トップへ戻る

【コスパ最強!】新車で激安な軽自動車!セダン、ワゴン、SUV

【コスパ最強!】新車で激安な軽自動車!セダン、ワゴン、SUV

近年、自動車の価格がどんどんと上昇していく中でも、庶民の味方であり続けてくれているのが軽自動車です。市場ではより高価格帯のスーパーハイトワゴンが人気ではありますが、軽自動車の広いラインナップの中では、新車でも非常にリーズナブルな価格設定がされている車もたくさん。今回は、そんな新車でお安い軽自動車を、タイプ別にまとめてみました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


お値段も安い、維持費も安い!コスパ抜群といえば軽自動車

スズキ アルト

スズキ アルト

自動車の価値が改めて再考されてきた2020年。でも、先行きの見通せないこんな時代だからこそ、車にかけるお金はできるだけ節約したいですよね。

そんな思いにしっかり答えてくれるのが、軽自動車。寸法と排気量で規制を受けている分、車両価格は比較的安めで、かつ軽量ボディで低燃費。税金や保険料、車検代など、あらゆる諸経費に関しても普通車よりもおトクに乗ることができます。

そこで今回は、ボディタイプ別に、新車価格で安い軽自動車をまとめてみました。人気のスーパーハイトワゴン以外にも、軽自動車の魅力を実感できる車がたくさん見つかるかもしれませんよ。

【タイプ別・新車で安い軽自動車】セダン系

ダイハツ ミライース/トヨタ ピクシスエポック(86.02万円〜)

ダイハツ ミライース

ダイハツ ミライース

映えある軽乗用車最安の栄冠を勝ち取ったのは、ダイハツ ミライースと、そのOEM車のトヨタ ピクシスエポック。なんとそれぞれの最廉価グレード「B 2WD」では、100万円を大きく下回る86.02万円という衝撃のロープライスがつけられています。

軽自動車のベーシックカーという役割を受け持つセダンタイプの廉価グレードですので、もちろん「B 2WD」では装備内容はかなり厳選されます。便利なキーフリーシステムなどは装備されないほか、最近はなかなか見ることのなくなった手動リヤウィンドウが備わります。

しかし、それでもキーレスエントリーやマニュアルエアコン、デュアルSRSエアバッグに、坂道でのずり落ちを防止してくれるヒルホールドシステムまで装備されているので、ベーシックとはいえ不自由のなさがうれしいところですね。

若干値段は上がってしまいますが、安全装備「スマートアシストIII」を装着したB “SA III”にグレードアップすれば、自動ブレーキやオートハイビーム、さらにはコーナーセンサーまで加わって、毎日のドライブがより安心して楽しめることでしょう。

それでいてB “SA III” 2WDであっても92.62万円と、まだまだ100万円以下で購入可能な点は、ミライースの大きな魅力の一つ。

そして価格以外にも、空力に配慮したボディや軽量化、パワートレーンの高効率化などの積み重ねで、ガソリンエンジン車として驚異的なWLTCモード燃費 25.0km/Lを達成している点もポイント。購入時だけでなく、走れば走るほどかかる燃料代も、びっくりするほどに節約できそうです。

ダイハツ ミライースのスペック

【ダイハツ ミライース】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,500〜1,510mm
WLTCモード燃費23.2~25.0km/L
税込新車価格帯860,200〜1,372,800円
(2020年12月現在 ダイハツ公式サイトより)

ダイハツ ミライース 中古車価格まとめ(2020年12月調べ)

中古車平均価格: 93.5万円(2019年10月〜生産中モデル)
中古車本体価格帯: 1.5〜143.1万円

トヨタ ピクシスエポック 中古車価格まとめ(2020年12月調べ)

中古車平均価格: 93.6万円(2019年10月〜生産中モデル)
中古車本体価格帯: 9.9〜112.2万円

スズキ アルト/マツダ キャロル(86.35万円〜)

スズキ アルト

スズキ アルト

ミライースと同じくセダンタイプのスズキ アルトと、そのOEM車のマツダ キャロルは、僅差で2位の安さとなっています。とはいっても、アルトの最廉価グレード「F 2WD 5AGS」は86.35万円と、その差はわずか約3,000円。もはや誤差と言っていいほどに、アルトもキャロルも激安の価格です。

こちらも安全装備の「スズキセーフティサポート」が標準装備されない点はミライースの最廉価グレードと同様ですが、オプション装着しても2WDで92.4万円。まだまだ100万円を優に下回ります。

