で言っても、GRMN、GR、GRSPORT、GRPARTSと分かれていて、何が何やらよくわからない。そんな方のために本記事ではGRシリーズをわかりやすくまとめてみました。(2020年更新しました)