キリッとした顔つきながらフォルムはオーソドックスなミライースに対し、アルトはかなり挑戦的なデザインがまず印象的。

ちょっと怒ったようなキュートなフロントフェイスや、テールランプをバンパーに集約させてリヤウィンドウの存在感が際立つテールエンドなど、セダンながらデザインで遊び心が感じられますよね。

また、燃費の良さはアルトに軍配が上がります。やや軽量に仕上がっているほか、エネチャージなどの低燃費技術の積み重ねによって、最高で25.8km/Lという低燃費を実現しています。

最廉価グレードでも装備がさらに充実しているのもアルトのポイントで、なんとオートライトのような豪華装備まで備わるほか、アルトは乗用グレード全車で13インチのフルホイールキャップを装備。スチールホイールがむき出しのミライースの廉価グレードに比べて、見た目がより乗用車っぽさがありますね。

スズキ アルトのスペック

【スズキ アルト】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,475mm
WLTCモード燃費23.4〜25.8km/L
税込新車価格帯863,500〜1,295,800円
(2020年12月現在 スズキ公式サイトより)

スズキ アルト 中古車価格まとめ(2020年12月調べ)

中古車平均価格: 96.9万円(2020年10月〜生産中モデル)
中古車本体価格帯: 0.1〜299.8万円

マツダ キャロル 中古車価格まとめ(2020年12月調べ)

中古車平均価格: 86.0万円(2019年10月〜生産中モデル)
中古車本体価格帯: 1.9〜148.0万円

【タイプ別・新車で安い軽自動車】ハイトワゴン系

スズキ ワゴンR(109.89万円〜)

スズキ ワゴンR

スズキ ワゴンR

先ほどご紹介したセダン系からやや全高が上げられ、室内のユーティリティ性能が格段に向上しているのがハイトワゴン系。軽自動車の新たな定番として継続的な人気がありますが、その中でも最安なのは、ハイトワゴン軽自動車の始祖であるスズキ ワゴンRです。

セダン系よりは価格帯が上昇し、100万円以上スタートとはなりますが、それでも最廉価仕様の「FA スズキセーフティサポート非装着車」では109.89万円というまだまだリーズナブルなお値段。ユニークなポイントとしては、同価格でCVT仕様と5MT仕様が選択できる点は、乗用車にマニュアルトランスミッション設定が少なくなってきている現代では珍しいポイントですね。

お値段がセダン系よりも上がっている分、向上しているのが室内の使い勝手。室内高は1,265mmまで向上するほか、左右独立してスライトとリクライニングが可能なリヤシートなど、後席の快適性も大いに向上しています。

面白いポイントでは、リヤドアの内側に装備されたアンブレラホルダーがワゴンRの特徴のひとつでしょう。雨の日のお出かけでは、濡れた傘の置き場所に案外困ってしまうもの。その点アンブレラホルダーにしまっておけば、荷物や服が濡れずに済みますし、傘についた雨水を車外に排出してくれる構造なのも安心ですね。

このように、ググッと向上した使い勝手に対し、犠牲となってしまうのが燃費値… というのが通例だったのですが、ワゴンRはその点も抜かりなし。非ハイブリッド仕様となる廉価グレードのFAでもWLTCモード燃費で最高24.8km/L、マイルドハイブリッド仕様となる上級グレードでは最高25.2km/Lまで伸びる低燃費は、ガソリンスタンドに行く回数が減ってしまいそうなほどです。

スズキ ワゴンRのスペック

【スズキ ワゴンR】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,650mm
WLTCモード燃費21.8〜25.2km/L
税込新車価格帯1,098,900〜1,776,500円
(2020年12月現在 スズキ公式サイトより)

スズキ ワゴンR 中古車価格まとめ(2020年12月調べ)

中古車平均価格: 120.7万円(2019年12月〜生産中モデル)
中古車本体価格帯: 0.01〜233.8万円

【タイプ別・新車で安い軽自動車】SUV系

ダイハツ ムーヴ(113.3万円〜)

ダイハツ ムーヴ

ダイハツ ムーヴ

軽セダン系と同じく、スズキ車とのライバル競争が激しいダイハツのトールワゴン、ムーヴは、僅差ながら2位の安さとなっています。最廉価グレードとなる「L」では113.3万円と、それでもまだスーパーハイトワゴン系に比べると格安なお値段となっていますね。

ワゴンR同様に、軽セダン系よりも高められた全高による室内の広々感にはちょっと驚くほど。ムーヴはワゴンRよりも15mm高い1,280mmという室内高があるほか、前後乗員間距離は1,030mmが確保され、まるで高級車の後席のようなゆとりがうれしいところです。

さらに、荷室の使い勝手を向上させる装備が「大容量深底ラゲージアンダーボックス」。荷室の床下を収納空間として活用したり、ボードを開けたままにすれば高さのある荷物でも積み込めるなど、大型車顔負けの装備が備わります。

残念ながら、最廉価グレードでは自動ブレーキなどの装備がないのですが、ひとつグレードアップしてL“SA III”グレードになれば、スマートアシストIIIが備わります。価格は119.9万円と差額は7万円程度に抑えられているのがありがたいところですね。

また、スマートアシスト装備車はサポカーS<ワイド>に認定されることによって、65歳以上の方が対象のサポカー補助金を申請すれば7万円が支援されるため、スマートアシストIII代はちゃっかり回収できてしまうことになりますね。

ダイハツ ムーヴのスペック

【ダイハツ ムーヴ】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,630mm
WLTCモード燃費18.8〜20.7km/L
税込新車価格帯1,133,000〜1,782,000円
(2020年12月現在 ダイハツ公式サイトより)

ダイハツ ムーヴ 中古車価格まとめ(2020年12月調べ)

中古車平均価格: 128.9万円(2019年10月〜生産中モデル)
中古車本体価格帯: 0.1〜191.0万円

スズキ ハスラー(128.04万円〜)

スズキ ハスラー

スズキ ハスラー

先ほどご紹介したハイトワゴン系のワゴンRをベースにしつつ、よりアクティブなスタイルが与えられた大ヒット車種が、スズキ ハスラーです。今や軽自動車でも選択肢が広がってきているSUV系において、ハスラーは最安の車種となります。

ベーシックなハイトワゴン系からは少し上昇した価格は、最廉価仕様の「ハイブリッドG 鈴木セーフティサポート非装着車 2WD」で128.04万円という価格。しかし、ワゴンRの最廉価仕様から約20万円高くなっているのには、しっかり理由があるのです。

まず、もはや定番となった感もあるSUVらしいアクティブな内外装は、それだけでもハスラーを選びたくなってしまうような大きな魅力ですよね。丸目のヘッドライトがかわいらしいエクステリアはしかし、先代モデルよりもちょっと角張って力強さも感じさせる造形にチェンジ。かっこよさも備えました。

またハスラーでは、グレード名が示す通り、廉価グレードを含めた全車でマイルドハイブリッド仕様となっていることもポイント。そのため、やや重量がかさみがちではありますが、WLTCモード燃費は最高で25.0と低燃費を実現しています。

ここまでご紹介してきた軽自動車でも4WDグレードは選択できるのですが、ハスラーがSUVらしいポイントとしては、本格的な4WDの機能性が挙げられます。滑りやすい路面でもスムーズに運転できるスノーモード、急な下り坂でも車速維持を車任せにできるヒルディセントコントロールなど、上級SUVも顔負けの豪華装備がうれしいポイントです。

また、最低地上高も180mmとしっかり確保されているので、13万円ほど価格が上がってしまいますが、141.46万円となる「ハイブリッドG スズキセーフティサポート非装着車 4WD」を選ぶのも、賢い選択かもしれません。

スズキ ハスラーのスペック

【スズキ ハスラー】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,680mm
WLTCモード燃費20.8〜25.0km/L
税込新車価格帯1,280,400〜1,790,800円
(2020年12月現在 スズキ公式サイトより)

スズキ ハスラー 中古車価格まとめ(2020年12月調べ)

中古車平均価格: 154.5万円(2019年12月〜生産中モデル)
中古車本体価格帯: 28.0〜230.0万円

ダイハツ タフト(135.3万円〜)

ダイハツ タフト

ダイハツ タフト

ハスラーの大成功を横目に、2020年に堂々登場したのがダイハツ タフト。一見、最廉価仕様同士で比較するとハスラーよりも約7万円ほど高くなっているように見えますが、タフトの最廉価グレードである「X」では新世代スマートアシストが標準装備されている点が見逃せません。

そのため、予防安全装備装着グレード同士で比較すると、ハスラーがハイブリッドG 2WDで136.51万円に対し、タフトの方が割安な設定となっています。現在では予防安全装備はもはや必須の装備ともなっていますので、この点は注意が必要ですね。

丸目でキュートな表情のハスラーに対し、タフトはよりラギッドな印象。特に全高がやや低く抑えられていることで、見た目の印象ではうまく差別化できていますね。まるで「チョップトップ」加工を施したかのような、ちょいワルのエクステリアとなっています。

そして、後発の強みということで独自装備が充実していることがタフトの大きなポイント。なんと前席頭上のガラスルーフ「スカイフィールトップ」がや電動パーキングブレーキ、オートエアコンまで全車で標準装備される点は、「X」が廉価グレードであること、むしろタフトが軽自動車であることを忘れてしまいそうなほどの豪華装備ですよね。

また、メーカーオプションにはなりますが、ハンドル操作までアシストしてくれる駐車支援システム「スマートパノラマパーキングアシスト」など、先進装備も盛りだくさん。安さだけでなく、装備の充実度だけでも選びたくなるほどの魅力です。

最低地上高はハスラーより大きな190mmを確保しており、こちらも4WD仕様もおすすめ。価格差約13万円となりますが、「X 4WD」の147.95万円も、まだまだお買い得な印象です。

ダイハツ タフトのスペック

【ダイハツ タフト】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,500〜1,510mm
WLTCモード燃費23.2~25.0km/L
税込新車価格帯860,200〜1,372,800円
(2020年12月現在 ダイハツ公式サイトより)

ダイハツ タフト 中古車価格まとめ(2020年12月調べ)

中古車平均価格: 152.8万円(2020年6月〜生産中モデル)
中古車本体価格帯: 109.9〜208.2万円

まとめ

スズキ ハスラー

スズキ ハスラー

軽自動車のボディタイプ別に、新車価格で安い車種をご紹介してきました。

「安い」とだけ聞くと装備が全然ないんでしょ、とか、見た目は気にしてられないよね、とかを覚悟してしまうかもしれませんが、現代の軽自動車は安さと充実装備、さらには個性的な見た目までを網羅した欲張りな車もたくさん。

決して痩せ我慢ではない、プレミアムベーシックな格安軽自動車を、次の愛車候補にしてみては。

関連する投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

まだまだ昨年からの混乱の続く2021年、自家用車の存在価値について考え直したという方も多くいらっしゃるのでは。ご家族揃って安心して移動できるファミリーカーは、混乱の現代における強い味方ですよね。そんなファミリーカーの中でも、2021年にこそ選びたい最新おすすめ車を5台ピックアップしてご紹介していきます。普段のお出かけからお子様の送迎まで大活躍間違いなしの車が勢揃いです。


【最新情報】ホンダの新型N-ONEを知りたい!中古車情報も!

【最新情報】ホンダの新型N-ONEを知りたい!中古車情報も!

ホンダは2020年11月にフルモデルチェンジによって2代目ととなった新型「N-ONE(エヌ・ワン)」を発売しました。見たところあまり変わっていないように見える新型ですが、実は中身はプラットフォームを含めて一新されているのです。なぜ、このようなフルモデルチェンジをしたのでしょうか?その理由と中古車情報もご紹介します。


オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

車の種類や走行シーンを分類するときに、「オフロード」という言葉を目にしたことがあるでしょう。オフロードとは、舗装されていない道。オフロード車であるなら、アウトドアなどで舗装されていない道でも、難なく走破できます。しかし、オフロード車とはどのような車でしょうか?特徴やおすすめのオフロード車をご紹介します。


クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

世界中で大流行中のSUVに、「クロスオーバーSUV」と呼ばれるジャンル分けがあることはご存知ですか。SUV系のラインナップがとても幅広くなってくるにしたがって、クロスオーバーという呼び方も度々聞かれるようになってきました。自動車業界以外でも使われるクロスオーバーという言葉は、分かっているようで詳しく意味を知らないという方もいらっしゃるかも。詳しくご説明していきます。


最新の投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェと言えばカレラと言うほど名前のインパクトは強いですが、カレラは車種名ではなくポルシェの作る車のグレード名です。カレラにはいくつかのモデルが存在しています。今回は、このポルシェ・カレラの各モデルの違いや特徴についてご説明していきましょう。


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

積雪を紹介するニュース映像などでよく見かける、道路上でスタックしてまった車。これは雪国だけの問題ではなく、近年では普段雪が降らない地域であってもドカ雪が降ってしまうような異常気象も多発しており、車がスタックしてしまう原因や対処法について温暖な地域の方でも知っておきたいところです。起こってほしくはないですが、落ち着いて対処するためにも、この記事で予習しておきましょう。